ルパン三世

  • 『ルパン三世 カリオストロの城』が改めて映画館上映!初公開された1979年12月は「こんな時代」だった | マイナビニュース

    ■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」  2021年は「ルパン三世」アニメ化50周年ということで、これを記念して10月1日から『ルパン三世 カリオストロの城』4K+7.1ch版が全国50館で2週間限定上映されます。(同時上映は原作者モンキー・パンチが総監督を務めた短編『ルパンは今も燃えているか』) 今更説明の必要もない宮崎駿監督の映画監督デビュー作『カリオストロの城』ではありますが、本作は1979年12月15日に日本で初公開されました。 では、この時期の映画界は、そして本作はどのような状況で迎えられたのか、ちょっとばかしタイムリープして振り返ってみることにしましょう!  1979年12月に公開された映画たち まず1979年12月に日本で劇場公開された主な作品をざっと列記しておきます。(※公開日は東京基準) (1979年12月1日)『スネーキーモンキー 蛇拳』『地獄の蟲』 (1979年12月8日)『007 ムーンレイカー』『ドラキュラ都へ行く』『マイ・ライフ』『女の叫び』 (1979年12月15日)『マッドマックス』『エアポート80』『アルカトラズからの脱出』『ワンダラーズ」『メーン・イベント』『Mr.BOO!ギャンブル大将』『戦国自衛隊』『もう頬づえはつかない』 (1979年12月22日)『天使を誘惑』『関白宣言』(2本立)『トラック野郎故郷(ふるさと)特急便』『夢一族 ザ・らいばる』(2本立) (1979年12月28日)『男はつらいよ 寅次郎春の夢』『神様がくれた赤ん坊』(2本立) いやはや、なかなか壮観なラインナップですが、やはり目を引くのはシリーズ第11作でジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)が宇宙へ行ってしまったことでファンの論議を呼んだ『007 ムーンレイカー』でしょうか。 『マッドマックス』は当時日本では馴染みのないオーストラリア映画界から放たれた、かつてないヴァイオレンス・アクションとして大きな話題となり、主演メル・ギブソンの出世作となるとともにシリーズ化されていくことになります。 逆に1970年代パニック映画を象徴するエアポート・シリーズ第4弾で当時の最新鋭機コンコルドを題材にした『エアポート80』は、これをもってシリーズ終結。(時代は既にパニック映画からSF映画へ移行していました。そう、1979年は『スーパーマン』『エイリアン』などが公開された年でもあったのです!)…

    続きを読む
Close
Close