映画

  • 5か国のルーツを持つ『マイスモールランド』主演・嵐莉菜のメイキングショット公開 | cinemacafe.net

    5か国のルーツを持つ『マイスモールランド』主演・嵐莉菜のメイキングショット公開 | .

    『マイスモールランド』にて映画デビューとなる嵐莉菜のメイキングショットが公開された。 >>『マイスモールランド』あらすじ&キャストはこちらから 是枝裕和監督率いる映像制作者集団「分福」の新人監督・川和田恵真による商業映画デビュー作『マイスモールランド』は、日本に住む難民申請中のクルド人家族が在留資格を失い、普通の高校生としての日常が突然奪われてしまった主人公サーリャ(嵐さん)が、理不尽な社会と向き合いながら自分の居場所を探し、成長していく物語。 「ViVi」専属モデルとして活動し、今回映画初出演にして初主演を務めた嵐さんは、母親は日本とドイツにルーツを持ち、父親はイラン・イラク・ロシアのミックスで日本国籍を取得と、5か国のルーツを持つ。 本作のオーディション時、監督の川和田恵真は「自分は何人だと思いますか?」と嵐さんに投げかけ、「自分のことを日本人だと言っていいのか分からないけれど、私は日本人って答えたい。でも、まわりの人はそう思ってくれない」とこれまでに感じてきた葛藤をはっきりと打ち明けたそうで、これがキャスティングの決め手のひとつとなったという。 嵐さんも出演が決まった際には「すごく嬉しかったです。私も幼少期には、外見のことで悩んでいたので、この映画の話を聞いたときに、サーリャの気持ちが理解できるんじゃないかなと感じたんです。自然と『この役を演じたい』という強い気持ちでオーディションを受けました」とふり返る。 また役作りで、実際に日本で暮らすクルド人家族に会ったそうで「同世代の女の子といろいろな話をし、仲良くなって。その女の子が『ふつうの人になりたいけど、なれない』と言っていたのが、忘れられません」と回顧し、「とても苦しい境遇にいながら、明るく接してくれたのが嬉しかったですし、絶対に幸せになってほしいなと心から思いました。まさにサーリャもそうですよね。すごく苦労して、いろんな壁に当たるけれど、希望を失わず、前に進んでいく姿に胸をうたれました」と監督やスタッフと共に、悩みながらも丁寧に進めてきた役作りの経緯を明かしている。 今回到着したのは、サーリャが親友たちと過ごすシーンの撮影風景や、サーリャが心を開く少年・聡太を演じる奥平大兼とふざけ合う姿、長期に渡る撮影が終了し、監督から花束を渡され感極まって涙したクランクアップの写真など、フレッシュな魅力が感じられる写真ばかりだ。 『マイスモールランド』は5月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 神木隆之介&松村北斗、ゲームやお姫様抱っこする『xxxHOLiC』仲良しメイキング映像 | cinemacafe.net

    神木隆之介&松村北斗、ゲームやお姫様抱っこする『xxxHOLiC』仲良しメイキング映像 | .

    CLAMPの伝説的大ヒットコミックを、神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗(SixTONES)、玉城ティナら出演で実写化した映画『ホリック xxxHOLiC』。現在公開中の本作より、笑顔が溢れる撮影の裏側を映したメイキング映像が到着した。 >>『ホリック xxxHOLiC』あらすじ&キャストはこちらから 今回のメイキング映像は、神木さんのお茶目な挨拶から始まる。ワイヤーに吊られながらおどけたり、同級生・百目鬼役の松村さんとカードゲームを楽しんだり、「楽しいですね。監督の世界の中にいれるのが凄く幸せです」と語るほど、明るく伸び伸びとした雰囲気の撮影現場だったことが伺える。 弓を射るシーンや、神木さん扮する四月一日をお姫様抱っこするシーンに挑戦している松村さんは、「体力は持っていかれますね。そのあと神木くんと二人で焼肉をたらふく食べました」と撮影中の仲良しエピソードを披露。同じく同級生のひまわりを演じた玉城さんも「こんなにカメラが回っていないところで笑っている現場って少なかったな」とふり返った。 一方、女郎蜘蛛役の吉岡里帆とアカグモ役の磯村勇斗は、今作でアクションに挑戦。吉岡さんはセクシーに見える所作や、敵役として存在感を持って四月一日たちに対峙するためにアクションに力を入れたことを明かし、磯村さんは「ワイヤー吊りとか体を使うところもあって燃えましたね」と話している。 ラストには、神木さん、柴咲さん、松村さん、玉城さん、蜷川実花監督が並んで「カット!」とカチンコを鳴らす、クランクアップの様子も映し出されている。 『ホリック xxxHOLiC』は全国にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 吉岡里帆&中村倫也ら仕事人たちの熱い思い溢れる『ハケンアニメ!』新予告が期間限定公開 | cinemacafe.net

    吉岡里帆&中村倫也ら仕事人たちの熱い思い溢れる『ハケンアニメ!』新予告が期間限定公開 | .

    辻村深月の小説を映画化した、アニメーション業界が舞台のお仕事ムービー『ハケンアニメ!』。この度、本作の新予告<アニメは世界を変える編>が、6月30日(木)までの期間限定で公開された。 >>『ハケンアニメ!』あらすじ&キャストはこちらから 本作は、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく、奮闘する者たちの姿を描く物語。同職業の人々のみならず、日々を懸命に生きる誰しもが共感できるストーリーとなっている。 今回公開された映像は、アニメーション作りに愛と情熱を注ぐ仕事人たちの思いを体現。その素晴らしさを物語るように、「一休さん」「おジャ魔女どれみ」「ふたりはプリキュア」など、名作が次々と映し出される。 そして「誰かの胸に刺さってくれればいい」という一心で作り続ける瞳(吉岡里帆)、「納得できないものを世に出したらおしまいなんだよ」と産みの苦しみと戦う天才監督・王子(中村倫也)、「一つの後悔もない作品を届けたいんです」と頭を下げるチーフプロデューサー・香屋子(尾野真千子)、「リアル以外の場所も豊かにするのが、私たちの役目ですから」と筆を動かすアニメーターの和奈(小野花梨)など、それぞれに信念とプライドを持ってアニメーション作りに挑み続けるプロフェッショナルたちの姿にグッとくる映像となっている。 『ハケンアニメ!』は5月20日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 斎藤工、長澤まさみ&西島秀俊から「本当にウルトラマンみたい!」と言われ「こんなにも頼もしいお二方と…」 | cinemacafe.net

    斎藤工、長澤まさみ&西島秀俊から「本当にウルトラマンみたい!」と言われ「こんなにも頼もしいお二方と…」 | .

    ウルトラマン55周年記念作品『シン・ウルトラマン』の完成報告会が5月2日(月)、都内にて行われ、出演する斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、樋口真嗣監督が出席した。共演の印象を聞かれたキャスト勢のやり取りでは、長澤さん&西島さんの2人から「本当のウルトラマンみたいだった!」と称された斎藤さんだった。 >>『シン・ウルトラマン』あらすじ&キャストはこちら 印象について、斎藤さんは「お二方の数々の名作・傑作は片手では数えきれないほどあるので、いち映画ファンとして、このプロジェクトで(一緒になり)、こんなにも頼もしいお二方と! 撮影に入る前からも撮影中も、ありがとうございます、という思いしかないです」と強力なふたりだったと明かす。 一方、長澤さんが「斎藤さんは穏やかな方で、大人っぽくて色っぽくて…本当にウルトラマンのような存在の方で。一緒にいるだけで集中できる、頼もしい方です」と言えば、西島さんも「斎藤さんは今こうしている姿と現場の控室の姿、普段もまったく変わらないんです。自分の独自視点を持っていて、長澤さんの言った通りウルトラマンそのものという感じ!」とその安定感を絶賛。 樋口監督もキャスティングについて「夢です。夢が現実になったくらい、お願いした人たちがみんな“やりましょう”とやっていただけた」とキャスティング秘話を明かしていた。 次々と巨大不明生物“禍威獣”があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器は役に立たず、限界を迎える日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、班長・田村君男(西島さん)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤さん)、分析官・浅見弘子(長澤さん)などがメンバーの「禍威獣特設対策室」を設立。そんな中、大気圏外から突如、銀色の巨人が現れる。 この日はようやく完成した試写を観た直後に、全員が完成報告会に登壇した。興奮冷めやらぬといった雰囲気のキャスト陣だったが、出演が決まり台本を読んだときのことをふり返り、斎藤さんは「台本の1ページ目に社外秘というか、この作品をいろいろな側面から守って公開のタイミングで多くの方に驚きを与えたいという好奇心も、夢もつまっている魔法の辞典のような気がしました」と思い起こす。 長澤さんは試写を観た感想を「1回観ただけでは処理しきれず今も高揚感というか、沸々と燃え上がる感情が残っていて。早く映画が公開してもう1回観に行かなきゃ、という気分になっています」と言う。 西島さんも「圧倒されました。間違いなく人生の記憶に深く刻まれるすごい作品になっていると思います。観られるなら、すぐにもう1回観たいです」とロマンを語った。 『シン・ウルトラマン』は5月13日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 道枝駿佑&福本莉子、切ないお昼寝姿公開 水族館ではしゃぐ映像も『今夜、世界からこの恋が消えても』 | cinemacafe.net

    道枝駿佑&福本莉子、切ないお昼寝姿公開 水族館ではしゃぐ映像も『今夜、世界からこの恋が消えても』 | .

    道枝駿佑(なにわ男子)と福本莉子がW主演する、眠りにつくと記憶を失ってしまう病を患ったヒロインと、彼女を献身的に支える主人公の儚くも切ない愛の物語『今夜、世界からこの恋が消えても』。この度、2人のお昼寝ショットが公開された。 >>『今夜、世界からこの恋が消えても』あらすじ&キャストはこちらから 透(道枝さん)と真織(福本さん)は、条件付きで“偽りの恋人”として付き合うことに。到着した写真は、そんな2人の海辺でピクニックをする初デートの場面。 透が得意の手料理を振る舞い、お互いのことを話しながら理解を深め合ううちに眠ってしまった真織と、彼女を優しい視線で見守る透。初々しく幸せそうなカップルのようだが、眠ると記憶を失ってしまう真織にとって、まさに記憶がリセットされてしまう瞬間であり、それを知らない透の運命が動き出す重要な場面。切なくも美しいカットとなっている。 さらに、福本さん自らがカメラを回し、撮影現場で“忘れたくないもの”を記録した「真織カメラ」企画が始動。撮影の裏側が垣間見える同映像は、東宝公式YouTubeチャンネルと映画公式Instagramにて、毎週月曜日AM10:00に配信される。 その第1弾として、撮影の合間に水族館でマンボウを見てはしゃぐ道枝さんと福本さんの映像が公開された。 『今夜、世界からこの恋が消えても』は7月29日(金)より全国東宝系にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 町田啓太が演奏、水谷豊は指揮者に『太陽とボレロ』夢を奏でる場面写真 | cinemacafe.net

    町田啓太が演奏、水谷豊は指揮者に『太陽とボレロ』夢を奏でる場面写真 | .

    クラシックのオーケストラを題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を洒脱なエンターテインメント作品として作り上げる、水谷豊監督作第3弾『太陽とボレロ』より、演奏シーンを収めた場面写真が到着した。 >>『太陽とボレロ』あらすじ&キャストはこちらから 本作は、解散が決定したアマチュア交響楽団を描く、涙あり、笑いあり、感動ありの物語。公開された場面写真には、本作の一番の見どころでもある演奏シーンが写し出されている。 水谷さん演じる藤堂謙の指揮の元、演奏する弥生交響楽団の姿をはじめ、あかり(森マリア)がヴァイオリンを弾いている姿、長野県安曇野市の緑溢れる風景の中で楽器を奏でている圭介(町田啓太)、吉村(六平直政)、山野(梅舟惟永)らの姿も。キャスト陣が吹き替え無しで挑んだ演奏シーン、監督のこだわりも詰まった豊かな自然と音楽のハーモニー、全編通して映し出される映像美に注目だ。 さらに、同期入団で仲の良い圭介とあかりが見つめあうシーンや、噴水前で会話する様子も公開。理子(檀れい)、鶴間(石丸幹二)を中心に、楽団員たちが神妙な面持ちで写るシーンや、理子が泣いている牧田(田口浩正)を慰めているかのような意味深なシーンも。弥生交響楽団に降りかかる数々の問題の一部が垣間見える。 『太陽とボレロ』は6月3日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 濱口竜介監督『偶然と想像』フランスで大ヒット!ポスタービジュアル到着 | cinemacafe.net

    濱口竜介監督『偶然と想像』フランスで大ヒット!ポスタービジュアル到着 | .

    『ドライブ・マイ・カー』がアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した濱口竜介監督の『偶然と想像』が、4月6日にフランス全土で公開され、わずか3週間足らずで動員が10万人を突破する大ヒット。フランス版ポスタービジュアルが到着した。 >>『偶然と想像』あらすじ&キャストはこちらから 昨年開催された第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)に輝き、フランス国内プレミア上映のナント三大陸映画祭では最高賞〈金の気球賞〉・観客賞のW受賞、第17回CineFestミシュコルツ国際映画祭では最高賞にあたる〈エメリック・プレスバーガー賞〉を受賞するなど、昨年日本で公開されるやBunkamuraル・シネマで連日満席が続出、傑作と称賛する反響を呼んだ本作。 『ドライブ・マイ・カー』がアカデミー賞に輝いたことで本作の注目度もより一層高まり、現在は20か国以上の国と地域で上映決定、40以上の映画祭に出品となった。 日本国内では2021年12月17日(金)の公開から動員数は7万人を超え、現在も4か月以上の大ヒットロングラン中。本作の公開館Bunkamuraル・シネマでの上映が5月5日(木)で終了する。フランスでは観客動員10万人を突破した(2018年公開、濱口竜介監督『寝ても覚めても』はフランスの最終動員が約10万人)。 今回解禁となったフランス版ポスタービジュアルは、白を基調とした日本版とは全く異なり、第2話「扉は開けたままで」の奈緒(森郁月)が中心に大きく描かれ、パープル一色で構成された鮮明で印象的なポスターとなった。 さらに韓国でも5月4日(水)より公開が決定。本作の第1話に出演している玄理が韓国での本格的活動を目指し、韓国公開に合せて訪韓も予定されている。 『偶然と想像』は全国にて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 岩田剛典&中山美穂が演じる、疑惑深まる2人の人物に迫る特別映像『死刑にいたる病』 | cinemacafe.net

    岩田剛典&中山美穂が演じる、疑惑深まる2人の人物に迫る特別映像『死刑にいたる病』 | .

    いま日本映画界で最も注目される白石和彌監督が、阿部サダヲ、岡田健史を迎えて注目の作家・櫛木理宇の最高傑作を映画化した『死刑にいたる病』。この度、次々と謎が浮かび上がる岩田剛典演じる謎の男・金山と中山美穂演じる雅也の母・衿子の人物像に迫る2種類の特別映像が解禁された。 >>『死刑にいたる病』あらすじ&キャストはこちらから 24人もの若者を殺した連続殺人鬼・榛村(阿部サダヲ)から届いた冤罪証明の依頼をきっかけに、大学生・雅也(岡田健史)が事件を独自に調べ始めるが、次第に榛村と事件に翻弄されていく本作。 やがて、事件を調べる雅也の前に現れた謎の男・金山、事件とは何も接点がないと思われた雅也・母の2人の“謎”が浮かび上がる。金山編の映像には、怪しい言動、様々な証言が交錯する中、最後の事件の被害者・根津の殺害現場となった森を訪れた雅也、そしてその前に突如姿を現す金山が映っている。 もう一方の雅也の母・衿子編は、彼女が内気な性格であることが伺え、「あなた決めてよ、お母さん決められないから…」との口癖が印象的な映像。 そして映像の最後には、雅也がある人物と衿子が一緒に写っている写真を見つける様子が収められている。どちらも衝撃的な場面で幕を閉じ、緊迫感あるものに仕上がった。 『死刑にいたる病』は5月6日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 嵐莉菜、クルド文化と人々に触れた経験は「忘れられません」『マイスモールランド』 | cinemacafe.net

    嵐莉菜、クルド文化と人々に触れた経験は「忘れられません」『マイスモールランド』 | .

    日本に住む難民申請中のクルド人の家族の過酷な現実と、普通の高校生としての日常が奪われてしまった少女が自分の居場所を探し、成長していく物語が描かれる『マイスモールランド』。この度、「ViVi」専属モデルとしても活躍する主人公サーリャを演じる嵐莉菜がクルドの民族衣装をまとった姿を捉えた劇中写真がシネマカフェに到着した。 >>『マイスモールランド』あらすじ&キャストはこちらから 今回到着した嵐さんのカットは、サーリャが出席した親戚の結婚式でのシーンを捉えたもの。その民族衣装は肌着(着物でいう襦袢)、上半身の上着、下半身の巻きスカートという、日本の着物と同じく“3パーツ”が基本となっており、「年齢が上がってくるにつれ、色の数が少なくなってくる」(クルド文化監修スタッフ)というように、色合いはまだ10代のサーリャらしく、思わず目を奪われるような多彩な色を纏っている。 劇中では様々なクルドにまつわる文化も数多く登場する。劇中で飛び交うトルコ語やクルド語に関して、嵐さんは「父が実際にトルコ語を話せたので、父に教えてもらったりしましたが、クルド語はまったく初めてでした」と言う。 「トルコ語の先生が録音してくれた音声を、毎日通学中の電車の中でずっと聴きながら、かなり練習しました。違う国の言葉に触れる機会って、なかなかないので、楽しかったです」とふり返り、「川和田(恵真)監督と一緒に、実際に日本で暮らしているクルド人の家族にもお会いしました。同世代の女の子といろいろな話をし、仲良くなって。その女の子が『ふつうの人になりたいけど、なれない』と言っていたのが、忘れられません」と明かす。 「とても苦しい境遇にいながら、明るく接してくれたのが嬉しかったですし、絶対に幸せになってほしいなと心から思いました。まさにサーリャもそうですよね。すごく苦労して、いろんな壁に当たるけれど、希望を失わず、前に進んでいく姿に胸をうたれました」と語っている。 『マイスモールランド』は5月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 奥平大兼が“サーリャ”嵐莉菜の気持ちに寄り添う本編シーン到着『マイスモールランド』 | cinemacafe.net

    奥平大兼が“サーリャ”嵐莉菜の気持ちに寄り添う本編シーン到着『マイスモールランド』 | .

    『万引き家族』と『ドライブ・マイ・カー』スタッフにより、日本に暮らすクルド人少女が直面する現実を描く『マイスモールランド』。この度、奥平大兼演じる少年が嵐莉菜演じるサーリャの気持ちに寄り添い、受け止めるシーンの本編映像が解禁となった。 >>『マイスモールランド』あらすじ&キャストはこちらから 主人公サーリャを演じるのは、自身も5か国のルーツを持ち、「ViVi」専属モデルとして活躍する嵐さん。サーリャが心を開く少年・聡太を注目の俳優・奥平さんが演じている。 解禁となったのは、コンビニでバイトを終え、新作スイーツを頬張る2人のシーン。徐々に距離が縮まっていく中、サーリャは聡太に自分がクルド人であることを打ち明ける。 「(同級生から)いつの間にかドイツ人と思われてて、なんかそれがちょうど良くて。自分でもドイツ人って言うようになって」「本当はどこの国から来たの?」「クルド…って知らないよね?」「わかんない、ごめん」と、言葉を選びながらも真っ直ぐに気持ちを打ち明けるサーリャ、その告白に戸惑いながらも寄り添い、受け止めようとする聡太の瞬間を捉えた本編映像となっている。 本作がアムネスティ国際映画賞《特別表彰》に選ばれたベルリン国際映画祭ジェネレーション部門のヘッドプログラマーのセバスチャン・マルクトは、「世界共通のテーマである現代社会の矛盾を、とても美しく、映画らしい構成で物語に練りこんでいる」と称えている。 また、海外メデイア「VERDICT」に掲載されたレビューでは、「川和田監督の『マイスモールランド』はあくまでフィクションとして、彼女自身がダブルとして生きる経験から、クルド人全体を描くのではなく、一人の高校生であるクルド人に焦点をあてる。彼女が生きる日本社会の中で、希望や夢を持ち、目の前の困難に立ち向かう状況を描いた特別な映画である。日本当局の非人道的な難民政策を厳しく批判する一方で、17歳の少女が自分の感情や、複数のアイデンティティによってもたらされる責任と対峙する姿を感動的に描いており、注目されるべき作品」と評価を受けている。 『マイスモールランド』は5月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close