俳優

  • 【ロゴデザイン: くぜさえ_KRAP】

    日本を代表するアスリートのライブ配信が目白押しの「17 Sports Week」を開催!:時事ドットコム

    [株式会社17 Media Japan] ~スポーツの垣根を越えた座談会や対談も!Withコロナを見据えた、スポーツの未来を語る~ 日本No.1*1ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を運営する株式会社17 Media Japan(東京都港区、代表取締役:小野 裕史、URL:https://17media.jp )では、日本を代表するアスリートによるライブ配信が目白押しの「17 Sports Week (イチナナ スポーツ ウィーク)」を2020年5月30日(土)より実施いたします。 「17 Sports Week」では、「17 Live」ですでにライバーとして配信を行っているアスリートはもちろん、この機会にライブ配信を始めるアスリート達の配信をシリーズで行うもので、6月下旬まで継続して実施する予定です。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除されても、多数の観客が集うスポーツの大会やリーグは、「3密」を避けるために無観客での催行や中止・延期を検討するなど、今後のあり方において大きな課題や検討事項を抱えている状態にあります。「17 Sports…

    続きを読む
  • 豪華キャストがずらり結集!

    ジム・ジャームッシュ「デッド・ドント・ダイ」6月5日公開 : 映画ニュース – 映画.com

    2020年5月29日 18:00 出演者からのメッセージ動画も公開 (C)2019 Image Eleven Productions, Inc. All Rights Reserved. [映画.com ニュース]新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月3日の封切りが延期となっていたジム・ジャームッシュ監督作「デッド・ドント・ダイ」の公開日が、6月5日に決定した。すでに購入済みの前売り券(ムビチケオンライン券/ムビチケカード)は、延期後の上映にも使用可能だ。 「パターソン」のジャームッシュ監督が手掛け、第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったゾンビコメディ。ジャームッシュ監督と4度目のタッグとなる名優ビル・マーレイ、「スター・ウォーズ」シリーズや「マリッジ・ストーリー」など話題作に引っ張りだこのアダム・ドライバーをはじめ、クロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズら豪華俳優陣が結集した。 公開決定に際し、ビル・マーレイとティルダ・スウィントンから、日本のファンに向けてのメッセージ映像が届いた。謎の葬儀屋を演じたスウィントンは「日本のファンの皆さん、なるべく早く会いに行くわ」と、田舎町の警察署長を演じたマーレイは「日本のみんなに会いたいよ。ありのままの日本が恋しい」とコメントしている。 (C)2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights…

    続きを読む
  • WHY GODZILLA: MONSTER PLANET SUCKS! - Psycho Review  (ゴジラモンスター惑星 映画レビュー)

    WHY GODZILLA: MONSTER PLANET SUCKS! – Psycho Review (ゴジラモンスター惑星 映画レビュー)

    My personal thoughts on the film released on netflix, not fact, my opinion even if its harsh. Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCF1p… Instagram: …

    続きを読む
  • 【うち劇】第8弾『振り向くな、後ろには未来はない』5月31日(日)配信決定

    【うち劇】第8弾『振り向くな、後ろには未来はない』5月31日(日)配信決定~出演:加藤和樹 / 豊永利⾏ / ⼟屋神葉

    【うち劇】第8弾『振り向くな、後ろには未来はない』5月31日(日)配信決定 5月31⽇(日)、加藤和樹・豊永利⾏・⼟屋神葉による朗読劇【うち劇】『振り向くな、後ろには未来はない』を、ライブ配信で開催することが決定した。 コロナウイルス感染拡⼤防⽌のため、各国で緊急事態宣⾔が発令され、世界中の⼈々が外出⾃粛を余儀なくされている。 日本では宣言が解除されたとはいえ、未だイベント・⾳楽ライブ・興⾏などを延期または中⽌する状況が続いている。 そこで、「うちで楽しめるエンターテインメント」を発信していきたいと考え、このような状況だからこそ、ネットによるライブ配信で、すべてのお客様に舞台ならではの、「⼀期⼀会のリアルなエンターテインメント」を発信しつづける。 ⼀⽇限りのプレミアム朗読劇に⽬が離せない︕ <概要> 公演名:『『振り向くな、後ろには未来はない』 出 演:加藤和樹 / 豊永利⾏ / ⼟屋神葉 配信日時:2020年5月31日(日)       第1部 15:00       第2部 18:30 チケット料金:いずれの公演も1公演3,000円 <あらすじ>…

    続きを読む
  • 【映画紹介】『アイス・ジョーズ』をレビュー【浅井ラム】

    【映画紹介】『アイス・ジョーズ』をレビュー【浅井ラム】

    雪山が舞台のサメ映画・『アイス・ジョーズ』のレビューです。 映画レビュー一覧:https://www.youtube.com/playlist?list=PLo9OHt4mVTOC0qPSajKFD8txgKTKdT1hp…

    続きを読む
  • PRODUCE 101 JAPANから新グループ「OWV」誕生!実力派ぞろいのメンバーのプロフィールとは? | K-POP・韓流ブログならwowKorea(ワウコリア)

    PRODUCE 101 JAPANから新グループ「OWV」誕生!実力派ぞろいのメンバーのプロフィールとは? | K-POP・韓流ブログならwowKorea(ワウコリア)

    話題沸騰中のアイドルJO1を輩出したオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」。オーディションには101名の練習生が参加し、惜しくもデビューを逃した練習生の中からも新たにグループを結成し芸能活動を始めるグループも登場するなど、多くの視聴者がオーディション参加者の今後の活動に注目していました。 そんな中、2020年5月25日にPRODUCE 101 JAPAN元練習生たちで結成された新グループ「OWV(オウブ)」が発表されました!メンバーは、本田 康祐・中川 勝就・佐野 文哉・浦野 秀太の4名。ダンス、ラップ、ボーカルの各分野の中でも特に注目を集めたメンバーが揃ったことでファンの期待を集めています。 本記事では、PRODUCE 101 JAPAN参加時のエピソードを交えながらメンバーのプロフィールを紹介、今後の活動なども予想していきたいと思います! PRODUCE 101 JAPAN元練習生で結成!「OWV」の実力派メンバーはこの4人! 本田 康祐(ほんだ こうすけ) 公式HPより…

    続きを読む
  • 爆死?映画キャッツ観てきました!【映画レビュー】

    爆死?映画キャッツ観てきました!【映画レビュー】

    映画キャッツをミュージカルおたくが解説! チャンネル登録と高評価お願いします。 ♡Twitter♡ ぱにちゃん公式 https://twitter.com/panich823 ななみん…

    続きを読む
  • 6月1日より、完全リモートワーク制度「17ワークデザイン制度」を導入|株式会社17 Media Japanのプレスリリース

    6月1日より、完全リモートワーク制度「17ワークデザイン制度」を導入|株式会社17 Media Japanのプレスリリース

    当社では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、政府からの緊急事態宣言が発出される以前となる2020年3月2日より、原則として社員の出社を禁止とし、全社員が安心安全に働くことができる環境を支援していくことを目的にリモートワークを行なっておりました。 2020年5月26日より、首都圏の緊急事態宣言が解除されましたが、リモートワーク導入後の生産性向上が見られたこと、何よりも個人のスタイルに合わせて働く環境を支援していくことは、当社のミッションである“Empower Artist, Entertain the World.〜才能を輝かせ、世界をワクワクさせる〜”の趣旨に合致していると判断し、導入に至りました。   なお、「17ワークデザイン制度」の導入は、事前に社員160名に向けたアンケートで約82%の社員が、緊急事態宣言解除後も「引き続きリモートワークを継続したい」と回答したことも、本格的に推進する要因となっております。また、アンケートの回答を踏まえ、オフィスの家賃や光熱費など、削減されたコストについては、社員のリモートワークを支援する資金に充て、リモートワークによって社員の負担となる光熱費や自宅の仕事環境整備にかかる費用など、用途を選ばずに使用できる補助金を追加するほか、社用携帯の通信容量拡充など、充実したリモートワークができるよう、環境整備に着手いたしました。さらに、リモートワークにおける問題点としてあげられる、社員間の意思疎通や温度感などの伝わりづらさといったコミュニケーション上の課題も改善していくことで、今後も引き続き社員がより創造性かつ効率性が高く働いていけるような、業務スタイルを追求してまいります。 これにより、当社は必要な場合および出社希望の社員を除き、原則リモートワークとなります。当社と取引をいただいている関係各所の皆様にはご不便をお掛けする部分もございますが、引き続き、ご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。 当社の「17ワークデザイン制度」の概要は以下になります。 <「17(イチナナ)ワークデザイン制度」概要> ■恒久的なリモートワーク制度の導入 社員が働く場所をオフィスに限定することなく、どこでも働くことができるようにしていきます。 出社が必要な場合および出社を希望する社員を除き、オフィスへの出社は原則として、週2日以下にします。 ■ワークスタイル手当の支給 リモートワークの実施に伴い発生する環境整備への資金の援助や、光熱費の援助を目的として働き方にあわせて全社員へ一律で手当を支給します。 ■快適な通信環境や作業環境を整えるデバイス等の無償貸与 社員が円滑にリモートワークを行うことができる通信環境や作業環境の整備を目的として、従来より貸与していたノートPCやデザリング機能付きのスマートフォン(データ容量50GB)に限らず、通信環境や担当する職務によっては必要なデバイスの無償貸与を行います。    …

    続きを読む
  • トモコ’s Amazonプライム 映画レビュー #26「マーダーミステリー」

    トモコ’s Amazonプライム 映画レビュー #26「マーダーミステリー」

    「映画かよ。」のスピンオフ企画。 外出が難しい今!だからこその”期間限定”Amazonプライム映画レビュー。 レビューするのは「映画かよ。」クリ…

    続きを読む
  • 『VOGUE JAPAN』2020年7月号  Cover:Giampaolo Sgura © 2020 Condé Nast Japan. All rights reserved.

    『VOGUE JAPAN』2020年7月号(5月28日発売)100年時代を生きるためのビューティー&ヘルス大特集。|コンデナスト・ジャパンのプレスリリース

    『VOGUE JAPAN』2020年7月号 Cover:Giampaolo Sgura © 2020 Condé Nast Japan. All rights reserved.  2020年の初頭から、世界の数多くの国や地域が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の猛威に見舞われ、私たちを取り巻く様々な問題が心に影を落としています。そんな今だからこそ、気分を盛り上げてくれるサファリテイストやリゾートスタイル、着こなしを格上げしてくれる今季イチ押しのアクセサリーなど、ファッションの力を借りて、夏をポジティブに謳歌するサマースタイルを提案しています。  また、フィットネスやヘルスケアに取り組み、自らのペースでモデル活動を行う2人のスーパーモデルが登場。今号の表紙を飾ったケンダル・ジェンナーが洗練の“ステイホーム”スタイルを、そしてステラ・マックスウェルがリラクシングウェアを着こなし、ヘルシーなライフスタイルをモードに表現した2つのストーリーをお楽しみください。デジタルコンテンツとして各ストーリーのショートムービーもウェブサイト(www.vogue.co.jp)で公開中です。ここでしか見ることができない魅力が詰まったムービーをぜひご覧ください。さらに、ヘルシーなボディとマインドでパワフルに夏を楽しむミニ丈のファッションストーリーもお届けします。  今号のインタビューでは、デビュー以来、ヘルシーな美脚スタイルで不変のアイコンであり続ける森高千里が変わらない魅力とその秘密を独白。彼女が考える「人生100年時代を生き抜くための美の秘訣」とは? さらに、女優で活動家のジェーン・フォンダも登場。80代になる現在まで、変化とともに進化する彼女の伝説を6ページにわたって掲載しています。  ビューティー、メイクアップについては、時代の変化に恐れることなく寄り添うジェンダーレスメイクにも着目。俳優・宮沢氷魚を迎え、自在に魅せる洗練の表情を、メイクアップ・アーティストのガイドとともにお届けします。さらに、進化を遂げる「美しいボディ」の概念を掘り下げ、心身ともに心地よく、「ずっと動けるからだ」作りの極意にも迫ります。また、体だけでなく心のリリースのために国内外のヴォーグ関係者に聞いた「100年を生きるための映画&本100作品」を一挙紹介。編集長のエッセイとともに、心をあるべき場所に戻してくれる作品を紹介しています。  その他、2020年プレフォールコレクションより、今シーズン注目の4カテゴリー別にバック&シューズ、アクセサリーのトレンドを最速チェックします。 最新号についてはこちらより。 https://www.vogue.co.jp/magazine/2020-07…

    続きを読む
Close
Close