祖国の言葉を命がけで守り伝えた人々を描くマルモイ

  • 実話ベースの韓国近代史! 祖国の“言葉”を命がけで守り伝えた人々を描く『マルモイ ことばあつめ』 | 映画

    オム・ユナの初監督作品『マルモイ ことばあつめ』が2020年7月10日(金)より公開中だ。オム・ユナって誰だっけ? と首を傾げた人も、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』の脚本を手がけた人と聞けば、がぜん興味がロッテワールドタワー、いや漢拏山レベルまで高まるのではないだろうか。その期待は裏切られるどころか、もはやハンカチでは足りないほどの涙、そして貴重な“学び”を与えてくれる感動のヒューマンドラマだった! 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 日本統治下の朝鮮半島に“母国語”を守るため戦った人々がいた 『マルモイ ことばあつめ』の舞台となるのは1940年代、日本統治時代の京城(現在の韓国・ソウル)。コソ泥としてギリギリ生計を立てているキム・パンス(ユ・ヘジン)は、息子の学費のために朝鮮語学会のリュ・ジョンファン(ユン・ゲサン)のバッグを盗む。 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. パンスは読み書きができないゴロツキだが2人の子を持つシングルファーザーで、裕福で親日派の父親を持つジョンファンは日本統治下で徐々に失われていく朝鮮語(韓国語)を守るべく、各地の方言などを集めて朝鮮語の辞書を作ろうとしている青年。本作は、そんな何もかもが正反対の2人が偶然出会い、祖国の言葉を集めるという地道な共同作業を通じて心を通わせていく、実話ベースの近代史ドラマだ。 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE…

    続きを読む
Close
Close