dot

  • 妻・恭子さんが語る大林宣彦監督と歩んだ60年と遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

    大林監督と写した、妻・恭子さんお気に入りのツーショット(C)PSC  大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が公開され、話題を呼んでいる。日本映画の可能性を広げてきた作品の数々はどのように生まれてきたのか。大林映画のプロデューサーを務める妻・大林恭子さんに聞いた。 【写真】常盤貴子は6役に挑戦…「海辺の映画館‐キネマの玉手箱」のワンシーンがこちら  監督とはプライベートフィルムを作り始めた大学4年生くらいの時からアイデアを出し合っていました。当時からあふれる才能を持っていました。私はそこに引かれて、ずっと一緒にいられたのでしょうね。  大林映画のプロデューサーとしてクレジットされたのは、「転校生」の時からです。監督には毎回、脚本を読んで今回はここに予算をかける、と決めて宣言するんです。私の言うことを聞いてはくれるんですが、結局は自分のやりたいことをやってしまうのです(笑)。ただ、「海辺の映画館」ばかりは私は何も言えませんでした。「これが最後かな」という思いがあったからかもしれません。自由にやらせてあげたい、と決めていました。  私が監督に意見を言うことはありませんでした。彼はけなしちゃうとダメなんです。男の人ってそういうところがあるでしょう? 特に監督はそうですね。褒められるとすごく乗ってしまうタチ。そういう子どもみたいなところがある人です。  私たちはけんかというけんかをしたことがありません。出掛けにちょっと口げんかみたいなことになったとするでしょ。そうすると、一度家を出て、その辺まで行って帰ってくるんです。「ごめんね」と謝ってまた出ていく。そのまま出掛けて事故か何かに遭ったら二人とも後悔すると思ったんだと思います。  だから大林が怒っている姿を見たのは、「海辺の映画館」の撮影中がほぼ初めて。この映画は途中で一度企画がポシャってしまい、スタッフはほぼ全員初めて組んだ方たち。そのため演出部も制作部もいつものように自分の思いが伝わらない。怒っているのは皆さんに対してではなく、自分に対してなんですよ。もう大きな声で指示できない。歩くこと、走ることができませんでしたから。自分で伝えられないことがもどかしかったんです。だから最後はいつも皆さんに「ごめんなさい」と謝っていました。完成した時は感謝ばかりでしたね。 次のページ 東日本大震災を境に変わった作風 トップにもどる週刊朝日記事一覧 Source Link

    続きを読む
  • “Zoom俳優”近藤芳正 コロナ禍で「原点に立ち戻れたことはいいこと」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

    映画「河童の女」は、7月11日から新宿K’s cinema、18日から池袋シネマ・ロサほか全国順次公開(c)ENBUゼミナール 近藤芳正(こんどう・よしまさ)/1961年生まれ。愛知県出身。19歳で上京後、劇団青年座研究所に入所。92年、舞台「12人の優しい日本人」に出演するなど、東京サンシャインボーイズに欠かせない客演俳優となる。2001年には、劇団ダンダンブエノを立ち上げ。09年からはソロ活動を始動し、舞台制作、プロデュース、作・演出にも関わる。若手俳優向けのワークショップも主宰。後進指導にも力を注ぐ。 (撮影/写真部・小黒冴夏)  新型コロナウイルスの影響を大きく受けた演劇界。俳優の近藤芳正さんは津川雅彦さんの「起きたことが正解」という口癖が「精神安定剤になってくれた」という。近藤さんはそんななか、Zoomを使った演劇「12人の優しい日本人を読む会」で注目を浴びた。 【前編/Zoom演劇の立役者・近藤芳正「“芝居バカ”だと再認識しました(笑)」】より続く 【近藤芳正さんの写真はこちら】  19歳で愛知から上京して、今年でちょうど40年になる近藤さん。20代のころ、コント赤信号の3人の勧めもあって、岡田正子さんという方が教えているフランス発祥の「ベラ・レーヌ・システム」という演技システムに出合った。1950年代にフランスに渡った岡田さんは、「ベラ・レーヌ・システム」の日本での第一人者だった。このメソッドを、若き近藤さんは徹底的に学んだ。そのことは、のちの俳優の仕事に、大きく生かされたという。5~6年前からは、アメリカで演出を学んだ演出家の小川絵梨子さんに刺激されて、海外の演技メソッドを伝えるワークショップに積極的に参加するようになる。 「そこから、ベラ・レーヌ・システムと、自分の経験を重ね合わせて得たものを、若い人たちに伝えていこうと思って、定期的にワークショップを開くようになりました」  ブログにツイッターにインスタグラムとSNSも活用し、芝居関連では、世代を超えての交流もどんどん行っているが、そこにはどんな思いがあるのだろうか。 「お子さんがいる人は、お子さんに自分が体得した“何か”をつないでいくことができますよね。僕の場合、子供はいないけれど、せっかく役者としての経験はあるのだから、若い世代にそれをつないでいくことも、僕にできることの一つなんじゃないかと思った。俳優って、若い人たちに、『僕はこうやって乗り切ってきたよ』と話す機会があまりないんですよ。演出家、映画監督のワークショップは多いけれど、役者のワークショップは少ない。でも、演出家や映画監督の数より、役者の数のほうがずっと多いですからね」 トップにもどる週刊朝日記事一覧

    続きを読む
Close
Close