あなたの自宅でも観たら死ぬ

  • 史上最も呪われた映画『アントラム』がまさかのBlu-ray & DVD化決定!! あなたの自宅でも「観たら、死ぬ」! – TOCANA

    「観たら、死ぬ」と日本中を恐怖に陥れたトカナ配給映画『アントラム/史上最も呪われた映画』が早くもBlu-ray化、DVDレンタル、さらにデジタル発売も決定!!  観たら、死ぬ…… そんな世にも恐ろしい映画『アントラム』。かつて、関係者を次々と死に至らしめたという同作は、フィルムが行方不明となり現代では“幻の映画”としてその存在だけがまことしやかに囁かれていた。しかし今、2人のドキュメンタリー作家がついに本物のフィルムを発見。そして、あろうことかドキュメンタリー・パートを加えた上で本編をノーカットで世界に公開したのだ。  日本では今年2月7日、トカナ配給によって全国公開されると各地の劇場では恐怖のあまり途中退場者が続出するなど前代未聞の事態を引き起こし、映画業界に激震が走った。そんな超・曰く付きの映画『アントラム/史上最も呪われた映画』が早くもブルーレイとなって発売決定! 各家庭に、しかも高画質で本作が届けられるということで呪いが増幅される危険性もあるが、意を決して販売に踏み切ることとなった。なお、デジタル配信はブルーレイ発売に先駆けて5月13日(水)から開始、DVDレンタルはブルーレイ発売と同時開始を予定している。  予め警告しておく。この映画を観て、あなたの身に何か起きても、それは全て自己責任である…。ただし、鑑賞後に何も起こらなければ、あなたは最高に強運の持ち主であるともいえるだろう。映画を超越した“死に直結する”恐怖を、覚悟を持ってご堪能いただきたい。 (C)2018 ELSE FILMS/Michael Laicine & David Amito 【ストーリー】 『アントラム』。それは1979年にアメリカで撮影された1本の映画。死んだ愛犬の魂を弔うために地獄への扉を開いてしまった幼い姉弟を描くその映画には、映ってはいけない“恐ろしいもの”が映り込んでいた。そして、それを上映しようとした者たちが次々と謎の死を遂げ、フィルムは行方不明となった。ドキュメンタリー作家マイケル・ライシーニとデヴィッド・アミトは、この伝説の映画を追跡し、ついに幻の35ミリ・フィルムを発見。関係者の証言とともに、ここにその驚愕の本編をノーカットで世界に公開する。 【スタッフ】 製作・監督・編集:マイケル・ライシーニ/デヴィッド・アミト 【商品情報】 『アントラム 史上最も呪われた映画』 2020年5月13日 先行デジタル配信開始…

    続きを読む
Close
Close