俳優

  • 第091回 【スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ】映画レビュー 感想&考察

    第091回 【スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ】映画レビュー 感想&考察

    夜更けのほろ酔いラジオ 第91回 鑑賞作品【スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ】 お酒を呑みながら映画、漫画、アニメなどのレビューをゆるいトークでお届けする …

    続きを読む
  • 林遣都と大島優子が結婚へ 朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    林遣都と大島優子が結婚へ 朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず― スポニチ Sponichi Annex 芸能

    20年2月、大阪成田山不動尊節分会で豆まきをする大島優子と林遣都Photo By スポニチ  俳優の林遣都(30)と元AKB48で女優の大島優子(32)が近く結婚することが28日、分かった。交際期間は約1年。NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月~昨年3月)の共演で距離を縮めた。一度も交際が報じられていない、売れっ子同士の“電撃婚”。東京五輪のメダルラッシュで沸く日本に驚きが広がりそうだ。  16歳でデビューし演技派へと成長した林と、トップアイドルから人気女優への華麗なる転身を果たした大島。国民的な知名度を誇る2人がひそかに愛を育み、近く結婚する。  2人は2012年公開の映画「闇金ウシジマくん」で共演。林は当時、AKB48メンバーの中で大島が“推しメン”と明かしていた。その後は友人関係が続いたが、急接近するきっかけになったのが「スカーレット」での共演。2人はヒロインの幼なじみ役を演じ、1年近くにわたる長丁場の撮影で多くの時間をともにした。これと前後して撮影が行われたフジテレビ「教場」(昨年1月)でも共演し距離を縮めた。  2人をよく知る芸能関係者は「シャイで人見知りな林さんと、誰とでも打ち解けるフランクな大島さん。性格は真逆なんですが、波長が合うようで凄くお似合いのカップル。大島さんは、2歳年下の林さんの作品や演技に真摯(しんし)に向き合う姿勢を尊敬し、ひかれていったそうです」と語る。  交際は「スカーレット」撮影終了後の昨年夏ごろにスタート。仕事関係者に迷惑を掛けたくないとの思いがあって、人の目に触れない“極秘交際”を徹底。自宅などでのデートを重ねてきた。  2人はすでに互いの親へのあいさつを済ませ、ごく親しい仕事関係者や友人には結婚を報告している。テレビ朝日「おっさんずラブ」やTBS「ドラゴン桜」など話題作に立て続けに出演している林は現在、主演映画「犬部!」が公開中。今後も多数の出演作が控えている。一方、大島は出演する配信ドラマ「上下関係」のキャンペーン中。互いの仕事が一段落したタイミングで婚姻届を提出し、同居生活をスタートさせる。  東京五輪のメダルラッシュで盛り上がる日本列島。その中でも、2人の“電撃婚”は大きな話題になりそうで、どんな報告があるか注目される。  ◇林 遣都(はやし・けんと)1990年(平2)12月6日生まれ、滋賀県出身の30歳。中3の修学旅行中に東京でスカウトされ芸能界入り。07年に主演映画「バッテリー」でデビューし、第81回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画新人男優賞を受賞。出演作にドラマ「おっさんずラブ」「ドラゴン桜」、映画「しゃぼん玉」「HiGH&LOW」シリーズなど。1メートル73、血液型O。  ◇大島 優子(おおしま・ゆうこ)1988年(昭63)10月17日生まれ、栃木県出身の32歳。子役として活動し、06年にAKB48に2期生として加入。選抜総選挙では10年と12年に1位。14年にグループを卒業し、女優に転身。出演作にドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」、映画「紙の月」「明日の食卓」など。17年に約1年間、米国に語学留学した。1メートル52、血液型B。 続きを表示

    続きを読む
  • 【ゆっくり映画レビュー】「ブラックウィドウ」これで彼女の活躍は見納めか??※若干ネタバレあり【新作映画】

    【ゆっくり映画レビュー】「ブラックウィドウ」これで彼女の活躍は見納めか??※若干ネタバレあり【新作映画】

    新作映画レビュー #アベンジャーズ #ブラックウィドウ映画 引用元: https://celeby-media.net/I0000812 https://eiga.com/coming/

    続きを読む
  • 映画『SAW1(ソウ)』のゆっくり感想・解説・考察!伏線回収が凄すぎるサイコスリラー映画!【ゆっくり映画】

    映画『SAW1(ソウ)』のゆっくり感想・解説・考察!伏線回収が凄すぎるサイコスリラー映画!【ゆっくり映画】

    映画「SAW(ソウ)」のゆっくり感想・解説・考察をしています。 アダムとゴードンが選ばれた理由、アダムとジグソウは共犯だった説、映画のトリビアについて語っています。

    続きを読む
  • 2020年の真田広之。(写真提供:Sthanlee Mirador / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

    真田広之:“俳優の完成形”とJACの歴史を、ビデオ考古学者・コンバットRECが振り返る | 国境を越えて活躍する日本人俳優 第1回 – 映画ナタリー

    国境を越えて活躍する日本人俳優 第1回 2021年7月27日 12:10 330 新連載「国境を越えて活躍する日本人俳優」がスタート! 本連載では、独自の武器を持って海外の現場で闘う俳優たちを取り上げていく。 第1回では、「ラスト サムライ」「47RONIN」などで知られる真田広之をフィーチャー。6月公開の「モータルコンバット」での“実質主役”ぶりが話題となり、「ジョン・ウィック」新作への出演も決まった彼の活躍は、海外メディア「The A.V. Club」に“ルネッサンス”をもじった「The Hiroyuki Sanadaissance」と紹介されたほど。今回は特別編として、真田がかつて所属していたJACの歴史にも詳しいビデオ考古学者・コンバットRECに、その歩みを解説してもらった。 文 / コンバットREC 年表・作品解説 / 浅見みなほ 真田広之、活躍の軌跡…

    続きを読む
  • 第239回 【キャストアウェイ】映画レビュー 感想&考察

    第239回 【キャストアウェイ】映画レビュー 感想&考察

    夜更けのほろ酔いラジオ 第239回 鑑賞作品【キャスト・アウェイ】 お酒を呑みながら映画、漫画、アニメなどのレビューをゆるいトークでお届けする飲酒ラジオです。 レビュー …

    続きを読む
  • JICA中東・欧州部 小森 明子さん(左)と、俳優 サヘル・ローズさん(右)。

    「マイナスはプラスに、ネガティブはポジティブに」。国を超えてチャレンジする二人の女性が見出した答えとは? | 文春オンライン

     今回は、国際的な活躍を続けている二人の女性にご登場いただき、彼女たちが直面している課題や、コロナ禍で孤立しがちな女性に対するメッセージなどを語っていただきました。 JICA中東・欧州部 小森 明子さん(左)と、俳優 サヘル・ローズさん(右)。 差別は国籍ではなく、未知なるものへの恐怖心から生まれる  テレビや映画、舞台などで活躍を続けるサヘル・ローズさんは、8歳の時に養母と共に来日。時には住む家もない貧困生活を送ったこともあるが、彼女を養護施設から迎えてくれた養母の愛に包まれ、さまざまな困難を乗り越えてきた。現在は俳優活動と並行し、途上国の子どもたちへの支援活動にも力を尽くしている。  今回は、幼少期から中東で生活することが多かったというJICA職員小森明子さんとサヘルさんが初対談。多様性の時代に日本が向き合うべき課題や、女性が社会問題に対して声を上げる困難さ、コロナ禍での孤立化などについて、同世代の二人が率直に語り合った。 サヘル・ローズさん(以下サヘル) 実は私、JICAとはご縁があって、以前私の養母がJICAの海外研修生の通訳を務めていたんですよ。それで私もJICAの通訳のテストを受けたことがあるんです。 小森明子さん(以下小森) え、そうなんですか! サヘル そうなんです。母はもともとイランでボランティア活動に積極的に参加していたので、私も自然と、大人になったら社会のために何ができるんだろうと考えるようになったんです。 小森 ご著書にも書かれていましたが、サヘルさんにとってお母さまの存在はとても大きなものなんですね。 サヘル そうですね。私が現在のような支援活動を始めた大きなきっかけは、もちろん養母の存在や、幼少期のいろいろな出来事にあると思います。でも、私は本当に恵まれた子どもの一人だったんですよ。はたから見たら大変で苦しい経験をして、「苦しかったね」「かわいそう」って言われてしまうことが多いんですけど、でも私は決して自分をかわいそうだと思っていないし、過去をネガティブにとらえたこともないんです。  私も母も、日本で出会った人たちに本当に支えてもらったから生きてこられた。その経験があるからこそ、人は一人では生きていけないし、特に異国の地では誰かの支えが必要なんだと知ることができました。 小森 来日当初は日本語も分からず、疎外感が強かったでしょうね。 サヘル でも、大人はもっと大変だと思うんです。母が言葉も宗教も違う国で子どもと一緒に生きていくためには、工場での重労働のような働き口しかなかった。だからといって、自分の国に帰ったところで当時は、戦争や革命で女性の地位がすごく下がってしまっていて、自由などないというのが現実だったんですよ。せめて娘には、自由に生きていける場所を提供したかったんだと思います。 小森 お母さまにとっては、サヘルさんの未来が大切だったんですね。 サヘル でも、それが28年前の日本だったから良かったんですよ。当時の日本には、いい意味でお節介な人がたくさんいましたから。 小森 お節介なご近所さん? サヘル そうそう。お節介ほど幸せなものってないんですよ。スーパーで毎日試食だけしていたら、係のおばさんが「ちょっと待って、これ持っていってね」って、食べ物がぎっしり詰まった紙袋を差し出してくれたり、学校給食のおばちゃんが、路上生活をしていたときにお風呂にも入れずに異臭がする私を見かねて「どうした、大丈夫?」って声をかけてくれて、公園生活から私たちを助け出してくれたり。…

    続きを読む
  • 【ネタバレ映画レビュー】「青くて痛くて脆い」をネタバレありで感想を話します!予告編に隠された謎を暴露!!

    【ネタバレ映画レビュー】「青くて痛くて脆い」をネタバレありで感想を話します!予告編に隠された謎を暴露!!

    話題の青春ミステリー「青くて痛くて脆い」をネタバレありで感想を話しました。 予告編からも伝わってくるラストに待ち受ける衝撃の展開とは? めちゃくちゃ楽しみにして観てき …

    続きを読む
  • “日韓夫婦”イ・ジフン、日本で結婚式も?14歳年下の妻が悩みを吐露「妊娠かコロナワクチンか…」 - Kstyle

    “日韓夫婦”イ・ジフン、日本で結婚式も?14歳年下の妻が悩みを吐露「妊娠かコロナワクチンか…」 – Kstyle

    写真=SBS「同床異夢2-君は僕の運命」放送画面キャプチャー歌手兼俳優のイ・ジフンと日本人妻のアヤネさんが結婚式の計画をめぐり、夢と現実の間で悩んだ。 最近韓国で放送されたSBS「同床異夢2-君は僕の運命」では、イ・ジフンとアヤネさん夫婦が挙式を計画する姿が公開された。 同日、2人は一緒に結婚式で披露するダンスを練習した。イ・ジフンは小柄な妻を持ち上げるラストで感嘆を誘ったことに続き、「君は以前、結構踊っていたじゃないか」と妻のダンスを見たがった。アヤネさんはガールズグループSISTARのダンスを披露し、魅力をアピールした。 食事の時間にイ・ジフンの実姉は「おかずを作った」とメールを送り、すぐにおかずが配達された。このVTRを見ていたキム・ソンウンは「あそこに入りたい」とうらやましがった。 さらにアヤネさんは「母と電話で話したんだけど、日本でも結婚式を挙げなきゃという話をした。日本でやることになれば、少なくとも半年後。私は30歳までに子供が欲しいと言ったけれど、もうすぐ30歳だ。結婚式を妊娠中にすることになるかもしれない。しかし妊娠すれば新型コロナワクチンが打てない」と悩みを打ち明けた。 イ・ジフンは「両方ともリスクがある。妊娠してワクチンが打てない場合もあるし、ワクチンが打てないと海外に行けないし。妊娠かワクチンか。これは世紀の悩みだ」と話し、これを見ていたイ・ジヘは「妊娠もすぐできるものではなく、天に任せるしかない」とアドバイスした。 それからアヤネさんは、結婚式で一緒にワルツを踊るという夢に加え、ファーストミートについて語った。ファーストミートとは花嫁が結婚式場で新郎に初めてドレスを公開することだ。結婚式前に新郎とドレスを一緒に選ぶ韓国と違って、日本ではファーストミートで結婚式当日に感動を与えたいという。アヤネさんは「お兄さんに泣いてほしい」と挙式でイ・ジフンが感動することを願い、これを見ていたキム・スクは「ロマンだと言っているじゃない。泣いてあげてよ」と話した。 しかし、イ・ジフンは妻のウェディングドレスを早く見たいという立場を見せた。そこで2人は家族を招集し家族会議を行うことにした。まもなくイ・ジフンの両親と姉の家族、兄の家族が一堂に会した中、最初の案件はアヤネさんが希望しているファーストミートについてだった。彼女の説明を聞いた家族たちは、イ・ジフンと父親をのぞく全員がアヤネさんの肩を持ってあげた。 2つ目の案件はアヤネさんの呼称に関することだった。現在、イ・ジフンの姪たちは、年の差があまりないアヤネさんを「お姉さん」と呼んでいた。イ・ジフンの父親は結婚式の後、「叔母さん」という呼称を使うよう整理し、イ・ジフンの姪たちはアヤネさんに予め呼称の練習をして「叔母さん、愛してます」と愛情を示し、和やかな雰囲気となった。 イ・ジフンとアヤネさんは9月に韓国での挙式を控えている。 ・イ・ジフン、14歳年下の日本人妻に謝罪「遅い時間になってごめんなさい」 ・イ・ジフン、14歳年下の日本人妻とラブラブ…日常生活を公開 元記事配信日時 : 2021年07月20日05時48分 記者 : ユ・ギョンサン

    続きを読む
  • 【映画レビュー】緋色の不在証明

    【映画レビュー】緋色の不在証明

    名探偵コナン#ポップコーン.

    続きを読む
Close
Close