俳優

  • 2021年 ブレイク俳優ランキング

    2021年ブレイク俳優ランキング | ORICON NEWS

     今年も残り10日を切り、1年を振り返る時期となったが、今年も数々の映画やドラマが人々の心に潤いをもたらした。ORICON NEWSでは、先日の女優部門に続き『2021ブレイク俳優ランキング』を発表。首位に輝いたのは、話題のドラマに次々と出演し、多彩な顔を見せた【山田裕貴】だった。 ドラケン、慶喜、志村けん…役者としてのふり幅の広さを全世代が支持  昨今の同ランキングTOP10に常に登場していた【山田裕貴】が、ついに首位を獲得。山田と言えば、主演も脇役もどんなキャラクターでも演じ切る実力派俳優としての認知度は高い。今年はより彼の“演技力の高さ”を再確認する場面が多く、今回のランキング結果につながったといえる。  その証拠に、映画『東京リベンジャーズ』のドラケンこと龍宮寺堅、『燃えよ剣』の一橋慶喜などの実写化など、多彩な役柄を見事に演じ分ける熱演ぶりに、絶賛の声が寄せられた。2016年のオリコンからの取材に「僕はずっと“カメレオン俳優”と呼ばれたくてこれまで俳優をやってきた。ジャンル問わず、どこにでも顔を出す俳優になりたい」と語っていた山田。それが今年見事に実現して、満を持しての1位獲得となった。  キャリアを重ねての1位獲得に、ユーザーコメントでは「今年1年でもいろんな役を演じていて、それぞれに印象的で驚いた」(千葉県/40代・女性)、「ずっとすごい役者さんという印象ですが、今年の出演作品は特にインパクトがあって記憶に残っている。実写映画のキャラクター再現は難しいと思うけどぴったり、いやそれ以上の評価だったように思います」(熊本県/30代・女性)と、演じる役柄の幅に驚きと称賛の声が寄せられた。  世代別でも10代と50代で1位を獲得。「いろんなところで見かけた気がするから」(福岡県/10代・女性)、「シリアスでも、三枚目でも演技幅が広いと思います」(東京都/50代・男性)と、出演作の多さから世代を超えた人気を実証した。27日には、スペシャルドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ系)が放送。山田がどんな志村けんさんを演じるのか、楽しみだ。 ドラマ、映画、舞台、バラエティなどメディア多数出演で認知を拡大  上半期の同ランキングで1位だった【仲野太賀】は、年間では2位に。4月クールの菅田将暉主演ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)に登場するトリオ・マクベスの一員、美濃輪潤平役が好評で、準主役級の飛躍を見せた。続く7月期のドラマ『#家族募集します』(TBS系)では、お好み焼き店の従業員として主人公の魅力を引き立たせる好青年を見事に演じた。  一方、映画『すばらしき世界』では、役所広司演じる元殺人犯を追う若手テレビマン役、『ONODA 一万夜を越えて』では津田寛治演じる小野田寛郎・旧陸軍少尉に戦争が終わったことを伝える旅人役など、シリアスな役柄にも挑み新たな一面を見せた。  木村拓哉と共演したマクドナルドをはじめ、漫画アプリ「ピッコマ」、アサヒビール『アサヒ ザ・リッチ』、任天堂『メトロイド ドレッド』など、認知拡大とともにCMへの起用も増加。ほかにも2つの舞台、アーティストのMVにも出演と、テレビにとどまらない活動を見せている。  コメントでも露出の多さを上げる人が多かく「今年は1月から連ドラ出演が尽きなくて、体調面の心配もしつつとても嬉しかった。番宣でバラエティにたくさん出ていて、持ち前の明るさで結果を残しててすごいなと思った」(奈良県/10代・女性)、「ドラマでも存在感がスゴいと思います。またCMで見かける機会が増えました。すごく自然体な感じなので好きです」(福岡県/30代・女性)との声が多数寄せられた。 『最愛』での演技でランクアップ 俳優以外の活動も増えさらなる飛躍に期待  上半期6位から3位へ急上昇し、TOP3入りを果たした【松下洸平】。10月クールのTBS系ドラマ『最愛』では、吉高由里子演じる連続殺人事件の重要参考人に惹かれながらも彼女を追う刑事役で、葛藤する演技が好評を呼んでいる。  そのほかにも今年は『知ってるワイフ』(フジテレビ系)、『向こうの果て』(WOWOW)、映画『燃えよ剣』に出演。出演作が続き、役者としての認知度を着実に上げている。  さらに、彼の人気を拡大させているのが『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気企画「グルメチキンレースゴチになります!22」のレギュラー。NEWS・増田貴久とのやりとりなども含め、バラエティでしか見られない人柄に注目が集まり、年末のクビ決定か否かも気になるところだ。  ユーザーコメントでは「『最愛』は、出世作になると思う。清潔感もあるし、これからひっぱりだこになると思う」(東京都/40代・女性)、「今期の『最愛』で主要人物として出演していること、ゴチになりますにも出ていることから飛躍していると感じました」(大阪府/30代・女性)と『最愛』での演技を評価する声があがった。…

    続きを読む
  • 松本明子 Vシネマ「日本統一」で人気の夫・本宮泰風「そういう人だなと思って惚れたんですけど」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    松本明子 Vシネマ「日本統一」で人気の夫・本宮泰風「そういう人だなと思って惚れたんですけど」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    タレントの松本明子Photo By スポニチ  タレントの松本明子(55)が15日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・00)に出演。夫である俳優の本宮泰風(49)について語った。  極道社会を描いたオリジナルビデオシリーズ「日本統一」シリーズで主演し氷室蓮司役を務める本宮。パーソナリティーの徳光和夫が、「毎日見てるね。日本統一」と話すと、松本は「申し伝えます。嬉しい言葉で」と喜んだ。  徳光が「彼はどういう人なの。役柄で見るように、尖った部分とか、ガラスの破片みたいな、枠にはまらない男っぽさみたいなのにアッコちゃんは惚れたわけ?」と尋ねると、松本は「そういう人だなと思って惚れたんですけど、柔らかいんですね。素顔は。お酒も一滴も飲めないんですよ。これ、営業妨害になっちゃう?」とぶっちゃけた。「ですからね、大好物はプリンとか、ゼリーとか、チョコレートとか。甘いものが大好きですね。ミルクティーとか、オレンジジュースとか、そういうものが好きです。主人の兄の原田龍二さんもお酒はコップ一杯ぐらいです。兄弟そろって飲まない」と続けた。  徳光は「飲み物とか、し好品はそうかもしれないけど、この兄弟はケンカ強いと思うな。怒り出したら誰も止められないと思うね。そういう眼光の鋭さとか、体の鍛え方あるもんね」と感心。松本は「体は鍛えてますね。プロレスラーになるんじゃないかって言うぐらいストイックですね。ジムに行って毎日鍛えてます。自分でも本宮塾というものを持ってて、格闘家を育てるというか、アドバイザーとして試合に出すための選手を養成したりということもやってますね」と話した。   続きを表示

    続きを読む
  • 古屋呂敏が二刀流本格始動、映像・写真クリエーター&俳優「撮る側の気持ち常に感じていたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    古屋呂敏が二刀流本格始動、映像・写真クリエーター&俳優「撮る側の気持ち常に感じていたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    私物のカメラを手にほほえむ古屋呂敏(撮影・木村 揚輔)Photo By スポニチ  第一線で活躍する映像や写真のクリエーターが俳優業との二刀流を本格化させる。  高級ブランド「カルティエ」や「フェンディ」などの広告映像や写真を手掛けた古屋呂敏(ろびん、31)。15日スタートの日本テレビドラマ「逃亡医F」(土曜後10・00)にレギュラー出演する。「カメラも演技も自分が表現したものを届けるという意味では同じ」と力が入る。  殺人のぬれぎぬを着せられた医師(成田凌)を追う刑事役。元自衛官役のTOKIO・松岡昌宏(44)や先輩刑事役の和田聰宏(44)との共演シーンが多く「僕はどうしても演技に力が入ってしまう。お二人は“そこにいる人”としての空気感を出すのが凄い」と勉強の日々だ。  ハワイ生まれの日系米国人の父と、日本人の母を持つ端正なイケメン。京都で育ち、大学はハワイへ留学した。日本へ帰国後、男性誌のモデルとして活動し、カメラの仕事で生計を立ててきた。カメラにのめり込んだきっかけは、大学卒業前の韓国旅行を映像で記録したこと。「一緒に行った友達が喜んでくれて、物作りの楽しさを知りました」と趣味で続けるうちに仕事に結びついた。  昨年11月に女優すみれ(31)が一般男性と結婚した際には、発表用の夫婦写真を撮影した。何度か仕事をしたことがあり「安心できるカメラマンが良い」と指名された。幸せにあふれた写真に仕上がり「すみれさんは“彼の顔は見えなくても、感情が伝わるよね”と言ってくれました」と笑顔で話した。  役者としてはまだまだ駆け出し。自身が映像の作り手であることから、現場では「撮る側の気持ちを常に感じていたい」と意識している。今作がプライム帯(午後7~11時)のドラマの初レギュラー。「31歳ですけど、まだスタートラインにも立っていない。もっと努力しないとダメ。燃えてます」と気合十分で臨んでいる。  ◇古屋 呂敏(ふるや・ろびん)本名同じ。1990年(平2)6月2日生まれ、京都府出身の31歳。ハワイ州立大卒。以前は「呂敏」の芸名で活動。「FINEBOYS」などの男性誌のモデルを務めた。17年から映像クリエーターとして活動。俳優としては20年のテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」に仮面ライダーストリウスで出演。趣味はサッカー。1メートル83、血液型A。 続きを表示

    続きを読む
  • 日本サムスン、尾上松也が俳優業を超えた創作活動への想いを語る新ドラマ制作陣とのセッションムービー「BOOST CREATIVITY SESSION」 第三弾

     日本サムスンは1月より、テレビ大阪・BSテレビ東京「まったり!赤胴鈴之助」とSamsung SSDがコラボによる映像作品の制作に挑戦するプロジェクト「BOOST CREATIVITY SESSION」の第三弾を放送中。  毎回テーマに基づき、Samsung SSDを使用して制作するプロジェクト。第三弾となる今回は歌舞伎俳優として活躍する尾上松也さんが主演を務め、1月上旬に放送開始したテレビ大阪・BSテレビ東京「まったり!赤胴鈴之助」の撮影をSamsung SSDが全面バックアップ。出演者や監督をはじめとしたドラマ制作チームが連携し、ドラマの世界を舞台としたセッションムービーを制作・公開している。 Samsung SSDを使用して制作  セッションムービーでは「FOCUS ON CREATIVITY」をテーマに、 映像内では俳優の垣根を超えてアーティストとしてドラマ主題歌・MVに初挑戦した尾上松也さんの創作活動に込める思いに迫るインタビュー映像や、ドラマ制作チームによるドラマ撮影秘話や制作裏話を収めた映像作品となっている。さらに 「まったり!赤胴鈴之助」の出演者や制作スタッフがドラマの見どころを語るメイキング動画も公開。 クリエイターの垣根を超えたクリエイティブを楽しめる。 BOOST CREATIVITY SESSION 『BOOST CREATIVITY…

    続きを読む
  • 画像: 岡田准一主演、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ら出演『燃えよ剣』3分でわかる新選組特別映像解禁!

    【惜しまれつつこの世を去った映画人たち】日本が誇る偉大なるスター・サニー千葉伝説! (1/2) – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    * { top: 0; } #header-right > a { width: auto; position: absolute; padding: 0px 16px; font-size: 1.8em; line-height: 1;…

    続きを読む
  • 映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』

    Vol.1052 俳優 尚玄(映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』について)

    OKWAVE Stars Vol.1052は第34回東京国際映画祭「ガラ・セレクション」部門にてジャパン・プレミア上映された映画『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』主演の尚玄さんへのインタビューをお送りします。 Q 本作企画の経緯についてお聞かせください。 A尚玄10年ほど前にこの映画のモデルになっているボクサーの土山直純君に会いました。当初は義足ということを知らなくて、話している中で、日本ではそれが理由でプロボクサーになれなくてフィリピンに渡ったという話を聞き、感銘を受けました。その後も度々会う中で、2014年頃に「映画にしてもいいですか」と聞いたら快諾してくれました。そこから映画化に向けて動き始めました。まず、僕のデビュー作で2007年の東京国際映画祭にも出品された『ハブと拳骨』でご一緒したプロデューサーの山下貴裕さんにお声がけさせていただき、そこから二人三脚で、いろいろなボクシング映画を観ながら、監督のリサーチを始めました。 Q ブリランテ・メンドーサ監督に決められた理由はいかがでしょう。 A尚玄メンドーサ監督はフィリピンで最も知られた監督で、ドキュメンタリータッチな世界観も好きでした。この映画はチャンピオンになる話ではないですし、義足のボクサーが挫折も経験しながら挑戦していく話ですので、主人公の心の機微を描きたいと思っていました。その点でもメンドーサ監督は打ってつけでした。普通だったらお願いできる相手ではないですし、外部からの持ち込み企画で監督を務めるのも初めてとのことでしたが、こうして引き受けていただけて本当に良かったです。 Q 鍛え抜かれた肉体を披露されていますが、ボクサー役としての準備についてお聞かせください。 A尚玄身体は地道にボクシングを続けた結果ですね。それこそ週に5〜6日のペースでトレーニングしていました。この映画の撮影後もボクシングのトレーニングを続けているので、今見るとスキルの点では反省点も多いですが、当時できる全てを出し切っています。やはり、ボクサー役を演じる上では、見た目だけでなくそのメンタリティを近づけることがボクサーへのリスペクトでもあると思って臨みました。 Q ボクシングの試合のシーンは非常に迫力がありますが、撮影はどのように行なったのでしょう。 A尚玄僕は結構アクション映画にも出演しているので、こういったアクションでは実際には当てないという鉄則や、カメラの対角線上で攻撃をすることで当てているように見せるといったテクニックを学んできました。今回もそうするのかなと思っていたら、監督からは「当ててくれ」と。映像で見ると短く感じるシーンもあるかもしれませんが、どの試合シーンもかなり時間をかけて撮っているので、汗や疲労も全て本物です。 Q フィリピンでの撮影全般としてはいかがでしたか。 A尚玄メンドーサ監督はキャストに芝居を委ねてくれるタイプで、僕自身そういった自由なスタイルが肌に合っていると思っています。撮影地のGenSan(ジェンサン/ジェネラル・サントス)に撮影前に数週間滞在して、現地のジムでもトレーニングをしました。また、主人公ナオのコーチ役を務めたロニー・ラザロと交流する時間も前もって持つことができました。ナオにとってはコーチとしてだけではなく、父親の不在を埋めてくれる重要な存在でもあるので、事前にそういった交流や準備ができたのはとても良かったです。僕はこれまでアジア各地を巡ったこともありますが、フィリピンとの関わりはこの映画が初めてでした。メンドーサ監督とは2018年の釜山国際映画祭で初めてお会いして、東京国際映画祭で再会。その直後に監督のスタジオに口説きに行ったのがフィリピンへの初訪問でした。フィリピンでの撮影は、現場ではみんなが踊っていることもあれば、ロケ地の近くの屋台で買い食いしたり、撮影が押していてもイライラしている人もいなくて、みんなハッピーな人たちでした。監督は「日本人の目には不真面目に映るかもしれないが、私たちは楽しく映画を作ることを大事にしているんだ」と話していました。もちろん、シリアスなシーンでは緊張感もありましたので、ピリピリせずに年齢差関係なくフレンドリーに接していられる現場は素敵だなと思いました。ただ、ナオは孤立している役なのと、僕はフィリピンでの撮影後に日本での撮影も控えていたので、打ち上げで一緒にお酒を飲んだりということはできなかったです。 Q 本作を通じて新しい発見などはありましたか。 A尚玄役を演じるにあたっては時間をかけて向き合うことの大切さを感じました。映画1本を撮るには時間をかけて体もメンタルも作り上げていくものだと再確認できました。そこまでできれば僕らは不安もないですし、監督とチームを信頼してカメラの前に立てばいいんだと、役者としてとても大事なことを感じました。 Q尚玄さんからOKWAVEユーザーに質問! 尚玄皆さんはフィリピンの映画を観たことはありますか。印象に残っている映画をお聞かせください。まだ観たことがないという方はいい映画が多いのでぜひこの機会にご覧になってください。 回答する…

    続きを読む
  • 日本マクドナルド「ラッキーイエローウィーク」の新CMに出演する(左から)前田敦子、木村拓哉

    木村拓哉、前田敦子とCM初共演 監督の“秒単位”指示も息の合った演技で乗り切る | ORICON NEWS

    日本マクドナルド「ラッキーイエローウィーク」の新CMに出演する(左から)前田敦子、木村拓哉 写真ページを見る  俳優の木村拓哉と女優の前田敦子が、11日より放送スタートとなる日本マクドナルド『ラッキーイエローウィーク』の新CM「木村氏、一旦」篇で初共演を果たす。 【写真】その他の写真を見る  2022年のスタートとして、今月12〜25日の2週間にわたり「プレミアムローストコーヒー(ホット)」全サイズを、特別価格100円(税込)で提供する「ラッキーイエローウィーク」を全国のマクドナルド店舗で実施する。  木村が出演する「ラッキーイエローウィーク」の新CMでは、木村と前田がCM初共演。スーツ姿のビジネスパーソンの木村が、前田演じるマイペースな後輩社員に翻ろうされつつ、営業先を訪問する直前でマクドナルドに立ち寄り「ラッキーイエローウィーク」のコーヒーを楽しむ内容となっている。  撮影現場となるオフィスビルに到着した前田は、木村を待ちつつ入念にスタンバイ。間もなく到着した木村に「お久しぶりです〜」とあいさつすると、木村は“デキる後輩”を演じる前田の新鮮なメガネ&パンツスーツ姿に「こんな感じなんだね」と笑顔で話しかけ、しばらく談笑していた。撮影開始直前、「緊張する〜…」と硬い表情で演技を確認している前田を見た木村が「『ドキドキするぅ〜』ってことでしょ(笑)」とセリフをマネて笑いを誘うと、緊張がほぐれた前田は笑顔に戻り、リラックスした表情で本番に臨んだ。  1テイク終えるごとに自身の演技を確認し、ヘアメイク中も目をつぶりながらセリフの練習を行うなど、徹底したプロ意識を見せていた木村。せりふのやりとりからマクドナルドへ向かう一連の動きについて「現状の11秒よりコンパクトにしたい」と監督からオーダーがあると、木村は「まるでタイムアタックだよな〜…8秒にまとめるの?」と苦笑いしながらも、監督の「9秒でお願いします」という指示を聞き、すぐさま「OK!」と快諾。前田と絶妙に息を合わせながら撮影を再開した木村はジャスト9秒で演技を行い、監督は2人の演技を絶賛していた。  コーヒーを飲むシーンのせりふは木村と前田のアドリブで進められ、“仲のいい先輩と後輩”そのものの会話は、プライベートや仕事の話題で盛り上がり続けた。そんな中、木村が「オレ太陽だ」と「ラッキーイエローウィーク」のイラストに気づき、前田さんが「私、月ですね」と答えると、木村さんは「あ、『好きです』って言われたのかと思ったよ(笑)」とジョークまじりにトークを展開する場面も。最後に行われたナレーション収録では「じゃあ、前田さんからね」と木村が現場を仕切りながら、「はい次、テイク10!」と、厳しくも優しい“先輩役”を貫いていた。

    続きを読む
  • 画像: 岡田准一主演、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ら出演『燃えよ剣』3分でわかる新選組特別映像解禁!

    『フルハウス』などの人気俳優ボブ・サゲットが仕事先のホテルの部屋で急死。友人たちが哀悼の意を – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    * { top: 0; } #header-right > a { width: auto; position: absolute; padding: 0px 16px; font-size: 1.8em; line-height: 1;…

    続きを読む
  • 「中国で最も有名な日本人」俳優・矢野浩二 オスカー退会を報告 今後も日中の「パイプとして尽力」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    「中国で最も有名な日本人」俳優・矢野浩二 オスカー退会を報告 今後も日中の「パイプとして尽力」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    矢野浩二Photo By スポニチ  「中国で最も有名な日本人」と言われる俳優の矢野浩二(51)が7日、自身のツイッターを更新。所属するオスカープロモーションを退会することを発表した。  矢野は「新年早々ではありますが、この度、6年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退会することになりました」と報告。「中国から来た自分を面倒見て頂いたこと、関係者の皆さまには感謝!感謝!の気持ちでいっぱいです」と語った。  今後については「これからのことはまだ決まっていません」とした上で、「ただ今言えることは、私にとって中国市場を目指している方とは、やはり志で通じ合える部分があります。そういう意味でも、これからは誰でもご縁さえあれば、楽しいことが出来ればと思っています」と明かし、引き続き中国を“主戦場”とすることを示唆。「私も今年で52。やりたい事をやり、悔いなく過ごしていければと思います。そして日本と中国が更に身近に感じられる1年になるよう、その一本のパイプ(菅道)として尽力していく所存です。今後とも、よろしくお願い致します!」と結んだ。 続きを表示

    続きを読む
  • スパイダーマン

    あなたのお気に入りは? 映画で「スパイダーマン」を演じた全俳優ランキング | Business Insider Japan

    Sony Pictures スパイダーマンは最も有名なスーパーヒーローの1人だ。 何人もの俳優がスパイダーマンを演じることで有名になった。 Insiderがまとめたランキングを見ていこう。 ※映画の公開年はアメリカのものです。 11位 ヨーマ・タコンヌ 『スパイダーマン:スパイダーバース』より。 Sony 出演作:『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018年) ザ・ロンリー・アイランドのメンバーで、『ほぼ冒険野郎 マクグルーバー』や『俺たちポップスター』といった映画の監督でもあるヨーマ・タコンヌは、『スパイダーマン:スパイダーバース』のエンドクレジットに1967年のテレビアニメシリーズ版のスパイダーマンの声として登場した。 ちょっと笑えるものの、タコンヌは1967年のシリーズ当時、スパイダーの声を担当していたポール・ソールズにきちんと敬意を表している。 10位 アンドリュー・ガーフィールド 『アメイジング・スパイダーマン』より。 Sony 出演作:『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年) ガーフィールドは素晴らしい俳優だ。ただ、この役に関してはやや背伸びをしていた。…

    続きを読む
Close
Close