マルーマ日本初インタビューレゲトンとルーツへの誇りマドンナやJLoとの共演を語る

  • マルーマ日本初インタビュー レゲトンとルーツへの誇り、マドンナやJLoとの共演を語る | マイナビニュース

    1994年にコロンビアで生まれたマルーマ(Maluma)は、これまで1800万枚以上のセールスを記録してラテン・グラミー賞を獲得。2017年の世界ツアーでは計100万人以上を動員して「世界で最もチケットが売れたラテン・アーティスト」に認定されるなど、ラテンポップ界の若きカリスマとして名を馳せてきた。さらに、今年4月に日本公開された映画『マリー・ミー』ではジェニファー・ロペスの恋人役として初の映画出演も果たし、最新アルバム『The Love & Sex Tape』ではアーバンなレゲドン・グルーヴを追求。そんな現代屈指のポップスターとの日本初インタビューがここに実現した。 ―あなたは日本に関心を抱いていると伺ったんですが……。 マルーマ:そうだね。 ―きっかけは何だったんでしょう? マルーマ:僕は日本のカルチャーに関するあらゆることが好きだから、もしかしたら前世では日本人として生まれたんじゃないかと思うくらいなんだ。君たちの規律正しさも好きだし、食べ物も大好きだし、習慣も好きだし、人との接し方も好きだし、ファッション業界も好きだし、素晴らしいよね。そんなわけで、これまで長年日本に行きたいと思っていたのに、なかなか実現させられなくて、悲しかったんだ。それがここにきてようやく現実味を帯びてきたから、そっちに行ったら、ファンのみんなと共に時間を過ごしたいね。 ―来日したら、まず何をやりたいですか? マルーマ:そうだな、日本のお刺身は世界で最高級だと聞いたから、まずは空港から食事に直行だね(笑)。 ―そのあとでショッピングに出かける、という感じですね。 マルーマ:ああ、もちろんショッピングも。でもショッピングに行く前に、おなか一杯にしておかないとね。そうすれば気分もアガるから(笑)。 「Nos Comemos Vivos」のMVでは日本語で書かれたネオンが登場するなど、日本のストリートを意識した内容になっている ―今年はあなたにとって、話題目白押しの1年になりつつありますね。俳優デビュー作の映画『マリー・ミー』が公開され、独自のフレグランスとアパレルのブランド”Royalty By Maluma”をローンチし、プロダクション・カンパニーを設立しただけでなく、『The Love…

    続きを読む
Close
Close