映画

  • 久保史緒里&萩原利久、おかしな会話と不思議な晩酌…『左様なら今晩は』本編映像 | cinemacafe.net

    久保史緒里&萩原利久、おかしな会話と不思議な晩酌…『左様なら今晩は』本編映像 | .

    ウブでピュアな幽霊と、恋に不器用なサラリーマンの奇妙な共同生活を描くハートフルラブコメディ映画『左様なら今晩は』より、そんな共同生活を少し覗き見する本編映像が公開された。 >>『左様なら今晩は』あらすじ&キャストはこちらから 「乃木坂46」久保史緒里が演じる原作とは異なる設定の、生きている間に恋愛を経験しなかったピュアな幽霊・愛助と、萩原利久演じる幽霊との生活に戸惑うサラリーマン・陽平のおかしな会話や、2人で晩酌する様子が映し出される本映像。 愛助を除霊しようと、線香を振り回す陽平だが、「癒されますね」と愛助は和んでしまう。これに呆れる陽平は、線香をマグカップに立て、「火事になりそうだったら消してよ」と、愛助をまるで都合のいい同居人のように扱う。 また晩酌シーンでは、なかなかの飲みっぷりを見せる愛助に感心する陽平だが、もう一杯飲もうとすると、空になったはずのグラスにはなぜかビールが。そんな様子を不思議がる2人の姿は、愛らしさ満点。そして最後のシーンでは、愛助がなぜか寝ている陽平の喉仏を見つめる。どうやら、男性の喉仏に触れてみたかったのだという。恋愛経験がないまま死んでしまった愛助にとって、男性との共同生活は、驚きと発見の連続なのだ。 本作のロケ地は広島県・尾道市で、愛助は尾道の方言(=備後弁)を話すキャラクターとなっており、全編を通して披露される、愛らしい方言にも注目だ。 『左様なら今晩は』は11月11日(金)より渋谷シネクイントほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 生田斗真、民衆をお風呂へ導くビジュアル公開『湯道』 | cinemacafe.net

    生田斗真、民衆をお風呂へ導くビジュアル公開『湯道』 | .

    生田斗真と濱田岳が兄弟を演じる、お風呂を題材とした映画『湯道』より、名画をモチーフとした新ビジュアルが公開された。 >>『湯道』あらすじ&キャストはこちらから 生田さん演じる実家の銭湯「まるきん温泉」に舞い戻ってきた史朗が、銭湯の暖簾を旗のように持ち、首には手ぬぐい、左手には桶をかかえ、「風呂に入るぞー!!」と言わんばかりに、民衆を導く、その名も“民衆ビジュアル”。 お風呂は本来の自分を取り戻せる場所。名画「民衆を導く自由の女神」をモチーフに、職場や学校の人間関係など、日々の生活の中でストレスを感じ続ける現代人に向けた、映画からの文字通り熱いメッセージが込められている。なおこのビジュアルは、各劇場にてビッグサイズのバナーポスターとして随時掲出予定だ。 そして公開に先駆け、映画の内容を深堀、登場人物の心の機微をそれぞれの視点で丁寧に描いた長編小説の発売、劇中では橋本環奈が演じる「まるきん温泉」の看板娘・秋山いづみを主人公にしたスピンオフコミックの発売と連載も決定した。 『湯道』は2023年2月23日(木・祝)より全国東宝系にて公開。 小説「湯道」(幻冬舎文庫)は12月発売予定。 スピンオフコミック「いいお湯でした。」(幻冬舎コミックス)は2023年1月下旬発売予定。「comicブースト」にて11月下旬より連載開始予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 松本穂香&玉城ティナ、ビンタの応酬…『恋のいばら』予告編 | cinemacafe.net

    松本穂香&玉城ティナ、ビンタの応酬…『恋のいばら』予告編 | .

    松本穂香と玉城ティナがW主演する、城定秀夫監督最新作『恋のいばら』より、本予告映像、本ビジュアルと新場面写真が公開された。 >>『恋のいばら』あらすじ&キャストはこちらから 予告編では、松本さん演じる“元カノ”桃が、渡邊圭祐演じる元カレ・健太朗の“今カノ”莉子(玉城さん)をインスタで特定、接近し、「リベンジポルノって知っていますか?」「健太朗のパソコンに保存されている自分の写真を消して欲しい」と話を持ちかける。そして、自分にも心当たりのある莉子は、桃と秘密の共犯関係となる。 友人や親友でもない、カテゴライズされない関係となっていく2人だが、突然「一番おかしいのは誰でしょう」というベッドの下にいる莉子の言葉と共に物語は一転する。桃と莉子のビンタの応酬、健太朗の「彼女じゃないし」という吐き捨て…と、三角関係が歪みを見せていく。 ティザービジュアルに引き続き、写真家の石田真澄が撮り下ろしたポスタービジュアルは、元カノと今カノ、そしてカレが同じ場所にいるが、3人全員が心の中では何を考えているかわからない、本作の歪な三角関係を表現。美しさと危うさを秘めた一枚となっている。 なお、本作の主題歌はワンマンツアー、大型フェスの出演も果たした「chilldspot」の書き下ろし楽曲「get high」に決定した。Vo&Gt・比喩根は「「get high」を作るに当たり、『恋のいばら』の台本や原作の映画を読み込み、美しさと歪さの表裏一体感を表現できる様意識をしました。映画は勿論の事、サウンド感や歌詞にも注目して貰えると幸いです」とコメントしている。 『恋のいばら』は2023年1月6日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『映画 ネメシス』勝地涼&中村蒼&富田望生&大島優子らが続投 | cinemacafe.net

    『映画 ネメシス』勝地涼&中村蒼&富田望生&大島優子らが続投 | .

    広瀬すず、櫻井翔、江口洋介が出演する2021年4月期放送のTVドラマの劇場版『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』。この度、勝地涼、富田望生、大島優子らが演じる超個性的キャラクターの続投が発表された。 広瀬さん扮する天才的なひらめきで事件の真相を見破っていく探偵助手のアンナと、櫻井さん扮するポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真が、探偵事務所に集まる様々な依頼に挑んだ「ネメシス」。映画では、ドラマ最終話から2年後、新たな難事件が描かれる。 そして、探偵事務所「ネメシス」のアンナ、風真、栗田(江口洋介)が事件解決のために協力を求める、超個性的にして超強力なサポートメンバーの出演が発表。勝地さんと中村蒼が演じる、神奈川県警捜査一課の刑事・千曲鷹弘(タカ)&四万十勇次(ユージ)、富田さん演じるタカ&ユージの子守役・小山川薫、大島さん演じるスピード狂の医者・上原黄以子がドラマ版に引き続き登場。 勝地さんと中村さんは「いままでにない壮大な映画になってると思います」(勝地さん)、「間違いなくこれまで誰も日本映画界では映像化してこなかったものが今回はされていると思います」(中村さん)と期待高まるコメントを寄せ、富田さんは「タカさんユージさんは相変わらずです」と報告。大島さんは「難易度の高いミステリーになっているので映画で映像化するというのが楽しみで仕方ありません」と話す。 さらに、超職人気質の道具屋・星憲章役の上田竜也、ナルシストなAI開発者・姫川烝位役の奥平大兼、アクロバティックな料理人・リュウ楊一役の加藤諒、謎料理店「Dr.ハオツー」看板娘・リンリン役の三島あよな、マジシャン・緋邑晶役の南野陽子、正義のジャーナリスト・神田凪沙役の真木よう子も引き続き出演する。 上田さんは「既に抜群のチームワークに、さらに磨きかかった映画版ネメシスを是非楽しみにしていてください」とメッセージを寄せ、真木さんは「今回、初めて?ある芝居をしました。ありそうでなかった真木よう子の初めてを是非、劇場でご堪能してくださったら嬉しいです」と気になるコメント。 台本を読み、奥平さんは「姫ちゃんは相変わらずしっかり手助けをしていたし、すこし大人になった姫ちゃんを演じるのは、とても楽しみでした」とふり返り、三島さんも「面白い!一体どんな映像なるんだろう?!とワクワクしました」と印象を明かす。 加藤さんは「風真さん、アンナちゃん、栗田さんをはじめ、ドラマ版からの登場人物のその後を知る事が出来て懐かしい気持ちになったり、新たに登場するキャラクターにわくわくな内容になってます」と本作をアピールし、南野さんも「見どころは沢山あります」と語っている。 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』は2023年3月31日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 藤ヶ谷太輔、追い込まれながら演じた『そして僕は途方に暮れる』メイキング写真公開 | cinemacafe.net

    藤ヶ谷太輔、追い込まれながら演じた『そして僕は途方に暮れる』メイキング写真公開 | .

    「Kis-My-Ft2」藤ヶ谷太輔主演、些細なことから始まった平凡なフリーターの逃避劇『そして僕は途方に暮れる』より、場面写真とメイキング写真が公開された。 >>『そして僕は途方に暮れる』あらすじ&キャストはこちらから 2018年にシアターコクーンで上演されたオリジナル舞台を、脚本・監督・三浦大輔×主演・藤ヶ谷太輔の再タッグで映画化した本作。撮影は2021年3月~4月にかけて、ロケーションが各地で敢行された。藤ヶ谷さん演じる平凡なフリーター・裕一が、追いつめられ帰る北海道の苫小牧は、監督・三浦大輔の生まれ育った地。 三浦監督は「そこに強い思いがあったかと言われると、実はそういうことでもなくて。さんざん見てきた景色だったから切り撮りやすかったというのが、正直なところなんです(笑)」と言いつつ、「何より、藤ヶ谷くん自身が苫小牧へ行って、菅原の生まれ故郷を体感してバックボーンを蓄積したことによって、その後の芝居においても役立ったように感じているんです」とコメント。北海道での撮影は、4月だったにもかかわらず、真冬のように寒かったという。 シネマスコープのサイズで撮影されている本作。「シネスコの狙いはまず、作品全体を『映画というもので包む』という意図があったので、仕掛けとして必要だったんです。あとは、一見、はたから見たら、どうでもいいと思えるような些細な物語なので、それを敢えて、映画的に見せ切ることが、歪(いびつ)で面白いと思ったんです」と三浦監督。 当初、プロデューサーはこれに懐疑的だったそうだが、「北海道ロケやドローンで撮った映像を見て、前半の窮屈な世界感と後半のギャップは効果的だと思いました」と称賛。 また「終盤のある大事なシーンの撮影のワンテイク目で藤ヶ谷さんが完全に裕一が乗り移ったかのごとく……感情が溢れ出す凄いお芝居をされたんです。それは凄く良かったのですが、そのシーンの狙いとはやや違っていたので、その後、結構な数のテイクを重ねていたことがありました。ですが、後の編集ラッシュで監督はワンテイク目を使って、裕一の感情に寄り添った劇伴までつけていました」と明かす。 続けて「私が知る限りでは演出家としての三浦監督は俳優さんのお芝居に引っ張られてシーンの狙いを変えることがこれまでほぼなかったような気がします。少しでも違うなと思うとテイクを重ねながら微調整して完成形に近づけていく。そのあたりの徹底ぶりは凄いものがあります。でも、結果的にそのシーンではワンテイク目を使った。シーンのニュアンスを変える程、藤ヶ谷さんの演技に心を動かされたのだと思いました。その点はすごく印象に残っていますね」とふり返っている。 今回、人間関係を断って逃げる役柄ゆえ、現場での藤ヶ谷さんは和気あいあいというよりは、裕一という役に向き合って黙々と芝居に臨んでいたそう。演出面で監督に追い込まれ、藤ヶ谷さん自身も敢えて自分を追い込んでいたようにも見え、そして撮影が進むにつれ、どんどんやつれて疲弊していったという。 『そして僕は途方に暮れる』は2023年1月13日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • うらじぬの×ファーストサマーウイカ、西加奈子原作『炎上する君』で親友役に | cinemacafe.net

    うらじぬの×ファーストサマーウイカ、西加奈子原作『炎上する君』で親友役に | .

    舞台を中心に活躍しながらドラマ「あのときキスしておけば」や映画『Red』などに出演するうらじぬのが主演、ふくだももこ脚本・監督のもと西加奈子の傑作短編小説を映画化する『炎上する君』。この度、キャスト情報と劇中歌・エンディング曲が発表された。 本作は、株式会社レプロエンタテインメントが主催する映画製作プロジェクト「感動シネマアワード」でグランプリに輝いた企画として制作された作品。 「『うらじぬのを撮りたい!』きっと世界中で、私が一番うらじさんを撮りたい映画監督だ。そして、うらじさんがもっとも魅力的に映る物語は、西加奈子さん原作の『炎上する君』しかないと思った」と語るのは、小説、演劇、ドラマと幅広く才能を発揮するふくだももこ監督。 ふくだももこ監督 2010年に上梓された原作では、唯一無二の親友である梨田と浜中が、女を外見で判断する男を敵視し、知性によって安定した生活とキャリアを生きるところから始まり、2人は徐々に冒険と解放を求めるように。そんな折に足元が燃えている「炎上する男」という不思議な存在のうわさを聞きつけて…という内容を、ふくだ監督が大胆に脚色。2022年現在にも通じる原作小説の先進性と普遍性を炙り出すシスターフッドムービーが完成した。 うらじぬの うらじさんが演じるのはおかっぱ頭で、日々生えてくる脇毛に憤る梨田。梨田の唯一無二の親友・浜中には、ドラマ「ファーストペンギン!」など俳優としてもめざましい活躍を見せるファーストサマーウイカ。パブリックイメージとは異なる、銭湯に入る時もメガネを外さない、おさげの浜中を演じている。 ファーストサマーウイカ 物語のキーパーソンとなる「炎上する男」はオーディションで選ばれた齊藤広大。梨田と浜中の行きつけの銭湯で働く少女・トモにはミスiD 2019グランプリの中井友望、その銭湯の常連客には南久松真奈、トモのバンドメンバーには大下ヒロト、中山求一郎、當山美智子、梨田と浜中がある行動をするきっかけとなる芸人に影山徹など、映画、演劇、ドラマで活躍する演技巧者が集まっている。 梨田と浜中が脇毛を見せながら踊り狂う劇中歌にはゆっきゅんの「DIVA ME」。さらに、物語の余韻に寄り沿うエンディングテーマには、同じくゆっきゅんの「NG」が起用された。 ゆっきゅん 政治家の女性蔑視発言のような明確な抑圧だけでなく、居酒屋での会話、お笑い芸人のネタ、ポケットティッシュに印字された広告など、見て見ぬ振りをしながらやり過ごしてきた、しかし確実に誰かの心を抉る日々の現実。傷つき、憤り、絶望する梨田と浜中が、世にも奇っ怪な「炎上する男」を探す。 キャスト&監督らのコメント到着 うらじぬの/梨田 役西加奈子さんとふくだももこ監督のほとばしるエネルギーを一身に受けて作品に臨んだ今春は、いつにも増して灼熱でした。とっても良い汗をかきました。いつも隣にいてくれたファーストサマーウイカさんも、かっこいい汗をかかれていました。この企画が立ち上がってから本当にたくさんの方々の支えがあって、生き生きと燃え盛る躍動の物語が出来たと思います。ありがとうございます、と、皆様どうぞよろしくお願い致します! ファーストサマーウイカ/浜中 役他人と違っていたいのに、他人と違うのが怖い。自分のNOは誰かにはYESで、唯一無二でいたいのに、無意識に共感のいいねを求めている。自己評価と世間体のはざまで炎のようにゆらぎゆらめく若者の心と身体。原作とは違った時代と世界線で描かれる梨田と浜中の葛藤が、誰かの光になりますように。 ゆっきゅん/劇中歌・エンディング曲私の楽曲が初めて映画の中で流れるのが『炎上する君』であることを光栄に思います!「DIVA…

    続きを読む
  • 宮本茉由&水野真紀&萬田久子、太宰治が描いた戦後を生きる女性たち『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』 | cinemacafe.net

    宮本茉由&水野真紀&萬田久子、太宰治が描いた戦後を生きる女性たち『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』 | .

    “斜陽族”という流行語を生み出し、大ベストセラーとなった太宰治の名著「斜陽」執筆75周年を記念する映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』。この度、宮本茉由、水野真紀、萬田久子が演じた没落貴族の娘と母、居酒屋の女将と、戦後を生き抜く女性たちの生きざまをとらえた場面写真が一挙解禁となった。 >>『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』あらすじ&キャストはこちらから いまもなお多くの読者に読み継がれている「斜陽」は、戦後の日本を舞台に没落貴族の娘・かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”。 古い道徳とどこまでも争い、“太陽のように生きる”道ならぬ恋につき進んでいく主人公かず子を演じるのは映画デビューにして初主演の宮本さん。最後の貴婦人の誇りを持ちながらも病床に伏してしまう母親には、時代劇から現代劇まで幅広く活躍する水野さん。かず子が叶わぬ想いを寄せる作家・上原(安藤政信)が毎夜のように訪れる居酒屋「千鳥」の女将を、映画、ドラマ、舞台、CMなど、幅広いジャンルで活躍する萬田さん。 今回解禁となった場面写真では、父を失ったかず子と母・都貴子が、東京西片町の実家を売って西伊豆へと電車で向かう場面が。困窮していく生活のために地方へと向かう2人の曇った表情が印象的。 また、引越した先で、隣の農夫から畑仕事を教えてもらったかず子が農作業衣を着ている姿、病床に伏しながらも気品あるブラウス姿の都貴子がとらえられている。 そして、萬田さんが演じる「千鳥」の女将が笑顔で客にお酌する場面。 太宰が描いた終戦後の日本、混沌とした社会を真っ直ぐに生きようとするかず子、病に冒されながらも気品を保ち続ける都貴子、苦楽を内に秘めて女将を続ける3人の女性たち。それぞれの演技にも注目だ。 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』は10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府先行、11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『ARASHI 5×20 FILM』公開一周年記念上映決定!一部劇場では声出しOK応援上映も開催 | cinemacafe.net

    『ARASHI 5×20 FILM』公開一周年記念上映決定!一部劇場では声出しOK応援上映も開催 | .

    2021年実写映画興行収入第1位の大ヒットを記録した嵐“初”のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が公開一周年を記念して11月3日(木・祝)~12月1日(木)の期間、全国193の劇場で上映されることが決定した。 >>『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』あらすじ&キャストはこちら 今回の上映では「無発声応援上映」「通常上映」に加えて、嵐デビュー日にあたる11月3日(木・祝)には全国81の劇場にて、歓声・応援など声出しOKの「声を出せる応援上映」の開催も決定しており、「通常上映」「無発声応援上映」「声を出せる応援上映」の3つの異なる上映方式が楽しめる。本作の発声を伴う「声を出せる応援上映」は、“初”の試みとなる。 「声を出せる応援上映」とは、声援・歓声OK、応援グッズ、サイリウムの持ち込みOKの特別な上映会。かけ声や名セリフを唱和したり・応答したり、劇中の曲に合わせて盛り上がったり、これまでと一味違った楽しみ方ができる映画鑑賞のスタイルだ(実施スクリーンの収容人数の50%を席数上限として開催)。 ライブ会場さながらの映像・音響に加え、声を出して楽しみ、またみんなでひとつになれる、待ちに待った上映に期待が高まる。 『ARASHI…

    続きを読む
  • 『耳をすませば』山田裕貴&内田理央、その後の恋の行方は? | cinemacafe.net

    『耳をすませば』山田裕貴&内田理央、その後の恋の行方は? | .

    清野菜名と松坂桃李が10年後の雫と聖司を演じる実写映画『耳をすませば』。この度、雫の友人である山田裕貴と内田理央が演じる杉村と夕子の場面写真が公開された。 >>『耳をすませば』あらすじ&キャストはこちらから 夢や聖司との恋に悩む雫とは対照的に、杉村と夕子は順調に恋を実らせており、杉村は雫と夕子が暮らしている家へ頻繁に訪れる。 今回公開された場面写真の2人である大きな計画の準備をするシーンでは、夕子の薬指にキラリと光る指輪が。2人に幸せな生活が待ち受けていることを予感させるショットとなっている。また、夕子がシェアハウスから杉村との同居に向けて引越しをするシーンでは、中学生時代からは変わり、荷物運びに徹する杉村を鼓舞するような夕子の姿が見受けられる。 雫の悩みに耳を傾け、友人を気遣う夕子と、相変わらず鈍感な杉村とのやり取りは、本作の物語に欠かせない微笑ましいシーンを作り出している。 『耳をすませば』は全国にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 芦田愛菜、『かがみの孤城』でオオカミさまの声を担当!喜びコメント到着「すごく嬉しいです」 | cinemacafe.net

    芦田愛菜、『かがみの孤城』でオオカミさまの声を担当!喜びコメント到着「すごく嬉しいです」 | .

    累計発行部数160万部を超える辻村深月の同名ベストセラー小説を劇場アニメ化した『かがみの孤城』。この度、物語の鍵を握る謎の少女・オオカミさまの声を芦田愛菜が担当することが分かった。併せて、コメントが解禁された。 >>『かがみの孤城』あらすじ&キャストはこちら 本作は、学校での居場所をなくし家に閉じこもる中学生・こころを主人公に「鏡の中の城」で巻き起こるファンタジーミステリー。ある日突然、こころの部屋の鏡が光り出し、吸い込まれるように中に入ると城のような不思議な建物と、見ず知らずの中学生6人が集められていた。主人公こころを含めた中学生7人の前に現れるのが、オオカミのお面を被った謎の少女・オオカミさま。 7月に本作の特報が解禁されて以降、SNS上で「オオカミさまの声は誰…?」「オオカミさまの凛々しい声がぴったり!」「オオカミさまの声ってもしかして…?」など話題を集めていた。 そしてこの度、ついにオオカミさまの担当声優が芦田愛菜であることが発表された。芦田さんは、『ゴースト もういちど抱きしめたい』で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、SF大作『パシフィック・リム』でハリウッドデビューも果たし、今年公開された映画『メタモルフォーゼの縁側』など様々な話題作で主演を務める実力派人気俳優だ。 アフレコを終えた芦田さんは「辻村深月さんの大ファンなので、本当に大好きな物語の世界の中の一員になれたというのがどこかまだ信じられないような気持ちでいますし、すごく嬉しいです」と本作に参加できる喜びを語った。 さらに、「私が原作を一番最初に読んだ時は主人公たちと歳が近かったので、こんなにも私たちの気持ちを代弁してくれるのか、と思いました。私も歳を重ね、大人に近づいて、もう一回読み直してみると、登場人物たちのすごく真っすぐで純粋な気持ちというのが、何かを思い出させてくれるような気がして、そういう大人と子供を繋いでくれるというのが辻村さんの作品の魅力のひとつなのではないかと思っています。ぜひこころたちと同い年くらいの方にも、もっと大人の方にもたくさんの方に見ていただきたいです」とコメントを寄せた。 芦田さんが演じることも相まって、物語の鍵を握る重要な役柄に期待が高まる。 『かがみの孤城』は12月23日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close