映画

  • 斎藤工は、小津安二郎・ワイズマン・成瀬巳喜男で出来ている! 父から受けた映画の洗礼と特殊な関係とは【第2回】 | 映画 | BANGER!!!

    監督・斎藤工、大いに語る その独特な画風と唯一無二の表現力で絶大な人気を誇る漫画家・大橋裕之の幻の初期作集を実写映画化した『ゾッキ』が、2021年4月2日(金)より全国公開(3月20日より蒲郡市、3月26日より愛知県内で先行公開あり)。 『ゾッキ』© 2020「ゾッキ」製作委員会 今回は、『ゾッキ』で竹中直人と山田孝之と共に監督として共同制作を行った斎藤工にロングインタビューを敢行。撮影エピソードやキャスティング秘話に続き、自身の映画原体験や敬愛する名監督たちへの想い、そして映画界の今後のビジョンに至るまで、超・濃密なインタビューを全3回に分けてお贈りする。 斎藤工、『ゾッキ』は「ギリ“失敗じゃない”ライン」を狙った⁉ 竹中直人&山田孝之との共同製作秘話を明かす【第1回】 いつも心にフレデリック・ワイズマンを ―余白というか自分の中になかったものと、事故のように出会って幅ができたり、引き出しになったり、色々あると思うのですが、“自分を壊す事故のような映画”というと何を思い浮かべますか? フレデリック・ワイズマンの『ボクシング・ジム』(2010年)。アメリカ・テキサスの田舎町にある小汚いボクシングジムを撮った映画なんですけど、ワイズマンってとにかく筋書きを用意しないので、そこに集う人たちに思いきりドラマを起こして欲しいとも思ってないっていう(笑)。そういうことが、やっぱりすごく勇気のいることで。 ドキュメンタリーっていろんな手法があると思うんですけど、森達也さんは「土俵を作って、あとは相撲をとってもらう」。でもワイズマンは、むしろ土俵を平らにして構えさせないというか。だから他の作品(『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』[2016年])でも、パティ・スミスが空気的に映されてるというのは衝撃的で。彼は朝鮮戦争に従軍していて、そのあと刑務所に入り、出所して撮ったのがデビュー作『チチカット・フォーリーズ』(1967年)。1991年まで裁判にかけられて映画館で上映できなかった。 そのあと病院や学校、いろんな場所をとにかく撮る。映画スターを撮るのが映画だと思ってたのにワイズマンは場所、すなわち時間を撮ってるんだということに気づいて。(『ニューヨーク公共図書館』は)3時間くらいあるのでやはりしんどい時間も来るんですけど、ドキュメンタリーって編集次第だと僕は思っていて。彼がどの時間を切り取って一本にしたか、というのが見終わって完成する。 彼自身ボクシングファンなんですよね、習っていた時期もあって。僕もジムに通っていたことがあるんですけど、試合の体感を植え付けるために3分おきにゴングが鳴るんですよ。ジム自体にリズムがあって、そのリズムで編集したり、足元のフットワークだけ映していたり。顔と同じくらい足元が映ってる。そこに来る、中高年になってからボクシングを始めた人とか、日本だったら絶対に民放のドラマにならないような、何気ない普通の人たちが画面の中央にいて。“躍動しない躍動”みたいなものがある。ワイズマン作品に価値を見出せる人間にならないといけないんだっていう、ショックみたいなのはありました。衝撃でしたね。 ―ワイズマンはもう90代ですが、まだ元気に撮っていますよね。 2020年にも新作(『City Hall(原題)』)を発表しましたね。彼の撮り方は、現場を見ていないので分からないですが、おそらくディレクション自体はローカロリーだと思うんですよ。据え置きで、(監督がその場に)いない時も絶対あるだろうし。でも、いつどの場所を撮ってどう仕上げるかというのが彼の映画製作だと思うので、自分がディレクションや制作側で入る現場は、どうしてもそこにいる人を撮りすぎちゃう。でも『ゾッキ』でいう蒲郡だって場所を撮る、その空間ロケーションに僕らも身を置く。だからロケハンもありますけど、それを忘れちゃうと現代的なマンガのコマ割りみたいな、いわゆる“損をしないコンテンツ”的な映画の作り方になってしまう。それを全面的に批判はしないですが、ワイズマンをどこかに置いておかないと、自分の場合は映画を作れないなと。ひとつの画角みたいな人です。 『ゾッキ』© 2020「ゾッキ」製作委員会 「父とは会話はなくても、映画のDVDを送り合うという関係(笑)」…

    続きを読む
  • Base Ball Bear小出祐介との本格コラボにも期待! Amazon Audible『アレク氏 2120』PD白井太郎と探る“聴く映画”の可能性 | 映画

    「コンビニに行くような感覚で挑戦的なオーディオ作品にバッタリ出くわしてもらいたい」 プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスAmazon Audibleから、日本初のオリジナルスクリプト作品として、映画監督・堤幸彦氏らが手掛ける『アレク氏 2120』が登場。山寺宏一や梶裕貴、三石琴乃、窪塚洋介、伊藤歩など日本を代表する声優/俳優陣が集結した「聴く映画」こと『アレク氏 2120』は、映画的な音響効果を緻密に練り上げて製作された、サウンドノベルとは一線を画す新たなオーディオコンテンツだ。 『アレク氏2120』 この『アレク氏 2120』は、Amazon Audibleが持つ可能性を今後どのように広げていくのか? 本作の制作に携わった<NEOTERIC>のPodcastプロデューサー・白井太郎氏と、氏が敬愛するミュージシャン、Base Ball Bearの小出祐介氏による対談インタビューの後編をお届けする。 オーディオコンテンツにおける劇伴 ―小出さん主宰のマテリアルクラブは映画『ゴーストマスター』(2019年)に主題歌を楽曲提供されていますが、映画音楽をやってみたいという気持ちはありますか? 小出:主題歌はできても、劇伴となると思考回路が違うと思います。友人の世武裕子さんから劇伴制作の話を聞いたりしますが、主題歌の制作とは制作過程も、求められることも違うんですね。自分にはできないことだと思っています。 白井:劇伴は、劇伴を作るミュージシャンとは別に音楽プロデューサーがついて、編集でミックス作業をしながら、Pro Toolsなどで映像に合わせてその場で音楽を編集するんですね。ある場面はリズムだけにしたりなど、その場その場での細かな指示があります。プライオリティとしては本編に合わせるという部分が優先にはなってしまうので、主題歌などの楽曲提供とは違うところがありますよね。 小出祐介 ―そうした劇伴を今後、オーディオコンテンツでもやっていくのでしょうか? 白井:今回製作しながら思ったのは、映画の劇伴とオーディオドラマの劇伴がまったく違うということです。映画の劇伴は登場人物の心情に寄り添って、映像の補足説明的な役割がメインです。また、とてもカオスなシーンに敢えて真逆のクラシックなどを流して、映像を際立たせるメソッドなどもありますよね。視覚からの情報と聴覚からの情報という、2つのレイヤーで脳内で処理されるから、そのような技法が成り立ちます。ですがオーディオファーストのドラマでは、物語も音楽も聴覚からの情報のみで、1つのレイヤーとして脳内で処理されてしまいます。つまり、音声よりも音楽が立って聴こえてしまう場合があるんです。…

    続きを読む
  • 映画監督・池田エライザの“今後のビジョン”は?「日本人だからって国内で作り続ける必要はない。そこは大いに、ずかずかと行けたら」 | 映画 | BANGER!!!

    監督デビュー作『夏、至るころ』が2020年12月4日(金)に公開を控える女優・池田エライザは、いつ、どんなきっかけで映画や音楽といったカルチャーに強い関心を持つようになったのか? 故郷・福岡のシネコンで受けた映画の洗礼から、10代のカリスマと呼ばれたモデル時代、女優として焦りを感じたハリウッド作品や目指すロールモデルの存在、そして今後のビジョンに至るまで、たっぷり語っていただいた。 <1回目>池田エライザが初監督作を語る! あえて青春映画の王道を貫いた『夏、至るころ』に込めた若者へのメッセージとは? <2回目>『夏、至るころ』で監督デビュー! 池田エライザが影響を受けた映画は?「技術が発達しても超えられない“何か”がある映画に憧れる」 「SNSは用法容量を守らないと危ない」 ―影響を受けた作品に挙げていただいた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017年)は比較的新しい作品ですね。 これはもう、マーゴット・ロビーの熱演に尽きますね。観て、初めて「女優辞めよう」って思った。「無理無理! 辞める辞める! こんなことやれる女優がいるならやってらんないよ!」って。なんか、そんな芝居されちゃったら……もちろん全うできるように頑張っているけど、(現場と現場を)縫うように行って「今日どっちの現場だっけ?」とか言っている自分が、すっごい恥ずかしくなっちゃって。別に体を酷使することが良いっていうわけじゃないけど、誰かの人生を代弁するわけじゃないですか。それで大成功と言わしめるだけの仕上がりを、ちゃんと努力で見せてくるって、すごいなと。これは視点が監督っていうことよりは、普通に女優として焦った映画だったというか。 ―『裸足の季節』(2015年)はトルコの映画なんですね。 これは、日本ではあまり一般的ではない宗教(※イスラム教)下での少女たちのお話。思春期で外の世界について知り始めても、檻から出してもらえない。彼女たちも学校には行くけれど、男子生徒とは絶対に関わっちゃいけないとか、常に監視された状態で生きているなか、ちょっとずつ自意識が芽生えて自分たちの意志で動き始める。『夏、至るころ』の(主人公の)翔ちゃんもそうだけど、初めて“自分の意志を無視しない瞬間”が描かれていて、すごく好きなんです。おすすめ! 「好きな俳優はショーン・ペン、浅野忠信、おすすめ映画は……」 俳優 村上淳の“映画に取り憑かれた”半生 ―映画はどれくらいのペースで観ていますか? 映画マニアと言われるほどではないと思います。観るときは毎日観るし、Netflixとかも観る。意外とミーハーなので、もう『クイーンズ・ギャンビット』とかも観ました。めっちゃ良かったです。あとは、フランスのちょっとマイナーなアニメ映画とかも。自分の好きなものだけ観ますね。選び方は、ポスタービジュアルとかを見て「私、これ好きそう!」って思うようなもの。 ―それは直感で?…

    続きを読む
  • 実話ベースの韓国近代史! 祖国の“言葉”を命がけで守り伝えた人々を描く『マルモイ ことばあつめ』 | 映画

    オム・ユナの初監督作品『マルモイ ことばあつめ』が2020年7月10日(金)より公開中だ。オム・ユナって誰だっけ? と首を傾げた人も、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』の脚本を手がけた人と聞けば、がぜん興味がロッテワールドタワー、いや漢拏山レベルまで高まるのではないだろうか。その期待は裏切られるどころか、もはやハンカチでは足りないほどの涙、そして貴重な“学び”を与えてくれる感動のヒューマンドラマだった! 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 日本統治下の朝鮮半島に“母国語”を守るため戦った人々がいた 『マルモイ ことばあつめ』の舞台となるのは1940年代、日本統治時代の京城(現在の韓国・ソウル)。コソ泥としてギリギリ生計を立てているキム・パンス(ユ・ヘジン)は、息子の学費のために朝鮮語学会のリュ・ジョンファン(ユン・ゲサン)のバッグを盗む。 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. パンスは読み書きができないゴロツキだが2人の子を持つシングルファーザーで、裕福で親日派の父親を持つジョンファンは日本統治下で徐々に失われていく朝鮮語(韓国語)を守るべく、各地の方言などを集めて朝鮮語の辞書を作ろうとしている青年。本作は、そんな何もかもが正反対の2人が偶然出会い、祖国の言葉を集めるという地道な共同作業を通じて心を通わせていく、実話ベースの近代史ドラマだ。 『マルモイ ことばあつめ』©2019 LOTTE…

    続きを読む
Close
Close