特徴

  • 豪華キャストがずらり結集!

    映画ライターの「人生が変わった」Amazon Fire TV Stick活用術 その3 : 映画ニュース

    2021年1月16日 11:00 数千のアプリ、ゲーム、映画、TV番組から検索可能なAmazon Fire TV Stick 年間400本以上の作品を鑑賞するという映画ライターが使ってみて「人生が変わった」と激推しのAmazon Fire TV Stick。コアな映画ファンならではの使い方をレポートします。作品の知識をさらに深めたり、検索機能を活用して、偶然に発見する良作に出合いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。 Amazonが販売するメディア・ストリーミング端末 Fire TV Stickの活用術を「映画ライター」の視点から3回に分けて紹介しようというのが今回の連載の趣旨であります。最終回となる今回は、前の2回分の連載で紹介できなかった活用術をさらに深掘りして紹介したいと思います。 近年は配信でしか観られない作品も多くなりましたし、映画製作者連盟によると、2019年度は国内での映画の公開本数が1278本を超えたそうです。自分も基本的には映画館に通うようにしているのですが、日々、原稿書きや取材といった仕事もありますし、観たい作品はどんどんと山積みになっていきます。そんな時はやはり、動画配信サービスも合わせて活用する方が良さそうです。そんなわけで実際に、自分も配信動画を観る機会が増えたのですが、やはり映画を観るのにスマホやPCの画面はちょいと小さい。せめてテレビで気軽に観られたらいいなと思いつつ、でも映画を鑑賞するたびにテレビとPCをつなげるのも面倒だなと。そんな時に出会ったのがFire TV Stickでした。 Fire TVアプリの操作画面 Fire…

    続きを読む
  • ベッキーのゴシップ!

    ベッキーのゴシップ!

    結婚を発表したベッキー! これは、やばい!大丈夫か?

    続きを読む
  • 綾野剛×藤井道人×常田大希 インタビュー

    「ヤクザと家族 The Family」綾野剛×藤井道人×常田大希インタビュー / 著名人コメント

    第43回日本アカデミー賞で6冠を獲得した「新聞記者」の監督・藤井道人とプロデューサー・河村光庸が再び組んだ「ヤクザと家族 The Family」が、1月29日に全国公開される。 1999年、2005年、2019年──ヤクザという生き方を選んだ1人の男を、3つの時代から見つめる本作。変わりゆく社会の中で排除されていくヤクザの姿が、抗争ではなく“家族・ファミリー”の存在を軸に描かれる。今回初めてヤクザ役に挑んだ綾野剛と、組長役の舘ひろしが初共演を果たした。 本特集では綾野、藤井、そして主題歌「FAMILIA」を手がけた常田大希(millennium parade)の鼎談を掲載。さらに「極主夫道」作者・おおのこうすけをはじめ、笠井信輔、小林勇貴、シム・ウンギョン、横浜流星、横山由依の感想コメントも紹介する。 文・構成 / 金須晶子 俺、これ以上いい曲書けないかも……(常田) ──完成した作品をご覧になってみていかがでしたか? 綾野剛 感想を表現するには言葉では足りないぐらい、魂がえぐられました。今日まで生きてきて出会ったことのない感情です。エンドロールで歌詞が流れるのを観たとき、体内からあふれ出るものを必死に抑えても抑えきれなかった。自分にとって人生最愛の作品が生まれたと感じました。 常田大希 号泣しちゃいました。曲を作った過程とか関係なく、ただただ映画に持っていかれて。 綾野 勝手に涙があふれてくるような場面がたくさんあるんですが、なんとか。隣に(常田)大希が座っていたので、エンドロールの「FAMILIA」が流れ終わって、僕が泣いてたらびっくりさせてしまうかなと思い。会場が明るくなる前に涙を拭い、よし落ち着いたと思って大希のほうを向いたら、大希が号泣していて。ああ、こういうことかなと。言葉はいらないというか。この映画を完成まで導けたことに感謝しています。 藤井道人 もう思い残すことはないです。本編を編集しながら、常田さんの作った曲を聴いて、そう思えたんです。いつもどこか心残りに思いながら、次こそと思って生きてきたけど、もう思い残すことはない。だから次からどうしようかなと(笑)。 常田 わかる。俺、これ以上いい曲書けないんじゃないかな……(笑)。 ──どういった経緯で常田さんに楽曲を依頼したのでしょう? 藤井 映画には主題歌が付きものですよね。この作品の話が立ち上がってすぐに企画を書いて、綾野さんに渡したんです。そうしたら、この脚本を読んだイメージで「常田さんが書く楽曲を主題歌にするのはどうでしょう?」と提案してくださったんです。そんなに素晴らしい機会があるんだったら、ぜひ僕もオファーしたいですと。綾野さんのおかげです。綾野さんも、いち俳優、いちスタッフとして、作品のすべてに関わってくれたので。 綾野 映画を観終わったあと、その世界を生きていない第三者の愛が、どうやってこの作品とお客様の懸け橋となってくれるのか? そう考えたとき、自分たちが心の中に宿している静かなマグマを治癒してくれるのは大希しかいなかった。2020年代の新しい景色を(曲に)入れられるのは彼なのではないかと伝えて、それを監督が取り入れてくださって今に至ります。特別なディレクションがあってオファーをしたわけでもなく、本来であればとても失礼なことだとは思いますが、そういったお願いも大希は全部受け止めてくれました。…

    続きを読む
  • Learn English with Movies "The Devil Wears Prada" p1 映画「プラダを着た悪魔」で英語学習 音読

    Learn English with Movies "The Devil Wears Prada" p1 映画「プラダを着た悪魔」で英語学習 音読

    [ Title] The Devil Wears Prada [ English Level ] 3 out of 5. Not so difficult Listen to how…

    続きを読む
  • ©2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

    結成20周年を記念するJAM Project初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』!『牙狼<GARO>』シリーズの原作者・出演者コメント解禁!

    ©2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS 世界に日本の「Anison(アニソン)」を躍進させた開拓者JAM Projectに460日間に渡り密着取材! メンバーさえも互いに知らなかった“真実”の姿を映し出した究極のリアルドキュメンタリー! 2020年に結成から20周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎えたJAM Project。現在は、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名のメンバー構成で、それぞれがヒットソングを生み出し、「アニソン界」を代表する実力派シンガーが集結したスーパーユニットとして活動を続けている。そんな「アニソン」を世界に躍進させた開拓者である彼らの初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』が、2月26日(金)から3月11日(木)まで2週間限定ロードショーされます。  今回、新たにJAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、JAM Projectが長年にわたり主題歌を担当してきた特撮ドラマ『牙狼<GARO>』シリーズの原作者・出演者からのコメントが到着、解禁となりました。…

    続きを読む
  • 【芸能ゴシップ】広瀬すずの意外と知らないあれとは。。

    【芸能ゴシップ】広瀬すずの意外と知らないあれとは。。

    チャンネル登録是非お願いします☆ https://www.youtube.com/channel/UCKl93ptl9jRCmfQ-BN3ClCA?sub_confirmation=1 《おすすめ動画》 【衝撃】闇が深すぎる …

    続きを読む
  • ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】

    「なんて素敵」「絵になる」 原口元気、雪山で愛犬とまるで”映画”なキスショット”にファン絶賛 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

    ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】 原口元気が公式インスタグラムを更新 愛犬との2ショットを公開  ドイツ2部ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気が公式インスタグラムを更新し、雪山での愛犬との“キスショット”を公開。ファンから大きな反響を呼んでいる。  原口は浦和レッズの下部組織から17歳だった2009年にトップ昇格し、14年夏にドイツ1部ヘルタ・ベルリンへ移籍。18年1月に当時2部だったデュッセルドルフへ期限付き移籍で加入し、1部昇格に貢献した。同年夏からハノーファーに所属し、昨季は2部で32試合6ゴールの結果を残している。  ここまで全15試合に先発出場している原口。ハノーファーで3シーズン目を迎えるなか、背番号「10」が公式インスタグラムを更新した。  雪山で腰を掛けた原口に愛犬が近寄り、まるでキスしているかのような一枚の写真を公開。銀世界を背景に、冬のドイツを感じられるショットとなっている。これにファンも大反響。絶賛のコメントが寄せられた。 「なんて素敵な写真」「絵になる」「愛を感じる」「物語や映画のような1枚ですね」「構図が完璧すぎる」「絵画みたい」「言葉にならないです」  ドイツ7年目に突入した日本代表MFは、年々異国での生活も豊かにしているようだ。 Source Link

    続きを読む
  • 【ゴシップガール】チャックとブレア

    【ゴシップガール】チャックとブレア

    そんなこんなでブレアが大学に受かるために エマという子供の面倒をみることに… エマはライバルに勝つためにゴシップガールデビューをし、初めての体験をしようとしてい …

    続きを読む
  • BTS(防弾少年団)、日本シングル「Lights」MV再生回数が1億回を突破…日本語の曲では通算3本目を記録 - Kstyle

    BTS(防弾少年団)、日本シングル「Lights」MV再生回数が1億回を突破…日本語の曲では通算3本目を記録 – Kstyle

    写真=Big HitエンターテインメントBTS(防弾少年団)の「Lights」のミュージックビデオが1億回再生を達成した。 YouTube再生回数が1月11日13時44分に1億回を超えた。これで、日本語で歌ったBTSのミュージックビデオで3本目の1億再生越えとなった。 BTSの「Lights」は、BTSの日本語作品として初めて100万枚出荷を達成したシングル「Lights / Boy With Luv」(2019年7月3日発売)収録曲で、2020年7月にリリースされた日本4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7 ~THE JOURNEY~」にも収録されている。 「Lights」は日本オリジナル楽曲で、これまで自分自身と向き合い様々な思いの中で成長を続けてきた彼らだからこそ描くことのできる“僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる”という希望のメッセージが込められた珠玉のナンバー。日本オリジナル楽曲としては約4年ぶりにミュージックビデオが制作され、映画館や駐車場などのセットを使って演技をするメンバーの表情が目を引く内容となっている。 BTSが日本語で歌う1億超えミュージックビデオは「Lights」「Airplane pt.2 -Japanese ver.-」「Stay…

    続きを読む
  • 採用!フリップNEWS 2018年1月11日 180111 タカトシの新型バラエティー!さらば青春の光が芸能界のゴシップ情報を持って初参戦!

    採用!フリップNEWS 2018年1月11日 180111 タカトシの新型バラエティー!さらば青春の光が芸能界のゴシップ情報を持って初参戦!

    続きを読む
Close
Close