俳優

  • 【頭のおかしい最高のヒーロー映画】 THE BATMAN-ザ・バットマン-  レビュー【警告後ネタバレあり】

    【頭のおかしい最高のヒーロー映画】 THE BATMAN-ザ・バットマン- レビュー【警告後ネタバレあり】

    『THE BATMAN-ザ・バットマン-』に関しまして、 ワーナー ブラザース ジャパン様に試写にご招待、 素材をご提供頂き動画を制作しています。

    続きを読む
  • 遠藤憲一 “日本を代表する強面俳優”演じるつらさ吐露「制約だらけの中で作り込んでやっている」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    遠藤憲一 “日本を代表する強面俳優”演じるつらさ吐露「制約だらけの中で作り込んでやっている」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    俳優の遠藤憲一Photo By スポニチ  俳優の遠藤憲一(60)が27日、フジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)に出演。強面の役を演じることについて本音を明かした。  今週は映画「ラジエーションハウス」(監督鈴木雅之、29日公開)の出演者がリレー形式で出演している中でこの日のゲストとして登場した遠藤は「久々の生放送なんで、緊張と楽しさがごっちゃになって、ハイになっちゃってる。結構、生放送好きなんです。ドキドキするけど、すごい好きなんです」とテンション高めに話した。  そんな遠藤は“日本を代表する強面俳優”と紹介されることが多い。極道ものからコメディーまでキャラクターもジャンルも幅広く、出演しているが「怖い役は相当作ってます」と意外な告白。「今、入ってきたこれが俺なんです。これで怖い役は効かないんで、なるべく動かない、トーンをぐっと下げてしゃべるとか、制約だらけの中で作り込んでやっているのが怖い役、つらいんです」と苦笑した。  立ち姿も「ドシッと」立っていないといけないが「心のどこかでブルブル震えているんです」とも明かした。  以前、番組で共演した「おぎやはぎ」矢作兼は「地方のスナックとか普通に飲みに行くんですよね。地元の人とかと普通に飲むっていうから。すごいフレンドリーな人」と印象を語り、遠藤も「最近は(コロナ下で)やめちゃってますけど、飲むとすごい解放されちゃって、楽しくなっちゃう」と笑った。 続きを表示

    続きを読む
  • ゆっくり過去作レビュー#23『鋼の錬金術師』

    ゆっくり過去作レビュー#23『鋼の錬金術師』

    『鋼の錬金術師』 監督 曽利文彦 脚本 曽利文彦 宮本武史 出演 山田涼介 水石亜飛夢 ディーン・フジオカ 本田翼 佐藤隆太 松雪泰子 本郷奏 …

    続きを読む
  • Netflix日本ランキング1位の恋慕で人気急上昇中 次世代の韓国イケメン俳優ロウン、ついにソロで日本初上陸! 「2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING〜恋慕(LOVE)〜」開催決定!

    Netflix日本ランキング1位の恋慕で人気急上昇中 次世代の韓国イケメン俳優ロウン、ついにソロで日本初上陸! 「2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING〜恋慕(LOVE)〜」開催決定!

    韓国人気ボーイズグループSF9のロウンが「2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING 〜恋慕(LOVE)〜」を7月24日に開催することを発表した。 ロウンは2016年10月にSF9のメンバーとしてデビュー。以後、ソロ・グループ共に精力的な活動を行う。初めて主演を務めたドラマ「偶然見つけたハル」で漫画から出てきたようなピュアな存在感を発揮し話題に。さらに昨年公開されたロマンス時代劇「恋慕」はNetflixで配信されると日本ランキングで連日上位にランクインし、最終回を迎えた今もなお注目を集めている。そんな「恋慕」で主人公の初恋の相手を演じ、「KBS演技大賞」で新人賞、人気賞、ベストカップル賞の3冠に輝くなど高い評価を受けた。さらに現在Netflixで配信中のドラマ「明日」にも出演中だ。そんな演技ドル(=演技もできるアイドル)の期待星、ロウンの日本で初となるソロファンミーティング「2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING 〜恋慕(LOVE)〜」の開催が決定。俳優・ロウンの代表作となった「恋慕」から着想を得て考えられたファンミーティングのタイトルは「LOVE」。タイトルの通りロウンからファンの方々へ、そしてファンの方々からロウンへ「愛」を伝える場となっている。歌手活動や俳優活動など、マルチに活躍するロウンの日本初のソロファンミーティング、ぜひ期待して欲しい。埼玉で開催される本ファンミーティングは、5月20日(金)より順次チケットの先行受付が開始。ぜひロウンとの「愛」の溢れる時間を楽しんで頂きたい。 【公演情報】■公演名2022 ROWOON(from SF9)1st Solo FANMEETING 〜LOVE〜 ■会場・公演日時川口総合文化センターリリア・メインホール2022年7月24日(日) 昼公演…

    続きを読む
  • ゆっくり映画レビュー#141『マトリックス レザレクションズ』

    ゆっくり映画レビュー#141『マトリックス レザレクションズ』

    『マトリックス レザレクションズ』 監督 ラナ・ウォシャウスキー 脚本 ラナ・ウォシャウスキー デビッド・ミッチェル アレクサンダル・ヘモン 出演 …

    続きを読む
  • 『ベター・コール・ソウル』キム役レイ・シーホーン、日本での幼少期と俳優への道を語る

    『ベター・コール・ソウル』キム役レイ・シーホーン、日本での幼少期と俳優への道を語る – 海外ドラマNAVI

    大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフ『ベター・コール・ソウル』で、ボブ・オデンカーク演じるジミー・マッギルの相棒キム・ウェクスラー役のレイ・シーホーンが、幼少期に日本にいたことや、俳優への道に進んだ経緯について米WSJに語った。 【ネタバレ】『ベター・コール・ソウル』あの人、ファイナルシーズン第3話の衝撃的な展開を解説 2022.5.6 世界中で社会現象を巻き起こした傑作犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』の前日譚ドラマ『ベター・コール・ソウル』。そのファイナルシーズンの第3話「万事休す」について、出演キャストが解説している。(※本記事はシーズン6第3話の重大なネタバレを含むのでご注意ください) メキシコ・カルテルのメンバーだったヘク… 現在49歳のレイは、『Veep/ヴィープ』 や 『クローザー』にも出演していたが、『ベター・コール・ソウル』がブレイクした作品と言っても過言ではないだろう。そんな彼女は、引っ越しの多かった幼少時代と俳優になったきっかけのどちらも父親が関係していたことを話している。 「小さいころはよく引っ越しをしました。父のフレッドは海軍捜査局の特別捜査官で、長期間の転勤を余儀なくされ、色々な事件に取り組んでいました。 私が2歳のとき、一家でバージニア州ノーフォークから日本へ引っ越したんです。祖母に手を振って別れを告げ、とても悲しかったのを覚えています。でも、日本やアリゾナなどを発つ時も、先生や友人と別れるのがつらかったです。私が9歳の時、転勤が終わり、バージニアビーチ周辺に落ち着くことになりました。でもその数年後、両親は離婚しました」 そんな引っ越しばかりの幼少期だったレイが演劇に目覚めたのはもっと先のことだったという。「私は観察力のある子どもでした。自分の周りで起こっていることを調べ、世の中の人の行動を観察し、その動機を探るのが好きだったのです。高校はバージニア州ケンプスビルにありました。英語と美術が得意で、他の教科もよくできる方でした。良い成績でいたかったのです。 卒業後はジョージ・メイソン大学に入学し、絵画とデッサンを学びました。ですが、1年生が終わる2カ月前、父が亡くなりました。私は父と仲が良かったので、父の訃報は衝撃でした。父が亡くなった後、大学の選択科目としてダンスと演技を履修しました。物語を書くのが好きでしたし、誰にも言いませんでしたが、心のどこかで役者になりたいなと考えていました。幸いなことに、演劇科の教授が私の才能を見出して、指導してくれることになりました。私は、テレビに出ているような綺麗な女優のようなルックスではなかったのですが、(ロサンゼルスやニューヨークと違って)ワシントンD.C.の演劇界では、それで大丈夫だったのです。1990年代にワシントンで上演されたコメディの公演で、初めてチケット代を払って私を観に来てくれた人がいました。 今では、『ベター・コール・ソウル』で知られるようになり、キャリアの上で新しい可能性と役柄が見えるようになってきました」 父親が亡くなるまでは、演劇の道を専攻していなかったというレイ。そんな彼女の原動力は両親にあったという。「私の原動力のひとつは、離婚後、母が自分を変えていった姿を目の当たりにしたことです。母はエグゼクティブ・アシスタント、パラリーガル・アシスタント、海軍の訓練品質管理マネージャーとして働いていました。父はといえば、ボートを買って、餌と道具の店を開けばよかったと言うのを聞いたことがあります」 ハリウッドでは遅咲きとも言えるレイだが、今はパートナーと共に幸せな日々を送っている。「フィアンセのグラハムと一緒にロサンゼルスに住んでいます。家を購入しようと探しているところなので、かわいい賃貸物件に住んでいます。グラハムは不動産屋さんなので、購入に関しては安心して任せしています。一番大事なのは、私たちの通勤時間と子どもの通学時間が短くて済む家ですね。今の私のマイホームの夢は、ロサンゼルスに一軒家を持ち、ニューヨークにアパートを持つことです。それを目指しています」 『ベター・コール・ソウル』ファイナルシーズンは、日本ではNetflixにて毎週火曜日に新エピソードが配信中。(海外ドラマNAVI) Photo:『ベター・コール・ソウル』©Greg Lewis/AMC/Sony Pictures Television

    続きを読む
  • ゆっくり映画レビュー#142『劇場版 呪術廻戦0』

    ゆっくり映画レビュー#142『劇場版 呪術廻戦0』

    『劇場版 呪術廻戦0』 監督 朴性厚 脚本 瀬古浩司 出演 緒方恵美 花澤香菜 小松未可子 関智一 内山昂輝 中村悠一 山寺宏一 櫻井孝宏.

    続きを読む
  • WOWOW「2.5次元男子推しTV シーズン5」 6月10日(金)#2のゲストに近藤頌利と高本学が登場!お二人からコメントも到着!:時事ドットコム

    WOWOW「2.5次元男子推しTV シーズン5」 6月10日(金)#2のゲストに近藤頌利と高本学が登場!お二人からコメントも到着!:時事ドットコム

    [株式会社WOWOW] 6月10日(金)午後10時~ #2(全6回/月1回放送) [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド] https://www.wowow.co.jp/detail/176783 2.5次元ミュージカル界で活躍する俳優たちの舞台上ではうかがい知ることのできない素顔に迫る番組「2.5次元男子推しTV」。6月10日(金)午後10時より放送・配信の#2のゲストに、近藤頌利と高本学の出演が決定!“2次元”の漫画・アニメ・ゲームを原作とし、“3次元”の舞台コンテンツの総称が「2.5次元ミュージカル」。再現度の高さに注目され、数多くの原作が舞台化されており、いまや日本から世界に発信されるコンテンツとなっている。その2.5次元ミュージカル界で活躍する俳優たちの素顔に迫る番組「2.5次元男子推しTV シーズン5」はMCの鈴木拡樹とともに人気俳優をゲストに迎え、様々な企画やロケに挑戦する。6月10日(金)午後10時より放送・配信の#2のゲストに、舞台『刀剣乱舞』にて共演した近藤頌利と高本学が登場。近藤は、現在上演中の舞台「浪花節シェイクスピア『富美男と夕莉子』」に出演し、今年10月より開幕予定の舞台『アルキメデスの大戦』では鈴木との共演が決まっている。高本はミュージカル「ヘタリア」やミュージカル「スタミュ」など数々の名作に出演し、6月に開幕予定の舞台『薔薇王の葬列』の出演も控えている。舞台「『刀剣乱舞』大坂夏の陣」で共演した鈴木、近藤、高本の本番組での再共演にぜひ注目してほしい。鈴木とゲストがともにロケをする企画「DAY OFF」では、近藤の提案で相模湖プレジャーフォレストにある巨大アスレチックに挑戦。さらに鈴木拡樹によるソロコーナー「新次元」では、流鏑馬にチャレンジ。過去シーズンでも乗馬にチャレンジしたことがある鈴木だが、今回は乗馬をしながら弓を射るという高難易度のチャレンジに鈴木も悪戦苦闘!?こちらも見逃せない。今回の番組ロケを振り返り近藤は、「大好きな鈴木拡樹さんの番組に出演できることを嬉しく思います!仕事と言っていいのか?という1日でした。」とコメント。また高本は「見てくださる皆様も一緒に楽しめる放送だと思いますのでぜひ、新たな僕たちの一面を発見してくださると嬉しいです」と語った。「2.5次元男子推しTV シーズン5」#2は6月10日(金)午後10時よりWOWOWプライムにて放送、WOWOWオンデマンドで配信。番組公式Twitter(@25danshioshiTV)でも情報を随時更新。また、ステージナタリーにて番組の特集記事(https://natalie.mu/stage/pp/25danshioshitv)を公開中!こちらもお見逃しなく! 【近藤頌利さんからのコメント】高所恐怖症の近藤頌利です。大好きな鈴木拡樹さんの番組に出演できることを嬉しく思います!仕事と言っていいのか?という1日でした。コロナ禍で人付き合いが減った中、久しぶりにお友達と外で遊んだ気がします。しかし、アスレチックは4階建て。はじめに言った通り、僕は高所恐怖症です。怖かったー。でもアスレチックでは、拡樹さんのお茶目な部分が見れるかも…!?どうぞお楽しみに!【高本学さんからのコメント】舞台『刀剣乱舞』で初めて共演させて頂いた拡樹さんと頌利とこうやってまた一緒にお仕事ができ幸せに思います。身体を動かすレクチャーをしたり、ゆっくりお芝居の話しをしたりと新たな体験をして本当に楽しい時間でした。見てくださる皆さまも一緒に楽しめる放送だと思いますのでぜひ、新たな僕たちの一面を発見してくださると嬉しいです。 ★WOWOW番組情報★2.5次元男子推しTV シーズン56月10日(金)午後10時~ #2 (全6回/月1回) [WOWOWプライム][WOWOWオンデマンド]出演:鈴木拡樹 ゲスト出演:近藤頌利、高本学番組公式Twitter:@25danshioshiTV番組URL: https://www.wowow.co.jp/detail/176783ステージナタリー特集ページ:https://natalie.mu/stage/pp/25danshioshitv 企業プレスリリース詳細へ (2022/05/16-20:17)

    続きを読む
  • 丸山礼「マジ好きすぎ」、8年間思い続けた俳優とは? 初対面果たし感激「カッコイイ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    丸山礼「マジ好きすぎ」、8年間思い続けた俳優とは? 初対面果たし感激「カッコイイ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    丸山礼Photo By スポニチ  お笑いタレント、丸山礼(25)が15日放送の日本テレビ「行列のできる相談所」(日曜後9・00)に出演。憧れの俳優と初対面し、大感激する場面があった。  丸山は「8年間思い続けている人」がいると告白。NHK連続テレビ小説「エール」などに出演した実力派俳優、橋本淳といい、「存在してくれてありがとうという気持ちがあります。会いたい気持ちもあるけど、会っちゃいけないのでは。マジ好きすぎて」と打ち明けた。自身が高校生のころ、橋本が出演していた配信ドラマ「キス×kiss×キス」を見て心奪われたという。  その後、スタジオに橋本がサプライズで登場すると、丸山は「キャ~」と絶叫し、「こんなことが起こるんですか?カッコイイ、距離とか保ちたくない」と感動。同ドラマのワンシーンを橋本と再現し「あぁ~!」と再び絶叫した。自らのツイッターには「ほんとに私得すぎ~なので 見られるのも公共の電波に乗るのもむちゃくちゃはずかしいのが本当でございます#行列のできる法律相談所」とつづり、照れていた。 続きを表示

    続きを読む
  • #フロントロー  ケネス・ブラナー 映画『 #ベルファスト 』レビュー

    #フロントロー ケネス・ブラナー 映画『 #ベルファスト 』レビュー

    今年のアカデミー賞で脚本賞を受けた傑作についてのレビューです。人間の根幹を考えさせられます。 #もぎけんフロントロー #茂木健一郎 …

    続きを読む
Close
Close