WEB特集

  • WEB特集 大竹しのぶ × 井上ひさし 困難な時代でも“笑い”を | エンタメ

    憑依型の俳優とも呼ばれ、役に没頭する姿に魅了されるファンが多い大竹しのぶさん(63)。日本を代表する劇作家、故 井上ひさしさんと深い縁がある。先行きの見えない今を生きるうえで大竹さんが井上作品から伝えたいこと。それは、井上さんが愛した「笑い」だった。(山形放送局 記者 及川緑) ◇記事の最後に大竹さんのインタビュー動画を掲載しています◇ 役者人生に大きな影響 4月11日、山形県川西町に大竹しのぶさんの姿があった。没後11年を迎える井上ひさしさんをしのぶ「吉里吉里忌」に出席するためだ。今の川西町出身の井上さんの小説「吉里吉里人」をもじって名付けられ、ゆかりの地に多くのファンが集まる。ゲストとして登場した大竹さんは、25歳の時に井上さんが手がけた舞台に初めて出演したエピソードを語った。チャーミングな語り口で、時折、会場を笑いで沸かせた。 大竹しのぶさん「制作発表の場で初めてお目にかかって、すごく優しくて楽しい方だなって思いました。『ひょっこりひょうたん島』の人っていうことしか私全然分からなくて、すごい方なんだよって言われて」 大竹さんはその後、3つの井上作品に出演することになり、役者人生に大きな影響を与えることになる。 井上ひさし 物語に魅了 井上ひさしさんは平成22年に75歳でこの世を去った。昭和9年に山形県川西町に生まれ、昭和39年から放送されたNHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」の脚本担当の1人となったことで、一躍有名になった。 小説家としても、江戸時代の娯楽小説=戯作作家を描いた「手鎖心中」で直木賞を受賞する。東北地方の架空の村が日本から独立するという設定の「吉里吉里人」などベストセラーを発表した。反戦の立場で時代を鋭く批評しながらもユーモアを大切にする作風で、そんな井上さんが紡いできた物語に俳優 大竹しのぶも魅了された。 “言葉が役者の体を通して観客へ” 大竹さんは、井上作品への出演に直談判したエピソードを熱く語った。 大竹しのぶさん「井上さんのお芝居が好きで見ていて、もう直談判しました。『出たいんです、出たいんです、絶対出たいんです!』と言いました。井上さんの言葉は本当にすばらしい言葉ばかりで、井上さんの言葉が役者の体を通して観客に静かに染み渡っていくのを体感することができるんです」 むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく そこまで大竹さんを駆り立てた、井上さんの舞台の魅力とは何か?NHKのインタビューにこう応えた。…

    続きを読む
  • WEB特集 それでも諦めない 日韓映画交流秘話 | エンタメ

    「戦後最悪」とも言われる日韓関係。その影響は、政治や経済だけにとどまりません。韓国では、日本映画の上映が延期され、観客数も激減するなど、関係悪化が文化の領域にまで影を落としました。その一方で、映画を通じた交流を諦めていない人たちが、両国にはいます。(ソウル支局記者 徳田亮祐) 『ファイティング』 ポスターにサインペンで書かれた韓国語。「ファイティング」という激励の文字です。 書いたのは、アニメ映画『君の名は。』などのヒット作で知られる新海誠監督。「頑張れ」という思いを込めて、韓国 ソウルの映画配給会社に贈りました。 韓国では、日本政府が去年7月、韓国向けの半導体の原材料などの輸出管理を厳しくしたことに、世論が猛反発。日本製品の不買運動が巻き起こり、10月には日本からのビールの輸出額がゼロになったのをはじめ、対象は洋服、車、さらに日本映画にまで広がりました。 映画配給会社のカン・サンウク(姜相旭)理事は、「どうすることもできなかった。多くの人に日本映画を見せられなくなり、残念だった」と、当時を振り返ります。 カン理事の映画配給会社は、日本のアニメ映画の可能性に早くから注目し、2007年から配給を始めました。3年前に配給した新海監督の『君の名は。』は、韓国で上映された日本映画として最多となる373万人の観客を動員しました。 これを受けて会社は、新海監督の新作『天気の子』の上映を決定。去年9月の上映に向けてプロモーション活動を大々的に展開する予定でしたが、両国関係の悪化を受け、取引先から「今、日本のコンテンツと関わってもいいことがない」と、すべて拒否されたと言います。 結局、『天気の子』は1か月の上映延期を余儀なくされ、観客動員も前作と比べて8割も減ってしまいました。 「ファンがいなくなることはない」 上映延期などの責任を感じていた、カン理事。そんなとき救ってくれたのが、新海監督の「ファイティング」だったと言います。 カン理事「おわびしたい気持ちでしたが、新海監督は上映のとき、韓国にわざわざ足を運んで書いてくれたんです。涙が出そうになりました。日本側のほかの関係者も、理解を示してくれました」 新海監督たちの思いに、こたえたい。カン理事は、すぐれた日本の映画、特にアニメのファンが韓国からいなくなることはないと断言します。会社は今後、日韓関係が悪化したとしても上映を続けられるよう、日本映画専用の劇場をソウル市内につくることを検討しています。ビジネスとして成功させ、新海監督をはじめとする日本の映画関係者にも喜んでもらいたいと考えています。 「韓国で日本映画が定着するのに貢献したい。未来の世代が政治的な問題を解決するための土台になると思う」 カン理事は、ことばに力を込めます。 「同志」として交流を 地道な取り組みは、劇場でも続いています。 ソウル近郊・インチョン(仁川)のミニシアター『ミリム(美林)』です。日本の国際交流基金の協力を得て、ことし2月から毎月1回、日本映画の無料上映会を開いています。…

    続きを読む
Close
Close