特徴

  • 日本ドラマにも出演のイ・スヒョク!「ウチに住むオトコ」爆笑NGメイキング公開!

    日本ドラマにも出演のイ・スヒョク!「ウチに住むオトコ」爆笑NGメイキング公開!

    スエ×キム・ヨングァン共演! “父”と名乗るイケメン年下男と大人女子の新形態ラブコメディ! 「ウチに住むオトコ」2017年10月3日(火)よりTSUTAYA先行レンタル開始!

    続きを読む
  • 「24 JAPAN」メインビジュアル

    「24 JAPAN」唐沢寿明と仲間由紀恵が共演シーンに期待「お会いできる日を楽しみに」 – 映画ナタリー

    2020年9月24日 6:00 208 連続ドラマ「24 JAPAN」に出演する唐沢寿明と仲間由紀恵のインタビューコメントと、本作のポスタービジュアルが到着した。 「24 JAPAN」メインビジュアル 大きなサイズで見る(全18件) 海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の日本版である本作では、オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”の誕生が期待される選挙当日の24時間が全24話にわたって描かれる。唐沢がCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどうげんば)に扮し、仲間が総理候補・朝倉麗(あさくらうらら)を演じる。 ポスター撮影では、劇中でほとんど同じシーンがなく、まだ共演シーンも撮っていない唐沢と仲間が顔を合わせた。もともと2人はオリジナル版「24」にハマっていたようで、唐沢は「DVD BOXをすでに買ったのに、忘れて新しいものを買ってしまうくらい、昔から『24』が大好きでしたから! でも、ドラマ自体はオンデマンドで観ているので、DVDでは観ていないんですよ。ただただコレクションとしてBOXが欲しいという(笑)」とハマりっぷりを明かし、仲間を「もう完全なるファンですね(笑)」と驚かせる。 互いの役への印象を聞かれると、唐沢が「総理候補は母でもある。強い部分ばかりでなく、子供や家族を思う気持ちも同時に表現することは、なかなか難しいですけど、仲間さんなら間違いないと思いました」と語る。対する仲間も「ジャック・バウアーはアクションがものすごく多いイメージがあったので、勝手に『唐沢さんが爆弾でメチャクチャにされてしまう!』と心配になったんです」と笑いつつ、「唐沢さんの持つ“いい緊張感”の中でストーリーが進むことがイメージできました」と信頼をのぞかせた。 共演シーンの撮影を今後に控える2人。仲間は「今は1人孤独にベッドルームで外を眺めたり、電話をしていたり、ときどきおじさんたちと会ったり(笑)。そういった撮影が多いので、獅堂さんとお会いできる日を楽しみにしているんです」と打ち明ける。仲間の撮影シーンを少し見せてもらったという唐沢は「前回共演したときとは別人じゃないかってくらい、印象がまったく違って見えたんです。それって俳優として、ものすごいことなんです! それでもう驚いて……。思わず連絡したもんね?」と裏話を明かし、仲間は照れながら「お褒めの言葉をいただきました」と喜んだ。 最後に唐沢は「この物語には暗殺計画など大きな事件もありますが、実はもう1つ“家族”がドラマの大きなキーになるんです」と作品のテーマに言及し、仲間は「CTUを抜け出す獅堂さんのシーンが好きなんです。獅堂さんは1人で大きな問題を抱え、それを解決するために出ていくのですが、そういう“新しく起こる問題や事件に対応していく姿”がかっこいいです」と見どころを伝えた。 「24 JAPAN」は10月9日よりテレビ朝日系で放送。栗山千明、池内博之、朝倉あき、村上弘明、佐野史郎、木村多江、桜田ひよりらもキャストに名を連ねる。…

    続きを読む
  • 【公式】 ニューヨーク 漫才「金持ちの噂」

    【公式】 ニューヨーク 漫才「金持ちの噂」

    2013年3月15日によしもと無限大ホールで行われたニューヨーク初単独ライブ「Sex and New York」の映像です。 他のネタはこちら→ …

    続きを読む
  • 豪華キャストがずらり結集!

    二宮和也×妻夫木聡「浅田家!」が世界へ ワルシャワ&釜山国際映画祭に出品 : 映画ニュース – 映画.com

    2020年9月22日 05:00 二宮和也「温かさと優しさが、海を越えて世界中に広がっていくことを祈っています」 (C)2020「浅田家!」製作委員会 [映画.com ニュース] 二宮和也と妻夫木聡が兄弟役で共演した映画「浅田家!」が、第36回ワルシャワ国際映画祭(国際コンペティション部門)と、第25回釜山国際映画祭(オープンシネマ部門)に出品されることが決定した。 二宮は「映画『浅田家!』が、ワルシャワと釜山、2つの国際映画祭への出品が決定したこと、とても嬉しく思います。本来ならば僕も参加してそれぞれの国の皆さんと一緒に見たかったのですが、コロナの影響で今回それが叶わず残念です。“家族の絆”、“写真のチカラ”と、とても普遍的なテーマのある作品なので、きっと楽しんで頂けると思います! こんな今だからこそ、この作品の持つ温かさと優しさが、海を越えて世界中に広がっていくことを祈っています」と、喜びのコメントを寄せた。 「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督が、写真家・浅田政志氏による2冊の写真集「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案に紡いだオリジナルストーリー。二宮と妻夫木のほか、黒木華、菅田将暉、風吹ジュン、平田満が共演した。幼い頃から写真を撮ることが好きだった政志(二宮)は、様々なシチュエーションで家族がコスプレをするユニークな写真を集め、写真集「浅田家」を出版する。見事木村伊兵衛写真賞を受賞すると、全国から撮影依頼が寄せられるように。写真家としてようやく軌道に乗り始めた政志だったが、ある日、東日本大震災という未曾有の天災が発生する。 第36回ワルシャワ国際映画祭(10月9~18日に開催)は、1985年から開催されている。国際コンペティション部門は、同映画祭の最高賞(ワルシャワ・グランプリ)を選ぶ部門で、世界各国から15作品が選出されている。「浅田家!」は同月15日にインターナショナルプレミア上映され、受賞した場合は日本映画初の快挙となる。これまでアスガー・ファルハディ監督の「美しい都市(まち)」(日本劇場未公開)、ドゥニ・ビルヌーブ監督の「灼熱の魂」、パベウ・パブリコフスキ監督の第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞作「イーダ」などがグランプリを獲得しており、後の巨匠の初期の作品が多く受賞しているという特徴がある。 続く第25回釜山国際映画祭(10月21~30日に開催)は、96年に創設されたアジア最大規模の映画祭。オープンシネマ部門には、人気と芸術性に富んだ新作や、国際的に評価された作品6作品が集められている。本作は同部門唯一の邦画として、メイン会場である「映画の殿堂」の野外スクリーン(同映画祭最大の6000席規模)で披露される。 小川真司プロデューサーは「ワルシャワ国際映画祭に関しては、コロナ禍で世界が混乱している中なので、見ている人がポジティブになれるような映画を上映したいという理由で選出されたそうです。さらに、アジアとヨーロッパという二つの市場で勝負したいと考えていた際に、釜山国際映画祭からもオープンシネマ部門という非常に大きなキャパシティを誇る代表的な部門でのご招待をいただいた」と語った。 「浅田家!」は、10月2日から全国で公開。 (映画.com速報) Source Link

    続きを読む
  • 神野美伽 35周年記念アルバム&シングル スペシャルトレーラー

    神野美伽 35周年記念アルバム&シングル スペシャルトレーラー

    歌謡界の異種格闘技盤。 ジャンルの枠を飛び越え演歌に新風を吹き込む 神野美伽の全てがここに… アルバム「夢のカタチ」 KICX-1047 今回のアルバムのコンセプトは …

    続きを読む
  • 上白石萌音 ウエンツをベタ褒めも…米アニメーション映画の日本語吹き替え版声優でW主演― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    上白石萌音 ウエンツをベタ褒めも…米アニメーション映画の日本語吹き替え版声優でW主演― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    映画「トロールズ ミュージック★パワー」完成披露イベントに出席した上白石萌音Photo By スポニチ  上白石萌音(22)、ウエンツ瑛士(34)らが21日、都内で行われた米アニメーション映画「トロールズ ミュージック★パワー」(10月2日公開)完成披露イベントに出席した。  2人が日本語吹き替え版声優でW主演。ウエンツは3月に英留学から帰国した後にオファーを受けた。上白石が「ロンドン仕込み」と称えるも、ウエンツは「米国の作品だから」と苦笑い。同じく出演する「ミキ」の昴生(34)に「キャスティングミスやん」とツッコまれた。 続きを表示 Source Link

    続きを読む
  • 【大打撃】新型コロナで銀座は極限状態。このまま行けば売り上げは「0」#84

    【大打撃】新型コロナで銀座は極限状態。このまま行けば売り上げは「0」#84

    新型コロナウイルスの影響により、銀座は極限状態を迎えております。 現在クラブNanaeは休業中であり、赤字が続いております。 一刻も早い収束に向かう様、皆さん一致 …

    続きを読む
  • 日本テレビ系「24時間テレビ43」でふるさとの祭りを盛り上げる企画に出演する女優広末涼子

    「ノマドランド」トロント国際映画祭で観客賞 – シネマ : 日刊スポーツ

    フランシス・マクドーマンドが主演する映画「ノマドランド」 (C)2020 20th Century Studios. All rights reserved. オスカー女優フランシス・マクドーマンド(63)主演の映画「ノマドランド」(クロエ・ジャオ監督)が、第45回トロント国際映画祭で最高賞にあたる「観客賞」を受賞したことが21日、明らかになった。 同作は13日(日本時間)に行われた第77回ベネチア国際映画祭で最高賞に当たる金獅子賞に選ばれたばかり。 リーマン・ショック後、長年住み慣れた米ネバダ州の家を失った女性(フランシス・マクドーマンド)が、キャンピングカーに全てを詰め込んで車上生活者“現代のノマド(遊牧民)”となる。過酷な季節労働の現場を渡り歩きながら、行く先々で出会うノマドたちとの心の交流とともに、西部の大自然の中で、生きる希望を探し求めていくロードムービー。 原作はジェシカ・ブルーダーのノンフィクション小説「ノマド:漂流する高齢労働者たち」。17年の映画「スリー・ビルボード」で2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドが、主演だけでなく製作にも携わっている。 日本公開は来年1月予定で、ウォルト・ディズニー・ジャパン配給。 Source Link

    続きを読む
  • 結婚式余興アテレコムービー 〜著名人からのお祝いメッセージ〜

    結婚式余興アテレコムービー 〜著名人からのお祝いメッセージ〜

    会社の先輩の結婚披露宴のために制作。二人で企画・制作・編集・アテレコまで全てを担当。企業名が入るため一部修正有り。

    続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    蓼科日記の複製完成 小津監督ら日常つづる – Nagano Nippo Web

    文化 2020年9月20日 6時00分 複製が完成した「蓼科日記」を見る山内代表理事(左)ら=茅野市の「新・雲呼荘 野田高梧記念蓼科シナリオ研究所」 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完成し、19日に披露された。経年劣化した原本を汚れも含め忠実に再現。半世紀以上前に蓼科でシナリオを練った当時の様子を垣間見ることができる。 A5判の蓼科日記は蓼科にあった野田の山荘「雲呼荘」に置かれ、来訪者が自由に書き込んだ。小津監督が初めて蓼科を訪れた54年8月から始まり、野田が亡くなる68年9月まで続いた。俳優の佐田啓二、笠智衆ら約70人が記入した。野田の死後、雲呼荘は取り壊され、妻の静が近くの山荘で日記を保管。同山荘を改修して2016年に開館した「新・雲呼荘 野田高梧記念蓼科シナリオ研究所」が日記を継承した。 古文書の復元に取り組む富士ゼロックス京都(京都市)が同所の依頼を受け、19年2月から複製作業を開始。原本をデジタルデータ化し、編集、製本した。黒白の濃淡を出し、鉛筆書きの文字が読みやすくなったという。 新・雲呼荘で開かれた完成式には、複製作業を支えた市民サポーターら約15人が出席。同所理事で脚本家の渡辺千明さんは「小津さんは日記に『夜 仕事大いにすゝむ』と書いてある。シナリオ作りの一端が垣間見られる」とし、映画史に残る貴重な資料だと紹介した。 日記に書かれた文章は小津監督や野田が目を通すことから「みんな面白いことを書こうとしている」と同所の山内美智子代表理事(65)。「複製が完成してうれしい。貴重な資料を多くの人に手に取って見てほしい」と話した。 同所で自由に読むことができる。開館は10月下旬ごろまでの予定で原則火、水曜休館。開館日はホームページで確認してほしいとしている。 Source Link

    続きを読む
Close
Close