俳優

  • 【映画紹介】『スーパーマリオ(実写版)』をレビュー【浅井ラム】

    【映画紹介】『スーパーマリオ(実写版)』をレビュー【浅井ラム】

    『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』のレビューです 映画レビュー一覧:https://www.youtube.com/playlist?list=PLo9OHt4mVTOC0qPSajKFD8txgKTKdT1hp 告知・雑談・ …

    続きを読む
  • 『GQ JAPAN』2021年6月号 Photographed by Junji Hata © 2021 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

    星野 源が表紙を飾る『GQ JAPAN』6月号!「愛で勝つ、サバイバル術」大特集。|コンデナスト・ジャパンのプレスリリース

    『GQ JAPAN』2021年6月号 Photographed by Junji Hata © 2021 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved. ■【COVER STORY】星野 源「変わり続けるために」 音楽家・俳優・文筆家として、日本のポップ・カルチャーのマイルストーンとなる仕事=作品を数多く手掛けてきた星野源。多忙な毎日を送りながらも、彼は一体どうやって時間を作り、そして、なぜ貧欲なまでに自らを更新し続けるのだろうか。時代と響き合う希代の表現者が、生活と仕事、そして、創造の裏側を語る。  ■2021年春夏最新ルック「明日に向かってワーク・イット!」 「今着たいリアルクローズ」をキーワードに、今季の最新ルックをピックアップ。旬なワークテイストから華やかなフォーマルウェアまで、今一番クールなメンズウェアをシュート!…

    続きを読む
  • 【ディズニーメイク】ラーヤになるがね🐉💎映画レビュー付き✌️【ラーヤと龍の王国】

    【ディズニーメイク】ラーヤになるがね🐉💎映画レビュー付き✌️【ラーヤと龍の王国】

    やっぴー!!! 本日も動画を見てくださってありがとうございます ! みんなもラーヤ見たら感想教えて✌️ 【ラーヤと龍の王国】 以下公式HPより抜粋 …

    続きを読む
  • WEB特集 大竹しのぶ × 井上ひさし 困難な時代でも“笑い”を | エンタメ

    憑依型の俳優とも呼ばれ、役に没頭する姿に魅了されるファンが多い大竹しのぶさん(63)。日本を代表する劇作家、故 井上ひさしさんと深い縁がある。先行きの見えない今を生きるうえで大竹さんが井上作品から伝えたいこと。それは、井上さんが愛した「笑い」だった。(山形放送局 記者 及川緑) ◇記事の最後に大竹さんのインタビュー動画を掲載しています◇ 役者人生に大きな影響 4月11日、山形県川西町に大竹しのぶさんの姿があった。没後11年を迎える井上ひさしさんをしのぶ「吉里吉里忌」に出席するためだ。今の川西町出身の井上さんの小説「吉里吉里人」をもじって名付けられ、ゆかりの地に多くのファンが集まる。ゲストとして登場した大竹さんは、25歳の時に井上さんが手がけた舞台に初めて出演したエピソードを語った。チャーミングな語り口で、時折、会場を笑いで沸かせた。 大竹しのぶさん「制作発表の場で初めてお目にかかって、すごく優しくて楽しい方だなって思いました。『ひょっこりひょうたん島』の人っていうことしか私全然分からなくて、すごい方なんだよって言われて」 大竹さんはその後、3つの井上作品に出演することになり、役者人生に大きな影響を与えることになる。 井上ひさし 物語に魅了 井上ひさしさんは平成22年に75歳でこの世を去った。昭和9年に山形県川西町に生まれ、昭和39年から放送されたNHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」の脚本担当の1人となったことで、一躍有名になった。 小説家としても、江戸時代の娯楽小説=戯作作家を描いた「手鎖心中」で直木賞を受賞する。東北地方の架空の村が日本から独立するという設定の「吉里吉里人」などベストセラーを発表した。反戦の立場で時代を鋭く批評しながらもユーモアを大切にする作風で、そんな井上さんが紡いできた物語に俳優 大竹しのぶも魅了された。 “言葉が役者の体を通して観客へ” 大竹さんは、井上作品への出演に直談判したエピソードを熱く語った。 大竹しのぶさん「井上さんのお芝居が好きで見ていて、もう直談判しました。『出たいんです、出たいんです、絶対出たいんです!』と言いました。井上さんの言葉は本当にすばらしい言葉ばかりで、井上さんの言葉が役者の体を通して観客に静かに染み渡っていくのを体感することができるんです」 むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく そこまで大竹さんを駆り立てた、井上さんの舞台の魅力とは何か?NHKのインタビューにこう応えた。…

    続きを読む
  • 【映画レビュー】ソニック・ザ・ムービー & ランボー ラスト・ブラッド(ネタバレなし)【VTuber】

    【映画レビュー】ソニック・ザ・ムービー & ランボー ラスト・ブラッド(ネタバレなし)【VTuber】

    #映画レビュー#バーチャルYouTuber.

    続きを読む
  • ゆっくりが贈る気まぐれ映画レビュー 「万引き家族」

    ゆっくりが贈る気まぐれ映画レビュー 「万引き家族」

    リクエストありがとうございます。大幅に遅れてしまい申し訳ないです。まだ上映している映画館もあるので是非見てください 主観まみれの個人の感想なのであまり気にしない …

    続きを読む
  • LINE NEWS VISION『VISION Lounge』

    名バイプレーヤー・俳優田中要次がゲストと共に“縦型動画”の魅力に迫る! 新感覚ナビゲーション番組「VISION Lounge」、LINE NEWS VISIONにて4月17日より配信|LINE株式会社のプレスリリース

      LINE NEWS VISION『VISION Lounge』 「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」は、スマートフォンに特化した新たな映像表現を目指し、「LINE」アプリの「ニュースタブ」内に掲出される縦型動画コンテンツです。「VISION」のコンテンツは、「縦型」「短尺」「エクスクルーシブ」な動画であり、またすべての動画が「番組・シリーズ」で構成され、それぞれが個別のLINE公式アカウントを持つことが特長です。2019年6月の提供開始以来、日本を代表する映画監督・岩井俊二氏が手掛けた縦型ムービーや、ピタゴラスイッチの生みの親・佐藤雅彦教授らが作る実験映像番組など数多くのシリーズを配信し、これまでの配信作品は、50シリーズにのぼります。 ■「これまで映像の世界が切り捨ててきた構図に、新しいオプションができた」(岩井俊二監督) 日本を代表する名監督・岩井俊二氏が、VISION作品に対する想いや縦型動画の魅力について語る 4月17日(土)より配信を開始する『VISION Lounge』は、これまで「VISION」で配信した各作品をピックアップし、俳優の田中要次氏と相棒のブルドック「COO(くぅ)」が、毎回、ゲストと共に各作品の魅力に迫っていく新感覚ナビゲーション番組です。 記念すべき第1回目のゲストには、昨年の12月に「VISION」で配信した、[Alexandros]主演の『夢で会えても』の監督も務めた岩井俊二氏をお招きし、コロナ禍で撮影し、緊急事態宣言直後に配信開始となった同作品への想いや、本作が本格的な演技が初挑戦であった[Alexandros]との共演について、撮影秘話などを語ります。また、岩井監督と田中さんは、本作が映画『リリイ・シュシュのすべて』以来の20年ぶりの共演という事もあり、終始リラックスした和やかな雰囲気の中で、「空の高さの捉え方が変わった」、「役者の座っているたたずまいでも、縦型である事で肖像画の様なアングルが撮れる」など、監督・俳優それぞれの視点で、縦型動画の可能性についてもトークを繰り広げます。 岩井修二監督がゲストの『VISION Lounge』は、4月17日(土)の前編と4月24日(土)の後編の2週に渡り、お届けいたします。 さらに、『VISION Lounge』のLINE公式アカウントを友だち登録すると、各話の更新通知のほか、見逃してしまったバックナンバーなども受け取る事ができます。 『VISION Lounge』のLINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-lounge   LINE…

    続きを読む
  • 【最高の実写】かぐや様は告らせたい映画感想 アニメ好き視点【キンプリ平野紫耀が光る!】

    【最高の実写】かぐや様は告らせたい映画感想 アニメ好き視点【キンプリ平野紫耀が光る!】

    橋本環奈ちゃんとジャニーズ期待の平野紫耀君の名演技はいかに!? 良かった所、悪かった所を徹底解説 EDダンス通常盤 →https://youtu.be/srHv77lAmW8 『かぐや様 …

    続きを読む
  • LINE NEWS VISION『VISION Lounge』

    名バイプレーヤー・俳優田中要次がゲストと共に“縦型動画”の魅力に迫る! 新感覚ナビゲーション番組「VISION Lounge」、LINE NEWS VISIONにて4月17日より配信:時事ドットコム

    [LINE株式会社] 初回ゲストは、[Alexandros]主演の『夢で会えても』の監督も務めた岩井俊二監督 『リリイ・シュシュのすべて』以来の20年ぶりの共演!名俳優と名監督の“縦型動画”への想いとは LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するNo.1*1スマートフォン向けニュースサービス「LINE NEWS」の動画コンテンツ「VISION」において、俳優・田中要次と相棒のブルドック「COO(くぅ)」が、毎回ゲストを招き、これまで「VISION」で配信した各作品を振り返り、縦型動画の魅力について迫る新感覚ナビゲーション番組『VISION Lounge』を4月17日(土)より配信開始、初回ゲストに[Alexandros]主演の『夢で会えても』の監督も務めた岩井俊二監督の出演が決定いたしましたので、お知らせいたします。*1 当社調べ:スマートフォン向けニュースサービスにおける月間利用者数(7,500万人/2020年4月時点)において『VISION Lounge』 LINE公式アカウント: https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-lounge 「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」は、スマートフォンに特化した新たな映像表現を目指し、「LINE」アプリの「ニュースタブ」内に掲出される縦型動画コンテンツです。「VISION」のコンテンツは、「縦型」「短尺」「エクスクルーシブ」な動画であり、またすべての動画が「番組・シリーズ」で構成され、それぞれが個別のLINE公式アカウントを持つことが特長です。2019年6月の提供開始以来、日本を代表する映画監督・岩井俊二氏が手掛けた縦型ムービーや、ピタゴラスイッチの生みの親・佐藤雅彦教授らが作る実験映像番組など数多くのシリーズを配信し、これまでの配信作品は、50シリーズにのぼります。 ■「これまで映像の世界が切り捨ててきた構図に、新しいオプションができた」(岩井俊二監督)日本を代表する名監督・岩井俊二氏が、VISION作品に対する想いや縦型動画の魅力について語る4月17日(土)より配信を開始する『VISION Lounge』は、これまで「VISION」で配信した各作品をピックアップし、俳優の田中要次氏と相棒のブルドック「COO(くぅ)」が、毎回、ゲストと共に各作品の魅力に迫っていく新感覚ナビゲーション番組です。 記念すべき第1回目のゲストには、昨年の12月に「VISION」で配信した、[Alexandros]主演の『夢で会えても』の監督も務めた岩井俊二氏をお招きし、コロナ禍で撮影し、緊急事態宣言直後に配信開始となった同作品への想いや、本作が本格的な演技が初挑戦であった[Alexandros]との共演について、撮影秘話などを語ります。また、岩井監督と田中さんは、本作が映画『リリイ・シュシュのすべて』以来の20年ぶりの共演という事もあり、終始リラックスした和やかな雰囲気の中で、「空の高さの捉え方が変わった」、「役者の座っているたたずまいでも、縦型である事で肖像画の様なアングルが撮れる」など、監督・俳優それぞれの視点で、縦型動画の可能性についてもトークを繰り広げます。岩井修二監督がゲストの『VISION Lounge』は、4月17日(土)の前編と4月24日(土)の後編の2週に渡り、お届けいたします。 さらに、『VISION Lounge』のLINE公式アカウントを友だち登録すると、各話の更新通知のほか、見逃してしまったバックナンバーなども受け取る事ができます。『VISION Lounge』のLINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-lounge 【田中要次さん プロフィール】…

    続きを読む
  • 【オススメ映画レビュー】炎628の感想!超傑作の絶望トラウマ戦争映画!心の弱いかにはオススメしません。

    【オススメ映画レビュー】炎628の感想!超傑作の絶望トラウマ戦争映画!心の弱いかにはオススメしません。

    私の大好きな映画を紹介するオススメ映画レビュー第一弾です。 流行りや新作なんのその、超個人的名作達を紹介いたします。 今回はソ連映画、炎628です。 言わずとしれ …

    続きを読む
Close
Close