映画

  • 等身大の主人公、現代的なストーリー『金の国 水の国』“いま”観るべき魅力 | cinemacafe.net

    等身大の主人公、現代的なストーリー『金の国 水の国』“いま”観るべき魅力 | .

    「このマンガがすごい!」(2017年)1位の人気コミックを映画化した注目作『金の国 水の国』が間もなく公開。本作をより楽しむための見どころのポイントをまとめた。 >>『金の国 水の国』あらすじ&キャストはこちら 岩本ナオの同名漫画を『サマーウォーズ』『若おかみは小学生!』のアニメーション制作会社「マッドハウス」が映画化した本作。一足早く試写会で映画を観た観客からは、SNSを中心に感動の声が続々と届いている。 物語のはじまりは、100年間国交が断絶された国同士の対立! 本作の舞台は、商業国家で水以外なんでも手に入る裕福な<金の国>、貧しいが豊かな緑と水に恵まれた<水の国>。対照的な2つの国はあることをきっかけに戦争を繰り返してはいがみあい、ついには国交が100年間も断絶されていた。 国交が断たれる前、一度は歩みあったこともあり、友好の証として<金の国>は国で一番美しい娘を嫁として<水の国>に、<水の国>は国で一番賢い若者を婿として<金の国>に贈るという誓いを立てていた。国同士はその誓いを果たすため、それぞれ女性と男性を送りあうことに。 しかし、敵対心を隠せないそれぞれの国から贈られたのは美しい娘でもなく、賢い若者でもなく、なんと犬(ルクマン)と猫(オドンチメグ)だった。 両国にばれてしまえばあわや戦争の危機!? かくして、国で一番美しい娘として選ばれた<金の国>の王女サーラ(声:浜辺美波)と、国で一番賢い若者として選ばれた<水の国>の建築士ナランバヤル(声:賀来賢人)は、両国の平和のために“偽りの夫婦”を演じることに。国の思惑に巻き込まれ思わぬ出会いを果たした2人は、次第に心惹かれ合い、やがて国の未来を守るためにともに立ち上がる! 新時代を象徴するサーラの“等身大”のキャラクター <金の国>に住むサーラは、王女でありながらも自信に満ち溢れるキャラクターではなく、誰からもその存在を忘れられているかのような女性。さらに彼女の姉たちは煌びやかな容姿をしており、サーラは彼女たちに囲まれコンプレックスを抱えることもあったが、その一方で心優しくまっすぐな一面を持つ。 監督を務めたマッドハウスのエースクリエイター渡邉こと乃は、「サーラは見た目的にもふくよかで若干諦めた心もあるが、根幹のところは精神的に図太いキャラクターだ」と話す。 サーラは、時に周りと自分を比べてしまったり、自分に自信が無くなってしまったりと、現代に生きる私たちが共感できるような等身大の魅力を持ち、まさに新時代を象徴するようなキャラクター。そんな彼女が勇気を振り絞って前に進もうとする姿には、誰もが思わず応援したくなるはずだ。 「国の未来を動かす」ナランバヤルの計画が物語を加速させる! 笑顔を絶やさず穏やかなサーラに心を射貫かれたナランバヤルは、水不足の<金の国>の現状を目の当たりにし、「サーラを困らせたくない」と、ある計画を立てる。それは、自然豊かな水の国から裕福だが水不足な金の国へ水路を引くという、“戦争寸前の国に国交を開く”前代未聞の無謀な計画だったのだ。 ナランバヤルは、<金の国>の左大臣であるサラディーンにもその計画の話を持ち掛け、実行に移そうとするが、“金の国”王宮では、2国間の国交回復に乗り出したナランバヤルの暗殺計画が持ち上がる…。“愛”の力が動かした、ナランバヤルの計画はどうなってしまうのか…? 『竜とそばかすの姫』も担当した本作のプロデューサー、谷生俊美は本作について「まさに現実でも戦争が起きていて、この作品が持つ現代性を改めて感じる」と話す。そんな中で本作を製作した理由は、「劇場に見に来た観客が、幸せな気持ちで帰れるような作品になれば」と語っている。 恋愛やファンタジーなストーリーだけでなく、いまの私たちの心にも強く訴えかけるメッセージが込められた本作。どの世代でも楽しめる感動の物語となっている。 『金の国…

    続きを読む
  • 藤ヶ谷太輔、渾身の泣き演技に注目『そして僕は途方に暮れる』場面写真 | cinemacafe.net

    藤ヶ谷太輔、渾身の泣き演技に注目『そして僕は途方に暮れる』場面写真 | .

    「Kis-My-Ft2」の藤ヶ谷太輔演じる平凡なフリーター・菅原裕一が、些細なことから、あらゆる人間関係を断ち切っていく逃避劇『そして僕は途方に暮れる』が現在公開中。この度、藤ヶ谷さんが全身全霊で演じ切り話題となっている、裕一の号泣シーンを切り取った場面写真が到着した。 >>『そして僕は途方に暮れる』あらすじ&キャストはこちらから 恋人、親友、先輩、後輩、姉、母から逃げた裕一は、最後に父親とも言い合いになり、居すわっていたアパートを飛び出し、久々に実家に戻ると、姉・香(香里奈)から「皆に言う事あるでしょ」と一喝された裕一は、逃げ続けてしまったことに初めて向き合う。 「今、俺変わろうとしてます。なんか、ごめんなさい。なんかでしかないんですけど、なんか俺頑張ろうとは思ってます」と謝罪する表情が切り取られた今回の場面写真。実は、このシーンの演技は、監督が当初考えていた狙いとはやや違っており、かなりの数のテイクを重ね、藤ヶ谷さんの完全に裕一が乗り移ったかのような感情が溢れ出す真に迫った演技に心動かされた監督が、当初のニュアンスを変えてワンテイク目を採用したそう。 鑑賞者からは「完璧なクズ男になりきっていた」「凄まじい名演技」「クズ男に泣かされた」と称賛と驚きの感想が寄せられている。 そして、一件落着…のように思えるが、裕一の逃避劇はここからまさかの展開を迎える。 『そして僕は途方に暮れる』はTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 曲者揃いのキャラクターと真剣な撮影現場の表情『シャイロックの子供たち』メイキング&場面写真 | cinemacafe.net

    曲者揃いのキャラクターと真剣な撮影現場の表情『シャイロックの子供たち』メイキング&場面写真 | .

    阿部サダヲ主演、池井戸潤原作『シャイロックの子供たち』より、メイキングカットと場面写真が解禁された。 >>『シャイロックの子供たち』あらすじ&キャストはこちら ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を原作に、『空飛ぶタイヤ』の本木克英監督はじめメインスタッフが再集結して作り上げた本作。小説と展開が異なり、独自のキャラクターが登場する完全オリジナルストーリー。 オムニバス形式で群像劇を描いた原作から、阿部サダヲ演じる西木を中心とした物語にすることで生まれた、お金を巡る人間の本性を映し出す“人間ドラマ”としての面白さと、誰が嘘をついているか最後まで予測不能なストーリー展開で描かれる“コンゲーム”(詐欺や騙し合いをテーマにした、ゲームのように二転三転するストーリー)的な面白さ、この2つの軸が本作の魅力となっている。 『シャイロックの子供たち』メイキング 先日完成披露舞台挨拶が実施され、一足早く作品を鑑賞した方からは、曲者揃いのキャラクターたち渾身の演技合戦と騙し合い、予想できない展開に絶賛の声が相次いでおり、ますます注目が集まっている。 『シャイロックの子供たち』メイキング この度解禁となったメイキング写真では、行員としての所作を確認する主演の阿部さんと本木監督の姿や、緊張感あふれるシーンをリハーサルする出演者らの姿がとらえられている。 さらに、西木(阿部サダヲ)らとともに支店で働く3人の個性派キャラクターの場面写真も解禁。渡辺いっけいが演じるのは、営業を取りまとめる課長・鹿島昇。部下の滝野(佐藤隆太)と遠藤(忍成修吾)を見守る温厚な上司として慕わる存在。部下を抱えるが、上司である九条(柳葉敏郎)・古川(杉本哲太)にも挟まれ、中間管理職ならではの苦労を感じている役柄だ。 忍成修吾演じる営業の遠藤拓治は、同期の滝野がどんどん出世の道を歩んでいく一方で、成果を挙げられず燻った毎日を過ごしている。古川からのパワハラとプレッシャーに押し潰されそうになりながらも、何とか案件を獲得しようと奮闘する姿にも注目だ。 木南晴夏演じる半田麻紀は、自分勝手な業務や行動が目立つため北川(上戸彩)から度々注意を受けるが、そんな北川を快く思っていない様子。疑い深い目で何かを見つめる様子が写し出されている。 『シャイロックの子供たち』は2月17日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 岡田将生&清原果耶の幼少期キャスト決定『1秒先の彼』追加キャスト | cinemacafe.net

    岡田将生&清原果耶の幼少期キャスト決定『1秒先の彼』追加キャスト | .

    台湾アカデミー賞最多受賞作『1秒先の彼女』の日本版リメイクで、岡田将生と清原果耶がW主演する『1秒先の彼』。この度、本作の追加キャスト9人が発表された。 >>『1秒先の彼』あらすじ&キャストはこちらから 本作は、男女のキャラクター設定を反転、舞台を京都に移し、何をするにも人よりワンテンポ早いハジメ(岡田さん)と、ワンテンポ遅いレイカ(清原さん)の消えた“1日”を巡る物語。 ハジメが恋に落ちる路上ミュージシャン・桜子を、演技と歌の双方で圧倒的な存在感を放ち、オーディションを勝ち抜いた期待の新星・福室莉音。ハジメの幼少期を、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」や「PICU 小児集中治療室」など話題作への出演が続く柊木陽太。消えた“1日”の鍵を握るレイカの幼少期を、「監察医 朝顔」の主人公の娘役で女優デビューした加藤柚凪が演じる。 また、関西出身のキャストの参加も決定。ハジメの母親を羽野晶紀、ハジメが高校生のときに失踪してしまう父親を加藤雅也、ハジメが聴いているラジオ番組のDJを笑福亭笑瓶が本人役で出演。郵便局の同僚エミリを松本妃代、エミリの彼氏を朝井大智、花火大会の花火師として働く男を山内圭哉が演じる。 そして2月9日(木)からは、オリジナル版の台湾映画『1秒先の彼女』の定額見放題配信が各動画配信サービスにてスタートする。 『1秒先の彼』は今夏、公開予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『マイスモールランド』2週間限定上映決定 | cinemacafe.net

    『マイスモールランド』2週間限定上映決定 | .

    是枝裕和監督率いる「分福」の新鋭・川和田恵真監督作品『マイスモールランド』が、多くの映画賞を受賞したことを記念して、2週間限定で凱旋上映を行うことが決定した。 >>『マイスモールランド』あらすじ&キャストはこちらから ViVi専属モデル・嵐莉菜が映画初主演を果たした本作は、国境を越えて胸に響く感動作。日本に住む難民申請中のクルド人の家族。在留資格を失い、普通の高校生としての日常が奪われてしまった主人公サーリャが、理不尽な社会と向き合いながら、自分の居場所を探し、成長していく物語。 昨年5月6日より上映を開始した本作は、嵐さんが「第45回山路ふみ子賞新人女優賞」、「第47回報知映画賞新人賞」、川和田監督が「新藤兼人賞銀賞」を受賞。 これを記念して、新宿ピカデリー、MOVIX 川口、なんばパークスシネマの全国3館での2週間限定凱旋上映に加え、川和田監督と嵐さんが登壇する舞台挨拶の実施も決定。こちらは、2月13日(月)に新宿ピカデリーで行われる。 『マイスモールランド』は2月10日(金)より新宿ピカデリー、MOVIX 川口、なんばパークスシネマにて2週間上映予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 黒木華&寛一郎&池松壮亮の運命的な出会い…『せかいのおきく』映像初公開 | cinemacafe.net

    黒木華&寛一郎&池松壮亮の運命的な出会い…『せかいのおきく』映像初公開 | .

    黒木華主演映画『せかいのおきく』より、海外版ティザー予告映像が公開された。 >>『せかいのおきく』あらすじ&キャストはこちらから 「第52回ロッテルダム国際映画祭」ビッグスクリーンコンペティション部門への出品が決定している本作は、人情の機微を見つめ続けてきた阪本順治監督が、貧しい時代に逞しく生きる庶民の姿を通じて、<人と人のぬくもり>と<いのちの巡り>を描き出す至高の日本映画。 本作の映像初公開となる海外版ティザー予告は、雨宿りをする下肥買いの矢亮(池松壮亮)と紙屑拾いの中次(寛 一 郎)のもとに、武士の娘おきく(黒木さん)が駆け寄るシーンが映し出される。本来であれば深く関わることはない、身分違いの3人の運命的な出会いが、美しく、鮮烈なモノクロ映像で捉えられている。 また、江戸の循環型社会を企画背景としている、本作で描かれる下肥買いとしての矢亮と中次の仕事ぶりや、2人があぜ道を駆け抜ける躍動感あふれるシーン、さらにおきくが声を失うきっかけとなった衝撃シーンと、感謝するかのように天に向かって柏手を打つおきくの穏やかな微笑みを浮かべた表情にも注目。声を失うことで、本編中盤からはセリフが無いながらも、観る者の心に迫る黒木さんの繊細かつ感情豊かな演技を予感させる。 『せかいのおきく』は4月28日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『映画 ネメシス』勝地涼&中村蒼&富田望生&大島優子らが続投 | cinemacafe.net

    敵か味方か!? 橋本環奈“朋美”カムバック『映画 ネメシス』 | .

    広瀬すず、櫻井翔、江口洋介らが再集結したミステリーエンタテインメント『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』に、橋本環奈演じる天才理系大学生・朋美が再登場することが分かった。 >>『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』あらすじ&キャストはこちらから 連続ドラマで登場し、根強い人気を誇るキャラクター・朋美は、アンナとの偶然の出会いをきっかけに、互いにとって親友と呼び合える関係へと発展していくキャラクター。理系専攻で頭脳明晰な彼女の助言は、アンナを手助けする一幕もあったが、物語の後半では一転して、とんでもない衝撃的展開へ。 ドラマ最終回では、衝撃の結末とともにこの事件はひとつの決着を迎えていたため、ストーリー展開上難しいのではという声がSNS上では多く上がっていたが、今回、朋美のカムバックが明らかに。 写真では、真っ白な衣服を身に纏い、車椅子に座りながら無表情に見つめるやや怪しげにも感じられる姿が公開。今回の朋美は敵なのか、それとも味方なのか、アンナ(広瀬さん)たちとどのように関わっていくのか注目だ。 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』は3月31日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『Dr.コトー診療所』から冒頭映像公開!コトー先生の歩みと志木那島の“今”を映す | cinemacafe.net

    『Dr.コトー診療所』から冒頭映像公開!コトー先生の歩みと志木那島の“今”を映す | .

    2003年、2004年、2006年とフジテレビで放送された連続ドラマを映画化した『Dr.コトー診療所』。1月4日(水)までの公開20日目にして、観客動員数123万人、興行収入16億円を突破している本作から、冒頭6分間の本編映像が解禁となった。 >>『Dr.コトー診療所』あらすじ&キャストはこちらから この度解禁となったのは、本編タイトルバックまでのおよそ6分間のノーカット本編映像。2003年のテレビドラマ第1話で筧利夫演じる和田が修理してようやく乗れるようになった古びた自転車から一転、長年島民の命を守り続けてきたコトーに対して島民から感謝の気持ちで寄付された電動自転車に乗って往診へ向かう、コトー先生(吉岡秀隆)の姿が志木那島の美しい自然とともに描かれている。 さらに、新しく判斗(高橋海人)、那美(生田絵梨花)を迎えた診療所メンバーや、重雄(泉谷しげる)、星野正一(小林薫)と昌代(朝加真由美)夫妻、茉莉子(大塚寧々)ら、ドラマからお馴染みのメンバーの穏やかな日常が映し出さる。 約6分間という短い時間ながら、コトー先生と島民がそれぞれがおよそ20年の間、変わらない志木那島の雄大な自然とともに歩んできた時間を感じとることのできる映像となっている。 『Dr.コトー診療所』は全国東宝系にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 知れば知るほど可能性と魅力が増す稀代の存在 中村倫也の表現力に迫る! | cinemacafe.net

    知れば知るほど可能性と魅力が増す稀代の存在 中村倫也の表現力に迫る! | .

    中村倫也という俳優は、なんとも言葉にしがたい不思議な魅力がある。 親しみやすそうな物腰や言葉づかいなのに、強いこだわりが感じられるし、茶目っ気もあるから、みんなに愛される。その多彩な顔を、彼は役によって使い分けているのではないだろうか。 どんなキャラクターもこなし、そこに自分自身の色を残す。そんな中村のことを「カメレオン俳優」と呼ぶ人もいるかもしれない。「憑依型の俳優」と物知り顔で簡単に断定する人もいるだろう。たしかに彼の仕事を振り返ると、そう思うのも無理はない。 作品ごとに異なる顔を覗かせ、「カメレオン俳優」と呼ばれる存在に 東村アキコの同名コミックを映画化した『海月姫』(2014年)には、クラゲオタクのヒロイン、月海(のん※撮影時は能年玲奈)と女装趣味の蔵之介(菅田将暉)が出会う熱帯魚ショップの店員役で出演。わずかなシーンながら、ある抗議のためにまくし立てる月海を恐れ、まともに取り合わない気弱な人物を及び腰で演じてみせた。 ところが、柚月裕子のベストセラー小説を白石和彌監督が映画化した『孤狼の血』(2018年)では、180度真逆のキャラクターとも言える、暴力団組織の若手構成員、永川恭二を誰も寄せつけない「狂気」で体現。くわえ煙草とギラついた目で、敵対する組織の構成員の耳を噛みちぎる衝撃のシーンにも挑み、観る者を戦慄させた。 かと思えば、沼田真佑の芥川賞受賞作を『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が映画化した『影裏』(2020年)では、また別のベクトルでハードルの高いキャラを自らのものに。中村が本作で演じたのは主人公、今野秋一(綾野剛)の旧友で、かつては今野と特別な関係にあった副島和哉。そんな彼の切なく、狂おしい想いを美しい姿で表現し、話題をさらったのも記憶に新しい。 『台風家族』(2019年)で演じた鈴木千尋も、ちょっと変わったユニークな人物だった。本作は、両親が銀行強盗で手に入れた大金を巡り、時効成立の10年後に集まった4人兄弟が財産分与で揉める姿を描いたブラックコメディだが、長男の小鉄(草彅剛)らと対立する三男の千尋は騒動をさらに激化する「爆発物」のような存在。家族の醜い争いを世界中に配信する彼を、ニート同然の見た目と三男らしい甘ったれた言動でまんまと成立させていた。 それこそ、『水曜日が消えた』(2020年)なんて、中村の力量と引き出しの多さを見せつける、彼のために用意されたような快作だ。本作では曜日ごとに7つの人格が入れ替わる「僕」を物腰や仕草、しゃべり方の微妙な違いで演じ分け、さらには、その日常が恐怖に変わっていくプロセスを繊細に表現して観る者の視線を釘づけにした。 そんな感じで、どんなジャンルのどんなキャラクターでも、その作品のテイストにピッタリの過不足のないスタンスで息を吹き込むから、中村は「カメレオン俳優」と称されるのだろう。 けれど、当たり前のことだが、その多彩な仕事は体色を変えるカメレオンの行為とはまるで違う。中村の長きにわたる経験とスキル、高度な演技力と俳優としての勘が、現実味を帯びたリアルな人物像にもコミックの世界の住人のような突飛なキャラにも彼を変貌させ、輝かせるのだ。 秦建日子(「アンフェア」シリーズ)の同名小説を『SP』シリーズの波多野貴文監督が映画化した『サイレント・トーキョー』(2020年)でも、中村は謎の多い複雑な人物、須永基樹を演じている。 本作は「クリスマスイブの渋谷で爆破テロが起こったら?」をリアルな映像でシミュレートしたクライムサスペンスだが、須永は事件の鍵を握るIT起業家。前半では不可解な行動で観る者の興味を引きつけ、あるいはミスリードし、後半でその素顔と本当の想いを明かす段階ごとの表現や見え方の加減が難しい役だったのだが、中村はそれを絶妙な塩梅で形に。須永が心情を爆発させるクライマックスまで、自身に課せられたハイレベルのミッションをこなし、映画の緊張感を高める重責を全うした。 ©2020 Silent Tokyo Film Partners 登場人物それぞれの特性や苦悩も巧みに表現 『屍人荘の殺人』(2019年)で演じた明智恭介の場合は、現実世界から少し逸脱した風変りな人物を、作品の世界観の中では成立するキャラクターにすることが中村の仕事だったような気がする。本作は第18回本格ミステリ大賞ほかに輝く今村昌弘の同名ミステリーを、『貞子DX』(2022年)などの木村ひさし監督が映画化したもの。大学のミステリ愛好会の会長である明智と会員の葉村譲(神木隆之介)、2人と同じ大学に通う学生で私立探偵の顔も持つ剣崎比留子(浜辺美波)の3人が、山奥のペンション「紫湛荘」で起きる連続殺人事件の謎に挑む姿を描いた。…

    続きを読む
  • 役所広司&吉沢亮、合間の陶芸練習を激写『ファミリア』メイキング | cinemacafe.net

    役所広司&吉沢亮、合間の陶芸練習を激写『ファミリア』メイキング | .

    国籍・文化・境遇の違いを超えて、家族を作ろうとする人々を描く、成島出監督最新作『ファミリア』より、メイキング写真が到着した。 >>『ファミリア』あらすじ&キャストはこちらから 今回公開されたメイキング写真に写るのは、初共演となる役所広司と吉沢亮。役所さんは、陶器職人の主人公・誠治を、海外で活躍する誠治の息子・学を吉沢さんが演じている。 そんな2人が、陶芸家ポール・ロリマーの指導のもと、ろくろを回す姿や、在日ブラジル人たちとのBBQパーティーを楽しむシーンの撮影現場にて、2人がリラックスした笑顔を見せている姿が公開。 父子役での初共演について役所さんは、「お母さんも早くにいなくなって、二人は心の絆が非常に強い親子なんですけど、誠治は彼の生い立ちのせいか親として自信がない父親なので、ちゃんと目を見て話せないようなキャラクターでした。ですからもっと顔を見ながらお芝居をするシーンがあれば良かったなあと思いながら、クランクアップの日、吉沢君をお見送りしました」とふり返る。 一方の吉沢さんは「役所さんと一緒にお芝居できたのはすごく嬉しく光栄なことでした。いつかはご一緒してみたいと思っていましたが、こうして親子役でがっつり絡ませて頂けるとは」と興奮気味に話し、「ろくろを回すのも凄く上手なんですよ。実は僕、二人で作っているシーンでは力を一切入れてなくて、役所さんの力加減だけであんな綺麗な形になったんです。陶芸もこなしてしまうなんて本当に凄いなと思いました。普段映画で見ている役所さんを生で感じることができ、とても幸せな時間でした」と陶芸シーンの裏側を明かしている。 『ファミリア』は1月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close