井上ひさし

  • WEB特集 大竹しのぶ × 井上ひさし 困難な時代でも“笑い”を | エンタメ

    憑依型の俳優とも呼ばれ、役に没頭する姿に魅了されるファンが多い大竹しのぶさん(63)。日本を代表する劇作家、故 井上ひさしさんと深い縁がある。先行きの見えない今を生きるうえで大竹さんが井上作品から伝えたいこと。それは、井上さんが愛した「笑い」だった。(山形放送局 記者 及川緑) ◇記事の最後に大竹さんのインタビュー動画を掲載しています◇ 役者人生に大きな影響 4月11日、山形県川西町に大竹しのぶさんの姿があった。没後11年を迎える井上ひさしさんをしのぶ「吉里吉里忌」に出席するためだ。今の川西町出身の井上さんの小説「吉里吉里人」をもじって名付けられ、ゆかりの地に多くのファンが集まる。ゲストとして登場した大竹さんは、25歳の時に井上さんが手がけた舞台に初めて出演したエピソードを語った。チャーミングな語り口で、時折、会場を笑いで沸かせた。 大竹しのぶさん「制作発表の場で初めてお目にかかって、すごく優しくて楽しい方だなって思いました。『ひょっこりひょうたん島』の人っていうことしか私全然分からなくて、すごい方なんだよって言われて」 大竹さんはその後、3つの井上作品に出演することになり、役者人生に大きな影響を与えることになる。 井上ひさし 物語に魅了 井上ひさしさんは平成22年に75歳でこの世を去った。昭和9年に山形県川西町に生まれ、昭和39年から放送されたNHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」の脚本担当の1人となったことで、一躍有名になった。 小説家としても、江戸時代の娯楽小説=戯作作家を描いた「手鎖心中」で直木賞を受賞する。東北地方の架空の村が日本から独立するという設定の「吉里吉里人」などベストセラーを発表した。反戦の立場で時代を鋭く批評しながらもユーモアを大切にする作風で、そんな井上さんが紡いできた物語に俳優 大竹しのぶも魅了された。 “言葉が役者の体を通して観客へ” 大竹さんは、井上作品への出演に直談判したエピソードを熱く語った。 大竹しのぶさん「井上さんのお芝居が好きで見ていて、もう直談判しました。『出たいんです、出たいんです、絶対出たいんです!』と言いました。井上さんの言葉は本当にすばらしい言葉ばかりで、井上さんの言葉が役者の体を通して観客に静かに染み渡っていくのを体感することができるんです」 むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく そこまで大竹さんを駆り立てた、井上さんの舞台の魅力とは何か?NHKのインタビューにこう応えた。…

    続きを読む
Close
Close