俳優

  • 映画 ミッドウェイ 【レビュー】勝利の中の間違い、敗北の中の正解。

    映画 ミッドウェイ 【レビュー】勝利の中の間違い、敗北の中の正解。

    動画制作者は、歴史にIFは無いというスタンスです。 動画の8分30秒まで、ネタバレ無しで、残りネタバレ有になってます。 米国産の戦争映画とは思えないほど、気遣いが。

    続きを読む
  • 【東京コミコン2020】「ストレンジャー・シングス」“ダスティン&ルーカス”の参加が決定! - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    【東京コミコン2020】「ストレンジャー・シングス」“ダスティン&ルーカス”の参加が決定! – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    2020年12月4日(金)~12月6日(日)の3日間、オンライン開催される「東京コミコン 2020」のバーチャルサイン会へのゲスト第4弾として、「ストレンジャー・シングス」のゲイテン・マタラッツォ氏とケイレブ・マクラフリン氏のセレブエリア参加が決定した。 ゲイテン・マタラッツォ氏とケイレブ・マクラフリンの参加が決定! チケットは10月20日(火)販売予定 2020年12月4日(金)~12月6日(日)の3日間、オンライン開催される「東京コミコン 2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)セレブエリアにて行われるバーチャルサイン会への参加ゲスト第4弾として、若手注目株の俳優ゲイテン・マタラッツォ氏と、同じく最注目の俳優ケイレブ・マクラフリン氏のセレブエリア参加が発表された。 ゲイテン・マタラッツォ氏は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の18歳で『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix で配信中)にて主要キャラクターのダスティン・ヘンダーソンを好演し、一躍人気の海外スターの仲間入りを果たした。またインディーバンド「Work In Progress」ではリードボーカルを担当するなど、多彩なキャリアを積んでおり、まさに今注目すべき俳優の一人である。 ゲイテン・マタラッツォ氏 そして、ケイレブ・マクラフリン氏はニューヨーク州カーメル出身でゲイテン・ マタラッツォ氏と同じく、Netflixで配信中の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』にて、主要キャラクターのルーカス・シンクレア役を熱演。なお舞台経験も豊富で、今後より多くの人気作に出演することが望まれる若手俳優だ。 ケイレブ・マクラフリン氏 なお、ゲイテン・マタラッツォ氏、ケイレブ・マクラフリン氏共に「Tokyo…

    続きを読む
  • 夜更けのほろ酔いラジオ #160 【天気の子】映画レビュー 感想&考察

    夜更けのほろ酔いラジオ #160 【天気の子】映画レビュー 感想&考察

    夜更けのほろ酔いラジオ 第160回 鑑賞作品【天気の子】 お酒を呑みながら映画、漫画、アニメなどのレビューをゆるいトークでお届けする飲酒ラジオです。 レビューする作品 …

    続きを読む
  • ビョンホン、11月21日に初のオンラインファンミーティング開催決定!日本ファンへのメッセージも - Kstyle

    ビョンホン、11月21日に初のオンラインファンミーティング開催決定!日本ファンへのメッセージも – Kstyle

    俳優として活躍しているビョンホンが、11月21日(土)に初のオンラインファンミーティング「BYUNGHUN PREMIUM ONLINE FANMEETING 2020」を行う。 彼は「工場長ポン作家」「スペシャルライア」「シークレット・ミッション」「Sダイアリー」「その夏、動物園」「ヨド」「泥棒俳優」など、多数の演劇とミュージカルに出演。また、ドラマ「タンタラ」「ごはん行こうよ3:ビギンズ」「神との約束」「緑豆の花」などに出演し、安定した演技力を披露して、多くの支持を受けている。今年4月から韓国で放送された「花様年華」にも、ヒロイン・ジスに思いを寄せるチュ・ヨンウ役で出演した。 動画プラットフォーム「FC LIVE」を通じて行うオンラインファンミーティング。1部は13時~・2部は16時半~の2部構成で行われる。ファンミーティング後には抽選で1部・2部各50名ずつオンラインサイン会も実施。久々の日本のファンのみなさんとの再会にビョンホンも楽しみにしている。 ――日本で待っているファンの方々にどのように過ごしていたのか近況報告をお願いします。 ビョンホン:ドラマ「花様年華」が終わって家族との時間をたくさん過ごしました。その間「ドン」・「カン」(愛犬2匹)ともたくさん遊び家族旅行も行って! ご飯をたくさん食べてたくさん太りました。 ――最近、YouTubeを始めて新しい挑戦をされているようですがこれから挑戦してみたいことはありますか? ビョンホン:日本のファンの方々と一緒にできる方法を探していたらオンラインファンミーティングを見つけました! だから僕の誕生日よりその日がもっとドキドキしています。とても会いたかったんです。 ――状況が良くなって日本に来ることができたら何をしたいですか?? ビョンホン:ファンの方々に会いたいです。そして寝る前に生ビールを一杯飲みたいです! ――最後に日本のファンの方々にメッセージをお願いします! ビョンホン:会えなかった間お元気でしたか? いつも感謝する気持ちで一生懸命過ごしているので僕達が会うその日まで健康でいてください! ■イベント概要「BYUNGHUN…

    続きを読む
  • 映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』レビュー

    映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』レビュー

    映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』 https://youtu.be/2d0aREJwL7A OFFICIAL WEBSITE: http://www.horama-line.com twitter: …

    続きを読む
  • 香川照之の実業家として挑むアパレルブランド、プロデューサー香川の2年間に密着! | ジェイタメ

    香川照之の実業家として挑むアパレルブランド、プロデューサー香川の2年間に密着! | ジェイタメ

    (C)TBS TBSで毎週日曜よる6時30分から放送中の『坂上&指原のつぶれない店』。本日放送のスペシャルに、香川照之がゲスト出演する。9月27日に放送された最終回が視聴人数3335.4万人(※JNN28局)を記録したほか、全話連続でTwitter世界トレンド1位などの金字塔を打ち立てた日曜劇場『半沢直樹』で、数々の名言と強烈な存在感を放ち、多大なインパクトを残した香川。 国民的俳優のひとりといえる香川だが、「俳優」というフィールドに加え、「実業家」というもう一つのフィールドに挑戦している。2年前、香川は昆虫キャラクターをデザインしたアパレルブランド「インセクトコレクション」を創設。プロデューサーとして服のデザインからラインナップ、販売戦略まで手がけ、9月26日(土)には東京・二子玉川の商業施設「二子玉川ライズ」に子ども服を中心としたブランドショップをオープンし話題となっている。 そこで番組では、アパレルブランドを創設した2018年から2年間にわたって香川に密着!店舗オープンまでの裏側を放送する。(C)TBS当初インターネットのみで販売していたが、順調に商品数が増え、ブランド人気も高まっていることを受け、今年二子玉川に実店舗をオープンさせることに。俳優の仕事と並行し、新商品のお披露目会や一流百貨店のバイヤーとの商談、店舗の内装工事など、業務をこなす香川の様子に密着。そこには、普段ユーモア満載の香川と同一人物とは思えないプロデューサーとしての大真面目な姿が―。 そして遂に迎えたオープン前夜、最終確認を行い、好印象な仕上がりにテンションが上がると、新たな名言が飛び出す一幕も!? 気になる客足と売り上げはどうだったのか?結果はスタジオで香川本人から発表!さらに、番組内では香川から視聴者の皆さまへ「恩返し」のプレゼント企画も実施される。(C)TBSまた番組では、いまだ多くの企業がコロナ禍にあえぐ中、デリバリーピザ業界で大躍進をとげた「ドミノ・ピザ」の魅力を徹底解剖。1985年、日本初のデリバリーピザ店としてオープンしたドミノ・ピザだが、ライバル店の攻勢の前に万年3位の座に甘んじていた。しかし、なんと店舗数首位を獲得!いったいなぜ?店舗数・業界最多となる全国700店舗!世界90カ国以上、およそ17,000店を展開する世界一のピザチェーンの秘密に迫る! そのほか、巷で女性に大人気の“スリコ”こと、「3COINS(スリーコインズ)」も大特集。スリコにまったく縁のないおじさん代表、ずん・飯尾和樹と、スリコ大好き女子代表の朝日奈央がトレッサ横浜店をリポート。あらゆる角度からその人気の秘密に迫っていく。 ■INSECT MARKET(インセクトマーケット)香川照之プロデュースのアパレル、雑貨、絵本などを扱う昆虫と学びのポータルサイト。自然教育を軸として SDGs に貢献し、子ども達と持続可能な社会を考えてゆくことがコンセプト。昆虫モチーフの服育ブランド Insect Collection や、自然教育絵本 INSECT LAND、草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden のアイテム約 500…

    続きを読む
  • 映画「劇場」劇場とアマプラで観た、ネタバレ無し感想レビュー!

    映画「劇場」劇場とアマプラで観た、ネタバレ無し感想レビュー!

    いやー、この映画は劇場でもアマプラでも違った感想が得られます! 必見です! 中島晃紀俳優としての活動↓ https://twitter.com/nakako_nakashi #劇場 #Amazon …

    続きを読む
  • 映画「福岡」 l KBS WORLD Radio

    映画「福岡」 l KBS WORLD Radio

    〇お久しぶりです。成川です。7月末に日本に一時帰国したんですが、コロナでいろいろ難しい状況で、まだ韓国に戻れておりません。武田さんとは先日韓国観光公社福岡支社のオンラインセミナーで韓国映画のロケ地についての対談を一緒にさせていただいたんですが、だから、というわけではないですが、本日は、映画「福岡」をご紹介したいと思います。チャン・リュル監督が福岡で撮った作品なんですが、私も撮影当時、韓国から福岡に飛んで、撮影の様子を取材してきました。炊き出しのお手伝いもして、クレジットにも名前を入れていただいた、という個人的に思い入れのある作品でもあります。 〇韓国では8月に公開されたんですが、まだ日本での劇場公開については聞いていなくて、昨年9月のアジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映されました。私は昨年11月のソウル独立映画祭で拝見しました。チャン・リュル監督の作品は、分かりにくい、という人もいるんですが、私は分かりにくいのは認めたうえで、それもひっくるめて好きなんですが、「福岡」もなかなか抽象的な映画です。まず、主演は、クォン・ヘヒョ、ユン・ジェムン、パク・ソダムの3人で、映画の中の役名もそのまま、ヘヒョ、ジェムン、ソダムです。パク・ソダムはいまや「パラサイト 半地下の家族」で世界的に注目される俳優になりましたよね。 〇私が撮影を直に見たのは、福岡で、主演3人が古本屋に入っていくシーンだったんですけど、実はそのシーンを撮る直前にお昼ご飯(カレーライス)の炊き出しをやっていて、パク・ソダムさんが食べているのも間近で見ていたんですが、ご飯食べてる時はオーラというオーラはあまりなくて、え?ほんとにパク・ソダム?というぐらい普通な感じだったのが、撮影で向こうから歩いてくると、それだけで絵になるんですね。さすがだなと思いました。 3人の関係を言うと、ジェムンとヘヒョは大学の時に同じ女性に好意を持っていて、それがきっかけで仲違いしたまま時を経る。ソダムはジェムンが韓国で営む古本屋の常連客だが、ある日突然福岡に二人で旅行に行こうと言い出す。一方、ヘヒョは福岡で居酒屋を営んでいて、そこへジェムンとソダムがやってくる。 という風に福岡での話が展開していくんですが、さっき福岡で撮影を見学した時に古本屋に3人が入って行ったって言いましたよね? 映画を見ていると、この古本屋が福岡なのか、韓国なのか、福岡と韓国がつながってるのか?と思う部分があって、そのあたりがチャン・リュル監督らしいんですが、不思議な空間、時間が体験できる映画です。 〇チャン・リュル監督の映画は「何も断定できない」のが特徴だなと思います。「福岡」の前の作品に「群山」という映画があって、これはムン・ソリとパク・ヘイルが主演でしたが、ユン・ジェムンとパク・ソダムも出てました。特にパク・ソダムは、この「群山」でいつも持っていた日本人形を再び「福岡」で手にしたり、関連性も見えるんですが、かと言って、続きだとか同じ人物と言えるわけでもない。でも、「福岡」を見る前にぜひ「群山」を見てほしいとは思います。 〇そもそもチャン・リュル監督が福岡で映画を撮ることになったのは、映画祭でたびたび福岡を訪れていたのがきっかけだったんですね。私も福岡に何度か行って感じたのは、やっぱり韓国と近いな、ということ。地理的に近いので韓国からの旅行客も多いし、福岡の人も釜山は国内のような感覚で行くみたいで。そういう意味で、福岡って日本?韓国?韓国とつながってる?という感覚になるし、チャン・リュル監督もそう感じたからこそ、古本屋の空間が福岡なのか韓国なのか、つながってるのか、と感じさせるような描き方をしたのじゃないかな、と思います。古本屋に限らず、映画全体をそういう境界の曖昧さが覆っている作品です。 〇チャン・リュル監督って中国出身の朝鮮族なんですよね。なのである意味自分の中に中国と韓国両方を持っている、境界の曖昧さというのが自身の中にあって、それがいつも映画に表れている。見ていると、当たり前と思っていることは実は当たり前じゃないかもな、という気持ちにさせてくれる、おもしろい監督です。俳優たちに人気の監督でもあり、低予算のわりに、キャストは毎度豪華なんですよね。「福岡」の日本公開、どこか配給社さま、ぜひ「群山」とセットでよろしくお願いします。

    続きを読む
  • 横浜流星 若手俳優のトップランナーが恋愛ドラマで放つ危うい魅力

    横浜流星 若手俳優のトップランナーが恋愛ドラマで放つ危うい魅力 – エキサイトニュース

    若手俳優のトップランナーとしてひっぱりだこな横浜流星横浜流星が最近、頻繁にバラエティー番組に出ている。12日(月)『スカッとジャパン』(フジテレビ)、13日(火)『火曜サプライズ』(日本テレビ)、15日(木)『テレビニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)、16日(金)『さんまのまんま』(カンテレ/フジテレビ)と毎日のように横浜流星を見ることができる。 【関連記事】横浜流星『チア男子!!』 キラキラ映画じゃなかった、全力チアを見よ 新型コロナ感染症にかかって、今秋上演予定だった主演舞台『宮本武蔵』(佐々木小次郎は伊藤健太郎)が中止になったことは残念だったが、無事に治って現場に復帰していることが喜ばしい。 治ったらすぐ主演ドラマ『わたしたちはどうかしている』(日本テレビ)の撮影に励み、最終回を迎えたら、この怒涛のような活動。大変そうだなあと思うが、いま、若手俳優のトップランナーの一人としてひっぱりだこだから無理もない。24歳、少年が大人になっていく狭間は輝く季節のひとつであるから、止まっていてはもったいない。体に気をつけて活躍してくれることを願う。 私たちはどうかしている/バップ →Amazonで購入する 極真空手で世界一に…そして無邪気な笑顔のギャップ バラエティーではいまどきの20代前半の若者感を全面に出し、親しみやすい雰囲気を漂わせる横浜だが、風邪薬のコマーシャルのアクションには近寄りがたいものがある。得意の極真空手の賜物であろう、動きの強靭さや速度が尋常ではない。 2011年、国際青少年空手道選手権大会13、14歳男子55キロの部で世界一になった実力の持ち主だけあって、股関節のしなやかさで決まる蹴り。飛び足刀という技も鮮やかに決めた。足のつけ根からつま先まで筋肉が連動し、的確に機能して獲物をしっかり仕留めそう。 最近の映像技術で速度などは調整が効くだろうけれど、筋肉の細部の動きや揺れみたいなものをわざわざCGで付け足すのは大変過ぎるし、どうしても不自然になると思うので、これはきっと本人のポテンシャルだと思う。 2019年の『嵐にしやがれ』(日本テレビ)で目隠しして気配斬りで対決するという企画で、嵐の大野智とアクション俳優・坂口拓と横浜の3人対決で、横浜がズバッと大野に斬り込んでいったときのことは忘れられない。 大野も坂口も横浜も身体能力の高い者ばかり。だが目隠しし暗闇のなか、大野と坂口は動かず気配を感じている様子であることに対して、横浜はむやみに動き回っていた。それが瞬間、覚悟を決めずばっとビニールのバッドを振り下ろし……。その迷いのなさに大物感があった。 そのあと、目隠しを外したあとの無邪気な笑顔のギャップ。女性ファンの多い横浜だが、彼のこの強さは同性でも好ましく映るのではないだろうか。

    続きを読む
  • 豊川悦司「國村さん早く来ないかな」映画「ミッドウェイ」で國村隼との共演喜ぶ

    豊川悦司「國村さん早く来ないかな」映画「ミッドウェイ」で國村隼との共演喜ぶ

    豊川悦司 #浅野忠信 #國村隼 映画「ミッドウェイ」の公開記念初日トークイベントが行われ、豊川悦司、國村隼、リモート出演で浅野忠信が登壇した。 フジテレビュー!!

    続きを読む
Close
Close