ニュース

  • 放送後に若月佑美の公式サイトがダウン…細田善彦&若月佑美の演技に注目集まる「共演NG」3話 | cinemacafe.net

    放送後に若月佑美の公式サイトがダウン…細田善彦&若月佑美の演技に注目集まる「共演NG」3話 | .

    企画・原作に秋元康を迎え、中井貴一、鈴木京香ら超豪華キャストでおくるテレビ東京系「共演NG」の3話が11月10日放送。今回は細田善彦と若月佑美に評価が集まり、放送後には若月さんの公式サイトがダウンするほどの注目ぶりを見せている。 かつては恋人同士だったが、破局後、長らく共演NGだった大物俳優・遠山英二と大園瞳。この2人が25年ぶりにドラマ「殺したいほど愛してる」でまさかの共演を果たすことに――だがこの作品、2人以外の出演者も共演NGだらけという恐ろしい現場だった…という本作。 英二を中井さんが、瞳を鈴木さんがそれぞれ演じるほか、英二が瞳と二股をかけていた元アイドルの妻・雪菜に山口紗弥加。 「殺したいほど愛してる」で英二、瞳と共演する大御所俳優・出島徹太郎に里見浩太朗。出島と共演NGの小松慎吾に堀部圭亮。戦隊モノ出身イケメン俳優の佐久間純に細田善彦。佐久間と“キャラ被りNG”の加地佑介に小澤廉。アイドル出身の女優・篠塚美里に若月佑美。美里の後輩で共演NGの内田梢に小野花梨。 TV局のスタッフとしてドラマ監督の池田匠に岡部たかし。新人助監督・佐々木信也に森永悠希。フリーAP・楠木美和に小島藤子。局プロデューサーの是枝育夫に迫田孝也。テレビ東洋ドラマ部長の戸沢寛治に岩谷健司。出演者たちを追う芸能記者・中川に橋本じゅん。 英二の所属事務所社長・マーク野本にリリー・フランキー。瞳の所属プロダクション社長・古川しおりに猫背椿。英二と瞳を25年ぶりに共演させたドラマの“仕掛け人”市原龍に斎藤工といったキャスト。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。3話は「殺したいほど愛してる」の初回視聴率が発表されるが低調で、配信数も伸びないなか、佐久間と美里の不倫がスクープされる。2人とも降板かと思われたが市原がスポンサーを説得、撮影は続行されることになる。しかし2人の続投の条件としてスポンサーは謝罪会見を要求。市原はこれを宣伝に利用しようと、英二、瞳も同席させた前代未聞の謝罪会見を開こうと企む…というストーリーが展開。 広告の後にも続きます 不倫発覚後も撮影が続行されることになり、やつれた表情で現場に現れる佐久間と美里。出演者らに謝罪し撮影が始まるが、よりによって撮影は佐久間が父・英二の、美里が母・瞳の不倫をそれぞれ責めるシーンで、2人は「不倫」というワードを口にした途端、言葉に詰まり演技できなくなってしまう…。 極限の精神状態を見事に演じた2人にネットでは賞賛の声が続出。「2人のお芝居が上手すぎて苦しくなった」「細田君、凄い良かった」などの声がSNSにあふれる。 特に若月さんには「今日初めて若月を知った人は元アイドルなんて思わないだろうな」「演技上手すぎてほんとに苦しくなったし手に汗握りすぎて手が洪水おこしてた」など、女優としての成長ぶりを評価する声も多数。放送後には若月さんの公式サイトがサーバーダウン。大きな注目を集めている模様だ。 若月MGです。#共演NG の反響のおかげか、ただいま、若月のホームページのサーバーがダウンしてます。復旧しましたら、再度告知させていただきます。 — 若月佑美 official (@WAKA_Y_official) November 9, 2020 ソースリンク

    続きを読む
  • 「密告はうたう 警視庁監察ファイル」(実業之日本社文庫刊) (C)2019 伊兼源太郎/実業之日本社

    松岡昌宏、WOWOWドラマ初主演!警察内部の不正を疑う“監察係”に | .

    松岡昌宏がWOWOWドラマ初出演&初主演、俊英・伊兼源太郎が描く傑作警察ミステリー「密告はうたう 警視庁監察ファイル」のドラマ化で、身内の不正を洗う“監察係”に挑む。 松岡さんが演じるのは、4万人を超える警視庁職員の不正を突き止める警視庁人事一課(通称:ジンイチ)監察係に所属する警察官・佐良正輝役。 「ジンイチ」とは、警察内部の規律を守るため同じ警察官を疑い、見張り、時には告発する「警察の中の警察」。孤独にして秘密主義のプロ集団。佐良は、ある事件の捜査中に後輩刑事を殉職で失い、捜査一課からジンイチに異動。同僚からは裏切り者と敵視されながらも孤独に業務をこなすが、1通の密告文に端を発し、かつての同僚・皆口菜子の監察を命じられることに。皆口の尾行(行動確認)を進めるうちに、ある未解決事件の真相と、警察内部に潜む深い闇にも辿り着くが…。 ジンイチによる監察対象の行動確認(通称:コウカク)は、本来尾行のプロである身内の刑事たちにも気づかれないほどの高い技術が必要。緊迫感溢れる佐良の「コウカク」シーンも本作の見どころとなる。 現在撮影中の現場から届いた場面写真も、松岡さん扮する佐良が監察対象者をコウカクしているシーン。周囲に溶け込むような目立たない格好に身を包み、対象を尾行しながら、険しい表情で証拠を収めるためカメラを構えている姿が印象的。 近年は「家政夫のミタゾノ」シリーズや「死役所」など、キャラクター性が強い役柄で世間の話題をさらってきた松岡さん。今回は、過去の事件で人生が一変した影のある警察官役に。“警視庁人事一課モノ”という、刑事VS犯人の構図をとる従来の警察ドラマとは一線を画した本作で、新境地を見せてくれそうだ。 松岡さん自身も「久しぶりの社会派ドラマで、かつ初めてのWOWOWドラマ作品ということもあり、自分の新しいステップになれば」とオファーに応えたことをコメント。 広告の後にも続きます 本作に対し、「一筋縄ではいかない、組織の闇みたいなものを感じました。佐良という男が背負っている、様々な苦しみや葛藤、そして周りを取り巻く人間関係、様々な謎に包まれている作品だと思います。時代と共に、変わっていく佐良という男の考え方、物の捉え方、その辺りにとても深いものを感じます」と演じるキャラクターに思いを寄せた。 原作は、新聞社勤務などを経て、2013年に「見えざる網」で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビューを果たした気鋭作家・伊兼源太郎。人間ドラマを巧みに織り込んだ社会派作品を数多く手掛け、今年5月からは4か月連続で新刊が刊行されるなどの活躍を見せるミステリー作家。 実写ドラマ化に際し、警察の監察係という「一般には馴染みの薄い世界」を舞台にすることに驚いたという伊兼氏。「圧倒的な熱量の企画書、時間を忘れて読みふけった脚本、小説執筆時のイメージ以上に登場人物像にぴたりと合致する松岡昌宏さんをはじめとする豪華キャスト陣――。そこに襲ってきたのが新型コロナの流行です。予定通りのスケジュールで制作すると聞いた際は、関係者の方々が無事に撮影を終えられるのを祈るばかりでした」と、興奮を抑えながらコメント。 「信じたい相手を信じられない状況に置かれた場合、人はどんな行動をとれるのか。キャストとスタッフの皆様が作り上げる『密告はうたう』の映像世界を観るのが、今から楽しみでなりません」と期待を寄せる。 監督は連続ドラマW「殺人分析班」シリーズなど数多くのクライム・サスペンス作品を手掛けてきた内片輝、脚本は「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」の鈴木謙一、音楽は『見えない目撃者』の大間々昂が担当する。 内片監督は「『密告はうたう』には、間違いなくハードボイルドな魅力が詰まっている」と語り、「佐良を演じる松岡昌宏の背中には、そんな色気と不器用さが同居している。撮影の最中、刹那にみせる横顔は、主人公そのものじゃないか!と、どきりとさせられる」とコメントを寄せている。 連続ドラマW「密告はうたう 警視庁監察ファイル」は2021年、WOWOWプライムにて放送予定(全6話/第1話無料放送)。 ソースリンク

    続きを読む
  • 森本慎太郎の“叫び”と濡れ髪の戸次重幸に多くの視聴者から反響…「監察医 朝顔」2話 | cinemacafe.net

    森本慎太郎の“叫び”と濡れ髪の戸次重幸に多くの視聴者から反響…「監察医 朝顔」2話 | .

    上野樹里が法医学者役で主演する「監察医 朝顔」第2シーズンの2話が11月9日オンエア。今回はよじ登った金網を揺らされ思わず叫んでしまう森本刑事を演じた「SixTONES」森本慎太郎と、ラストの戸次重幸の姿に多くの視聴者が反応した。 人気同名コミックのドラマ版の第2シーズンとなり、月9ドラマとして初めての2クール連続放送されることも話題を呼んでいる本作。法医学者の主人公とベテラン刑事の父の親子がさまざまな事件を、解剖と捜査それぞれの方法でアプローチ。遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描く。 東日本大震災で母を失い、遺体も見つからないという悲しみを抱えるゆえ誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合っていく法医学者の万木朝顔に上野さん。 朝顔の父で、時間があれば東北へ向かい妻の遺体を探し続けている野毛山署強行犯係に勤めるベテラン刑事の万木平に時任三郎。 野毛山署強行犯係勤務を経て、現在は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送る朝顔の夫で刑事の桑原真也に風間俊介。また山口智子、中尾明慶、志田未来、戸次さん、柄本明、森本さんらが出演。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。今回は空地で男子中学生の遺体が発見。遺体は14歳の矢野諒で野球のユニフォーム姿で、みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなく、さらに連絡を受けて駆けつけようとしていた諒の父親が、階段から落ちて意識不明状態になってしまう。諒には双子の兄・一馬がいたのだが、事件当日2人はお互いのユニフォームを交換、金網にはさまったボールを取ろうとして一馬のほうが感電死。諒はそのことを言い出せず…というのが今回のストーリー。 現場にやってきた朝顔は当時の状況を調べるため、森本(森本さん)に金網を登ってもらう。高橋(中尾さん)が下で金網を揺らすと、思わず「うわぁぁ」と叫ぶ琢磨…その様子に「少しだけ斜めになってる絆創膏貼った森本刑事すっごく可愛かったよ」などの声が上がる。 広告の後にも続きます 一方、ラストでは雨のなか帰宅した真也が、朝顔に髪を拭いてもらっている山倉(戸次さん)を見て「どういうこと?」と驚愕する。これには「最後凄く謎すぎる。何で朝顔の家に戸次重幸さんがいたの?」「現れた顔が不安げな可愛い子犬でしかない」「濡れ髪のシゲちゃん、最高に好き過ぎる」「濡れた子犬が似合い過ぎるシゲさん」など、戸次さんの子犬のような表情にも多くの反応が寄せられている。 ソースリンク

    続きを読む
  • 「オオカミくんには騙されない2020」 (C) AbemaTV,Inc.

    大人になった“今”だからこそみたい「ABEMA」恋愛番組3選 | .

    テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、「ABEMAプレミアム」限定公開中の作品より、大人になった“今”だからこそ見たい20・30代にオススメの「ABEMA」恋愛番組3選として、「オオカミくんには騙されない」、「恋愛ドラマな恋がしたい」、「17.3 about a sex」をご紹介! 「オオカミくんには騙されない」 真実の恋をしたい男女がデートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける「ABEMA」オリジナル恋愛リアリティーショー。出演する男女メンバーの中には、好きでもないのに好きなフリをして真実の恋を惑わす「嘘つき“オオカミ”」が最低1人以上紛れ込んでおり、「“嘘”の存在が生み出す真実の恋」をコンセプトとした、大人たちが熱くならずにはいられない“忘れかけていた青春”の純愛模様が映し出される。 2020年8月より配信開始をした最新作の「オオカミくんには騙されない2020」では、“胸キュンだけではない大人の恋愛”に焦点を当て、真実の恋をしたい男女10名による本気の恋に落ちていくまでを追いかける。出演する俳優やアーティスト、プロサーファーなど、様々な分野で活躍する男性メンバー5人の中に最低1人以上紛れる「嘘つき“オオカミくん”」に切なくも翻弄される女子メンバーたちの恋心に、多くの視聴者から共感の声が寄せられている。 また、スタジオMCの横澤夏子、飯豊まりえと共に、新MCとして加わった滝沢カレン、神尾楓珠による笑いを交えた掛け合いと、鋭い洞察力で「オオカミは誰なのか?」推理していくスタジオトークが見どころだ。 視聴はこちらから 配信日時:8月16日~11月1日まで配信 (毎週日曜 夜10時~・全12回)※配信期間終了後は「ABEMAプレミアム」限定公開 「恋愛ドラマな恋がしたい」 若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける「ABEMA」オリジナル恋愛リアリティーショー。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。若手俳優たちがキスシーンのあるドラマを演じる中で生まれる葛藤、嫉妬、駆け引きなどむき出しになるリアルな感情も大きな見どころだ。 2020年9月より配信開始をした最新作の「恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~」では、“ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で、前代未聞の“全話ベッドシーン”という恋愛ドラマに挑戦。また、シリーズ史上初となるメンバー全員での共同生活や、選ばれたカップルが一夜を一つのベッドで2人きりで過ごす事で“秘密の稽古”を行うなど、これまで以上にパワーアップした恋愛模様をお届け。今をときめくフレッシュな若手俳優8名による、恋と夢と青春の記録を覗いてみて。 広告の後にも続きます 視聴はこちらから 配信日時:2020年9月26日(土)~2020年12月12日(土)まで配信(毎週土曜 夜11時~・全12回)※配信期間終了後は「ABEMAプレミアム」限定公開 「17.3…

    続きを読む
  • 「姉ちゃんの恋人」

    奈緒「ドキドキ」高橋海人“和輝”との恋が始まる第3話「姉ちゃんの恋人」 | .

    有村架純主演ドラマ「姉ちゃんの恋人」の明日11月10日(火)放送の第3話に先駆けて、本作に出演中の奈緒からコメントが到着した。 第2話までは、有村さん演じる桃子と吉岡真人(林遣都)、市原日南子(小池栄子)と高田悟志(藤木直人)の恋模様が描かれてきたが、第3話からは桃子の幼なじみの親友・浜野みゆき(奈緒さん)と桃子の弟・和輝(高橋海人)のラブストーリーも本格スタートする。 みゆきというキャラクターについて奈緒さんは「すごく情に厚い人ですね。家庭環境や仕事の悩みを抱えているんですけど、桃子をはじめ、そばにいてくれる人に対しては、時に厳しく、本当に心からの愛を持って接する女性だと思います」と分析。 年下男子からアプローチをかけられることについて「そもそも恋愛から離れていた生活を送っていた中で、今まで弟のように思っていた年下男子の和輝くんが踏み出した一歩によって、みゆきさんにとって今まで見えていた世界や過ごす日常が一変します。その素敵な変化がすごく面白いと思いますし、お芝居をしていてもドキドキします」とコメント。 また「幸せな瞬間を作品の中で感じさせていただき、見てくださる方に『自分にもこんなことがあるかも』というキラキラした希望をお届けできるのではないかと思いながら、すごく楽しんで演じさせていただいています」と撮影中の心境を明かす。 そして「驚きと戸惑いを抱え、この先の話で出てくるみゆきさんの表現として“カオス”な状態ですが、これから一人の男性として和輝くんと向き合っていく恋模様、そして桃子との友情に注目してほしい」とアピールし、「和輝くんとみゆきさんの恋愛パート以外でも、誰かに自分を重ね合わせて楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントした。 「姉ちゃんの恋人」は毎週火曜日21時~カンテレ・フジテレビ系にて放送中。 広告の後にも続きます ※高橋海人の「高」は、正しくは「はしごだか」 ソースリンク

    続きを読む
  • 土曜プレミアム「まつもtoなかい~マッチングな夜~」(C)フジテレビ

    菅田将暉ら出演! 松本人志&中居正広が考案「まつもtoなかい」放送決定 | .

    松本人志と中居正広がMCを務める番組「まつもtoなかい~マッチングな夜~」の放送が決定した。 松本さんと中居さんが考案した同番組は、彼らが“会わせてみたい2人”をマッチングし、対談する2人の様子を仲人として見守るという実験的なトークドキュメンタリー番組。 マッチングされるのは、“ロックの神様”甲本ヒロトと俳優・菅田将暉。ファッション、言葉、全てにおいて甲本さんの影響を受けてきたという菅田さんは、主演ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の主題歌に「ザ・クロマニヨンズ」が起用された時は感慨無量だったという。今回は音楽、夢、マル秘エピソードなど男たちの本音トークが展開される。 また、女優同士で天海祐希と小池栄子がマッチング対談。舞台などで共演歴のある2人だが、プライベートでの親交はあまり無く、踏み込んだ深い話をするのは今回が初めて。お互いを探り合いながら進めていく4人の会話は見どころの一つ。小池さんは、一切隙が無い完璧な女性として天海さんをリスペクトしながらも、「だらしないところやダメな部分も見てみたい」と、プライベートに関する質問で攻め込んでいく。 ほかにも、共演歴はゼロのローラ×フワちゃん、森進一×Hiro(「MY FIRST STORY」)の親子初共演が実現する。 土曜プレミアム「まつもtoなかい~マッチングな夜~」は11月21日(土)21時~フジテレビにて放送。 ソースリンク

    続きを読む
  • japan-bill

    統合型リゾートを建設予定、法律はいったいどうなるの?

    2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。この法律が成立して約4年が経過していますが現状はどのようになっているのでしょうか? ここでは統合型リゾート(IR)整備推進法案の進捗状況や今後の流れを紹介します。 統合型リゾート整備推進法案の現状 統合型リゾート整備推進法案は、外国人を日本に誘致して財政難を改善させようという目的のために作られました。 安部前首相は統合型リゾートの整備と推進を集中的に進めるための機関「特定複合観光施設区域整備推進本部」を内閣に設置しました。そして、統合型リゾート整備推進法案が「これからカジノを運営していきましょう」という内容であるのに対し、より具体的な内容を定めた「統合型リゾート実施法」が成立しました。この法律では、カジノ事業免許、入場料、入場制限、カジノ管理委員会の設置などについて定められています。 また、カジノを設立するのであれば、ギャンブル依存症に対する対策も行わなければいけません。そこで、「ギャンブル等依存症対策基本法」では自治体・事業者は政府が策定した基本計画を元に対策計画を策定することが定められています。この法律が成立すると同時に、菅義偉前内閣官房長官を本部長として、ギャンブル等依存症対策推進本部が設置されました。カジノが設置されるのであれば、ギャンブル依存症の予防・啓発や、医療・相談体制の整備、患者とその家族のケア、社会復帰の支援などを十分に行う必要があります。 また、ギャンブル依存症対策以外にも、反社会的勢力の排除、マネーロンダリング対策などの同時に行う必要があります。 現時点では、ここまでは完了しており、統合型リゾートに向け計画が進められています。 今後の準備は? 新型コロナウイルスの影響で統合型リゾート建設の準備は大幅に遅れています。当初2020年1月に基本方針の策定・公表が発表されていましたが、これは依然新型コロナウイルスの影響で策定時期は未定となっています。 また、どこに統合型リゾートが設置されるのかも、まったく決まっていない状態となっています。横浜市など、市民が統合型リゾートの建設に反対しているケースが少なくなく、どこに建設されるのかが全く決まっていないのです。 建設地が決定した後には、統合型リゾートの建設に協力する事業やの決定、統合型リゾートの建設、という流れになります。 当初、統合型リゾートは「2020年の東京オリンピックに合わせてオープンを!」と言われていましたが、新型コロナウイルスの影響でオリンピックが延期されたこともあり、この目標を達成するとはできませんでした。コロナ禍以前は順調にいけば早くて2025年頃にもオープンするのではと予想されていましたが、現時点では政府の基本方針も策定されておらず、オープン時期は未定の状態が続いています。 カジノができた際の規制 日本でカジノができた場合、ギャンブル依存症を防ぐために、いろいろな規定が設けられる予定です。 例えば、統合型リゾート実施法案では、カジノのメインターゲットである外国人観光客無料で入場できるのに対し、日本人および在日外国人のカジノ入場料は6,000円と設定しています。 また、日本人および在日外国人の入場制限回数は週3回・月10回までとされています。この入場回数を制限するために、人確認システムとして、マイナンバーカードの提示や、顔認証の導入が予定されています。 このように日本におけるカジノは外国人観光向けであり、日本人および在日外国人に対しては厳しい規制が行われることが予想されているのです。このような規制は今後も追加されていく可能性があります。そのため、カジノができたからと言って、日本人にとって気軽に利用できるものとはならないかもしれません。 日本でのオンラインカジノの扱いは? 現在、日本におけるオンラインカジノはグレーゾーンとなっています。しかし、日本国内にて今後カジノが誕生するのであれば、オンラインカジノも合法になるのはないかという可能性が考えられています。…

    続きを読む
  • アン・ハサウェイ(C)Getty Images

    アン・ハサウェイが大魔女に、ファンタジー映画『魔女がいっぱい』12月4日公開 | .

    アン・ハサウェイが出演する映画『The Witches(原題)』が『魔女がいっぱい』の邦題で、2020年12月4日(金)に日本公開されることが決定。場面写真も到着した。 60年代、ある豪華ホテルに現れた、誰よりも危ない邪悪な大魔女<グランド・ウィッチ>。魔女は実在していて、実は世界中に潜んでいる。彼女たちはいつまでも若く、おしゃれが大好きで、いつも帽子をかぶり長い手袋をしている。そして人間のふりして普通の暮らしをしながら、時々こっそり人間に邪悪な魔法をかけている。 彼女たちの存在に気づいている人間はいない――気づいた人間は動物にしてしまうから。彼女たちの頂点にいる大魔女が、そんな魔女たちを集めて目論むある計画とは――。ある少年は偶然魔女の集会に紛れその計画を知ってしまうが…。 本作は、映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールのもうひとつの人気作「The Witches」の実写映画化作品。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキスがメガホンを取り、『プラダを着た悪魔』『マイ・インターン』のアン・ハサウェイが、世界一恐ろしい大魔女<グランド・ウィッチ>役で主演を務めた。 アン・ハサウェイまた、『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ、『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロンらが製作陣に名を連ね、そしてオクタヴィア・スペンサー、スタンリー・トゥッチなど豪華キャスト陣が脇を固め、おとぎ話のような世界観を作り出した。 オクタヴィア・スペンサーそして到着した場面写真には、アン演じるグランド・ウィッチ率いる魔女たちが集結している。 『魔女がいっぱい』は12月4日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 「THEATRE for ALL」

    日本初のバリアフリー型動画配信プラットフォーム「THEATRE for ALL」作品募集締切間近 | .

    パフォーミングアーツ、映画、メディア芸術を対象に、視覚・聴覚情報・言語を中心としたバリアフリー対応を施した日本初の芸術鑑賞プラットフォーム「THEATRE for ALL」計画が始動、現在、動画配信コンテンツを募集中だ。 「THEATRE for ALL」は、文化庁による文化芸術収益力強化事業として、新型コロナウイルスで外出困難となった人たち、障がいや疾患、育児や介護などを理由に劇場や展示鑑賞が困難な人たちに対しても、誰もが好きなときに好きな場所から芸術に親しめる、オンライン上のアートセンターの実現を目指していく。 特に視覚障がい・聴覚障がい・知的障がい・発達障がい・子ども・母語が日本語以外の人を対象とした<バリアフリー>、作品に対する解説や作品の理解を深めるための双方向型のレクチャー/ワークショップなどを行う<eラーニング>プログラムの開発に力を入れていく。 現在、バリアフリー対応やeラーニングの実施に取り組み、バリアフリー型の動画配信プラットフォーム「THEATRE for ALL」(仮称)で公開する映像・作品・番組を公募中。 例えば、親しみやすく話題性の高い作品、オリジナリティがある作品、後世に伝え残す意義の高い作品、若い作家の意欲作や切実な挑戦を行う作品、世界各地のアーティストによる新しいアプローチに触れられる作品やドキュメンタリー番組などを募集している。 公募スケジュールは以下の通り。募集締切はジャンルにより異なり、早いもので11月4日(水)が締切日となっている。 「THEATRE for ALL」公募スケジュール 広告の後にも続きます 公募1:名作・名画・名舞台などの映像第1次募集:10月22日(木)~11月4日(水)第2次募集:11月5日(木)~11月20日(金) 公募2:演出や創作プロセスにおいて、インクルーシブな視点を持って新たに制作・上演する作品の企画10月22日(木)~11月4日(水) 公募3:アーティストや作品の製作風景、国内外の劇場やフェスティバルの取組などを追うドキュメンタリー番組の企画10月22日(木)~11月4日(水) ソースリンク

    続きを読む
  • NHK連続テレビ小説「エール」クランクアップ

    窪田正孝「エール」コロナ禍経てクランクアップ「今後の財産になりました」 | .

    窪田正孝主演のNHK連続テレビ小説「エール」が、およそ13か月にわたる撮影を昨日10月29日に終えたことを発表、主人公・古山裕一を演じきった窪田さんから感慨のコメントが到着した。 昨年9月から撮影に入った本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を生み出した作曲家・古山裕一(窪田さん)とその妻・音(二階堂ふみ)と彼らを取り巻く人々を描いた物語。 撮影開始時には予想もできなかった2か月半にも及ぶ撮影休止期間を乗り越え、無事撮了となったことに「主人公・裕一の人生をかけぬけました! 昨年の9月に撮影を始めて、学生服を着て撮影していたのが、昨日のことのように思えてなりません」と、白髪交じりの姿の窪田さんはコメント。 「まだ、終わった気がしないのですが、これから寂しさが来るのかな。1年間、朝ドラの主人公を演じたことでふみちゃんをはじめとする共演者、スタッフの皆さんとのすてきな出会いをいただき、今後の財産になりました!」とまさに駆け抜けた日々をふり返った。 そして撮影終了にあたり、制作統括・土屋勝裕氏は「13か月の長期の撮影を、座長としてスタッフ・キャストを引っ張ってきてくださって、本当にありがとうございました!通常の撮影でも大変なのに、コロナ禍で撮影が中断、途中再放送でしのぐことになるという前代未聞の状況を乗り越えることができたのは、窪田正孝さんをはじめとするキャストの皆さんの熱意、そして『エール』に“エール”を送ってくださった視聴者の皆さんのご支援のおかげです」と感謝。 「ドラマは、最後のクライマックスに向けまだまだ波乱万丈です。裕一と音、そして仲間たちの行く末を最後まで見守っていただければ」とコメント。窪田さんも「ご覧いただきたいすばらしいシーンがたくさん出てきますので、最後までエールをよろしくお願いします」とアピールした。 「エール」は月曜~土曜NHK総合8時~ほか放送中(※土曜は1週間をふり返り)。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close