デヴィッドボウイのドキュメンタリー映画が2023年春日本公開決定

  • デヴィッド・ボウイのドキュメンタリー映画が2023年春日本公開決定 | マイナビニュース

    デヴィッド・ボウイの初公式認定ドキュメンタリー映画『Moonage Daydream』が『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』の邦題で2023年春、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開する。 映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』は、ボウイが30年にわたり人知れず保管していたアーカイブから選りすぐった未公開映像と、「スターマン」「チェンジズ」「スペイス・オディティ」「月世界の白昼夢」など40曲にわたるボウイの名曲で構成されたドキュメンタリー作品。全編にわたりボウイのナレーションで導かれ、デヴィッド・ボウイとは一体何者だったのか、ボウイの音楽、クリエイティブ、精神の旅路を追体験することができる作品となっている。 関連記事:『セックス・ピストルズ』ダニー・ボイル監督のドラマシリーズを事実検証 監督を務めるのは、これまでにロバート・エヴァンスのドキュメンタリー映画『くたばれ!ハリウッド』やニルヴァーナのカート・コバーンのドキュメンタリー映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』を手掛けているブレット・モーゲン。デヴィッド・ボウイ財団が保有する膨大な映像にアクセスすることを許可されたブレット・モーゲンは、全ての映像に目を通すために2年を費やし、厳選した貴重映像で本ドキュメンタリーを構成したとのこと。 音楽プロデュースを務めるのはデヴィッド・ボウイ、T・REX、THE YELLOW MONKEYらの楽曲をプロデュースしてきたプロデューサー、トニー・ヴィスコンティ。そして音響にはクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞®️を受賞した音響技術者ポール・マッセイが参加している。 <作品情報> ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』 2023年春、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開 配給:パルコ ユニバーサル映画 ⓒ2022 STARMAN…

    続きを読む
Close
Close