アニメ

  • 児玉徹郎監督&エグゼクティブPに聞く!『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は世界が求める“クールな”アニメ | アニメ | BANGER!!!

    世界が待っていた『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』 『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の公開がいよいよ迫ってきた。思いもよらないアクシデントにより公開が遅れていたが、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』から4年ぶりという劇場版への期待感を抱きながら、児玉徹郎監督と伊能(いよく)昭夫エグゼクティブプロデューサー(以下、EP)のインタビューに臨んだ。 『ドラゴンボール 超 スーパーヒーロー』©バード・スタジオ/集英社 ©「2022 ドラゴンボール超」製作委員会 集英社でも初めてという単独作品部署「ドラゴンボール室」は2016年の設立当時から話題になっていたが、改めてその経緯をドラゴンボール室の室長でもある伊能昭夫EPに聞いてみた。 伊能:集英社としては作品の部署を立ち上げるのは初めての試みでした。私が編集長を務めるVジャンプで「ドラゴンボール超」が連載されていたのですが、これからはテレビや映画も含め総合的にチャレンジしていこうという動きがあり、ちょうど本作がスタートする時期と重なっているという経緯があり設立されました。具体的にはテレビアニメや劇場アニメをどのように展開していくか、さらにライセンスや商品化、特に世界中でプレイされるようになっているゲームについては、かなり突っ込んだ姿勢でプロデュースに参加しています。 本作について聞きたかったのは、予告編で垣間見えた世界観についてである。実写版バットマンなども連想させるアメコミ的要素クールな絵柄について、その意図を伊能EPにうかがったところ、控えめな返答の中にも本作は壮大な戦略作品なのではないかという予感にとらわれた。実際、2022年4月16日にフジテレビで放映された『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018年)に対し「世界興行収入135億円」という打ち出しがあったので、あながち間違いでないのではないか。 伊能:確かに、ドラゴンボールの大きな命題は世界展開にあります。すでに世界中で人気があることは確かなものの、なかなかそれを視覚化(数値化)することができなかったのですが、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』の興行収入が北米を中心としていい数字を残せたことで目標が見えてきました。今回は過去のそういったデータを踏まえ、国や地域ごとの展開を考えたいと思っています。 『ドラゴンボール 超 スーパーヒーロー』©バード・スタジオ/集英社 ©「2022…

    続きを読む
  • 日本アニメのアカデミー賞獲得が困難に? なぜ『天気の子』ではなく『失くした体』がノミネートされたのか | アニメ | BANGER!!!

    世界がアッと驚いた『パラサイト 半地下の家族』の第92回アカデミー賞4部門制覇(作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞)。アジアが世界にグッと近付いたが、日本にとって馴染み深いのは、何と言ってもアニメーション部門(長編アニメ映画賞)。受賞は『トイ・ストーリー4』に落ち着き“お約束”通りの展開となったが、あれっ? と思ったのは、期待度の高かった『天気の子』ではなく、ノーマークの『失くした体』がノミネートされたこと。これが長編第1作目となる無名監督の作品に、日本人ではなくとも、なぜ?と思った人間は多いのではないか。 Netflixオリジナル映画「失くした体」独占配信中 ほとんど知名度のない『失くした体』がなぜノミネート? 今年のノミネート作品は『トイ・ストーリー4』を含む5作品で、日本でも2019年末に公開済みだった『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、かつてピクサーと覇権を争ったドリームワークスの人気シリーズ3作目。2020年秋に日本公開予定の『ミッシング・リンク/Missing Link(原題)』は、アードマン・アニメーションズ(Aardman Animations:イギリス)と並ぶストップモーション・アニメーションスタジオ、ライカ(LAIKA:あのNIKEが設立!)制作で、アカデミー賞~アニー賞の常連。Netflixオリジナル作品『クロース』のセルジオ・パブロス監督は『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010年)の原作や、2012年にアニー賞でキャラクターデザイン賞にノミネートされた『RIO』のキャラクターデザインを務めた人間で、ハリウッド並みのクオリティを持つ大作。 ここまでの作品はノミネートされても充分に納得できるレベルのものだが、それに対して、同じくNetflixオリジナル作品『失くした体』は、カートゥーン・スタイルのテレビシリーズ(ディズニーチャンネル『手裏剣スクール』[2007年~]など)が主体のシーラム(Xilam:フランス)制作、監督もほぼ無名のジェレミー・クラパン。なぜ、この布陣で『天気の子』に勝てたのか? Netflixオリジナル映画「失くした体」独占配信中 キッズ/ファミリーのものだったアニメーション 『パラサイト』が頂点に立ったアカデミー作品賞部門では、「芸術性」「商業性」、さらに最近では「社会性・社会問題への視点」が重視されている。実写映画は伝統的に社会を映す鏡としての役割も担っており、アカデミー賞でもその時々の社会意識を反映した問題作がノミネート/受賞というケースが多い。 一方で、アニメーションは伝統的にキッズ/ファミリーが観る娯楽という枠にずっと縛られ続けていた。1937年という割と早い時期に『白雪姫』で芸術性の評価も獲得したものの、2001年度作品対象の第74回アカデミー賞で長編アニメ映画部門が誕生した時でも、子どもが安心して楽しめる娯楽性が重視されていたのは、初期のノミネート作品のラインナップ(※第1回目『シュレック』[受賞]、『天才少年ジミー・ニュートロン(ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!)』、『モンスターズ・インク』、第2回目『千と千尋の神隠し』[受賞]、『アイス・エイジ』、『リロ&スティッチ』、『スピリット』、『トレジャー・プラネット』)で理解できる。 そして、その中に宮崎駿やシルヴァン・ショメ(第3回目『ベルヴィル・ランデブー』でノミネート)といった天才肌で作家性の強い作品が織り交ぜられるという傾向がしばらく続くのだが、大きな変化が訪れたのが2008年、第80回アカデミー賞に『ペルセポリス』がノミネートされてからである。 『ペルセポリス』の衝撃 この作品は、イラン出身でパリ在住のバンド・デシネ作家、マルジャン・サトラピが自ら脚本・監督を務めた半自叙伝である。1978年のイスラム革命以降の激動のイランにおいて、旧弊にして堅固な戒律社会と自由で奔放な西欧社会の狭間で苦悩する女性が皮肉とユーモアを織り交ぜて描かれているが、従来のCartoon/アニメーションでは取り上げられることのなかった時事性の強いリアルなテーマが注目を集め、ノミネートを勝ち得ることが出来た(スティーヴン・スピルバーグ作品や『スター・ウォーズ』シリーズ、またジブリ作品の北米公開をプロデュースしたキャスリーン・ケネディの力も見逃せないが)。 それ以降、記憶を失ったイスラエル国防軍の歩兵を描いたアニメーション『戦場でワルツを』(2008年…

    続きを読む
Close
Close