俳優

  • 画像(001)「SteamDolls - Order Of Chaos」のKickstarterキャンペーンが開始。俳優のデヴィッド・ヘイター氏が主人公の声を務めるダークメトロイドヴァニア

    「SteamDolls – Order Of Chaos」のKickstarterキャンペーンが開始。俳優のデヴィッド・ヘイター氏が主人公の声を務めるダークメトロイドヴァニア

     First Press GamesとTop Hat Studiosは,「SteamDolls – Order Of Chaos」(PC / PS4 / Switch / Xbox One)のKickstarterキャンペーンを実施している。  本作は,「悪魔城ドラキュラ」や「ホロウナイト」などにインスパイアされたというメトロイドヴァニア系アクションゲームで,腐敗した社会を舞台に,暴力的なアナーキストである主人公のウィスパーが,秩序を破壊する革命を夢見て奮闘する。  ウィスパーの声は,英語版「METAL GEAR」シリーズでスネークを演じている俳優のデヴィッド・ヘイター氏で,ゲームの雰囲気が感じられるトレイラーが公開されている。  Kickstarterキャンペーンの期間は2020年7月2日までで,3万8500ユーロ(約467万円※2020年6月3日11:00時点)のストレッチゴールに到達すると日本語訳が実装された日本語版になるそうだ。支援者限定の特典も公開されているので,詳細を下記リリース文で確認しておこう。…

    続きを読む
  • 映画『存在のない子供たち』レビュー【DBD #463 映画レビュー & ゲーム実況】

    映画『存在のない子供たち』レビュー【DBD #463 映画レビュー & ゲーム実況】

    過去の映画レビューのリンクはこちら https://ameblo.jp/nanao-yoshi ○チャンネル登録はこちら …

    続きを読む
  • 一青窈 二つの祖国に引き裂かれた両親 映画『燕 Yan』出演で向き合った母の傷

    一青窈 二つの祖国に引き裂かれた両親 映画『燕 Yan』出演で向き合った母の傷 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

    日本人の母と台湾人の父のもとに生まれ、幼少期を台湾で過ごし、日本で育った歌手・一青窈。現在は3人の子どもを育てる母親である一青が、「子どもに本を読んであげたり、一緒に戯れたりするのは日常茶飯事なので、母親の役だったらできるかもしれない」と、俳優としてオファーを引き受けた映画『燕 Yan』が、間もなく公開される。 主人公の青年は自分自身に、青年の兄は姉に、自らが演じた母親は自身の母に重なったという本作への出演は、彼女の記憶の扉を開き、自身のルーツを見つめ直す体験でもあった。 ©2019「燕 Yan」製作委員会 一青の演じた台湾人の淑恵は、日本人の夫との間に産まれた2人の息子の母親だ。幼い頃に淑恵が兄だけを連れて帰台したことから、「母に捨てられた」と苦しんできた弟の燕(つばめ イエン)は、二十数年ぶりに母の故郷であり自分が生まれた場所・高雄を訪れ、母との失われた時間を取り戻していく。 「言わない」ことに込められた親の優しさと、「言わない」ゆえに起きた親子の断絶。それはアフターコロナへ向かう今、思いを言葉にして届けることの力を、一青があらためて感じるきっかけとなった。 映画の撮影で「父母の心の傷と向き合えた」 一青の母は、日本で出会った台湾人の夫と結婚後に台湾へ渡り、台北で家族の生活をスタートさせた。 「台湾に住んでいた頃の母は、現地の文化にうまくなじめず、周りから後ろ指をさされることもあったようです。ただ、その頃の私は劇中の燕と同じ小さな子どもだったので、そんな事情はまったく知らずに無邪気に生きていました。6歳上の姉(俳優・一青妙)が当時のことをよく覚えていて、『私の箱子』『ママ、ごはんまだ?』といったエッセイにも書いているんですけど、私はそれを読んで初めて母や姉の苦労を知ったんです。“知らない”ことによって、私は幸せな幼少期を過ごせていたんですね。そのありがたさを感じることができたのは、大人になってからでした」 「この映画でも、兄は兄で苦労していたことを燕は後に知るけれど、子どものときに説明されても、やっぱりわからなかっただろうと思います。でも時を経ることによって理解することはできる」  ©2019「燕 Yan」製作委員会 今回、劇中の一青は、淑恵の故郷である高雄訛(なま)りの北京語でセリフを披露している。これは難しい挑戦だった。多言語社会の台湾では、使う言語や発音が出身や時代背景と深く結びついているため、言葉は大きな意味を持つ。完成した映画を見て、一青がとりわけ懐かしさを覚えたのも、高雄で現地の高齢男性が日本語で話しかけてくるシーンだったという。台湾では日本の統治時代に日本語教育が行われており、その世代は今でも滑らかな日本語を話すのだ。 「台湾には実際に日本語を話すおじいちゃんやおばあちゃんたちがたくさんいるし、私の父もその一人だったんだろうなと思います。父が日本で暮らしていたときに教わった日本語の歌を歌っていたことも思い出しました。台湾人の父も、日本人の母と結婚して二つの祖国を持ちながら、日本統治時代の台湾を生きました。そんな父の疎外感や孤独を理解しようと台湾の本を読んだりしたこともあります。この映画の撮影は、子どもと離れる選択をしなくては乗り越えられないほどに傷ついた親の気持ちというものと、私自身が向き合う体験でもあったんです」 母になってわかった「言わないでおく大人の優しさ」 一青が6歳のとき、母娘は父親を台湾に残して日本で暮らし始める。日台両国にルーツを持つ自分と、日本で生まれ育った子どもたちとの差異。小学生の一青はそれを、国の違いではなく、別のところで感じていたと明かす。その悩みこそが、詩の歌い手としての一青窈が生まれる原点となった。 ©2019「燕 Yan」製作委員会 「6歳で父と離れ、8歳で父を亡くしたので。小学生時代は片親であるということに対して強いコンプレックスみたいなものを抱いていた気がします。父の日とか、両親が集まるようなイベントのときに、なんでうちは親戚の叔母が来るんだろう? って。その頃の『なんで私にはお父さんがいないんだろう?』という気持ちが、『なんで私は生きてるんだろう?』という問いまでたどり着いて、私は詩を書き始めました」…

    続きを読む
  • Hop's U-NEXT 映画レビュー #2「ブラックホークダウン」

    Hop's U-NEXT 映画レビュー #2「ブラックホークダウン」

    「トモコ’s 映画レビュー」のスピンオフ企画。 U-NEXTで配信されている映画を中心にレビューするのはトモコの息子こと、ホップ駒谷です。

    続きを読む
  • LINE LIVE、俳優『吉沢亮』の「11周年記念 LINE LIVEしりょう」配信が決定初のオンライン開催!ここでしか聞けない「スペシャルトーク」も必見:時事ドットコム

    LINE LIVE、俳優『吉沢亮』の「11周年記念 LINE LIVEしりょう」配信が決定初のオンライン開催!ここでしか聞けない「スペシャルトーク」も必見:時事ドットコム

    [LINE株式会社] 2020年6月21日(日)19:00より、配信スタート! LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE https://live.line.me/」において、俳優の吉沢亮さんによる「吉沢亮11周年記念 LINE LIVEしりょう」を6月21日(日)19:00より配信することになりましたので、お知らせします。 「LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも簡単に配信が可能なライブ配信サービスです。サービス開始以降、アーティストが新曲を披露したり、アイドルが新しい発表をしたりなど、リアルタイムでファンとコミュニケーションできる場として活用されています。 2020年でデビュー11周年を迎える俳優の『吉沢亮』さんは、大ヒット漫画の実写化「キングダム」で、戦争孤児の少年・漂と、中華統一を目指す若き王・えい政を1人2役で演じ、第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞。2021年に放送予定の、渋沢栄一を描くNHK大河ドラマ「青天を衝け」では主演に抜てきされるなど、今注目の若手俳優です。 本イベント開催の背景は、これから大河ドラマの撮影が始まり、しばらく大きなイベントの開催が難しい『吉沢亮』さんご本人が『「LINE LIVE」でファンの皆様とコミュニケーションをとりたい』と発案したことがきっかけです。 デビュー当初から、『吉沢亮』さんは、ファンとのコミュニケーションを大切にしてきました。11周年を迎える今年、ファンと直接コミュニケーションをとるオフラインイベントの開催が難しい状況になっていることを踏まえ、「LINE LIVE」でオンライン開催をすることが決定いたしました。 『吉沢亮11周年記念 LINE LIVEしりょう』は6月21日(日)19:00より配信、初のオンライン開催となっています。普段より気軽に参加できるのも「LINE LIVE」ならではの特徴です。ここでしか聞けない「スペシャルトーク」も披露されます。 【番組概要】番組名:『吉沢亮11周年記念…

    続きを読む
  • 【DBD #392】オススメ鮫映画ベスト3【映画レビュー & ゲーム実況】

    【DBD #392】オススメ鮫映画ベスト3【映画レビュー & ゲーム実況】

    過去の映画レビューのリンクはこちら https://ameblo.jp/nanao-yoshi ○チャンネル登録はこちら …

    続きを読む
  • 音声で伝える

    ポッドキャスト制作と配信プロデュースについて|Kaichi Digital Services, LLCのプレスリリース

    音声で伝える Kaichi Digital Services, LLCは企業が活用するウェブサイトやテキスト、ブログや動画コンテンツ以外の音声メディア、ポッドキャストの制作・企画、録音と編集、マスタリング、広告戦略の提案をさせて頂くことを発表いたします。欧米では個人事業主から中小企業、ジャーナリストや俳優、スポーツ選手、起業家、大企業までオウンドメディアとやブログと合わせてポッドキャストなどの音声コンテンツを制作することが主流となってますが、日本ではまだどの様にマーケティングやビジネス活用すればいいのか分からない、といった声も多くいただいております。 また日本ではポッドキャストはインターネットラジオの延長戦として認識されている為、ラジオよりのつくりになることが多いですが、欧米や海外では「自社でラジオ番組を持つ」といった具合にただ単にセールスを目的とするだけでなく、長期的なブランディングやクライアントとの関係を築くためのツールとしても利用されています。自社のホームページやブログ、YouTube動画では伝えられなかった細かいディテールが音声という聴くひとのイメージ力をかき立てる方法で、文字よりも多くの情報量で伝えることが可能になります。またコンテンツ自体も広告を合わせることにより新しいマネタイズも可能になります。 弊社Kaichi Digital Services, LLCは国内のナレーターや声優から海外とのインフルエンサーとも提携し、企業向けの音声広告の制作、またその場にいる様な高い臨場感を感じることができる3D音声も録音、制作可能です。詳しくはZoomオンラインセミナーや個別でのお問い合わせをお待ちしております。  

    続きを読む
  • 【ヒカリがムービング】美しき緑の星 映画レビュー動画 大切断をして世界を変えよう

    【ヒカリがムービング】美しき緑の星 映画レビュー動画 大切断をして世界を変えよう

    映画レビューシリーズ 今回紹介する作品は、コリーヌ・セロー監督主演のフランスのSF映画「美しき緑の星」です。 この映画は、地球とは異なる…

    続きを読む
  • 『美食探偵 明智五郎』仲里依紗を夫殺しに追い込んだ“キッチン・ハラスメント”に戦慄(2020年5月31日)|BIGLOBEニュース

    『美食探偵 明智五郎』仲里依紗を夫殺しに追い込んだ“キッチン・ハラスメント”に戦慄(2020年5月31日)|BIGLOBEニュース

     俳優の中村倫也が主演を務めるドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)“特別編”第2夜では、第4話で話題を呼んだ、仲里依紗演じる“れいぞう子”ことみどりを追い詰めたキッチン・ハラスメントの実態に迫る『れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編』を放送する。 本作は、東村アキコによる漫画『美食探偵—明智五郎—』(集英社「ココハナ」連載中)をドラマ化する、恋する毒殺サスペンス。美食家の探偵・明智五郎(中村)が類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する。  第4話で描かれた戦慄の“キッチン・ハラスメント殺人事件”。“れいぞう子”こと主婦・みどり(仲)は、東北の姑から送られてくる大量の手料理が冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを抱えていた。結婚して新居に引っ越してきて真っ先に買った、大きな真っ白い冷蔵庫。料理が大好きな自分の手料理で冷蔵庫をいっぱいにし、夫・和宏(落合モトキ)に食べてもらおうというささやかな主婦の夢は、毎週送りつけられてくる姑(どんぐり)からの真っ黒な手料理と、それをこよなく愛するマザコンの夫による“キッチン・ハラスメント”によって打ち砕かれていた。憔悴したみどりは、マリアに背中を押され、ついに夫を殺害してしまう。  ツイッターでは、「主婦の立場だからすごーく気持ちがよくわかるわ…」「切ないし、怖い」「仲里依紗の演技が凄すぎた」などの反響が相次ぎ、第4話放送後には、「#美食探偵」がツイッターのトレンド1位(日本)を獲得したほど大きな話題となった。  ただ料理が好きで、夫に自慢の料理をたくさん食べてほしかっただけなのに、どこから歪んでしまったのか。それは新婚間もない頃に遡る。新潟出身の夫は味付けの濃い郷土料理が大好きで、みどりもついその味を覚えたいと口にしてしまう。そして、和宏の母(どんぐり)からの善意のキッチン・ハラスメントが始まるのだった…。  なお今夜の“特別編”第2夜では、『れいぞう子のキッチン・ハラスメント地獄編』に加え、武田真治演じる“シェフ”が悪質レビュアーを窒息死させた事件の裏側に迫るオリジナルストーリー『ギャルソンは見た!! シェフと最後の晩餐編』の2本立てとなる。  ドラマ『美食探偵 明智五郎』“特別編”第2夜は、日本テレビ系にて今夜22時30分放送。

    続きを読む
  • 【アルキメデスの大戦】本当に見たかった菅田将暉!【映画レビュー】※ネタバレ大量

    【アルキメデスの大戦】本当に見たかった菅田将暉!【映画レビュー】※ネタバレ大量

    言い間違えたことや言いそびれたことに気づいたら都度この概要欄に記載します。 ◇チャンネル登録はこちらから↓ https://www.youtube.com/channel/UCMutK…

    続きを読む
Close
Close