Base

  • Base Ball Bear小出祐介との本格コラボにも期待! Amazon Audible『アレク氏 2120』PD白井太郎と探る“聴く映画”の可能性 | 映画

    「コンビニに行くような感覚で挑戦的なオーディオ作品にバッタリ出くわしてもらいたい」 プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスAmazon Audibleから、日本初のオリジナルスクリプト作品として、映画監督・堤幸彦氏らが手掛ける『アレク氏 2120』が登場。山寺宏一や梶裕貴、三石琴乃、窪塚洋介、伊藤歩など日本を代表する声優/俳優陣が集結した「聴く映画」こと『アレク氏 2120』は、映画的な音響効果を緻密に練り上げて製作された、サウンドノベルとは一線を画す新たなオーディオコンテンツだ。 『アレク氏2120』 この『アレク氏 2120』は、Amazon Audibleが持つ可能性を今後どのように広げていくのか? 本作の制作に携わった<NEOTERIC>のPodcastプロデューサー・白井太郎氏と、氏が敬愛するミュージシャン、Base Ball Bearの小出祐介氏による対談インタビューの後編をお届けする。 オーディオコンテンツにおける劇伴 ―小出さん主宰のマテリアルクラブは映画『ゴーストマスター』(2019年)に主題歌を楽曲提供されていますが、映画音楽をやってみたいという気持ちはありますか? 小出:主題歌はできても、劇伴となると思考回路が違うと思います。友人の世武裕子さんから劇伴制作の話を聞いたりしますが、主題歌の制作とは制作過程も、求められることも違うんですね。自分にはできないことだと思っています。 白井:劇伴は、劇伴を作るミュージシャンとは別に音楽プロデューサーがついて、編集でミックス作業をしながら、Pro Toolsなどで映像に合わせてその場で音楽を編集するんですね。ある場面はリズムだけにしたりなど、その場その場での細かな指示があります。プライオリティとしては本編に合わせるという部分が優先にはなってしまうので、主題歌などの楽曲提供とは違うところがありますよね。 小出祐介 ―そうした劇伴を今後、オーディオコンテンツでもやっていくのでしょうか? 白井:今回製作しながら思ったのは、映画の劇伴とオーディオドラマの劇伴がまったく違うということです。映画の劇伴は登場人物の心情に寄り添って、映像の補足説明的な役割がメインです。また、とてもカオスなシーンに敢えて真逆のクラシックなどを流して、映像を際立たせるメソッドなどもありますよね。視覚からの情報と聴覚からの情報という、2つのレイヤーで脳内で処理されるから、そのような技法が成り立ちます。ですがオーディオファーストのドラマでは、物語も音楽も聴覚からの情報のみで、1つのレイヤーとして脳内で処理されてしまいます。つまり、音声よりも音楽が立って聴こえてしまう場合があるんです。…

    続きを読む
Close
Close