VICE

  • アンセル・エルゴートが日本語で語る!『TOKYO VICE』 ハリウッド俳優が見た日本文化とジャーナリズム | ドラマ

    アンセル・エルゴート in 東京 日米のテレビドラマ史が変わる。『ヒート』(1995年)のマイケル・マン監督が手がける、WOWOW&HBO Maxによる日米共同制作ドラマ『TOKYO VICE』が、いよいよ2022年4月24日から放送開始となるのだ。1990年代、東京の裏社会をリアルに活写する本作は、全編の撮影を東京ほか日本国内で敢行。出演者には渡辺謙、菊地凛子、伊藤英明、笠松将、山下智久ら豪華キャストが参加した。 『TOKYO VICE』HBO Max / James Lisle 物語の主人公、新聞記者であるジェイクを演じたのは、『ベイビー・ドライバー』(2017年)、『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021年)のアンセル・エルゴート。来日記者会見では流暢な日本語が話題を呼んだが、記者によるインタビューでも、こちらの質問になるべく日本語で答えてくれた。 コロナ禍の日本での撮影や、入念な役づくりについて語る言葉は、日本語と英語をシームレスに行き来しながら、丁寧な人柄を感じさせるもの。今回は本人が口にした日本語をなるべく残しながら、アンセルの現在地をお届けしたい。 アンセル・エルゴート   ※記事内の青文字部分が日本語でお答えいただいた箇所 「『TOKYO VICE』の現場=90年代の東京はとてもリアルでした」 ―そもそも『TOKYO…

    続きを読む
Close
Close