児玉徹郎監督エグゼクティブPに聞くドラゴンボール超

  • 児玉徹郎監督&エグゼクティブPに聞く!『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は世界が求める“クールな”アニメ | アニメ | BANGER!!!

    世界が待っていた『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』 『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の公開がいよいよ迫ってきた。思いもよらないアクシデントにより公開が遅れていたが、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』から4年ぶりという劇場版への期待感を抱きながら、児玉徹郎監督と伊能(いよく)昭夫エグゼクティブプロデューサー(以下、EP)のインタビューに臨んだ。 『ドラゴンボール 超 スーパーヒーロー』©バード・スタジオ/集英社 ©「2022 ドラゴンボール超」製作委員会 集英社でも初めてという単独作品部署「ドラゴンボール室」は2016年の設立当時から話題になっていたが、改めてその経緯をドラゴンボール室の室長でもある伊能昭夫EPに聞いてみた。 伊能:集英社としては作品の部署を立ち上げるのは初めての試みでした。私が編集長を務めるVジャンプで「ドラゴンボール超」が連載されていたのですが、これからはテレビや映画も含め総合的にチャレンジしていこうという動きがあり、ちょうど本作がスタートする時期と重なっているという経緯があり設立されました。具体的にはテレビアニメや劇場アニメをどのように展開していくか、さらにライセンスや商品化、特に世界中でプレイされるようになっているゲームについては、かなり突っ込んだ姿勢でプロデュースに参加しています。 本作について聞きたかったのは、予告編で垣間見えた世界観についてである。実写版バットマンなども連想させるアメコミ的要素クールな絵柄について、その意図を伊能EPにうかがったところ、控えめな返答の中にも本作は壮大な戦略作品なのではないかという予感にとらわれた。実際、2022年4月16日にフジテレビで放映された『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018年)に対し「世界興行収入135億円」という打ち出しがあったので、あながち間違いでないのではないか。 伊能:確かに、ドラゴンボールの大きな命題は世界展開にあります。すでに世界中で人気があることは確かなものの、なかなかそれを視覚化(数値化)することができなかったのですが、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』の興行収入が北米を中心としていい数字を残せたことで目標が見えてきました。今回は過去のそういったデータを踏まえ、国や地域ごとの展開を考えたいと思っています。 『ドラゴンボール 超 スーパーヒーロー』©バード・スタジオ/集英社 ©「2022…

    続きを読む
Close
Close