内田也哉子ずっと孤独な時間を過ごしてきたから役者の母樹木希林さんと過ごした幼少期を振り返る

  • 内田也哉子「ずっと孤独な時間を過ごしてきたから…」役者の母・樹木希林さんと過ごした幼少期を振り返る | マイナビニュース

    ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル×ユアスタイル~」。 今回のゲストは、桐島かれんさん(モデル)×内田也哉子さん(文筆家)。ここでは、幼少期について語り合いました。 内田也哉子さん、桐島かれんさん 桐島さんのお母さまは、作家の桐島洋子さん。アメリカ人の男性と恋をして未婚の母となった洋子さんは、仕事が忙しく、留守も多かったそうです。 一方、女優の樹木希林さんと、ミュージシャンの内田裕也さんの一人娘として生まれた内田さん。いわゆる家族団欒を知らずに育ったというお二人は、いったいどんな幼少期を過ごしていたのでしょうか? *   内田:私は人に興味があるので、自分が生きられなかった時間を、人を通して疑似体験する。それは読書もそうなんだけど。 桐島:なんでそんなに人に興味を持つの? 内田:ティーンエイジャーになるまで、ずっと孤独な時間を過ごしてきたから。離婚はしてなかったけど、母は(事実上の)シングルで、役者という仕事を持っていたからほとんどいなかったし、鍵っ子で放任主義だったけれども基本、ご飯は食べさせる。 当時ではちょっと早かったけど、マクロビオティック(穀物や野菜など日本の伝統食をベースとした食事)のような(ご飯を作ってくれた)。玄米と一汁一菜を無農薬の野菜で食べさせておけば、それが愛として伝わると(考えていたんだと思う)。 あと、何時に帰ってこようが、誰とどうしていようが1回も聞かれたことはないし、勉強しなさいなんて一度も言われたことがない。 桐島:同じです。 内田:だから逆に不安になっちゃうのね。 桐島:わかる。 内田:自分で自分を管理することが身についた。例えば、学校に関してはずっとインターナショナルスクールに通っていて、日本語が不安だから「途中から日本の公立学校に行ってみよう」と全部自分でプランニングしたし、フランス語も好きだったから、(フランス語が公用語の1つである)スイスに行ってみようとか。 そういうことを、もし、母が手厚くやってくれていたら、(自分は)怠け者だから何にもしなかったと思うけど、常に危機感があったから。自分しか頼れるものがなくて。 桐島:自分で切り開いていくしかない。だから、レールのようなものが全くなくて。それは自由だけど、一番過酷なのよ。普通は家庭があれば、例えば、ボーリング場のガーターに落ちないように親が守ってくれるけど。だから不安はあったと思う。…

    続きを読む
Close
Close