特徴

  • 元モー娘。“脱臭炭CMメンバー”が共演俳優と「個室焼肉抱擁デート」をスクープ撮

    元モー娘。“脱臭炭CMメンバー”が共演俳優と「個室焼肉抱擁デート」をスクープ撮

    ゴシップ 芸能ニュース モーニング娘。’18 田中れいな 鈴木愛理 『A gonna』『FIRST KISS』『青春Say A HA』 https://www.youtube.com/watch?v=64T6C2AINjg …

    続きを読む
  • 映画誌『SCREEN』75周年記念の展覧会が本日より開催!―「SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」国立映画アーカイブで7/18まで。

    映画誌『SCREEN』75周年記念の展覧会が本日より開催!―「SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」国立映画アーカイブで7/18まで。 |

    おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。 『昭和40年男』本誌にも写真提供で何かとご協力いただいている近代映画社さん。映画ファン御用達の月刊誌『SCREEN』の発行元として読者にもお馴染みかと思います。 その『SCREEN』が今年で創刊75周年!ということで記念展覧会が本日、2021年 4月13日(火)からスタートしました。「創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」と題して、7月18日(日) まで、東京の 国立映画アーカイブ 展示室 にて開催されます。   常に外国映画の最新情報を日本に送り届けてきた『SCREEN』ですが、とりわけハリウッドに強く、現地に自社の通信員を置いて、スターたちの生の声を伝えてきました。今回の展覧会では、1990年代までを対象に、撮影現場や映画祭などで独自に収めた華やかなスターフォトや、スターの来日を記念して撮影された貴重な写真なども多数展示。もちろん、歴代の号の誌面も紹介されます。 今につながるロングセラーシリーズの原点となった映画作品もたくさん生まれた、昭和40年男世代の青春時代。あのころ夢中になった、キラキラした映画スターたちにもう一度会いたい! そんな想いをかなえてくれるこの展覧会、近郊の方はゼヒ訪れてみてください! (昭和40/50年男 “Web担当A”)  [以下、国立映画アーカイブ 展示室 Webサイト より]  創刊75周年記念SCREENを飾ったハリウッド・スターたちHollywood Stars in SCREEN Magazine:…

    続きを読む
  • 清水アキラ三男でものまねタレント・清水良太郎と俳優・遠藤要 違法賭博疑惑が取り出され、清水良太郎は脅迫されていた?

    清水アキラ三男でものまねタレント・清水良太郎と俳優・遠藤要 違法賭博疑惑が取り出され、清水良太郎は脅迫されていた?

    清水アキラ三男でものまねタレント・清水良太郎と俳優・遠藤要 違法賭博疑惑が取り出され、清水良太郎は脅迫されていた?

    続きを読む
  • 天外者

    ray&DVDが6月23日発売|オンライン期間限定10%オフ – .

    時代を超え、志は未来に生き続ける―生涯をかけ、日本の未来を切り開いた男「五代友厚」の知られざる物語 激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいた―五代友厚(ともあつ)武士の魂と商人の才を持つこの男、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた。西の五代友厚、東の渋沢栄一とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた。近年、多くの人の研究により、その真価が再認識され“五代友厚”の物語がついに誕生。激動の時代を生き抜いた五代友厚を演じるのは主演・三浦春馬、全身全霊で挑んだ重厚な演技で圧倒的な存在感を本作で体現している。また意表を突くキャスティングと日本映画界を代表するキャストが集結し近代日本史を鮮やかに彩る。市民有志が立ち上げた「五代友厚プロジェクト」が映画化に向けて尽力、監督に田中光敏と脚本は小松江里子の名コンビを迎え、五代友厚の熱過ぎる人生を、近代日本の夜明けと共に瑞々しく壮大な青春群像劇として描く。 Blu-ray豪華版のみの限定特典で封入されるフォトブックには、五代友厚を演じた三浦春馬や、彼を取り囲む盟友たちを演じた、坂本龍馬役の三浦翔平と岩崎弥太郎役の西川貴教、伊藤博文役の森永悠希、はる役の森川葵、五代豊子役の蓮佛美沙子といった出演キャストのスチールなどが満載!また、アウターケース仕様となっておりとても豪華な内容となっている。 さらに、映画では描き切れなかった五代友厚の人物像と日本の未来を切り開いた彼の偉大な功績も徹底解説、また本作の企画を立ち上げた「五代友厚プロジェクト」の活動、クランクインの撮影風景や撮影現場でのキャストのコメントなど秘蔵映像も収録されている。そのほか、完成披露試写会と公開記念舞台挨拶のイベント映像、さらに五代友厚の妻・豊子の故郷奈良県田原本町を、豊子を演じた蓮佛美沙子が巡る「田原本さんぽ」など本作をより深く楽しめる貴重な映像が収められている。 オンライン期間限定10%オフ! ※タワーレコード店舗は10%オフの対象外です。「店舗取り置き/予約サービス」も対象外となります。 豪華版Blu-ray 5183825:L 【本編ディスク】・本編・予告編集(特報、予告、TV スポット) 【特典ディスク】・「天外者」メイキング ~映画「天外者」と五代友厚~・イベント映像集完成披露試写会公開記念舞台挨拶・五代友厚の妻・豊子の故郷を蓮佛美沙子が巡る、「田原本さんぽ」 【仕様・封入特典】・アウターケース・フォトブック 通常版DVD 5183826:L ストーリー 江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける―。五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国か―。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった―。 キャスト 三浦春馬 三浦翔平…

    続きを読む
  • 小倉智昭、薬物逮捕された 「弟分俳優」が“事件の真相”を独占激白!

    小倉智昭、薬物逮捕された 「弟分俳優」が“事件の真相”を独占激白!

    小倉智昭、薬物逮捕された「弟分俳優」が“事件の真相”を独占激白! 「今まで一貫して無実を主張してきましたのですが、どのメディアも取り上げてくれませんでした」 本 …

    続きを読む
  • 総監督は高橋良輔

    「MUTEKING THE Dancing HERO」主演の真白健太朗らキャスト発表 総監督は高橋良輔 : 映画ニュース

    2021年4月11日 07:00 総監督は高橋良輔 タツノコプロ制作の「とんでも戦士ムテキング」をリブートするテレビアニメ「MUTEKING THE Dancing HERO」のメインキャストとスタッフ、ティザービジュアル、プロモーションビデオが公開された。 1980~81年に放送された原作「とんでも戦士ムテキング」は、サンフランシスコをモデルにしたヨンフランシスコや日本の下町を舞台に、ヒーロー“ムテキング”に変身する少年・遊木リンが、地球を侵略する悪の宇宙人と戦うヒーローギャグアニメ。当時のローラースケートブームや、アメリカンコメディの要素をとり入れた陽気な作風などが人気を呼んだ。 「MUTEKING THE Dancing HERO」では、原作の世界観を継承しつつも新たなストーリーが描かれる。自由で陽気な海沿いの街ネオ・サンフランシスコに引っ越してきた心優しき少年・ムテキは、DJを自称する人物“DJ”によりダンシングヒーロー・ムテキングに変身させられ、突如現れたモンスターから街を救うべく、歌とダンスで立ち向かっていく。 主人公のムテキ役は、一般公募オーディションで選ばれた新人の真白健太朗が担当。ムテキの相棒・DJ役を江口拓也、巨大IT企業のトップ・セオ役を日野聡、ムテキが恋焦がれるアイドル志望のアイダさん役を高橋李依が務める。そのほか、米澤円、田所あずさ、愛河里花子、興津和幸、京雅、木村隼人、田中美海、西山宏太朗、KENN、青山穣、松山鷹志、羽多野渉、鈴村健一の出演が決定している。 スタッフは「タイムボカン」シリーズなど多数のタツノコプロ作品に携わった笹川ひろしがエグゼクティブディレクターとして登板。総監督を「装甲騎兵ボトムズ」「ガサラキ」の高橋良輔が務める。監督を「ガッチャマンクラウズ」(助監督)のサトウユーゾー、シリーズ構成を「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」(脚本)の近藤祐次、キャラクター原案をイラストレーターのUtomaru(THINKR)が担当し、タツノコプロと手塚プロダクションが初タッグを組んでアニメーション制作を行う。 また、多数の著名アーティストも参加。上田剛士(AA=)、Naz、Reol、矢野顕子、吉田凜音、「ORANGE RANGE」「KALMA」「SANABAGUN.」が、世代やジャンルを超えた音楽で作品を彩る。 ティザービジュアルは、ミラーボールのように輝く地球をバックに、ムテキングがポーズを決める姿が描かれている。またPVでは、原作の映像とともに1980年から2021年までをカウントし、原作のオープニング主題歌「ローラーヒーロー・ムテキング」のイントロが流れるなか、ムテキやDJ、セオ、アイダさんといったメインキャラクターたちが次々と登場し、ムテキングへの変身シーンも収録されている。 「MUTEKING THE…

    続きを読む
  • 【話題・TRASH】「三代目JSB」ELLY、映画初主演決定!「俳優としてオンリーワンな存在感」

    【話題・TRASH】「三代目JSB」ELLY、映画初主演決定!「俳優としてオンリーワンな存在感」

    【話題・TRASH】「三代目JSB」ELLY、映画初主演決定!「俳優としてオンリーワンな存在感」 若い世代から絶大な人気を誇る「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」 …

    続きを読む
  • 物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    物語の最新作にして原点!シリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始【スターチャンネル×SCREEN気になる特集】 – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    映画専門BS10スターチャンネルと映画雑誌SCREENがコラボを組み、映画ファンなら見逃せない旬な映画情報やオススメの作品、独自の視点から組まれた特集などを毎月ピックアップ! 4月はコーエン兄弟が製作総指揮を務める大人気アンソロジーシリーズ待望の第4弾「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」が独占日本初放送開始です。 『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』 ストーリー アメリカ中西部の町カンザスシティでは、移民の歴史とともに裏社会の実権を握る組織がユダヤ系、アイルランド系、イタリア系と変遷していった。 更に、かつてから対立する組織間の協定関係を証明するために互いの息子を交換するという習わしがあり、1950年、ロイ・キャノン率いる黒人の犯罪組織が台頭すると、伝統に習って先にこの地を牛耳っていたドナテロ・ファッダ率いるイタリア系マフィアと互いの息子を交換することに。するとその矢先、ドナテロが不慮の事故に遭ってしまい…。 1950年のミズーリ州カンザスシティを舞台に、裏社会で対立する黒人犯罪組織とイタリア系マフィアの攻防を、本シリーズ特有のブラックユーモアと共に描く犯罪ドラマ。 クリス・ロック、ジェイソン・シュワルツマン、ベン・ウィショー、ティモシー・オリファントら豪華キャストが出演し、これまでの全シーズンに引き続きクリエーターを務めるノア・ホーリーが監督・脚本・製作総指揮を兼任。 更に本シリーズにインスピレーションを与えた映画『ファーゴ』(1996)のコーエン兄弟も製作総指揮として参加。過去シーズンを見ていなくても楽しめる本作をお見逃しなく! 見どころポイント 各シーズンとの共通点もある物語の最新作にして原点! 本シリーズは映画『ファーゴ』(1996)を基にしたアンソロジーシリーズとして製作されており、各シーズンのストーリーはそれぞれ独立しつつも、“ファーゴ周辺で起きた犯罪事件を題材とする”点で共通している。 各シーズンでは異なる年代を描いているが、他のシーズンの時代との繋がりを匂わせる箇所も随所に登場するなど、それぞれの物語が奇妙に関係しているのも本シリーズの面白さ。 『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』ではシリーズで最も古い1950年が舞台となっており、シリーズ最終作とされる本作から年代順にシリーズ全作を見る鑑賞方法もオススメ。 個性的なキャラクターを演じる豪華キャスト陣 コメディアンとして人気のクリス・ロック(『リーサル・ウェポン4』)が落ち着いた演技で黒人犯罪組織のボスを演じ、対するイタリア系マフィアの長男をジェイソン・シュワルツマン(『ダージリン急行』)がコミカルに演じる。 さらに、複数の組織間をトレードされて育ったヒットマンをベン・ウィショー(『メリー・ポピンズ リターンズ』『007』シリーズ)、脱獄囚を追いかけてユタ州からやって来た捜査官をティモシー・オリファント(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ファッダ家と癒着しているクセのある刑事をジャック・ヒューストン(『ミスター・メルセデス2』)が演じる。 ジェシー・バックリー(『チェルノブイリ』)が演じる看護師メイフラワーは、今回唯一ミネソタ訛で話す謎多き人物として登場するのでぜひチェックしてほしい。 映画ファン必見のコーエン兄弟作品オマージュ 映画『ファーゴ』(1996)含め、様々なコーエン兄弟作品へのオマージュがあちこちに散りばめられているところも本シリーズの魅力のひとつ。過去シーズンとの繋がりを匂わせる箇所も随所に登場するので、本シリーズファンはぜひ注目してほしい。…

    続きを読む
  • 「3月のライオン」神木隆之介、先輩俳優陣から期待「5年、10年…寅さん目指せ」

    「3月のライオン」神木隆之介、先輩俳優陣から期待「5年、10年…寅さん目指せ」

    「3月のライオン」神木隆之介、先輩俳優陣から期待「5年、10年…寅さん目指せ」

    続きを読む
  • RADWIMPS feat.菅田将暉

    RADWIMPS feat.菅田将暉“うたかた歌”が松竹映画100周年記念作品/山田洋次監督作品の映画『キネマの神様』主題歌に決定 – .

    8月6日公開の映画『キネマの神様』(松竹映画100周年記念作品/山田洋次監督)の主題歌に、RADWIMPS feat.菅田将暉“うたかた歌”が決定した。 映画『キネマの神様』は、日本映画界を代表する山田洋次監督、人気小説家 原田マハ原作による松竹映画100周年を記念した作品。ダブル主演を務めるのは、故 志村けんの遺志を継ぐ沢田研二、菅田将暉。さらに宮本信子、永野芽郁など、記念すべき作品に相応しい豪華キャスト陣が集結。RADWIMPSの野田洋次郎(Vo/Gt/Pf)も、菅田将暉演じるゴウの盟友テラシン役で出演している。 映画の主題歌に決定した“うたかた歌”は、すべての撮影が終わった際に、野田が感謝の気持ちを込めて山田洋次監督にデモ音源を贈ったのが始まり。初めは主題歌として意識して制作した楽曲ではなかったとのことだが、野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、この曲が映画の主題歌に決定した。 野田洋次郎が作詞作曲し、ゲスト・ヴォーカルとして菅田将暉を迎えた本楽曲は、劇中のゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている。野田は「特に志村さんが亡くなったこともあり、それは一つ香りとして残したいと思いましたし、僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい」と作品への愛情とリスペクトも滲ませた。 映画の役柄同様に熱い絆を結んだふたりだからこそ生み出すことができた楽曲は、物語をどのように彩るのか。主題歌の音源は、近日中に解禁となる。   ■野田洋次郎、菅田将暉 コメント(Q&A) -「うたかた歌」の曲のイメージはいつ頃から浮かんでいたのでしょうか? 野田:最初は主題歌になるとかならないとかそういう話は全く無く、撮影中に歌の言葉の断片みたいなものをちょっとずつためていました。全部の撮影が終わった時に、感謝の気持ちを込めて「監督にこのデモをお渡しください」という感じで贈ったのが一番最初です。 -撮影時の感情や想いも影響してますか? 野田:そうですね。とても影響してました。特に志村さんが亡くなったこともあり、それは一つ香りとして残したいと思いましたし、僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい、僕らが生きたあの撮影所の雰囲気を音にできないかと思ってました。 -菅田さんは野田さんと一緒に主題歌を担当することが決まった時どう思いましたか? 菅田:いやびっくりしました。謎でした。こんなありがたいことはないです。クランクアップした少し後に、野田さんから感謝の気持ちとして「こんなのできたから」ということでこの曲のデモを送ってもらって、それを聴いて「わぁ~!」と思っていたので、なんだか不思議な気持ちでした。 -撮影中はゴウとテラシンという、撮影所で共に働く盟友として共演されましたが、そんなお二人で一緒に主題歌をレコーディングされていかがでしたか? 野田:そもそも作っていく段階で、自分はテラシンとして出演してるのにゴウの気持ちも歌として歌詞にしたためながら、すごい不思議な気持ちというか、難しいなという気持ちもありました。どこかでテラシンとゴウを行き来しながら歌詞を書いていたんですけど、二人に共通する想いもあるだろうし、そういった過程を経てこれでいけるなとなりました。レコーディングは楽しかったですね。菅田君が色んな表情や色んなテイクを見せてくれたので。 菅田:楽しかったですし贅沢な時間でした。二回レコーディングしたんです。それが良かったですし、今思えば、山田組っぽいですよね(笑)。良い作品にするためにリテイクするって。1日やって本当に難しくて表現しきれなかったこともたくさんあって、もう一回やることになりました。すると野田さんが「こういう風なリズムでやると歌いやすくなるかも」といったメールをくれて。それがとても良かったです。主題歌では野田さんが演出家で僕が演者みたいな気持ちでした。 -野田さんから見て菅田さんの歌い手としての魅力は?…

    続きを読む
Close
Close