映画反逆のパンクロック約39年の時を経て日本初公開レッチリのフリーも出演

  • 映画『反逆のパンク・ロック』約39年の時を経て日本初公開、レッチリのフリーも出演 | マイナビニュース

    映画『反逆のパンク・ロック』が、最新のデジタル・ニューマスターで、2022年8月26日より新宿シネマカリテにて日本初公開される。 本作は、社会に馴染めない路上生活を送るパンクスたちの儚い日常を描いた、パンク・ドキュメンタリー映画の最高峰『ザ・デクライン』(81)、興行収入1億ドル突破の『ウェインズ・ワールド』(92)の監督ペネロープ・スフィーリスがB級映画の帝王ロジャー・コーマンのもとで撮り上げた長編劇映画デビュー作。俳優ではなく多くの本物のパンクスたちをキャストに起用し、主演女優のジェニファー・クレイはパブリック・イメージ・リミテッドのライブに並んでいるところを監督が発見、出演となった。 関連記事:レッド・ホット・チリ・ペッパーズの人間性に迫った、2000年の秘蔵インタビュー スフィーリス監督は、赤字を絶対に出さないことを信条に動くコーマンに「10分に一度はセックスシーンか暴力シーンを入れろ」と指示。当初の作品の骨格を破綻させない程度に指示通りの作品に仕上げた。また、本物のパンクスたちという無名のキャスト起用に反対するコーマンに対し、「あなたの大ヒット作『ワイルド・エンジェル』(66)でも本物のヘルズ・エンジェルスを出演させて成功した」と反論、コーマンを納得させた。ジェニファー・クレイの他の出演作はなく、キャリアや消息も不明。現レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、LAのパンク・ロックバンドFEARのリー・ヴィングの家にたむろしていたところを監督に発見され本作で映画デビュー、「Mike B. the Flea」の名でクレジットされている。フリーは「『反逆のパンク・ロック』は世界的にパンク映画のバイブルとなっている」語った。 本編ではT.S.O.L.、ヴァンダルズ、DIなどのUSハードコアたちのライブが盛り込まれ、USハードコア周辺がいかに危険で暴力的な空気に満ち溢れていたかなど当時の空気に触れられる映画となっている。日本では未公開、DVD発売やテレビ放送で終わっていたが、制作から39年を経て、最新のデジタル・ニューマスターで初公開される。 今回公開された日本予告編では、若かりし頃のフリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のセリフから始まる。次々と仲間が集まりながらも、その暴力的な若者たちの行動に街の住民たちとの対立は激化。”T.R.”たち次第に追い詰められてゆく。また、アメリカ西海岸が生んだハードコア・パンク・バンドT.S.O.L.のライブも収録されている。 あわせて、日本公開に向けてペネロープ・スフィーリス監督よりビデオメッセージが届いた。本作はパンクロッカーの友人たちと作り、俳優ではなく本物のパンクスたちが出演していることを語っている。また、「フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)によると、本作は世界中で”パンク・ロックのバイブル”と呼ばれているそうです。」と監督は話しており、本作が映画史におけるパンク・ムービーの最重要作であることが強調されている <映画情報> 『反逆のパンク・ロック』 新宿シネマカリテにて8月26日(金)より公開 シネ・リーブル梅田9月16日(金)、アップリンク京都9月23日(金)より公開 以降全国順次公開 1983年シカゴ国際映画祭・最優秀長編デビュー作賞受賞 (1983年|アメリカ|96分|G|日本劇場未公開|原題:①SUBURBIA ②REBEL STREETS ③THE…

    続きを読む
Close
Close