映画

  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会

    林遣都「思いが響くといいな」『犬部!』保護犬たちとのメイキング映像解禁 | .

    林遣都、中川大志が出演する映画『犬部!』から、数々の映画・ドラマ・テレビ番組に協力する動物プロダクション「ZOO動物プロ」の全面バックアップの上で撮影された、数々の名演技を披露する犬たちとのメイキング映像が解禁となった。 >>『犬部!』あらすじ&キャストはこちらから 行き場のない犬や猫のために、現役の獣医学生が立ち上げた実在の動物保護サークル“犬部”。「生きているものは全部助ける」と奔走する若き獣医学生たちの奮闘の日々と、卒業から16年後、成長した彼らの絆と葛藤を描く。 本作では、俳優陣はもちろん、動物たちの名演も重要な見どころポイント。動物プロダクションの「ZOO動物プロ」が全面バックアップ、犬たちをはじめ動物たちの自然な表情を引き出して俳優陣と動物たちの見事なコンビネーションを生み出した。 出演した動物たちの手配&トレーナーを務めたZOO動物プロの北村氏は、「これまで関わってきた作品の中では、断トツで出演している動物の数が多いです」と言う。撮影中は「事故、けが、病気が起きないようにとにかく気を遣った」そうだ。特に共演機会の多かった主人公・花井颯太役の林さんは、彼らとの撮影現場を「いつか動物に携われる作品をやりたいと思っていたので、映画の中で描かれる人たちの思いが響くといいなと思っています」と振り返りながら、パートナー犬である花子を演じた“ちえ”に「天才だと思います」と絶賛。 中川さんも、相棒犬となる太郎を演じた“きぃ”との撮影について「力をあわせてできたカットも本当に多い。楽しかったです」と明かしており、今回解禁となったメイキング映像では、重要シーンとなる撮影の裏側が映し出されている。 キャスティングされた犬たちのうち、花子を演じたちえと、獣医学部の外科実習に使われる運命から逃げ出し、花井らに保護される二コを演じたミックはともに保護犬。ちえは子犬の際に土に埋められていたところを保護され、ミックは野犬の子どもで山育ちだったのだという。特に幼少期の環境から警戒心が強いミックは人見知りが激しかったが、辛抱強く手を差し伸べ続けたのが林さんと相棒・柴崎を演じた中川さん。彼らはスケジュールの合間を縫って、犬たちの散歩や世話を積極的に行った。 「林さんと中川さんは犬用宿舎に何度も足を運んでくれました。現場でミックが林さんに身を任せている様子を見て、胸がいっぱいになりましたね。林さんがあそこまで密にコミュニケーションを取ってくださったからこそ、なしえたと思います」と北村氏が驚くほど、キャスト陣も動物たちに寄り添って撮影に励んでいたそう。 メイキング映像には、撮影の合間、犬たちと俳優陣の愛ある触れ合いもたっぷりと収められている。 『犬部!』は7月22日(木・祝)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『東京リベンジャーズ』リベンジプレミア(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

    北村匠海、『東京リベンジャーズ』初の有観客イベントに「本っ当にやっと届けられた」 | .

    人気漫画の実写映画化『東京リベンジャーズ』が、いよいよ今月公開を迎える。公開スタートに先立ち、昨日6月30日、本作の出演者である北村匠海、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、間宮祥太朗が登壇した“リベンジプレミア”が実施された。 >>『東京リベンジャーズ』あらすじ&キャストはこちらから 5月に実施されたプレミアイベントは、無観客での実施だった。今回は、その“リベンジ”という意味合いも込もった、本作初の有観客でのイベントだ。 しかし来場者は、今回キャストが登壇することは知らされておらず、上映終了後、キャストの声でナレーションが流れ、間宮さんの「種は蒔いた。リベンジプレミア始めるぞ」というキサキのセリフをもじった掛け声と共にキャストが登壇。盛り上がりは最高潮に達した。 タイムリープする主人公・タケミチを演じた北村さんは、「良かったね皆リベンジ出来て!」と語りかけ、「僕らもここに立てて嬉しいです」と笑顔。裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太役の間宮さんは「映画楽しかったですか?」と観客に語りかけ、「拍手とか返ってくるのっていいね!皆さんがいるという事で、こちらも気分が上がっております」と語った。 また「本っ当にやっと届けられたという気持ちです。撮影も何度も止まって何度もリベンジして今があるので、僕らはずっと同じ炎を燃やしながらここまできましたけども、やっとその炎を皆に託せるんだ、映画が完成するのってこんなに感動できるんだって感じています」と喜びを噛み締めた北村さん。 タケミチと敵対する役を演じた鈴木さんは「10年くらい俳優活動をさせて頂いていますけど、一番悪い役ですからね。よく映画をご覧になった会場の皆さん拍手で迎えてくれたなと思います」と笑いつつ、「一番最後の(北村との)シーンも途中間が空いての撮影だったので、皆さんに届けられて嬉しい気持ちでいっぱいです」と撮影をふり返った。 そして「観て頂くと分かるんですが、僕と(清水)尋也はちょっと続編が無いことには困っちゃうなぁと(笑)」と語る間宮さん。「続編はお客さん次第だと思いますので、大きくはリベンジャーズに関わった皆のため、小さくは俺と尋也のために続編の後押しをして頂けると嬉しいです!」とお願いし、清水さんも「僕はプレミアイベントの時に“謎の不良”って呼ばれたんですが、多分観終わった後も“謎”のままだと思うので、これに関しては僕からもお願いします」と会場を盛り上げた。 またイベントでは、MC・北村さんでキャストのみでトークを展開させる場面も。“この中で本当にヤンキーだったら一番強いのは誰?”という話題では、体格的に<間宮VS鈴木>という流れになるも、間宮さんの「郷敦が空手が凄いっていうのを聞いたことがある」という発言から眞栄田さんに決定。 “現場で初めて会った時の第一印象は?”という話題になるも、ほとんどのキャストがすでに会ったことがあったため、全員共通で初対面だったという眞栄田さんとの初対面エピソードを語る展開になり、「マッケン(実兄の新田真剣佑)から話は聞いていて、(実際に会うと)すごくキラキラしている方だなと思いました」(北村さん)、「(劇中では共演シーンが無く)番宣の占い番組で初めましてだったので、初めましての状態で占い師の方に色々言われて、そのイメージがお互いについちゃいました(笑)」(間宮さん)、「マッケンは朝“おはよう!”って感じなんですけど、郷敦は“おはようございます!”ってちゃんと挨拶してくれるんです」(鈴木さん)、「同い年だ!と思って喜んでいたら体つきがエグイなと(笑)」(清水さん)と印象を披露していた。 『東京リベンジャーズ』は7月9日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『犬部!』(C)2021『犬部!』製作委員会

    “犬ラブ”な林遣都、真剣な眼差しの獣医師姿も解禁『犬部!』場面写真 | .

    林遣都と中川大志が共演し、北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”の設立メンバーたちをモデルに描く映画『犬部!』。この度、獣医師となった林さん演じる熱血主人公・花井颯太の真剣な眼差しや、犬の花子と戯れるラブラブショットなど魅力が溢れる場面写真6点が解禁された。 >>『犬部!』あらすじ&キャストはこちらから 行き場のない犬や猫のために、現役の獣医学生が立ち上げた実在のサークル“犬部”。動物たちのために奔走する若き獣医学生たちの奮闘の日々と、卒業から16年後、成長した彼らが現実に直面する様子を描いた本作。 今回解禁となったのは林さん演じる獣医師・花井颯太の場面写真。獣医学部の仲間たちと「犬部」を設立するほど、子どもの頃から大の犬好きで、獣医師となってからも「生きているものは全部助ける」という信念を貫き続ける颯太。その信念を胸に行う手術シーンや、自ら保健所から引き取った相棒犬・花子と一緒に出掛けるラブラブショットなど、どこまでも“犬ラブ”溢れる様子が収められている。 手術中の真剣な眼差しから一転、屈託のないくしゃくしゃの笑顔で花子と戯れる姿のギャップにも注目。「信念を持って何かをやり遂げようと生きる人間の素晴らしさ、命を繋ぐ瞬間を体感し、動物たちが見せてくれる心揺さぶられる表情の数々を、一人でも多くの方に見ていただけたらなと思います」と林さんも力強く語る本作。 いまなお課題多き動物保護というテーマと真摯に向き合い、命の大切さ、動物たちの未来を守ろうとする人々の気高さを体現している。 『犬部!』は7月22日(木・祝)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『100日間生きたワニ』(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

    神木隆之介、ワニは「純粋で素直」『100日間生きたワニ』キャストがキャラを語る | .

    神木隆之介、中村倫也、木村昴、杉田智和、山田裕貴らが声で出演するアニメーション映画『100日間生きたワニ』より、新たな場面カットが到着した。 >>『100日間生きたワニ』あらすじ&キャストはこちらから 社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」を、豪華キャストたちがキャラクターに声をあて、アニメーション映画化した本作。 キャスティングの際、監督・脚本を務めた上田慎一郎とふくだみゆきから、“ワニ役”候補の希望として最初に名前が挙がったのは、神木さんだったそう。「純粋で素直で人懐っこい奴で、テンションが高いところは高く、子どもっぽくはしゃいでみたりする場面がいっぱいありました」と無邪気なキャラクターについて語る神木さん。 「クールなネズミやぶっきらぼうなモグラといった仲間たちが付き合ってくれるようなワニの人柄を表現できたら良いな、というお話を監督としました」とアフレコ前に監督から説明を受けていたことも明かした。 そんなワニの親友であるネズミ役の中村さんは「クールな感じもあるんですけど、このメンツでいるとお調子者になる」と性格について監督とのやりとりがあったという。 同じく、親友のモグラの声を担当したのは、「ドラえもん」シリーズのジャイアン役でおなじみの声優・木村さん。監督からは「この3人のなかではガキ大将っぽく」という指示があったようで、「ちょっとぶっきらぼうで、この中で一番やんちゃなキャラクターだよ、というご説明をいただいた」とふり返っている。 『100日間生きたワニ』は7月9日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図

    究極の仮想世界へ誘う『竜とそばかすの姫』IMAX上映が決定!細田守監督作品では初 | .

    『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、そして『未来のミライ』(2018)と過去作全てが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞している細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』が7月16日(金)より全国公開され、IMAXでも上映されることが決定。併せて、IMAX版の新ポスタービジュアルが解禁された。 >>『竜とそばかすの姫』あらすじ&キャストはこちらから かつて『サマーウォーズ』でも描いた仮想世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる女子高校生をヒロインに迎えた本作。母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、“もうひとつの現実”と呼ばれるインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語が紡ぎ出された。 主人公すず/ベルの二役を演じ、さらに作品の要とも言える「歌」を担う大役に抜擢されたのは、感情に訴えかける歌声が魅力のミュージシャン中村佳穂。その同級生役に成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら。すずを見守る合唱隊メンバーに森山良子、清水ミチコ、岩崎良美、中尾幸世、坂本冬美、父親役に役所広司。さらにベルが<U>で出会う個性豊かなキャラクターに森川智之、宮野真守、島本須美と細田守監督作品ならではの多彩な超豪華キャストが集結。また竜役のキャスト情報は未だ解禁されておらず、注目を集めている。 本作の大きな柱である音楽には、岩崎太整、Ludvig Forssell、坂東祐大と才気溢れる複数の音楽家が集合。壮大な物語の幕開けを感じさせるメインテーマは、熱狂的な支持を集めるロックバンド「KingGnu」の常田大希率いる最強クリエイター集団「millennium parade」が担当しており、これまでにない試みでの挑戦的な音楽創作が作品世界を彩っている。ハリウッドやヨーロッパのトップクリエイターも参加しており、「現実世界×仮想世界」双方の作品を創り上げるために日本×世界の才能が、誰も見たことのない革命的なマスターピースを紡ぎ出す。 この度、そんな極上の「歌」と色鮮やかな<U>の世界を体感するのにぴったりなIMAX(R)での上映が決定。細田監督作品初のIMAX(R)上映となり、7月16日(金)の全国公開と合わせ、現在日本に導入されている全国38の劇場で公開される。 『竜とそばかすの姫』は7月16日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 阿部寛/『のみとり侍』完成披露試写会

    阿部寛が仕事一筋の鬼刑事役、内田英治オリジナル脚本『異動辞令は音楽隊!』製作決定 | .

    阿部寛が主演し、『ミッドナイトスワン』の内田英治監督が手掛ける映画『異動辞令は音楽隊!』の製作がこのほど決定。8月上旬からクランクインを予定しているという。 犯罪捜査一筋の鬼刑事・成瀬司は、部下にやたら厳しく、犯人逮捕のためなら法律すれすれの捜査も辞さない男で、一人娘・法子とも、捜査を理由に約束を守らないような仕事バカ。高齢者を狙った「アポ電強盗事件」が相次ぐ中、勘だけで疑わしい人間を令状も無くパワハラ捜査をしていたが、そのコンプライアンスを無視した行動が仇となり、突然上司から異動を命ぜられる。刑事部内での異動だろうと高をくくっていた成瀬だったが、異動先はまさかの警察音楽隊だった――。 本作は、内田監督がYouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得たオリジナル脚本の映画。 捜査一課で仕事一筋の鬼刑事・成瀬司を阿部さんが演じ、そんな成瀬が行き過ぎた捜査の結果、最前線の刑事から広報課に属す音楽隊への異動を命ぜられるという、青天の霹靂から物語は始まる。 今作は、わき目もふらずに一心不乱に働いてきたミドル・エイジたちの奮闘と生き様を、その警察音楽隊のメンバーにイメージを重ね合わせ生まれた、ヒューマンドラマとなっている。 今回初タッグとなる内田監督と阿部さん。「今までと違った自分が引き出される現場になる予感がしていて、撮影現場に入る事がとても楽しみです」と期待を寄せる阿部さんは、「今回は楽器も演奏することになり、これまで演じてきた刑事役とはまた一味違った役どころですのでそういった意味でも新鮮さをもって挑んでいきたいと思います。まだ撮影に入る前ですが、皆様に元気をお届けできる作品になると感じています」と意気込む。 そして内田監督は「私自身が挫折しそうになったとき、音楽に救われた過去があるのですが、今回はそんな想いを映画にしました」と語り、「主演は阿部寛さん。初めてお会いしたときに『この役にぴったりだ』と手を叩きそうになりました。ひとつの価値観が一瞬にして崩れると人はどうなるのか。中年が持つ危機感と悲哀を見事に演じてくれるはずです。みなさま、どうぞご期待ください」とコメントしている。 『異動辞令は音楽隊!』は2022年夏公開予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『鳩の撃退法』(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会  (C)佐藤正午/小学館

    藤原竜也史上最も謎めいたキャラ?『鳩の撃退法』で謎を仕掛ける天才作家に注目 | .

    直木賞受賞作家・佐藤正午の最高到達点との呼び声高い小説を映画化した『鳩の撃退法』。ネット上ではすでに原作を読んだ人や予告編を観た人から「これ、どうやって映画化するの!?」「めちゃくちゃ気になる!」と話題沸騰中。そんな本作で予想もつかない謎を仕掛ける天才作家・津田伸一を藤原竜也が演じることで、さらに注目が集まっている。 >>『鳩の撃退法』あらすじ&キャストはこちらから 本作で主演を務めるのは、“新世界の神を目指した男”や“殺人を告白しカリスマになった男”、“元殺し屋の天才料理人”など、これまで強烈なキャラクターを見事に演じ切ってきた唯一無二の俳優・藤原竜也。 その藤原さんが本作で演じる“津田伸一”はかつて直木賞を受賞した天才作家。富山で「女優倶楽部」の送迎ドライバーとしてその日暮らしを続けているが、ある日、大金を手にしたことから思いもよらない出来事に巻き込まれていく、という新作小説を執筆中。だが、この新作は小説の中だけとは思えない内容で、周りをも巻き込んでいくというひと癖もふた癖もあるキャラクター。 津田が執筆している新作小説の内容は、“小説(ウソ)なのか、それとも現実(ホント)なのか”を観客が劇中の登場人物と同じ目線に立って追体験することで、津田が仕掛けた真相の見えない謎に挑んでいくのは本作の見どころの1つ。 “謎の偽札”・“一家失踪事件”・“裏社会の男”という謎に満ちた3つのキーワードと、天才作家・津田伸一。点と点が線で繋がるように全ての謎がどう彼へと結びつくのか? 観客参加型謎解きエンター<転>メントと称された本作、そして藤原さん演じる津田伸一が仕掛けた謎に挑む主人公は、映画を目撃するあなた自身といえるだろう。 『鳩の撃退法』は8月27日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『東京リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

    強い絆で結ばれる吉沢亮“マイキー”&山田裕貴“ドラケン”…『東京リベンジャーズ』キャラPV | .

    北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮ら人気若手俳優が集結した映画『東京リベンジャーズ』がいよいよ、来月公開を迎える。この度、7週連続で公開するキャラクターPVの第6弾として、マイキーとドラケンの絆感じる映像が到着した。 >>『東京リベンジャーズ』あらすじ&キャストはこちらから 北村さん演じるタケミチは、高校時代にタイムリープした際、彼女だったヒナタ(今田さん)の死の原因が、ヤクザさえ恐れる一大巨悪組織“東京卍會”(トーマン)にあることを知り、これを消滅させるため、総長・マイキー(吉沢さん)との接触を試みる。しかし出会ったのは、現代のトーマンを統べる男とは思えない、穏やかなマイキーと副総長・ドラケン(山田さん)だった…。 公開されたキャラクターPVでは、「俺が後ろにいる限り誰も負けねぇんだよ」と強気発言をするマイキーの姿から始まり、高速回し蹴りで相手を制す最強っぷりが垣間見える。一方でその素顔は穏やかだが、傷ついた仲間1人のために約100人の仲間と共に立ち上がる、熱いハートを持つ男。そしてドラケンは、常に行動を共にし、喧嘩では背中を預け合い、時には無謀な行動を制止し彼を一番近くで支える男。 そんなドラケンが罠にはめられ1人で相手にし、マイキーがドラケン救うために闘う姿。マイキーやトーマンの仲間に対する厚い信頼関係を覗かせる、ドラケンの「俺はひとりじゃねぇ」と呟くシーンも登場。 さらに2人は、喧嘩に巻き込まれてしまった仲間の友人の彼女の見舞いに行くが、その家族に謝罪することには納得できないマイキーに対し、ドラケンが「俺らの世界のことは、俺らの中で片付ける」と自責の念と共に自分にも言い聞かせ、「人を想う心を持て」と諭すシーンも映し出されている。 そして映像と合わせて、マイキーとドラケンの新規場面写真も到着。2人が“不良の時代を創る”という大いなる野望と決意を表明する熱いシーンとなっている。 『東京リベンジャーズ』は7月9日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『Arc アーク』(C)2021 映画『Arc』製作委員会

    芳根京子が舞う…『Arc アーク』“プラスティネーション”映像公開 | .

    芳根京子が人類史上初めて永遠の命を得た女性を演じる現在公開中の映画『Arc アーク』より、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術する“プラスティネーション”のシーンを切り取った本編映像が到着した。 >>『Arc アーク』あらすじ&キャストはこちらから 今回映像化するにあたって最大の難関だったのが、このプラスティネーションのシーン。最愛の存在を亡くした人々からの依頼を受け、故人やペットを在りし日の姿のまま永久に保存するボディワークス制作の仕事に就くリナ(芳根さん)は、その仕上げとして、顔や手の角度、視線など最終的なポーズを、“あやつり人形風の装置”を使って決める。 ケン・リュウの原作にある“あやつり人形の製作に少し似ていた”という表現に、映像化するにあたり、「舞」の要素を取り入れることを思いついたという石川慶監督。そこで、美術チームと振付チームは試行錯誤を重ね、香川県庁東館のロビーに巨大なあやつり人形風のセットを組み立て、ストリングスをクロスさせたり、ターンを入れたりと、視覚的なメリハリを重視したオリジナルの舞を作り上げたという。しかし、芳根さんはダンス未経験…。 一方、芳根さんが挑戦する少し前に同じセットで撮影したエマ役の寺島しのぶは、自らアレンジも加え、舞を難なくクリア、完璧なエマ像を体現。エマから地位を引き継ぐ役どころの芳根さんは「『どうしよう、この後にやるんだ』と思って絶望しました。普段は役として追い詰められていますが、今回は完全に芳根京子が追い詰められて、芳根京子が慌てていました」と撮影をふり返り、「自分のレベルの足りなさを感じて、間を見つけてはたくさん練習をしました」とコメント。そんな芳根さんの努力の成果は、本映像内で存分に発揮されている。 そして、見学する子どもからの質問に対し、「選ぶのはあなた」と、未来を生きる子どもたちの可能性を育むリナの返答で本映像は締めくくられている。 『Arc アーク』は全国にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『アジアの天使』 (C) 2021 The Asian Angel Film Partners

    池松壮亮×オダギリジョー“兄弟”はヒロインを守りきれるのか!?『アジアの天使』本編映像解禁 | .

    『舟を編む』の石井裕也監督が『町田くんの世界』『ぼくたちの家族』などに続いて池松壮亮とタッグを組み、優しさとユーモアに満ちた誰も見たことのない「アジアの家族映画」を撮った最新作『アジアの天使』。この度、本作で兄弟を演じる池松壮亮とオダギリジョーが、韓国で出会った元アイドル・ソルを助けようと奮闘する本編映像が解禁された。 >>『アジアの天使』あらすじ&キャストはこちらから 今回解禁された映像は、剛(池松さん)と透(オダギリさん)がソル(チェ・ヒソ)を守るために見せた喧嘩シーン。元アイドルで所属事務所の社長と愛人関係にあった売れない歌手のソルは、自分が数いる愛人の中のひとりだと気づき、一方的に別れを告げる。しかし社長は旅先まで訪ねてきて復縁を迫り、つれないソルの態度に怒り心頭。「お前はもう終わった女だ」と言っているところへ、たまたま通りかかった剛が仲裁に入る。 鬼気迫る形相で社長に近づいた剛は、「誰だ、お前!?」と凄まれ、胸ぐらの掴み合いになるが、そこに透が登場! 透は「俺の弟に手だすなや」と社長にパンチや膝蹴りをお見舞いするも、手を痛め形勢逆転してしまう。普段から飄々としている透は、殴られながらも「(剛)にげろにげろ、この人つよいぞ、ごめんごめん!」といつもの調子を見せるのだが、果たして池松・オダギリさん演じる兄弟はソルを守れるのか!? ぜひ、劇場でこの結末を確かめてほしい。 『アジアの天使』は7月2日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close