ニュース

  • 吉田沙保里まさかの登場に視聴者驚愕、瀬戸康史“和馬”の「捕まりグセ」も話題に…「ルパンの娘」1話 | cinemacafe.net

    吉田沙保里まさかの登場に視聴者驚愕、瀬戸康史“和馬”の「捕まりグセ」も話題に…「ルパンの娘」1話 | .

    深田恭子主演、瀬戸康史らの共演で昨年放送された「ルパンの娘」の新シリーズが10月15日から放送開始。吉田沙保里のまさかの登場に驚きの声が上がっている。 人気の同名原作をドラマ化、2019年夏クールに放送され話題を呼んだ前作から1年を経て復活した本作。深田さんが代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華を、瀬戸さんが代々警察一家の息子・桜庭和馬をそれぞれ演じ、この2人の決して許されない恋愛を描いたラブコメディーとなる。 “Lの一族”となる華の父・三雲尊役の渡部篤郎、母・三雲悦子役の小沢真珠、兄・三雲渉役の栗原類、祖母・三雲マツ役のどんぐり、祖父・三雲巌役の麿赤兒。華と幼なじみの泥棒・円城寺輝役の大貫勇輔。和馬の家族役で信太昌之、マルシアらが続投。京都で代々続く名探偵一家の娘・北条美雲に橋本環奈。左遷された和馬の所轄の上司・蒲谷隆太に松尾諭といったキャストが新たに加わる。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。“Lの一族”三雲一家は全員が死亡したと装い、桜庭家に身を寄せていたが、警察一家の桜庭家にとってそれは苦痛の日々で和馬の父、典和は寝込んでしまう。三雲一家は二世帯住宅となっている豪華な新居に移るが、そんな折、渉が“信長の秘宝”を発見、“Lの一族”は再始動に向けて動き出す。しかし“信長の秘宝”が“泥棒アベンジャーズ”たちに先に盗まれてしまう…というのが今回のストーリー。 全員が死んだことになっているLの一族。そんな彼らがドラマ化されることに…“劇中劇”で華役を演じたのはなんと“霊長類最強”の異名を持つ元レスリング選手の吉田さん。深田さん演じる華とは違い、レスリングスタイルで敵をなぎ倒していくその姿に「まさかの吉田沙保里」「華ちゃん霊長類最強になっとる」「三雲華、霊長類最強になった」など視聴者からも驚愕の声が上がり、なんと“吉田沙保里”の名前はトレンド入りを果たすほどに。また前シーズンに続き、今シーズンでも和馬が“泥棒アベンジャーズ”に捕まる展開に。悦子からも「捕まりグセのある…」と言われてしまう和馬にも注目が集まった。 ソースリンク

    続きを読む
  • ■クリスマス期間:2020年11月9日(月)~12月23日(水)※写真はイメージです。「クリスマスドルチェピッツァ」 Universal elements and all related indicia TM & (C) 2020 Universal Studios. All rights reserved. CR20-2015

    【USJ】石窯焼きピッツァを客室で安心していただく ホテル ユニバーサル ポート ヴィータで期間限定プラン | .

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」は、12月23日(水)までの期間限定でデイユースプラン「石窯焼きピッツァランチ付きプラン」の提供を始めた。 このプランは、午後12時30分~午後7時までの客室での滞在と、館内レストランの石窯で焼く出来立てピッツァのデリバリーが付いた、日帰りのデイユースプランとなる。 ピッツァは、ハロウィーン期間とクリスマス期間でメニューが変わり、大阪のブランド豚を用いたミートソースを使った「太陽の恵みピッツァ」、各イベントをイメージした季節限定のピッツァ、蟹など旬の食材を使用したピッツァなど各3種を用意。1名につき1つずつ選択が可能だ。このピッツァメニューは館内3階ビュッフェレストラン「ヴィータ ダイニング ソリス グラーティア」にある石窯で焼き上げ、芳醇な小麦の香りともっちりとした生地の食感が特長。 イベントの多くなる季節ではあるものの、依然として新型コロナウイルス感染症の影響が色濃いなかにおいて、客室内で完結するプランは安心・安全に楽しめそうだ。仮装をしてのホームパーティー、誕生日などの記念日のお祝い、周りを気にせずのんびり女子会など、ホテルでの“非日常”空間でゆっくり過ごせそう。 「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」は、“太陽や自然の恩恵を大いに受けた活気あふれる場所”をコンセプトにして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの7棟目のオフィシャルホテルとして2018年7月に開業した。 「石窯ピッツァ付きデイユースプラン」概要期間:12月23日(水)まで利用時間:午後12時30分チェックイン、午後7時チェックアウト※ピッツァデリバリー可能時間 午後12時30分~午後3時客室:きらきらコーナールーム、ヴィータスーペリアツイン料金:きらきらコーナールーム  4名1室1名あたり 4,950円~ヴィータスーペリアツイン 3名1室1名あたり 4,600円~※消費税・サービス料込み・宿泊税別途内容:約20センチのピッツァ1人1枚(3種類より1種選択)、フライドポテト、ソフトドリンク Universal elements and all…

    続きを読む
  • 週末に観てほしい映像作品3本を、MOVIE WALKER PRESSに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

    【今週の☆☆☆】衝撃のネオ・ノワール『ストレイ・ドッグ』、辻村深月原作のヒューマンドラマ『朝が来る』など、週末観るならこの3本!|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    週末に観てほしい映像作品3本を、MOVIE WALKER PRESSに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します! MOVIE WALKER PRESSスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、10月23日(金)から今週末の公開作品をピックアップ。ニコール・キッドマンが汚れ役に挑み激賛される話題作や、カンヌ国際映画祭「オフィシャルセレクション2020」に選出された河瀨直美監督最新作、元ナチス兵がイギリスの国民的ヒーローになる実話ベースの感動作からなる多彩なラインナップ! 過去の罪と向き合う女刑事の孤独な戦い…『ストレイ・ドッグ』(10月23日公開) 【写真を見る】特殊メイクで容貌も激変!ニコール渾身の演技は圧巻だ(『ストレイ・ドッグ』)[c]2018 30WEST Destroyer, LLC. 美しく華麗な女性を演じて来たニコール・キッドマン。彼女が50代に入って挑んだ新境地は、悲惨な過去を持つ孤独の刑事だった。ある日、エリン(ニコール・キッドマン)のもとに、防犯用の染料に染まった紙幣が届く。それは、彼女が17年前に潜入捜査官として潜り込んだ犯罪組織に関わる未解決事件に関係するものであり、かつての組織のボスからのメッセージでもあった。エリンは、潜入捜査時に自身が犯した過ちに向き合うように、再び事件を追い始める―。それまでの過酷な人生を物語るような、憔悴しながらも鬼気迫る雰囲気をまとう現在の姿と、回想シーンでの潜入捜査時の若き日の姿をシームレスで演じるキッドマンの演技力には目を見張るはず。徹底してドライに、削ぎ落とされ研ぎ澄まれたフィルム・ノワール的な映像は、キッドマンの演技との相乗効果で、より鋭く心に突き刺さる。そして、ラストには映画全体を通して張られていたある仕掛けが明かされるのだが、そうした構成も含めて、虚無的な中にも不思議な充足感を得ることができる硬質な1本となっている。(映画ライター・石井 誠) 先の読めぬミステリーがもたらす緊張感。心震わせる必見作!…『朝が来る』(10月23日公開) 永作博美と井浦新が、葛藤する夫婦を演じる(『朝が来る』)[c]2020『朝が来る』Film Partners 人気作家・辻村深月による同名小説を、カンヌ映画祭常連監督・河瀨直美が映画化。実の子どもを授かることが出来なかった清和と佐都子夫婦は、「特別養子縁組」で、幼くして子どもを産んだひかりから赤ちゃんを託される。しかし6年後、ひかりを名乗る女性から、「赤ちゃんを返して欲しい。ダメならお金を用立てて」と電話が入る。電話をかけてきた女性は、本当にひかりなのか…。そのミステリーを紐解くように、佐都子とひかり、2人の女性のそれまで/それからの日々が交互に映し出されていく。不妊や少女の妊娠、若者からの搾取など社会問題をちりばめながら、先の読めぬミステリーがもたらす緊張感でピンと空気を張りつめ、要所要所に激情を含む喜怒哀楽を差し込む。そして、果たして命を授かるとは、親子とは、夫婦とは、そして人間とは―と観る者の感慨を深いところまで持っていく。息遣いにまで魂がこもった役者の演技、それを引き出し捉えた監督・スタッフの熱量がグッと胸に迫り、心を震わせる必見作だ。(ライター・折田千鶴子) ナショナリズムの壁を突破した男の強い意思…『キーパー ある兵士の奇跡』(10月23日公開) トラウトマンと彼を信じ続けた妻との絆にも感動!(『キーパー…

    続きを読む
  • 「マンダロリアン シーズン2」キャラクターアート(C)2020 Lucasfilm Ltd.

    ザ・チャイルドを狙う悪役に注目「マンダロリアン」S2新映像公開 | .

    賞金稼ぎ“マンダロリアン”とフォースの力を秘めた子ども“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」。シーズン2の配信開始を前に、マンダロリアン、ザ・チャイルド、キャラ・デューン、グリーフ・カルガの最新キャラクターアートと30秒のトレーラーがお披露目された。 本作の舞台は『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』の5年後。ルーク、レイア、ハン・ソロら反乱軍が総力を結集して戦い、圧倒的な恐怖で銀河を支配していた帝国は崩壊したが、帝国軍の残党や無法者がのさばり、混沌が支配する時代。 本作で脚本・監督・製作総指揮を務めるジョン・ファヴローは「銀河内線後、帝国が滅びてみんなが祝杯をあげた後です。その時点では銀河には中央政府がないので、人々は自分たちの安全のために自分たちで戦わなくてはいけない世界になっています。それはとても危険な世界です」と舞台設定を説明する。 到着したキャラクターアートでは、主人公の賞金稼ぎマンダロリアン、通称マンドー(ペドロ・パスカル)の身を守る美しいアーマーはシーズン2でも健在。 シーズン1ではマンダロリアンと共闘した強く美しい傭兵で、故郷オルデランをデス・スターによって破壊された元反乱軍の戦闘員キャラ・デューン(ジーナ・カラーノ)。 マンダロリアンの実力を信じ、賞金稼ぎたちに任務を斡旋する仕事をしているグリーフ・カルガ(カール・ウェザース)。 そして、マンダロリアンに連れられて故郷を探す旅をする、フォースの力を秘めたザ・チャイルドはフローティング・ポッドでキュートな表情を見せている。 広告の後にも続きます さらに30秒トレーラーでは、スタート直後、墜落したタイ・ファイターから怪しく光るダークセーバーを使って脱出するモフ・ギデオン(ジャンカルロ・エスポジート)が登場…。 帝国軍の残党の指揮を執り、ザ・チャイルドを狙うモフが手にするのは、日本刀のような形状と黒い刃の“ダークセーバー”。アニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」などで登場した“ダークセーバー”は、ジョン・ファヴロー演じる“マンダロリアン”のプレ・ヴィズラも使用。本作シーズン1のチャプター8で初登場した際には、全世界のファンを大興奮させた代物だ。 シーズン2では、“ダークセーバー”を手にする新たな悪役モフにも注目が集まることになりそうだ。 「マンダロリアン」シーズン2 第1話は10月30日(金)16時~よりディズニープラスにて配信開始、第2話は11月6日以降、毎週金曜日17時~配信。 ソースリンク

    続きを読む
  • 片桐はいり/「コートダジュール No.10」完成披露舞台挨拶

    片桐はいり「監察医 朝顔」初回放送のゲストに | .

    11月より2クール連続で放送される、上野樹里主演月9ドラマ「監察医 朝顔」。この度、第1話のゲストとして、片桐はいりがユニークで型破りな大学教授役で出演することが決定した。 法医学者と刑事の父娘を描く本作。第2シーズン第1話では、神奈川県のとある立体歩道橋で群衆雪崩が発生。この日、近くで大きなイベントの開催が予定され、大勢の人がイベントに参加しようと並んでいる中、突然、スタジアムの火災報知器が作動し、人々は火事が発生したとパニックになったという。1人は意識不明の重体、4人が死亡するという大惨事。 そして4人の死因を調べるため、朝顔(上野さん)たちが遺体を解剖することになり、平(時任三郎)たち野毛山署の刑事たちは捜査を始める――というあらすじ。 そんな第1話にゲスト出演する片桐さんが演じるのは、今回の物語のキーパーソンでもある興雲大学の教授・松本オリビア由美子。夏目茶子(山口智子)と少なからず親交があり、ある日、朝顔は茶子からの紹介で松本を訪ねることになる。 型破りでユニークすぎる人間性の松本は、大学内で知らない人はおらず、茶子も一目置くほど。研究以外には興味がなく、何か気になることがあれば人目を一切気にせず研究に没頭してしまうというキャラクター。 「はえある第1話でこだわりのある面白い役をやらせていただき光栄です」と参加を喜んだ片桐さんは、「のだめカンタービレ 新春スペシャルinヨーロッパ」に出演していたが、その際に上野さんとの共演シーンはなく、2人は本作が実質初共演。「ほわりとした中に怜悧(れいり)なものがあり、天才という言葉がにあう方だなと感じました」と上野さんについて語っている。 「監察医 朝顔」は11月2日より毎週月曜日21時~フジテレビにて2クール連続放送。 ソースリンク

    続きを読む
  • 松本妃代

    「おちょやん」で松本妃代&仁村紗和らが朝ドラ初出演 | .

    杉咲花がヒロインを演じる連続テレビ小説第103作「おちょやん」より、新たなキャストが発表された。 今回新たに出演が明らかになったのは、杉咲さん演じる千代にとって家族と同様の存在となっていく喜劇の一座「鶴亀家庭劇」と、芝居茶屋「岡安」の人々を演じるキャストたち。 鶴亀家庭劇の座員たちには、新派出身の女優・高峰ルリ子役で明日海りお、歌舞伎出身の俳優・小山田正憲役で曽我廼家寛太郎、千代や一平(成田凌)を幼い頃から見守る須賀廼家天晴役で渋谷天笑、一座のムードメーカー・須賀廼家徳利役で大塚宣幸、女形の役者・漆原要二郎役で大川良太郎、千代を密かにライバル視している女優・石田香里役で松本妃代、須賀廼家徳利の弟分・須賀廼家百久利役で坂口涼太郎が参加。 松本妃代また、千代の成長を温かく見守る岡安の女中頭・かめ役で楠見薫が出演。千代の先輩のお茶子役を土居志央梨、仁村紗和、古谷ちさと、いずれも連続テレビ小説初出演の若手が演じる。 土居志央梨今回の新キャスト発表について杉咲さんは「『鶴亀家庭劇』『岡安』の魅力的な皆さんとのシーンを通して、私自身も豊かで温かい気持ちやたくさんのパワーもらっています。きっとみなさんも、みなさんにとっての大切な仲間のことを考えたり、会いたくなったりしてしまうはずです。是非、ご期待ください!」とメッセージを寄せている。 連続テレビ小説「おちょやん」は11月30日(月)8時~NHK総合、7時30分~BS4K・BSプレミアムにて放送開始。 ソースリンク

    続きを読む
  • 松澤匠/『オーバー・フェンス』東京プレミア上映会

    「コールドケース3」に山口紗弥加&久保田紗友ら参加、ゲスト第3弾発表 | .

    吉田羊が神奈川県警捜査一課の刑事・石川百合を演じるシリーズの最新作「コールドケース3 ~真実の扉~」に出演する新たなゲスト6名が発表された。 第5話「夜のドライブ」に登場するのは、『恋の渦』の松澤匠、『コンフィデンスマンJP』シリーズに出演した織田梨沙、「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」「半沢直樹」などに参加した小久保寿人。物語は、身元不明の男で自称・鈴木和也が盗難車でスピード違反を起こしたと連絡が入り、盗難車が一昨年に行方不明となった弁護士・久保沙織が婚約パーティーの最中に駐車場で攫われた事件現場で目撃された車だったと判明。 百合と高木(永山絢斗)は鈴木を連行中、ついに鈴木は沙織を誘拐した日のことを話し出す。そんな中、捜査を進める捜査一課の面々が、横須賀の空き家から腐敗した遺体を発見する――というストーリー。 松澤さんは、身元不明の謎の容疑者・鈴木和也、織田さんは弁護士・久保沙織、沙織の婚約者・谷口翔馬を小久保さんが演じる。 そして第6話「壁の女たちへ」には、「anego[アネゴ]」「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「コウノドリ」の山口紗弥加、「過保護のカホコ」『ハローグッバイ』の久保田紗友、「仮面ライダービルド」の赤楚衛二がゲスト出演。 今回の物語は、百合たちが大学キャンパス内で平山陽介が何者かに殺害された過去の事件を洗い直すことになるところからスタート。捜査を進めると、事件と同じ年に平山の名前が加害者として記載されたレイプの被害届が残っていた。被害者は牧村美里という平山と同じサークルに所属している苦学生。その後の捜査で平山が持っていたサークルの名簿から、美里以外にも多数の被害者がいたことが明らかになり、全員が容疑者となったが…。 山口さんが演じるのは、被害者・牧村美里。若き日の美里を久保田さんが、レイプ犯で殺害された平山陽介を赤楚さんが演じる。 広告の後にも続きます ゲスト陣コメント 松澤匠鈴木和也は謎が多い男です。生い立ちや家族などの背景も掴めない。名前ですら偽名です。「誰なんだ、こいつは…」と台本を初めて読んだ時思いました。おそらくこの情報解禁で、私の名前を知った多くの方々も同じことを感じられたかと思いますが…(笑)。でもそんな私だからこそ、鈴木を演じる意義みたいなものも感じましたし、内片監督とお話させて頂いたり、鈴木をイメージして作ってくださった衣裳などをヒントに創造することができました。現場ではシリーズを重ねてきた皆さんの団結力や空気作りのおかげで、有意義な時間を過ごすことができました。この得体の知れない鈴木和也を通して、2020年、見えない敵と戦っている多くの方々に何か届けられればいいなと思います。 織田梨沙まさか自分が「コールドケース」に出られるなんて、と正直まだ実感が湧いておりません。それぐらい、出演させて頂けて嬉しかったです。今回誘拐される役を演じるにあたり、監禁場所やセリフの言い回しを自分なりに色々想定してから撮影に臨みました。ですが、スタッフの皆さんにヘアメイクや撮影セットなどを創りこんで頂いたこともあり、実際に芝居をしながら何度もリアルな恐怖を味わう瞬間が多々ありました。例えば、監禁されて犯人にライトを照らされるシーンは、演技だと分かっていても「犯人が目の前にいる」と感じて目を開けるのも本当に怖かったです。その恐怖感やリアルさが視聴者の皆様にもお伝えできればと思います。 小久保寿人今回お声をかけていただいて本当に光栄でした。僕自身も(撮影当時)入籍したばかりだったので、役とすごくリンクするというか、タイミングってやっぱりあるんだなと思いながら、楽しみに撮影させていただきました。僕は普段、鈴木のような殺人鬼や犯人側などのミステリアスな役を演じることが多いのですが、今回は翔馬という被害者側をやらせていただけて。沙織と過ごしてきた日々を、セリフにはない、台本にはないところで深めようと思いました。一番大事にしていたところは、誰にでも起こり得る被害者側の心情をできるだけ丁寧に演じるということです。沙織を愛する強い気持ちが視聴者の皆さんにも伝われればいいなと思います。 山口紗弥加数日の撮影でしたが、へとへとで、気分も重たくて、こんなにも役を自宅に持ち帰るのは初めてかもしれないぐらい、何とも言えない時間を過ごしました。事件が解決しても、人の心や問題を解決するのはなかなか難しいことだなと強く感じました。ただ、一見百合はドライな部分があるように見えて、羊さんが演じている百合だからこそ、心をこちら側に寄せてくださっているのがすごく伝わってきて、目を見ただけで演じながら涙が出てきてしまいました。今回、尊敬する偉大な先輩方とご一緒できてすごく嬉しかったですし、現場の雰囲気も「なんていいチームなんだろう」と本当に思いました。スタジオでも自然と羊さんを中心として皆さんが集まっていて。私も「あの中に入りたいなぁ、いいなぁ」と思っていました(笑)。でも新参者の私でも温かく迎え入れてくださって、本当に心地良かったです。視聴者の皆様には、やはり未解決事件の奥にあるもの、そして百合さんが一歩踏み込んだその先にあるものを感じとっていただけたらと思います。 久保田紗友今回私は美里の過去のパートを演じさせていただきましたが、1人の人生を同じシーンで2人で演じるという経験は初めてでした。年代は違いますが、自分以外の人が同じ役を演じている姿、山口さんのお芝居を見て、かなりプレッシャーもありましたし緊張もしましたが、美里という役を、山口さんと共有できたことが嬉しかったですし、とても勉強になりました。脚本を初めて読んだ時、自分にとっての挑戦だと感じました。現代の社会問題(レイプなど)を調べていると、女性の3人に1人がそういう性被害にあったり、トラウマを持っているという記事を読んでとても悲しくなり、その重みを役を通してでも自分が背負うことができるのかとすごく不安だったからです。ですがそういった問題を世間に伝えることで、作品のメッセージ性を受けとって頂けると信じて撮影に挑ませていただきました。視聴者の皆さんの心に作品や美里の想いが届くと嬉しいです。 赤楚衛二今回平山という役を演じながら、もちろん楽しい部分もあったのですが、ただ苦しいなという、常に2つの感情が入り混じっていました。ですが、無事撮影も終わったので平山君も成仏してくれたのではないかなと思います(笑)。平山の最初の印象は最低な奴だなと思ったのですが、次第に平山がただフォローやアフターケアがド下手くそな、本当に何も考えてない奴なのではと思い始めてからは、不思議と彼に人間味を感じることもできました。もちろん、彼がしたことは悪いことなんですけど。また、同世代の久保田さんとは初共演だったのですが、大胆さと繊細さを併せ持った女優さんだなと思いました。一緒にお仕事ができて楽しかったのですが、ほんとに後半に関しては怖かったですね(笑)。今回自分の中では色々思い切って挑戦した役ですので、そこに注目していただきたいという思いはありますが、やはり物語のテーマや被害者の女性たちの気持ちの部分を見て、現代を生きるみなさんに何かを感じていただけたらと思います。 連続ドラマW「コールドケース3 ~真実の扉~」は12月5日より毎週土曜日22時~WOWOWプライムにて放送(全10話/第1話無料放送)。 ソースリンク

    続きを読む
  • まったく新たなシャーロック・ホームズを演じた、ヘンリー・カヴィルを直撃!

    スーパーマンからホームズへ、ヘンリー・カヴィルが語る“カルチャー・アイコン”を演じる秘訣|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    まったく新たなシャーロック・ホームズを演じた、ヘンリー・カヴィルを直撃!Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は独占配信中 名探偵シャーロック・ホームズの十代の妹が、兄に劣らぬ名推理を披露する痛快エンタテインメント『エノーラ・ホームズの事件簿』。Netflix映画として独占配信中の本作では、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のミリー・ボビー・ブラウンが快活な主人公を演じ、好評を得ている。一方で、見逃せないのが、シャーロックを演じたヘンリー・カヴィル。『マン・オブ・スティール』(13)などのスーパーマンや、『コードネーム U.N.C.L.E.』(15)のナポレオン・ソロなど、これまで頻繁に有名カルチャー・アイコンを演じてきた彼だが、今回のシャーロック役には、どんな心構えで臨んだのか?MOVIE WALKER PRESSでは、ヘンリーにインタビューを敢行した。 ――これまで多くの俳優がシャーロック・ホームズというキャラクターを演じてきましたが、演じるうえでどんな点に気を配られましたか? Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は独占配信中 「撮影中にもっとも心がけたのは、エノーラにとって、つまりミリーにとっての脇役になることだ。この映画はミリーのストーリーであり、エノーラのストーリーなんだ。自分のすること全てが確実に彼女のサポートになるように努めたよ。感情面の表現に関しても、すべてそこに行き着く。それ以外は、シャーロックだからといって特別に違ったことをしたり目立ったりしようとはしなかったんだ。何十年にもわたり、俳優によって演じられてきたシャーロックのなかには、本当にすばらしいものがあったけれど、それらと違ったことをしてやろうという意識はなかった。なので、これまでのシャーロック俳優の演技を研究したり、そのキャラクターを勉強したりはしていない。ただシャーロックの内面に注目して、ミリーにとってできる限り最高の脇役を演じようとしたんだよ」 ――ミリーも「すばらしく、いままでとは驚くほど違うシャーロックだった」と絶賛し、シャーロックの優しくて脆い面も表現していたと語っていましたが、どうして本作ではシャーロックの優しい面を見せようと思われたのでしょうか? Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は独占配信中 「結局のところ、それも本作がシャーロックの映画ではなく、エノーラの映画だから、だね。シャーロックが心を開き、2人の間に共通点を持たせる事が重要だと感じたんだ。ハリー・ブラッドビア監督とは、この部分に関して、かなり話し合いを重ねた。監督はキャラクターの性格だけではなく、私の性格も熟慮して、その2つの要素を合わせたんだ。シャーロックとエノーラがシンパシーを感じていることが、この映画のなかでは適切だし、それによってエノーラは本来の彼女らしくいられることができるんだ。エノーラの個性が本当の意味で“開花する”うえで、シャーロックは重要な役割を担う。もしもシャーロックがもっと冷たく、より従来のような伝統的なキャラクターだとしたら、エノーラとのつながりを持つのは難しかったと思うよ」 ――シャーロックは偏屈で風変わりなイメージが強く、観客としてはどうしてもそういったイメージを持ってしまいがちですが、シャーロックの別の側面を探すのは難しかったでしょうか? 「いままでにないシャーロックとはいえ、私が演じた彼もやはり頑固者で、その点では伝統的なシャーロックと変わりない。決意の固い人で、風変わりでもある。そんななかでも彼はエノーラと心がつながっている、というのが重要な点だ。注目したのはその部分で、シャーロックの頑固なところはそのままだけれど、この作品では彼の内面のより深い部分を見る事ができるんだ」 ソースリンク

    続きを読む
  • Web動画「ときめく予感」メイキング

    清原果耶、“デート中”の表情も!「4つのときめく瞬間」のWeb動画公開 | .

    清原果耶が新たにシチズン時計「wicca(ウィッカ)」のイメージキャラクターに就任、Web動画「ときめく予感」が公開された。 本動画は全4本立て、清原さんがそれぞれ様々なシチュエーションで“ときめく瞬間”を演じる。まずは、「わたしを幸せにできるのは、わたしだ」と自分だけの幸せなひと時を過ごす様子の「わたしの時間」。 「花とワンピース」ではお花屋さんで自分ではそれまで気づかなかった気持ちを表す色のお花に手を伸ばす様子が描かれている。 「新しい家族」は柴犬の喜ぶ様子を見て、つい自分も微笑む、嬉しい気持ちが連動するシーンが。 そして、4本目「そわそわの正体」は好きな男性とのデートというシチュエーション。緊張し、そわそわする恋する女性の心情を表現。清原さんの透明感あふれる自然で柔らかい表情や、好きな男性の前で緊張しながらも幸せそうな表情には必見。 撮影現場の様子を捉えたメイキング動画とインタビュー動画も公開。最近ときめいたことを「プライベートでお花屋さんに行ったときに、ものすごく可愛くて立派なサボテンに出会って」と語る清原さん。「すごくときめいて、そのまま買って帰りました」と明かす。 また、日々の生活の中で幸せに感じることについて、「規則正しい生活を送ること。今のシーズンだったらちょっと朝日が見えるぐらいの時間に早起きをして、朝ご飯を作って、お部屋の掃除をして、っていう。そういうことが日々の幸せかなと思いつつ過ごしています」と明かした。 「wicca」Web動画「ときめく予感」はYouTubeにて公開中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 連続爆破テロ事件を描く『サイレント・トーキョー』現場取材へ潜入!

    佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也が揃う唯一のシーン!?『サイレント・トーキョー』撮影現場に潜入!|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    連続爆破テロ事件を描く『サイレント・トーキョー』現場取材へ潜入![c]2020 Silent Tokyo Film Partners 「アンフェア」シリーズの秦建日子によるクライムサスペンス小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を、「SP」シリーズなどの波多野貴文監督が、事件の容疑者、朝比奈仁役に佐藤浩市、爆破テロに巻き込まれた主婦、山口アイコ役に石田ゆり子、事件を追う刑事、世田志乃夫役に西島秀俊などオールスターキャストを迎え映画化した『サイレント・トーキョー』が、12月4日(金)に公開される。MOVIE WALKER PRESSは、クリスマス・イブの東京を襲う、連続爆破テロ事件を描く本作と季節を同じくする2019年12月上旬、都内の撮影現場に潜入した。 「ゆり子さんは大好きな女優さん」(佐藤)、「とても尊敬している先輩」(石田) 緊迫のシーンが多い現場ながら、現場のムード作りにも余念がなかった佐藤[c]2020 Silent Tokyo Film Partners 取材当日、光り輝く東京タワーを臨める高級レストランにやってきた記者らが入り口付近で待っていると、佐藤浩市が姿を現した。この日、店自体は貸し切りにしていたものの、商業施設内のレストランのため、すぐ外には一般客の姿もちらほらとあったのだが、顔を隠すでもなく、のんびりと店の外の散策を始める佐藤。本作で佐藤は主演ながら、連続爆破テロ事件の容疑者という、超ミステリアスな存在だ。現場での佐藤はまるで役柄を体現するように、ミステリアスな雰囲気をまとっていた。…

    続きを読む
Close
Close