豊原功補が語る新しいことへの挑戦と大きな可能性

  • 豊原功補が語る、新しいことへの挑戦と大きな可能性 | マイナビニュース

    音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。映画製作会社「新世界合同会社」を設立した俳優・豊原功補が、初めて映画をプロデュースする。俳優業だけではなく、作品により深く関わる「送り手」という立場から見えてきた新しい可能性、そしてものづくりに対する考えとは? Coffee & Cigarettes 20 | 豊原功補 ※本記事は、Rolling Stone Japan vol.10(2020年3月25日発売号)に掲載された記事です。 新しいことへの挑戦には、大きな可能性と共に常にリスクがつきまとう。ましてやキャリアや歳を重ねてからの挑戦となれば、思わず二の足を踏んでしまうことの方がきっと多いはずだ。しかし、今年55歳を迎える俳優・豊原功補の辞書には、おそらく「現状維持」などという言葉は存在しないのだろう。一昨年の秋、映画監督の外山文治や小泉今日子らを含む数人と、新たに映画製作会社「新世界合同会社」を設立した彼は、これが長編2作目となる外山文治の監督作『ソワレ』のプロデュースに挑んでいるという。 「外山監督の短編映画『此の岸のこと』(2010年)をたまたま観る機会があって、その時にものすごく感銘を受けたんです。そうしたら彼が、和歌山出身のプロデューサー前田和紀さんと新たな映画の企画を練っていると、知り合いのツテで紹介されて『一緒にやりませんか?』と本人から相談を受けた。自分としても映画に対する思いは十年二十年と持ち続けていた中で、何か出来ないかと頭をよぎっていた頃でした。つまり『新世界』は、この映画を製作することがきっかけで現実に立ち上がった会社なんです。ただ当初は、とりあえず少しずつ、ゆっくり進んでいければいいのかなと思ったのですが、いざやってみるともう闇雲に走りきる以外ないという多忙感満載でした」 そう苦笑する豊原。これまでも彼は、演出・脚本という形でいくつかの演劇作品を手がけ、作り手という立場としての取り組みは行ってきている。が、まさかプロデュースという形で映画と向き合うことになるとは思ってもみなかったという。 「不思議というか……人生なんて、自分の思い描いた通りには進んでいかないし、何がどこでどう変わっていくかはもう『出会い』と『タイミング』でしかない。自分の力ではどうしようもない、何か人知の及ばぬような力が働いていると思わされることばかりです」 プロデュースとは具体的に、どのような仕事をしていたのだろうか。 「とにかく、ありとあらゆる全て(笑)。潤沢な資金というわけではなかったですし、製作スタッフもとにかくミニマム。それこそ準備の段階から、脚本打ち、方向決め、書類のプリントや役者さんとスタッフさんのスケジュールまで、ほぼ自分たちでやりました。いざ現場に入ると、撮影を見守るのはもちろん、熱中症対策の飲料買い出し、俳優部の宿泊場所と現場のピストン。遅れて撮影に入ってくる役者さんを駅まで迎えにも行きました。これはプロデューサーとアソシエイトPとすれば特に不思議なことでもないのですが、僕や小泉さんが運転席から降りて『おはようございます。よろしくお願いします!』なんて挨拶するものだから、中にはびっくりしていた方もいらっしゃいました(笑)」 これまで表舞台で脚光を浴び続けていた2人。そのような仕事は自らのプライドを傷つけることにならなかったのだろうか。新しいことへ飛び込むのにも相当な勇気が必要なはずだ。 「楽しいです。『やるしかない』となったら、あまり余計なこと考えていられない。1本ネジが飛んじゃってるぐらいじゃないと(笑)。人にはよく、『どうして君はいつもキツい道ばかりを選ぶんだ?』なんて言われますが、そういう性分だろうから仕方ない。当然、モノを作る上で小泉さんあるいは製作スタッフ内で意見の違いが生じることもあります。でも、たとえ同じ頃にキャリアをスタートさせているとしても、そこから先の活動や表現方法のプロセスは全く違いますからね。そのそれぞれの違う経験を持ち寄って、最終的に求めるイメージみたいなもの、『こっちの方が面白いだろう』というところが近くにあればいい。そうやって、お互い一緒に積み上げていくことがやはり醍醐味なんだろうと思う」…

    続きを読む
Close
Close