ORICON

  • 井上芳雄、ミュージカル会見でも司会力発揮「どっちも頑張ることが充実につながる」 | ORICON NEWS

     俳優の井上芳雄、明日海りお、浦井健治、望海風斗、演出家のマイケル・アーデン氏が9日、東京・日比谷の帝国劇場でミュージカル『ガイズ&ドールズ』初日取材会に参加した。 【写真】その他の写真を見る  初日を迎え、超大物ギャンブラーのスカイ役を務める井上は「無事にゲネプロも終え、あとはお客様を迎えるだけ。楽しみです。この時期に日本でマイケル・アーデンというアメリカの演出家を迎えて新しい『ガイズ&ドールズ』を作れるのは、スゴく貴重な経験だと思いました。関われてうれしいなという気持ちで。早く観てほしい」と幕が開くのを待ちきれない様子だった。  5月から日本テレビ系バラエティー『行列のできる相談所』(毎週日曜 後9:00)でMCを務めるなど、俳優業以外の仕事も充実。そのことについての質問が飛ぶと井上は「今も司会をしたいぐらい」と冗談交じりに語っていた。「皆さんにご迷惑をかけながら、ほかの仕事を。マイケルもビックリしたと思う。『この役者は、なんでNGが多いんだ』と」と笑わせながらも「元気にやっています。どっちも頑張ることが充実につながる気がする」ときっぱり言い切っていた。  最後に井上は「幸せだなと思う。マイケルだけじゃなく、振付のエイマン・フォーリー、装置のデイン・ラフリーも皆さんアメリカから来てくださった。日本人側のスタッフやキャストも全力でやってできている作品のクオリティはブロードウェイの舞台みたい。自分はミュージカルをやりたくて、ずっと続けてきているんですけど、もしこれが最後の舞台になっても満足」と自信。そして「引退はしませんけど」とちゃめっ気たっぷりに続けると「それぐらい、ここにいられてスゴく幸せと思う作品を皆さんにお届けできると思う。ただただ無事に最後まで元気にやれることを祈って、お客様を迎えたい」と意気込んでいた。 『ガイズ&ドールズ』初日取材会に参加した(左から)望海風斗、浦井健治、井上芳雄、明日海りお、マイケル・アーデン (C)ORICON NewS inc. 写真ページを見る  『ガイズ&ドールズ』は、1950年にブロードウェイで初演され、1200回のロングラン公演を記録し、これまでトニー賞作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞など8部門受賞の栄誉に輝いている。日本でも度々上演されてきた人気の高いコメディ・ミュージカルとなっている。きょう9日から7月9日まで帝国劇場で、7月16日から29日まで福岡・博多座で上演される。

    続きを読む
  • 成田凌、子ども時代にパン屋で大失敗 試食コーナーで完食するも「全部商品だった」 | ORICON NEWS

     俳優の成田凌が、24日放送の日本テレビ系バラエティー『ザ!世界仰天ニュース』(毎週火曜 後9:00)に出演する。『食の危険&凶悪事件2時間スペシャル』ではゲストの食べ物にまつわる体験談も。成田は子ども時代に母親と訪れたパン屋の試食コーナーがおいしすぎてすべて完食するも、母親に怒られて気づくと実は「全部商品だった」という失敗談を明かす。「小ちゃい商品は試食だろう」と勘違いした成田に、MCの笑福亭鶴瓶と中居正広がマジダメ出しする。 【写真】その他の写真を見る  VTRでは、身近に潜む食の危険を紹介。アイスを食べて食中毒に?身体に良いはずの健康食品でまさかの危機に。大好きなコーヒーで絶体絶命…(!?)。ほか、1999年に8人もの死傷者を出した池袋通り魔殺人事件を再現。23歳の男は、なぜなんの罪もない人たちを襲ったのか…犯行に至るまでに一体何があったのか。衝撃の事実に迫る。  スタジオでは、ゲストが仰天事件をトーク。正月は毎年実家に帰るという成田は「父親がなぜか縦長のアフロにしてたんですよ」と語り、ファンキーな父親に鶴瓶と中居も興味津々。さらに50代半ばで、中居の年齢とさほど変わらないと判明。「中居さんってスゴいんだなぁと思いますね」という成田の一言を聞いた中居が、ご満悦なリアクションで笑いを誘う。  また、ぺこぱのシュウペイは「去年初めて、電車のグリーン車に乗ろうと思って」とSuicaを使った乗車での恥ずかしい失敗談を。友人への連絡と決済で急いでいたため、座席の上部にあるタッチパネルにノールックでSuicaをかざしていたが、一向に反応しなかったという。よく見るとまったく違うものを手に持っていたとわかり、スタジオは爆笑となる。 24日放送『ザ!世界仰天ニュース』 に出演する井桁弘恵(C)日本テレビ 写真ページを見る  「ずっと見ていた番組だったのでうれしかった」という井桁弘恵は、初出演を母親に報告したところ「鶴瓶さんは昔、深夜番組に出演していた時にすごく怖かった」と驚きの忠告。悪ノリした中居が井桁に鶴瓶の怖さをアピールするなか、鶴瓶が「ちゃんと聞いといて! お母さんに。オレ電話するわ!(笑)」と割って入る。しかし、その後のトーク中に井桁を震え上がらせた、ある出来事が。 24日放送『ザ!世界仰天ニュース』に出演する篠田麻里子 (C)日本テレビ 写真ページを見る  2歳の娘を持つ篠田麻里子は、最近言葉を話す娘が「寝かしつけの時に、天井に向かって『バイバイ! また明日』って言うんですよ!」とその様子を再現し、一同仰天。鶴瓶が「まだ純粋な時には見えるっていうよね。IKKOさんも見えるんじゃないですか?」となぜかIKKOに振り、トークが脱線しまくる事態に。IKKOは、美容師時代に客から差し入れされたおにぎりを食べたところ、「2時間ぐらいして気持ち悪くなって、1週間入院になっちゃって」と驚きの体験を振り返る。

    続きを読む
  • キングカズ長男・三浦りょう太、初の映画撮影でNG連発「胸に刻んで頑張っていきたい」 | ORICON NEWS

     元日本代表FWで横浜FC所属の三浦知良選手とタレント・三浦りさ子の長男・三浦りょう太(りょう=けものへんに寮のうかんむりなし/24)が3日、都内で行われた映画『彼女が好きなものは』初日舞台あいさつに登壇した。 【写真】その他の写真を見る  本作で映画デビューを果たした三浦は、この日が舞台あいさつも初めて。緊張した面持ちを見せながら、主演を務めた神尾楓珠(22)について「最初は怖い人だと思ったんですが、いまは楓ちゃんと呼ばせてもらう仲になりました」と神尾と親密な様子も見せた。  初の映画撮影を振り返った三浦は「初日が忘れられないです。(神尾と前田旺志郎に対して)『お前ら、ほんと仲いいな』というシーンがあるのですが、初日でめっちゃ緊張していてガチガチで。何回もNGを出してしまって、それが印象に残っていますね」と明かした。  前田からは今でもNG連発をいじられるといい「それを胸に刻んで頑張っていきたいです」と、これからの俳優人生にいかしていくと誓った。  この日は、神尾、山田杏奈(20)、草野翔吾監督(37)も登壇した。 (左から)草野翔吾監督、山田杏奈、神尾楓珠、三浦りょう太 (C)ORICON NewS inc. 写真ページを見る  本作は、小説家・浅原ナオト氏の「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫)が原作。「異性を愛したい」「家庭を築きたい」と世間で“ふつう”と言われる幸せを手にしたいと願いながらも、ゲイであることを隠して生きる高校生・安藤純を神尾。BL好きであることを秘密にしながら、純に恋をする女子高校生の三浦紗枝を山田が演じる。 ★YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」 Source Link

    続きを読む
Close
Close