特徴

  • 岡田准一&山田涼介が表紙&巻頭に登場! 『ぴあ Movie Special 2020 Spring』本日発売!

    岡田准一&山田涼介が表紙&巻頭に登場! 『ぴあ Movie Special 2020 Spring』本日発売!

    ■表紙&巻頭特集 『燃えよ剣』 岡田准一×山田涼介 5月22日(金)に公開予定の映画『燃えよ剣』で、 新選組副長:土方歳三に扮する岡田准一と、 一番隊組長:沖田総司役の山田涼介が、2ショットで本誌表紙に登場! 精悍な顔つきで土方らしい大人の色気を感じさせる岡田准一と、 いつにも増して鋭いまなざしで最強剣士・沖田を彷彿とさせる山田涼介。 新選組を想起させる“青”を基調としたイメージの中、 ふたりが対峙する力強い表紙ビジュアルとなりました! また、巻頭特集ではふたりの対談やソロインタビューも掲載。 それぞれの役柄に対するアプローチやそこに込めた思いはもちろんのこと、 大先輩・岡田への山田のリスペクト、後輩・山田の才能に対する岡田のあふれる期待が 存分に感じられる内容になっております。 特に、岡田ならではの期待の“表現”にもご注目ください! また、『燃えよ剣』からは、 NHK連続テレビ小説『スカーレット』の八郎役で話題の松下洸平も 撮り下ろしインタビューで登場します!   『燃えよ剣』…

    続きを読む
  • "オネエ"モデルIVAN、お気に入りはソチ五輪代表・平岡選手

    "オネエ"モデルIVAN、お気に入りはソチ五輪代表・平岡選手

    発言は03:50~ バレンタインデーを間近に控え、思い出を聞かれたIVANは「チョコを37個もらった」と、モテモテエピソードを披露。しかし、根は女…

    続きを読む
  • 『007』ダニエル・クレイグが名探偵に!資産家の死の真相に迫る! 映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

    『007』ダニエル・クレイグが名探偵に!資産家の死の真相に迫る! 映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

    チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、 アガサ・クリスティーに捧げて…

    続きを読む
  • 映画『今日から俺は!!劇場版』 賀来賢人、伊藤健太郎ほか「今日俺」メンバー総出演の80年代名作映画オマージュビジュアル解禁!

    映画『今日から俺は!!劇場版』 賀来賢人、伊藤健太郎ほか「今日俺」メンバー総出演の80年代名作映画オマージュビジュアル解禁! | CinemaGene

    7月17日(金)に公開の映画『今日から俺は!!劇場版』より、本日4月1日(エイプリルフール)に80年代のムードを完全再現した「80年代名作映画ポスターオマージュビジュアル」が解禁となりました! 2018年10月~12月に日本テレビ系列で放送された、超大ヒットドラマ『今日から俺は!!』(全10話)。原作は1988年~1997年まで増刊少年サンデー・週刊少年サンデーで約10年連載され、累計4000万部超えを記録した西森博之先生による伝説のツッパリ漫画。本ドラマは『銀魂』など大ヒット作品を手掛けてきた福田雄一監督と、福田監督が絶大な信頼を寄せる俳優・賀来賢人さんによる、斜め上を行き過ぎる抱腹絶倒のツッパリコメディードラマとして、老若男女問わず幅広い世代から大人気を博し、日本中を席巻しました! 「どんな手を使っても勝てばいい」が信条の卑怯者だけど、実は仲間想いのツッパリ三橋を演じるのは、コメディーからシリアス演技、さらにはアクションまでこなす実力派俳優・賀来賢人さん。三橋の相棒であり「曲がったやつには絶対負けない」が信条の正義感の塊、ツンツン頭のツッパリ伊藤を演じるのは、本作のドラマ出演に運命を感じて改名した、若手人気俳優・伊藤健太郎さん。 さらには、三橋といい仲なのに素直になれない武道家の一人娘・赤坂理子役の清野菜名さん、伊藤の恋人でスケバンの早川京子役の橋本環奈さんをはじめ、ドラマを盛り上げてきた個性豊かな俳優陣総勢18名が誰一人かけることなく映画へ出演します!さらに、原作でも人気が高いエピソード“北根壊編”が映画で描かれることが決定するとともに、柳楽優弥さん、山本舞香さん、泉澤祐希さん、栄信さんなど、新進気鋭のニューフェイスたちの参戦決定! そして本日、4月1日(エイプリルフール)に80年代のムードを完全再現した「80年代名作映画ポスターオマージュビジュアル」が解禁となりました! 80年代はファッション・アート・音楽などポップカルチャーの全盛期であり、今も多くの人の心を掴んで離さない名作映画が数多く誕生した時代です。そんな、一度は誰もが見たことのある“名作青春映画”や“パニック映画”への敬意と愛を込め、同じく80年代を舞台に描かれる「今日俺」の “ツッパリ”たちが超本気で名作映画をオマージュする完全新撮のビジュアルとなっています。 本ビジュアルには、三橋や伊藤をはじめ『今日から俺は!!劇場版』に登場するキャスト22名全員が勢ぞろいで登場!誰もが一度は見たことのある、どこか懐かしい、印象的でくすっと笑えるビジュアル9点が公開となりました。さらに、エイプリルフールの“本日限定”で「今日から俺は!!劇場版」公式サイトを80年代名作映画ビジュアルがジャックいたします!「今日俺」ファンのみならず、80年代名作映画ファン必見のビジュアルをぜひご覧ください!エイプリルフールで日本中に嘘が溢れる中、「今日俺」はあえてその逆をいき、超本気の「今日俺」流オマージュを披露します!  映画『今日から俺は!!劇場版』は7月17日(金)より公開です。 『今日から俺は!!劇場版』公式サイト■ 作品概要賀来賢人 伊藤健太郎清野菜名 橋本環奈 仲野太賀 矢本悠馬 若月佑美柳楽優弥 / 山本舞香 泉澤祐希 栄信柾木玲弥…

    続きを読む
  • 俳優ソン・ジュンギと離婚発表のソン・ヘギョ、きょう(27日)タイから帰国 (6/27)

    俳優ソン・ジュンギと離婚発表のソン・ヘギョ、きょう(27日)タイから帰国 (6/27)

    俳優ソン・ジュンギと離婚発表のソン・ヘギョ、きょう(27日)タイから帰国 記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0627/10237010.html…

    続きを読む
  • 【元彼】佐藤仁美 若いころの「元彼氏の大物俳優」を暴露wwwww (画像あり)

    【元彼】佐藤仁美 若いころの「元彼氏の大物俳優」を暴露wwwww (画像あり)

    チャンネル登録はこちらから➡https://www.youtube.com/channel/UCsjzMTq2nIBMSHrenlkpN2A 【元彼】佐藤仁美 若いころの「元彼氏の大物俳優」を暴露wwwww…

    続きを読む
  • 映画『がんばれいわ!!ロボコン』2020年7月31日公開「お仕事ロボットの世界を描くゼロワンは、ロボコン復活への布石にすぎなかった!」 | ガジェット通信 GetNews

    映画『がんばれいわ!!ロボコン』2020年7月31日公開「お仕事ロボットの世界を描くゼロワンは、ロボコン復活への布石にすぎなかった!」 | ガジェット通信 GetNews

    真っ赤なボディの可愛いロボ! 「仮面ライダー」、「サイボーグ009」を生み出した石ノ森章太郎原作、昭和、平成を駆け抜けた伝説のロボットが令和にまさかの復活! 映画『がんばれいわ!!ロボコン』が2020年7月31日(金)に公開することが明らかになりました。 タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。1975年に「がんばれ!!ロボコン」が 放送されるや、同時期に誕生した「スーパー戦隊」・「仮面ライダー」とともに瞬く間に子供たちの共感を呼び、最高視聴率は29.2%を記録。世代ではない方でもその可愛い見た目を見たことがある人も多いのではないでしょうか。 原作は「仮面ライダー」「サイボーグ 009」など数々のキャラクターを生み出し、“マンガの王様”と称される石ノ森章太郎。 1999年~2000年にかけては、香港で巻き起こった空前の「ロボコン」ブームが日本にも押し寄せ、「燃えろ!!ロボコン」が放送。前作「がんばれ!!ロボコン」を観ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディロボット作品として人気を博しました。 そして、令和に突入した今、新生「ロボコン」が20年ぶりに映画になって帰ってきます! タイトルは『がんばれいわ!!ロボコン』。文字通り“がんばれ”と“令和(れいわ)”をかけ、コメディ作品としての“ギャグ”をタイトルでも表現。昭和、平成、令和と3つの時代を一貫したギャグセンスで駆け抜けてきた新生「ロボコン」が日本を盛り上げます。 さらに、本作で石田秀範監督と脚本家:浦沢義雄による「燃えろ!!ロボコン」以来の夢の再タッグが実現! 石田監督は、「ヒデ・I」の名義で「燃えろ!!ロボコン」の監督を務め、「平成仮面ライダー」シリーズでも数多くの作品を手掛けてきた。一方の浦沢も代表作である「不思議コメディー」シリーズを筆頭に、「スーパー戦隊」シリーズといった特撮作品に加え、「忍たま乱太郎」「クレヨンしんちゃ ん」などの子ども向けアニメ作品まで知り尽くした脚本家です。 映画『がんばれいわ!!ロボコン』はMX4D上映も決定しています! ◆白倉伸一郎プロデューサー コメントお仕事ロボットの世界を描く「仮面ライダーゼロワン」は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに 1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で 100 点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ〜。…

    続きを読む
  • 愛と官能の画家・クリムトとは一体何者だったのか?/映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』本編映像

    愛と官能の画家・クリムトとは一体何者だったのか?/映画『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』本編映像

    ムビコレのチャンネル登録はこちら▷▷http://goo.gl/ruQ5N7 19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ、没後100年と…

    続きを読む
  • 【ゴジラ(1984)】マニアじゃない人向けのゴジラ映画講座(1) 『シン・ゴジラ』の原点はこれ!?

    【ゴジラ(1984)】マニアじゃない人向けのゴジラ映画講座(1) 『シン・ゴジラ』の原点はこれ!? | ガジェット通信 GetNews

    『シン・ゴジラ』やハリウッド版のシリーズで初めてゴジラ映画に触れたという「ゴジラ映画初心者」の皆さんに、過去のゴジラ映画で押さえておきたい作品をランダムに、そしてなるべくやさしくご紹介するシリーズです。第1回はシリーズ16作目、初めてお正月映画の大作として製作された1984年公開の『ゴジラ』です。 ファンの期待を集めてゴジラが9年間の眠りから覚めるまでの道のり http://kyoto-academeia.sakura.ne.jp/blog/inc/uploads/2016/08/20160223_godjilla_02.jpg 1954年から始まった『ゴジラ』シリーズは、反核のメッセージを込めたシリアスな第1作から娯楽映画へと変化、ゴジラも子供たちのアイドルとして正義の怪獣へとキャラを変化させながら20年以上にわたって続きましたが、日本映画の斜陽化で特撮に予算がかかる怪獣映画の製作は厳しくなり、1975年の15作目『メカゴジラの逆襲』で休止状態に入ります。しかし、東宝はゴジラ映画を大作として仕切り直すことを企画、アメリカとの合作としてシリーズを再開させることを発表しましたが、数年経ってもなかなか実現しませんでした。その一方で、子供の頃にゴジラ映画を観ていた世代が大人になって、大人目線でシリーズを再評価する動きが出てきました。彼らが、シリーズ復活への流れを牽引したと言えます。さらに、『スター・ウォーズ』(1977)や『未知との遭遇』(1977)が世界的に大ヒットし、(今では想像もつかないでしょうが)それまでは一段低く見られていたSF映画が、「大人向けのエンターテインメント」として地位が向上したこと、そしてそれらの作品を生み出したスティーブン・スピルバーグたちがゴジラ映画から影響を受けたと公言したことも、ゴジラ映画復活への追い風になったようです。80年代に入ってゴジラ映画復活を求める声はどんどん高まり、過去作品の全国的な再上映も行なわれました。こうした流れを受けて、ゴジラが誕生30周年の84年になってようやくゴジラ映画の新作が製作されることになったのです。 『ゴジラ』(1984)あらすじ (※ネタバレあり) http://image.b-ch.com/tool/resize2.php?pp=ttl2/4098/4098001a.jpg&ww=640&hh=360 伊豆諸島の大黒島が噴火した3ヶ月後、付近を航行していた漁船・第五八幡丸が行方不明になる。ヨットで一人近海を捜索していた新聞記者の牧(田中健)は、海上を漂流していた第五八幡丸と遭遇、船内でミイラ化した乗組員たちの死体を発見するが、体長1mほどに巨大化したフナムシに襲われる。彼を救ったのは、唯一の生存者でアルバイトで船に乗り組んでいた大学生の奥村(宅麻伸)だった。彼は遭難の直前、海中に現れた巨大生物を目撃していた。病院に収容された奥村の証言を聞いた彼の恩師の生物学者・林田(夏木陽介)は、彼が目撃したのはゴジラだと確信する。海底で眠っていたゴジラが大黒島の噴火で覚醒、その体表に付いていたフナムシがゴジラの放射能の影響で巨大化し、第五八幡丸を襲ったのだ。報告を受けた総理大臣の三田村(小林桂樹)は報道管制を敷くことを指示、奥村は病院に軟禁され、牧のスクープ記事は差し止められる。その交換で林田への接触を許された牧は、林田研究所で働く奥村の妹・尚子(沢口靖子)と出会い、奥村がすでに救助されていることを伝える。しかし、病院に押しかけた尚子と奥村の再会の様子を牧がスクープの“タネ”にしたため、奥村兄妹の反感を買う。そんな時、ソ連(現・ロシア)の原子力潜水艦が日本近海で沈没、ソ連はアメリカの仕業だと断定し、両国は戦争の危機に陥る。しかし、自衛隊の哨戒機の調査の結果、原潜沈没はエネルギー源となる放射能を求めたゴジラの仕業だったことが判明、三田村は戦争の危機を回避するため報道を解禁する。政府首脳部は、陸上自衛隊の特殊兵器「スーパーX」を動員、核反応を抑制するカドミウムをゴジラの体内に撃ち込むという作戦を立てる。そんな中、静岡県の原子力発電所にゴジラが上陸、炉心から放射能を吸収すると、通りかかった渡り鳥の放った超音波に反応して海に去っていく。その様子を見た林田は、ゴジラを伊豆大島・三原山に超音波で誘導し、人工的に噴火させて火口に落下させるという作戦を立案、その準備も進められた。米ソは戦術核兵器によるゴジラ攻撃の認可を日本政府に要求するが、三田村は非核三原則を根拠にその要求をきっぱりと拒絶する。ゴジラは自衛隊の迎撃をものともせず、ついに東京湾から東京に上陸する。その際、港に停泊していた船に秘密裏に持ち込まれていたソ連の核ミサイルの発射装置が誤作動、カウントダウンが始まってしまう。有楽町や永田町を通過したゴジラは新宿副都心に到達、スーパーXは激闘の末、ゴジラの口にカドミウム弾を撃ち込むことに成功し、ゴジラは活動を停止する。しかし、ソ連の発射装置の解除が間に合わず、人工衛星に搭載されていた核ミサイルがゴジラめがけて発射されてしまう。アメリカが迎撃に成功し新宿での核爆発は阻止されたが、成層圏での核爆発は電磁パルスや電磁雲の発生を誘発、その落雷でゴジラは復活してしまう。ゴジラはスーパーXを撃墜するが、林田たちが大島から発射した超音波に導かれ三原山へと向かう。火口に仕掛けられた爆薬が爆発して三原山が噴火、火柱が吹き上がる中。ゴジラは火口へと落下していくのだった。 『シン・ゴジラ』の原型?ゴジラ出現のシミュレーション映画 https://img.happyon.jp/d3urerHm/uploads/migration/8c12aac3-8f5f-4d2f-9f73-a347afb73012.png?size=600×338 この作品では、シリーズ2作目から15作目までの物語をなかったことにして、第1作と直結した続編として設定されています。そのためか、1作目以来30年ぶりにゴジラが単独で登場します。さらに、「現実の日本にゴジラが出現したら」という仮定でストーリーなどが作られていったので、ある意味『シン・ゴジラ』と同じアプローチで作られた映画と言えます。アドバイザーとして『朝まで生テレビ!』の進行役でおなじみのジャーナリストの田原総一朗など各方面の識者も参加しています。総理大臣以下閣僚が多数登場するのは日本の怪獣映画では初めてのことでしたが、これは『日本沈没』(1973年)などの災害パニック映画と同じスタイルです。閣僚役で昭和の日本映画で活躍した大物俳優が多数出演しています。とは言え、『シン・ゴジラ』ほどの徹底したリアリズムは用いられておらず、架空の超兵器が登場したり軽い笑いの要素が混じっていたりと、エンターテインメント色がかなり強い作品になっています。そのため、牧と尚子の恋愛などいささか強引かつ中途半端にねじ込まれた要素もありますが…。特撮は、精密に作られた新宿副都心のビル街の壮大なセットが話題になりました。この作品以降、なぜかゴジラはたびたび西新宿に出現するようになります。また、ゴジラは基本的には伝統の着ぐるみで登場しますが、それとは別に全長5メートルのロボット製ゴジラ「サイボット・ゴジラ」も製作されました。細かい表情などを出すために製作されたのですが、完成した作品ではほんの数カットしか登場しませんでした。 復活記念作品にふさわしい豪華キャスト 『ゴジラ』DVD (販売元: 東宝) https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/514rFCwlM0L.jpg 正月映画の大作として製作されたこの作品は、それまでのシリーズでは最高と言っていいほどの豪華キャストが登場しています。三田村首相役には、日本映画の黄金期に活躍した大ベテランの小林桂樹。牧に扮したのは青春スターとして活躍していた田中健。尚子役の沢口靖子は第1回東宝シンデレラに選ばれたばかりで、映画出演は2本目。まだセリフまわしなどがかなりぎこちないですが、すでに輝くような美しさです。当時は歌手デビューもしていて、牧がヨットで航行しているシーンで彼女が歌っていた『さよならの恋人(ゴジラ)』という歌がちょっとだけ流れます。なお、この時のキャスティングがきっかけで、現在までのところ長澤まさみまでの歴代の東宝シンデレラのほぼ全員が、ゴジラ映画に出演するという“慣例”になりました。林田役には、当初、第1作の芹沢博士役をはじめ主に博士役でたびたび出演しシリーズの“顔”となっていた平田昭彦が予定されていましたが体調不良で降板(翌年夏に死去)、数々のアクション映画やテレビドラマ『Gメン’75』のレギュラーでおなじみだった夏木陽介が代打を務めました。奥村に扮した宅麻伸は、当時はまだ正式デビューから5年目の売り出し中の若手俳優。本作以降、さまざまな映画やテレビに出演、現在も大活躍中です。加えて、閣僚役で大ベテランの小沢栄太郎、新劇出身の内藤武敏や鈴木瑞穂、『仁義なき戦い』シリーズの山守組長役で親しまれた金子信雄、同シリーズの打本組長役や市川崑の金田一耕助シリーズの「よし、分かった!」の警部役でおなじみの加藤武などの重量級の大物俳優が多数出演しています。その金田一シリーズに主演していた石坂浩二をはじめ、有名俳優やタレントが多数カメオ出演しているのも見逃せません。特に、クライマックスの新宿のシークエンスに延々登場する武田鉄矢は、浮浪者役をコミカルに演じています。また、デビュー前のなべやかんが新幹線の乗客の少年役で登場しています。ゴジラの復活はファンの熱狂のうちに迎えられ、大ヒットを記録しました。高校生だった私も含めて、当時の盛り上がりぶりは語り草になっています。当然、続編やかつてのようなシリーズ化も期待されましたが、続編が製作されるまでさらに5年の歳月がかかり、その間に時代は平成へと変わりました。しかし、それからは再びシリーズ化されて安定した人気を獲得することになりました。昭和最後のゴジラ映画になったこの作品は、平成シリーズの基礎を作り次世代のシリーズにしっかりとバトンを渡す役割を果たしました。 関連記事リンク(外部サイト) 【仮面病棟】傑作サスペンス小説を坂口健太郎&永野芽郁で待望の映画化!あらすじと見どころを紹介!【Red】夏帆&妻夫木聡の濃厚ラブシーンと映画版独自の結末 徹底した女性目線の女性ドラマ【弥生、三月 -君を愛した30年-】波瑠&成田凌が3つの時代を貫く純愛を熱演! Source Link

    続きを読む
  • 新垣結衣、菜々緒、貫地谷しほりなど有名女優が旬の旅先をナビゲート【15秒ver】|電子雑誌「旅色」

    新垣結衣、菜々緒、貫地谷しほりなど有名女優が旬の旅先をナビゲート【15秒ver】|電子雑誌「旅色」

    新垣結衣、菜々緒、貫地谷しほりなど有名女優が旬の旅先をナビゲート【90秒ver】|電子雑誌「旅色」 日本のどこかで、あの女優が旅をしている…

    続きを読む
Close
Close