NAOTO主演作がイタリアの映画祭にて日本映画初の受賞大変光栄

  • EXILE NAOTO、主演作がイタリアの映画祭にて日本映画初の受賞「大変光栄」 | マイナビニュース

    EXILE NAOTO主演の映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』(2021年公開)が、イタリア・ローマで開催されたアジアン映画祭にてMost Original Film Award(最優秀オリジナル映画賞)を受賞した。 同作はSABU監督のオリジナル作で、解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリーの霊から恋人のジョニーを探してほしいと頼まれた、しがない市役所職員の研二(NAOTO)と霊能力を持つ女子高生・雪子が2人の恋を成就させるため、時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディ。北九州、東京、そして台湾で撮影を敢行した。 6月23日までイタリア・ローマで開催されたアジアン映画祭にてMost Original Film Award(最優秀オリジナル映画賞)を受賞。アジアン映画祭は今回で第18回目を迎える映画祭となり、これまでの開催で是枝裕和監督・山下敦弘監督・深田晃司監督・三池崇史監督作など100本以上の日本映画を上映してきたが、最優秀オリジナル映画賞を受賞したのは日本映画では初となる。 例年3月に開催していた同映画祭は、劇場でのフィジカル上映にこだわり延期を重ね、ようやく6月に開催。本作は日本でも公開が2020年から延期されていた。シッチェス・カタロニア国際映画祭でワールド・プレミア上映され、ポルト国際映画祭で審査員特別賞を受賞と評価も高まり、今年、ポルトアレグレ国際ファンタスティック映画祭でも“onorable Mentions – Best Use of Cinematography for…

    続きを読む
Close
Close