特徴

  • “スケキヨ”が4Kに。UHD BD「犬神家の一族」12月発売、劇場公開も - AV Watch

    “スケキヨ”が4Kに。UHD BD「犬神家の一族」12月発売、劇場公開も – AV Watch

    『犬神家の一族』 4Kデジタル修復 Ultra HD Blu-ray【HDR版】2021年12月24日発売 DAXA-5817 16,280円(C)KADOKAWA 1976 KADOKAWAは、1976年公開の映画「犬神家の一族」を4K Ultra HD Blu-ray化。190ページ以上の完全資料集と、新撮の映像特典を収めたディスク3枚組をセットにして、2021年12月24日に発売する。価格は16,280円。 「犬神家の一族」は、名探偵・金田一耕助が怪事件に挑む、横溝正史の傑作ミステリーを巨匠・市川崑監督が映画化した、角川映画の第1作。佐清(スケキヨ)の白マスクや水面から突き出た足が強烈なインパクトで社会現象を巻き起こし、特大明朝体のタイトルレイアウト、大胆なカッティングによる編集、大野雄二の音楽など、その映像表現は多くのクリエイター・アーティストに影響を与えた、日本映画史に残る不朽の名作。 本編UHD BD、本編BD、特典BDの全3枚組(C)KADOKAWA 1976 UHD BDでは、オリジナルの35mmネガフィルムから引き出された精細な映像とクリアな音声に加え、1,000nitsのダイナミックレンジの表現域を活かし、新たなHDRグレーディングを施した16bit ニューマスターを使用。 作品完成時の本来の形を目指し、1976年ストックの上映プリントの解析にはじまり、東洋現像所(現IMAGICAエンタテインメントメディアサービス)で発掘された初号オリジナル・タイミングシート(カット毎の色味の補正値)、さらには当時の実作業を担当したフィルム技術スタッフ陣の証言をもとに、色調と画郭を徹底調査。市川組の編集を手がける長田千鶴子の最終監修を経たHDRグレーディングとサウンドトランスファーによって、市川崑監督が描いた世界観を忠実に再現されているという。 特典の「市川崑『犬神家の一族』完全資料集成」(C)KADOKAWA 1976…

    続きを読む
  • 芦田愛菜、めるるとガールズトーク 「手紙書くの初めてでドキドキ~」 日本郵便 新CM『手紙の部屋 誕生日篇 友達』『手紙の部屋 誕生日篇 父』

    芦田愛菜、めるるとガールズトーク 「手紙書くの初めてでドキドキ~」 日本郵便 新CM『手紙の部屋 誕生日篇 友達』『手紙の部屋 誕生日篇 父』

    チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal 日本郵便株式会社は、芦田愛菜と生見愛瑠(めるる)が出演する新TV-CM「手紙の部屋 誕生日篇 友達」、「手紙の部屋 誕生日篇父」 …

    続きを読む
  • 1位はジブリ『猫の恩返し』!何度も見たくなる“猫”が活躍する映画ランキング公開 | ガジェット通信 GetNews

    1位はジブリ『猫の恩返し』!何度も見たくなる“猫”が活躍する映画ランキング公開 |

    ペットを愛する人のためのお役立ち情報を発信するメディア「pepy」が、全国の男女800人を対象に『猫が活躍している映画』についてアンケートを実施!「pepy」サイト内で、ランキングが発表された。 魅力的なキャラクターがたくさん 猫が活躍する映画ランキングで208票を獲得し、第1位となったのは、2002年公開の日本のアニメーション映画『猫の恩返し』。スタジオジブリの人気作品『耳をすませば』の主人公、月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフとなっている。 主人公ハルを助けてくれるバロンやムタなど、魅力的なキャラクターがたくさん登場する『猫の恩返し』が、2位に70票もの差をつけ1位に輝いた。 出会いと別れを経験しながら成長 第2位は、131票を獲得した、“ムツゴロウさん”として知られる畑正憲氏が監督・脚本を手掛けた1986年公開の日本映画『子猫物語』。 牛小屋の中で生まれた茶虎の子猫チャトランと親友でパグのプー助が、様々な動物との出会いと別れを経験しながら成長する姿を描いている。 気ままで愛らしい猫たちの姿 第3位は、92票獲得の、2017年に公開された日本映画『岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』。  動物写真家・岩合光昭氏が、猫の目線で世界の街角を撮影・紹介するドキュメンタリー番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』の劇場版で、気ままで愛らしい猫たちの姿は多くの人の心を鷲掴みにした。 プスの魅力から目が離せない 第4位は、89票を獲得した、2012年に公開されたアメリカのアニメーション映画『長ぐつをはいたネコ』。  映画『シュレック』に登場する人気キャラクターのプスを主役とした冒険活劇で、猫らしからぬ剣さばきを見せたかと思いきや、猫の愛らしさや習性をうまく使い分けるプスの魅力から目が離せない作品だ。 浪人と白猫の絆を描いた時代劇 第5位は、71票を獲得した、2014年公開の日本映画『猫侍』。 しがない浪人として生きる斑目久太郎と、奇妙な依頼をきっかけに出会った白猫の玉乃丞との絆を描いた時代劇で、強面の剣士が愛らしい白猫に振り回されている様子が思わず笑みを誘う。 6位以降の結果や、調査概要については「pepy」をチェックしてみて! Source Link

    続きを読む
  • 靠性感黑裙走红,后拍豪放电影身价暴涨,却与王大陆传绯闻惹争议【普拉斯小姐】

    靠性感黑裙走红,后拍豪放电影身价暴涨,却与王大陆传绯闻惹争议【普拉斯小姐】

    让刘在石不可思议的捂住嘴,姜汉娜只用了一张照片,故事要追溯到2013年姜汉娜出席釜山国际电影节新鲜好玩的韩国娱乐请看这里,这里是普拉斯小姐娱乐频道每日 …

    続きを読む
  • 小樽が舞台、2人の女性の恋の記憶映す韓国映画『ユンヒへ』待望の日本公開決定 | cinemacafe.net

    小樽が舞台、2人の女性の恋の記憶映す韓国映画『ユンヒへ』待望の日本公開決定 | .

    2019年、釜山国際映画祭のクロージングを飾りクィアカメリア賞を受賞、2020年には青龍映画賞で監督賞、脚本賞の2冠に輝いた『ユンヒへ』が、2022年1月7日(金)より待望の日本公開が決定した。 本作は、韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒが、長い間、連絡を絶っていた初恋の女性から1通の手紙を受け取ったことから始まるラブストーリー。母の手紙を盗み見てしてまった高校生の娘セボムは、自分の知らない母の姿をそこに見つけ、手紙の差出人である日本人女性ジュンに会う決心をする。セボムに強引に誘われるかたちで、北海道・小樽へ旅立つユンヒ。それは、二十年前の自分と向き合う、心の旅でもあった――。 監督は、本作が長編2作目となる新鋭のイム・デヒョン。岩井俊二監督の『Love Letter』にインスパイアされたと語り、ロケ地を北海道・小樽に選び、2人の女性たちが心の奥にしまってきた恋の記憶を描き出す。登場人物の心情に優しく寄り添うような小樽の美しい冬景色と、ミステリアスに紡がれるユンヒの恋。2人が離れた20年前に、一体何があったのか? 控えめな言葉と降り積もる雪に隠されながらも、物語が進むにつれて少しずつ2人の思いが輪郭をあらわしていく。 主人公のユンヒを演じるのは、長年ドラマや映画で活躍し、昨年韓国で放送された大ヒットドラマ「夫婦の世界」では数々の賞も受賞したベテラン俳優のキム・ヒエ、日本人女性ジュンに『野火』や『ストロベリーショートケイクス』の中村優子。ユンヒの娘セボムに元「I.O.I」のキム・ソへ、セボムのボーイフレンドに元「B Of You」のソン・ユビンが起用された。 東アジアにおける中年女性たちの同性愛と、彼女たちが経験してきた抑圧を真摯に描き出しており、『82年生まれ、キム・ジヨン』や『はちどり』に続く、ジェンダーやフェミニズムをテーマにした傑作である本作は、韓国のLGBTQ+コミュニティや女性たちから熱狂的な支持を受け、2019年の釜山国際映画祭ではセリーヌ・シアマ監督『燃ゆる女の肖像』やグザヴィエ・ドラン監督『マティアス&マキシム』といった作品が顔を並べる中、クィアカメリア賞を受賞。 同映画祭の審査員からは、「久しぶりに映画を見て、胸躍る経験をした。それが韓国で作られた女性たちの愛の物語を描いた映画だからなおさらだ」と絶賛された。なお、日本では2020年11月、第6回大阪韓国映画祭にて同タイトルで上映され、熱狂的に迎え入れられた。 イム・デヒョン監督は「韓国と日本の女性は確かに違います。しかし、男性中心的な社会秩序が強固に成立した国で生きてきたという点では似ていると思いました。『ユンヒへ』で東アジアの女性たちが互いに連帯し、愛を分かち合う姿を見せたかったのです」と語っている。 『ユンヒへ』は2022年1月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。 Source Link

    続きを読む
  • 【生実況】 #バチェラー応援上映 byジムビーム 森田紗英・倉田茉美と一緒に、ファイナルローズの行方をライブ視聴!

    【生実況】 #バチェラー応援上映 byジムビーム 森田紗英・倉田茉美と一緒に、ファイナルローズの行方をライブ視聴!

    【生実況】 バチェラー・ジャパン シーズン3 クライマックスの第9話・10話配信開始に合わせて 10/24(木)23時30分から #バチェラー応援上映 by ジムビームを生放送!

    続きを読む
  • 画像1

    「マスカレード・ナイト」公開記念 謎解きを楽しめるおすすめ邦画ミステリー6選 : 映画.comシネマStyle

    「マスカレード・ナイト」公開記念 謎解きを楽しめるおすすめ邦画ミステリー6選 毎週テーマにそったおすすめ映画をご紹介する【映画.comシネマStyle】。 9月17日に木村拓哉と長澤まさみが共演した「マスカレード・ナイト」が公開されました。そこで今週は、謎解きや犯人探しを楽しめる邦画ミステリーを特集! 編集部メンバーがチョイスしたおすすめ作品6本をご紹介します。 ▽東野圭吾のベストセラーを映画化 木村拓哉と長澤まさみがバディを組んだミステリードラマ 「マスカレード・ホテル」(2019年/133分/鈴木雅之監督) (C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社 東野圭吾氏のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。ヒロインとなるホテルマンの尚美役を長澤まさみが演じました。監督は「HERO」シリーズの鈴木雅之、脚本は「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が担当しています。 【あらすじ】 都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村)は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤)と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。 刑事とホテルウーマン、それぞれが自らのプロとしての信念を強く持っているのが格好良く、その姿勢が事件の解決に繋がっていく伏線になっています。 単なる謎解きだけではなく、未知の相手に少しずつ歩み寄り、お互いを知っていくうちに新しい気付きを得て、バディとしての関係が構築されていくのは東野圭吾作品の醍醐味。映画版でも、新田と山岸のあいだに尊敬の念と信頼関係が生まれていく過程は見どころです。 (C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社 そしてやはり、無精ひげを生やした刑事姿からビシッとしたホテルマン姿に変身した木村さんの素敵さは唯一無二。強気なホテルウーマンを演じた長澤さんが制服から私服に着替えたときのやわらかな雰囲気もたまりません……! ふたりの関係がどう発展していくのか、続編「マスカレード・ナイト」に期待です。 ▽いつかは言いたい「すべてまるっとお見通しだ!」 「トリック劇場版」(2002年/119分/堤幸彦監督) (C)2002 トリック劇場版製作委員会 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で放送された人気ドラマの劇場版。ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」や映画「明日の記憶」などの堤幸彦監督がメガホンをとり、自称売れっ子天才奇術師・奈緒子(仲間由紀恵)、天才物理学者・上田(阿部寛)のコンビが、超常現象を解き明かすさまを描く。 【あらすじ】 300年に1度、大きな災いに見舞われるという言い伝えのある糸節村で、奈緒子は神を演じてほしいと依頼されるが、そこにはすでに自ら神だと名乗る3人の男がいた。取材のため糸節村を訪れていた上田と合流した奈緒子は、村に隠された埋蔵金を手にするため、上田とともに3人の神と対決することになる。…

    続きを読む
  • 日SKE48出身俳優三上幼児、3月に国内正式アイドルデビュー

    日SKE48出身俳優三上幼児、3月に国内正式アイドルデビュー

    日SKE48出身俳優三上幼児、3月に国内正式アイドルデビュー.

    続きを読む
  • 千葉真一氏、生前最後のロングインタビュー収録! 春日太一責任編集『文藝別冊 深作欣二』本日発売!|河出書房新社のプレスリリース

    千葉真一氏、生前最後のロングインタビュー収録! 春日太一責任編集『文藝別冊 深作欣二』本日発売!:時事ドットコム

    [河出書房新社] 深作組スタッフ、ゆかりの俳優総勢27名へのインタビュー、深作欣二自身によるエッセイ、論考、全監督作リスト他収録。現場を生きた、仁義なき映画人生を総特集! おのれの内部によるべき核がなければ、表現などという仕事はつとまりはしない。その核が、私にとっては「死」だった。あの夏の日、私たちの手に残骸をゆだねた「死者たち」であった。(エッセイ「死は御破算、それが核となって」より) 株式会社河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長小野寺優)より、春日太一責任編集『文藝別冊 深作欣二――現場を生きた、仁義なき映画人生』が本日2021年9月16日に発売となりました。『文藝別冊 深作欣二』は、『仁義なき戦い』シリーズをはじめ、『柳生一族の陰謀』『復活の日』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』など数々のヒット映画を世に送り出し、『キイハンター』『傷だらけの天使』『必殺』シリーズ他ドラマ作品の演出を手掛けた、映画監督・深作欣二の実像とその作品世界の魅力に迫った総特集号。深作組スタッフ、ゆかりの俳優総勢27名へのインタビューでは、各作品の製作背景、当時の撮影状況を振り返りながら、監督・深作欣二の映画に対する飽くなき情熱と熱気、人間・深作欣二の他を惹きつける魅力と人柄が口々に語られています。深作作品を語る上で欠かせない存在、千葉真一さん生前最後となるロングインタビューも収録されています。1953年東映入社から、2003年1月惜しまれながらこの世を去るまでの50年間、多くの傑作、問題作を残し、衝撃を与え続けた稀代のエンターテイナー深作欣二とは何者だったのか。時代劇・映画史研究家・春日太一氏が責任編集を務め、その核心に触れる様々な声、言葉をあつめた本書は、熱心な深作ファンは勿論、初めて作品に触れる方にもおすすめの一冊です。 内容紹介 『仁義なき戦い』シリーズで東映実録路線を決定づけ、その後も『蒲田行進曲』『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『いつかギラギラする日』『バトル・ロワイアル』など、数々の問題作を世に送り出した映画監督・深作欣二。懐の深い人間観に支えられた飽くなき映画への情熱と、熱気溢れる撮影現場から、今なお新しい作品の魅力に迫る! 本書の主な内容 ・書き下ろし、渾身の13,000字!!春日太一「総論 現場に生きた、仁義なき映画人生」 ・フカサクを誰よりも知る存在、千葉真一生前最後の貴重なロングインタビュー千葉真一(俳優)「泣きたいんだよ、泣かせてくれよ」 ・メディア出演が限られる志穂美の貴重な語りおろし!志穂美悦子(俳優)「日本にいない女優になり続けろ!」 ・悪役商会×フカサク八名信夫(俳優)「撮影は命がけ、監督はそれが嬉しいんだよ!」 ・「仁義なき戦い」制作秘話高田宏治(脚本家)「作さんに『ちょっと冒険してみるけどええか?』って言うたのよ」 ・大部屋俳優たちによる座談会が実現!峰蘭太郎×白井滋郎×細川純一「僕らのところへ直に来てくれた、初めての監督――東映京都撮影所所属俳優が語る深作欣二」 ・『蒲田行進曲』の舞台裏風間杜夫(俳優)「舞台どおりやってくれ、それを俺が撮る!」 ・表現を巡る熾烈な攻防!木村大作(カメラマン)「撮影で行った南極の思い出」 ・『忠臣蔵外伝 四谷怪談』はいかにして生まれたのか?佐藤浩市(俳優)「『四谷怪談』の伊右衛門を演りたかった」…

    続きを読む
  • 画像: 終戦記念日を前に映画を通して「忘れない。」『ONODA 一万夜を越えて』広告ビジュアル 日本初解禁!

    佐藤健✕阿部寛『護られなかった者たちへ』第26回釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema部門上映決定

    * { top: 0; } #header-right > a { width: auto; position: absolute; padding: 0px 16px; font-size: 1.8em; line-height: 1;…

    続きを読む
Close
Close