ニュース

  • bitcoin

    ビットコインに関する映画と仮想通貨の用途

    最近ではビットコインを始めとした仮想通貨の人気が高まっており、多くの人が投資を始めています。それに伴い、ビットコインを利用したサービスが増加するほか、ビットコインやブロックチェーンに関連した映画もたくさん制作されています。 この記事ではビットコインをテーマとした映画とともに、ビットコインの用途について紹介します。ぜひこの記事でビットコインに関する知識を身につけましょう。 ビットコインやブロックチェーンに関連した映画 ここではビットコインやブロックチェーンに関連した映画を紹介します。これらの映画はすべて洋画になりますが、中には日本語でみられるものもあります。 これらの映画はネットフリックスなどで公開されています。 クリプト(Crypto) クリプトは仮想通貨を題材としたハリウッド発の映画。この映画はビットコインをテーマとした犯罪アクション映画となっており、ハラハラとするストーリー展開が魅力です。 ストーリーは、大手企業に入社した主人公がビットコインを調査していたところロシアのマフィアによるマネーロンダリングを発見してしまうというもの。ビットコインが犯罪に使用されるというネガティブな内容ですが、ビットコインに関する知識を持っているとより映画を楽しむことができます。 Banking on Bitcoin 「Banking on Bitcoin」は、銀行から仮想通貨へ人気が移行していった様子を描いたドキュメント作品。ビットコインのルールやこれからどうなっていくかなど、ビットコインに関連したテクノロジー全体を網羅しています。 これから金融機関がなくなるのか、ビットコインが多くの人にとって当たり前の存在になるのか、など今後について考えさせられます。 >ビットコイン 夢と未来 「ビットコイン 夢と未来」では、ピッツバーグに住む35歳のプログラマー、ダニエルが主人公。彼は3人の男の子の子育てをしつつ、ビットコインにも投資をします。 そして、この映画ではダニエルがビットコインを発見してからどのように未知の世界への冒険が進んでいくかが描かれています。…

    続きを読む
  • 「極主夫道」

    竹中直人&稲森いずみ、任侠たっぷりの夫婦に「極主夫道」 | .

    玉木宏が主夫力高すぎる元極道を演じる仁義なきヒューマン任侠コメディ「極主夫道」。この度、本作に竹中直人と稲森いずみが出演することが分かった。 2人が演じるのは、「天雀会」の会長と姐御。竹中さんが演じる会長・江口菊次郎は、妻には一切頭が上がらないが、雅には理不尽に叱りつけることもしばしば。龍をなんとか引き戻したいと思っている人物だ。 「あの《極主夫道》に私が?!それも玉木くんと久しぶりの共演!!楽しみすぎる!そして志尊くんとは4回目の共演!撮影現場があまりにも楽しみだ!と思いました」と出演決定時をふり返った竹中さんは、「夏に咲く夜来香の花のような誇り高い心を持った男だったのに些細な事がきっかけでヤクザな道へと突き進んだ恥ずかしがり屋で捻くれ者で天邪鬼の素直な悪党」と今回演じる役柄について説明している。 そして、稲森さん演じる会長の妻で「天雀会」の姐御・雲雀は、漢気に溢れ、仁義をもって天雀会を支えようとする一方で、無自覚にも雅や江口会長を振り回すような茶目っ気のある性格。 稲森さんは「竹中さんや志尊さんとの3人の天雀会でのシーンは、コミカルさいっぱいで大暴れしているので、是非楽しみにしていてください」と見どころを明かし、「そして日曜の夜に、家族そろって見ていただけるヒューマンコメディーですので、みんなで笑ってほっこりしてください」とコメントしている。 「極主夫道」は10月11日より毎週日曜日22時30分~日本テレビ系にて放送。 ソースリンク

    続きを読む
  • 『TENET テネット』が首位デビュー!

    『TENET テネット』が首位デビュー!京アニ最新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が2位で続く|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    4連休の前半となった9月19・20日の週末映画動員ランキング。再び首位が入れ替わるなど動きのある結果となった。 難解さがクセになる『TENET テネット』が初登場1位に 初登場1位に輝いたのは、クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』。土日2日間で動員20万人、興収3億2700万円をあげており、初日から22日までの5日間累計になると動員46万8000人、興収7億5000万円を超えるヒットスタートとなった。 『TENET テネット』が首位デビュー![c]2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved 「ダークナイト」シリーズ、『インセプション』(10)、『ダンケルク』(17)などを手がけてきたノーラン監督だけに、極力3DCGを使わない大迫力の映像が注目されていたが、本作でもっとも話題となっているのは、そのストーリーや設定の難解さ。SNSや映画レビューサイトにも、「観たけど一発で理解できない」や「時の逆行…情報量多くてついて行けず、頭が固くなっている」といったコメントが続出し、難解さが逆に高評価につながっているようだ。繰り返し観ることで新たな発見もあるようで、リピーターの動員にも期待できそうだ。 難解さが何度も観たくなる要因に(『TENET テネット』)[c]2020 Warner Bros Entertainment…

    続きを読む
  • 大鉄まさかの“タイムスリップ”に「ここまでやるか浦鉄」と驚愕の声…「浦安鉄筋家族」11話 | cinemacafe.net

    大鉄まさかの“タイムスリップ”に「ここまでやるか浦鉄」と驚愕の声…「浦安鉄筋家族」11話 | .

    佐藤二朗主演、水野美紀、岸井ゆきの、染谷将太らの共演で人気コミックをドラマ化した「浦安鉄筋家族」の第11話が9月18日深夜放送。“鉄筋警察”に沸いた直後、大鉄を襲ったまさかの展開に「ここまでやるか」とタイムラインが驚愕の嵐に包まれている。 シリーズ累計発行部数4,400万部を誇る大人気ギャグ漫画をまさかの実写化。限りなく東京に近い千葉・浦安、“夢の国”から少し外れたところに住むパワフルでハチャメチャな家族――大沢木家が巻き起こすエクストリーム・ホームコメディとなる本作。 佐藤さん、水野さん、岸井さん、染谷さんをはじめ本多力、坂田利夫、松井玲奈、大東駿介、滝藤賢一といったキャストに豪華ゲストが絡んでいく。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。今回は大鉄のあまりのだらしなさに家族の怒りが爆発。順子(水野さん)は怒りを抑えながらたまには家族サービスぐらいしたらどうかと大鉄に告げる。すると大鉄は温泉旅行のパンフを手にして…家族旅行への期待が高まる大沢木家だが、いつの間にか一家は大鉄がサンタモニカ旅行を計画してると思い込む。だが大鉄に連れていかれたのは千葉のサンタモニカこと新浦安。怒りが爆発した順子に大鉄も堪忍袋の緒が切れて、1人タクシーで帰路につく。そこにスピード違反を取り締まるボボヨ(アジャコング)が現れ、大鉄のタクシーとカーチェイスを始めて…というのが今回のおはなし。 カーチェイスがいきなりミニチュア映像に切り替わり、画面には某名作ドラマそっくりな“鉄筋警察”のタイトルが映し出される…「あーえーーっと、あるドラマのオマージュですね。鉄筋警察」「鉄筋警察の特撮技術のクオリティ好きw」などタイムラインが盛り上がる。 そして今度はタクシーが雷に打たれ、某人気ハリウッド映画のようにタイヤ痕が炎上。大鉄が気づくと眼前で1話で描かれた光景が繰り返されている…「俺は大鉄マクフライなのか…」と大鉄は自分がタイムスリップしたことに気づくという衝撃展開に。 これには「うわー、ここで第一話から今までの「?」だったポイント、全部回収して行くのかー!?」「もう一人の大鉄の謎が解けた」「大食いの時のやつもこれなのか?」「覆面男って未来の大鉄か」といった声が殺到。 これまで感じていた疑問が解けた視聴者からは「おーすげー伏線回収!」「なんだこのぶっ飛んだ脚本、、、ここまでやるか浦鉄」など驚きの声が続々と寄せられている。 ソースリンク

    続きを読む
  • 北米興収ランキングでV3を達成したクリストファー・ノーラン監督の『TENET テネット』

    『TENET テネット』が世界興収2億5000万ドルを突破!勢いを取り戻す中国市場が後押しに|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    日本でも先週末についに公開を迎えたクリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』(公開中)。公開から3週目を迎えた北米では週末3日間で前週比約70%の470万ドルを売り上げ、興収ランキングV3を達成。確たるライバル作品不在の状態がしばらく続くため、この連続1位記録は上乗せされていくことになるだろう。しかし低調な数字が示すように、期待されていたような北米の映画館完全復活はまだまだ遠くなるとの見方は、日に日に増すばかりだ。 北米興収ランキングでV3を達成したクリストファー・ノーラン監督の『TENET テネット』[c] 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved そんな『TENET テネット』だが、全世界興収ではコンスタントに数字を積み上げ、すでに2億5000万ドルを突破している。なかでも北米累積興収の3610万ドルを大きく上回る6060万ドルを売り上げている中国が、その後押しとなっているようだ。ところがその中国での興行推移を見ると、ひと目で世界のほかの国々と大きく異なる部分に気付くことになるだろう。日本をはじめ主要市場の国々ではどこも『TENET テネット』が興収ランキング初登場1位スタートを切っているのだが、中国では一度も1位に輝いていないのである。 【写真を見る】2020年世界ナンバーワンヒットに上りつめた中国映画『The Eight Hundred』とは?画像はThe Hollywood Reporter(@THR)公式Twitterのスクリーンショット…

    続きを読む
  • 片淵監督を直撃!

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』片渕須直監督が読者の疑問に次々回答!名作誕生の“秘密”が明らかに|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    片淵監督を直撃!撮影/成田おり枝 2016年11月に公開されて以来、異例のロングラン上映を果たした『この世界の片隅に』に250カットを超える新エピソードを加えて新しい切り口で描き直した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のBlu-ray&DVDが、本日ついに発売となった。片渕須直監督が徹底したこだわりを持って映画と現実とが地続きとなっているような緻密な世界を作り上げ、国内外でいまなおファンを増やし続けている本作。 MOVIE WALKER PRESSでは、ユーザーから質問を募り、片渕監督ご本人に答えてもらう“AMA”(=Ask Me Anythingの略。ネットスラング風に言うと「片渕須直だけど、なにか質問ある?」といった意味)を実施!読者の疑問・質問、そして愛を監督に届けた。前後編でお届けする本インタビュー、この前編では制作秘話、次回作の構想などを直撃。作品作りにかける原動力までが明らかとなった。 「通常版の時点で長尺版の構想は出来ていたと伺っていますが、2016年以降『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を制作中に、細かいところなどで構想とは変わった点などはありますでしょうか?」(20代・男性) 片渕須直監督に、読者のギモンをぶつけてきた![c]2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 「2016年版を作り終え、その次に新しいものを作ろうと思った時に、単純にカットを増やした、いわゆる“長尺版”と言われるものとは違うものにしようと思っていました。2016年版は『今回の映画では描かないようにしよう』とあえてオミットしたシーンもあったのですが、それらを復活させるだけではなく、もっといろいろなことを追加しています。例えば昭和20年9月17日、終戦直後に起きた枕崎台風のエピソードは、2016年版の原型となる絵コンテにすでにあったのですが、2018年の呉での水害をはじめ、各地の風水害を見ていると、枕崎台風をどのように物語のなかで描くのかということも、また改めて真剣に捉え直さなくてはいけないと思いました。いま起きている水害を目の当たりにした時に、75年前の水害も遠い時代の出来事ではなくなる。つまり欠番となっていたエピソードを単に復活させるだけではなく、それに対しての解釈も変わってくるということです。本作に携わりながら、作品で描かれている戦時中という時代も、自分たちと縁のない、隔絶されたものではないんだということを実感し続けています」 「以前、監督は『リンさんと周作との場面を全部描くとすずさんをいじめすぎてしまう。戦災だけでもたいへんなのに、個人的なことまで背負わせたら、すずさんが戦争が終わっても再度立ち直れなくなってしまう』という理由でリンさんのエピソードをカットしたと話しておられました。今回、描写を復活させることに葛藤のようなものはありましたか?」(20代・男性) 周作をめぐる、すずとリンの関係性も描かれる[c]2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 「本作でのすずさんは傷ついた顔で終わるべきなんだ、と思いました。そこが2本の映画の間で考え方の差になっているところです。今回追加されたすずさん以外の片隅、『いくつもの片隅』は、傷つけられたり、失われてしまった人たちの人生です。そうしたものを喪失感としてすずさんは抱えたままあの先の時代も生きていかなくてはならない。終盤近く、すずさんが以前に住んでいた江波を訪れるシーンもありますが、そこですずさんが見せる、より傷ついて喪失感の中にいる顔は、2019年版用の絵コンテにもなかったカットです。リンさんのことを描いた上で存在するこの作品はどういうものであるべきなのだろう、と考えたとき、すずさんのそんな表情は絶対に描かなければならない、新しい作品にとっては大事なことになると思い、最後の最後に付け足しました。戦争が終わったからといって、立ち直るのではない。ずっといろいろなものを抱えながら、その先も生きなければいけなくなったすずさん。それを、最後に見せたいと思いました」 「片渕監督の作品に登場する女性は、すずさんをはじめ、とても魅力的です。それは女性だから魅力があるというわけではなく、その人の持つ固有の輝きが描かれていると感じるからです。片渕監督がアニメーションをつくる際、女性(少女)のキャラクターを表現する時に意識していることはありますか」(30代・女性) すずが胸の内に抱えていた葛藤が明らかとなる[c]2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 「おそらく僕が女性ではないので、少し客観的な目で見た描き方が出来るんだろうなと思っています。自分が男性を描くとなると、もっと自分のなかにあるものが出てきてしまって、それに気を取られてしまいそうです。気をつけているのは、偶像にならないようにすることです。すずさんの場合、特に本作ではいろいろなネガティブな面が出てきます。看板のように平面ではなく、裏も横も、上も下もある立体的な人として存在してくれないといけないと思いました。 すずさんを演じているのんちゃんには、2016年版のマイクテストの段階で『すずさんが口で言っていることは、あまり信用するに値しない』という話をしました。すずさんの心は二階建てになっていて、本音は床下の方にあるんだと。つらいことがあっても、表面的にはそれを出さずにニコニコしているというのが、すずさんに対しての解釈です。のんちゃんは2016年夏のアフレコを終えたあともそのことを考え続けてくれたようで、本作でもきっちり二階建てのすずさんを浮かび上がらせてくれています」 ■商品概要『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』Blu-ray特装限定版価格:9,800円(税抜)発売中収録時間:470分【本編DISC】182分(本編168分+映像特典14分)、【特典DISC】288分スペック:【本編DISC】ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9・一部16:9、バリアフリー日本語字幕付(ON・OFF可能)【特典DISC】リニアPCM(ステレオ・一部モノラル)/AVC/BD50G/16:9 封入特典:●特製ブックレット     ●特典DISC     ・ドキュメンタリー映画『たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』      (2019年公開/監督:山田礼於/95分)     ・昭和のくらし博物館特別展映画『この世界の片隅に』~すずさんのおうち展     ・練馬アニメカーニバル2018『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開2ヶ月前トーク     ・練馬アニメカーニバル2019『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開1ヶ月前トーク     ・公開前劇場トーク ・東京国際映画祭2019 ・広島国際映画祭2019     ・『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』スペシャルライブ付先行試写会     ・劇場舞台挨拶集 ・片渕須直×町山智浩トークイベント映像特典:特報、 特報2、…

    続きを読む
  • 「M 愛すべき人がいて」(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

    日本版「24」が始まる前に復習も!秋の夜長にイッキ見したい作品まとめ | .

    9月の休日といえばシルバーウィーク。夏の暑さも和らぎ、涼しくなってきた秋の夜長におすすめ、いまABEMAで視聴可能なイッキ見必至のドラマやアニメ作品をピックアップ! 「M 愛すべき人がいて」マサ役が話題となった三浦翔平の主演ドラマや、日本版リメイクが決定した鉄板海外ドラマ、老若男女問わず人気のアニメ作品など魅力的なラインナップが揃っている。 三浦翔平出演!「会社は学校じゃねぇんだよ」「M 愛すべき人がいて」「L 礼香の真実」 現在「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS)に出演中の三浦翔平が主演を務める「会社は学校じゃねぇんだよ」は学生時代から起業していた渋谷のギャル男が、一度は憧れのベンチャー企業に入社するも信念の違いから決裂、自ら“21世紀を代表する会社”の立ち上げを目指していくリベンジサクセスストーリー。「サイバーエージェント」社長・藤田晋の著書が原案となっている。 また「M 愛すべき人がいて」では日本の音楽史を塗り替える伝説を作り続ける希代のプロデューサー・マサを演じ、アユ(安斉かれん)と共に過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む礼香(田中みな実)らとの戦い…と、ドキドキハラハラする要素満載で、放送終了後も大きな話題を呼んでいた。 「L 礼香の真実」にもマサ役で登場。礼香が小学生の頃から思いを寄せた初恋相手・正幸(通称:マサ)との思い出をふり返る中で、礼香に隠された秘密が明らかになっていく。秘書・礼香の“秘密”が初めて明かされるオリジナルスピンオフドラマだ。 日本版リメイクが始まる前に!「24 -TWENTY FOUR-」をチェック アメリカの連邦機関、CTUロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーを主人公に、その同僚や家族らがテロリストと戦う、サスペンスアクショドラマ。2001年に放送開始され、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイル、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者を魅了した。 この世界的大ヒットシリーズを日本でリメイクした「24 JAPAN」が10月6日(火)よりテレビ朝日にて放送が開始される。オリジナル版のシーズン1をベースに主演・唐沢寿明が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む…。 最終話から繋がる物語が劇場版で登場「鬼滅の刃」 「鬼滅の刃」はシリーズ累計発行部数4,000万部を突破した人気漫画。昨年待望のTVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、アニメ放映終了後も日本中だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれている。 昨年TVアニメ最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じ、主人公・竈門炭治郎とその仲間たちが映画の舞台となる“無限列車”に乗り込むシーンで終了。その最終話から繋がる物語が10月16日(金)より『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』として公開される。 ソースリンク

    続きを読む
  • 「有村架純 2021 DESK CALENDAR」

    有村架純、約2年ぶりオフィシャルカレンダー発売 | .

    主演ドラマ「姉ちゃんの恋人」の放送が待ち遠しい女優・有村架純の来年度のオフィシャルカレンダーの発売が決定。予約もスタートした。 有村さんにとって約2年ぶりとなる今回のオフィシャルカレンダーは、オールロケで撮影された。広大な敷地に緑広がる草原や、朝霧漂う神秘的な滝など、7か所の魅力的なロケーションに加え、メイクや衣装は馴染みのスタッフと共に考え、有村さん自身もアイディアを出し、いつもとは違う、少し大人で上質さ漂う写真が収録されている。 先日、日米合作映画『太陽の子』の公開が発表、行定勲監督のショートムービー『映画館にいく日』が配信中、さらに直近では、この秋主演ドラマ「姉ちゃんの恋人」が放送を控え、注目作が続く有村さんは、今回のカレンダー発売に関して「色物のお洋服を身に纏って、各ロケーションで好きなように、自由に。その様子をカメラに切り取っていただきました」と撮影をふり返り、「一枚一枚、携わって下さった皆さんと一緒に良きカットを選別しましたので、お気に召していただけたら幸いです」とコメントしている。 さらに、YouTubeではメイキング映像が公開中だ。 また、カレンダーに収まりきらなかった写真をミニフォトブックに収め、カレンダーと共に楽しめるセットでの発売も予定されている。 価格は、卓上カレンダーとなる「Kasumi Arimura 2021 DESK CALENDAR」は3,080円、卓上カレンダー&ミニ写真集「Kasumi Arimura 2021 DESK CALENDAR&Mini Photo Book」は4,730円(いずれも税込)となっている。 「Kasumi Arimura 2021 DESK…

    続きを読む
  • WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭!

    現代家族の在り方を問う「連続ドラマW 坂の途中の家」の観るべきポイント!【レコメンW】|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS

    映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか?WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。 WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭! この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。最終回となる今回は、「DVD&動画配信でーた」編集部の杉原が「連続ドラマW 坂の途中の家」(全6話)の必見理由をご紹介します! WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って? WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。 今回レコメンドするのは「連続ドラマW 坂の途中の家」 角田光代の傑作サスペンスを映像化した「連続ドラマW 坂の途中の家」[c]WOWOW 「紙の月」「八日目の蟬」「愛がなんだ」など数々の作品が映像化されている直木賞作家・角田光代。人気作の中でも、“家庭に潜む究極の心理サスペンス”と称賛された同名小説をドラマ化したのが「連続ドラマW 坂の途中の家」だ。乳児虐待死事件の補充裁判員に選出された主婦が、自らも幼い子供を持つ母親として、いつしか被告に自分自身の姿を重ねていく。子育てに奮闘する女性が直面するさまざまな重圧やストレス、苦悩が描かれると共に、裁判を通し、“家庭”という閉ざされた世界に隠された衝撃の事実が浮かび上がっていく…。 主演を務めるのは、柴咲コウ。2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」をはじめ、映画やドラマなどで幅広く活躍する彼女が、3歳の娘を持ち、子育てで人知れず悩み、次第に平常心を失っていくヒロインの里沙子を好演。夫には田辺誠一、優しくも無言のプレッシャーを与える義理の父母に光石研、風吹ジュン、また里沙子の実の母に高畑淳子、そのほか水野美紀、伊藤歩、眞島秀和、倍賞美津子など実力派キャストが集結。「紙の月」のドラマ版でシナリオを手掛けた篠崎絵里子が脚本を、『さんかく窓の外側は夜』(’21年1月22日公開)などの新進気鋭の映像ディレクター、森ガキ侑大が監督を務めている。 【写真を見る】乳児を虐待死させた水穂に自分を重ねてしまった里沙子に起きる異変とは!?[c]WOWOW ストーリーを紹介しよう。山咲里沙子(柴咲コウ)は、3歳の娘・文香を育てる平凡な主婦。ある日、里沙子は同世代の主婦・安藤水穂(水野美紀)が生後8カ月の娘を浴槽に落として虐待死させた事件の裁判の補充裁判員として参加することになる。当初は我が子を手にかけた水穂に嫌悪感を抱くが、裁判を通して被告の人生に自分を重ねるようになった里沙子は自分自身を失っていく。そんな里沙子を夫の陽一郎(田辺誠一)は心配しながらも、何気ない言葉で彼女を傷つけていく。さらに、裁判に出席するため義理の両親に預けた文香が全くいうことを聞かずに声を荒げ、周囲から虐待を疑われてします。やがて里沙子は自分の中にある感情が眠っていたことに気付く。 裁判員制度を題材にしながら、子供の虐待死事件を通して母性、夫婦、家族、そして子育てを巡る社会の在り方を浮き彫りにするヒューマン・ドラマ。決して他人事では片づけられない物語を描く本作の3つの見どころを、共通する要素を持つ海外ドラマと絡めてレコメンドしていこう。 ソースリンク

    続きを読む
  • 「誰かが、見ている」(c)2020 Amazon Content Services LLC

    香取慎吾&稲垣吾郎、微妙に噛み合わない出会いのシーン到着「誰かが、見ている」 | .

    脚本・演出:三谷幸喜×主演:香取慎吾で贈るAmazon Original ドラマシリーズ「誰かが、見ている」から、香取さん演じる舎人真一と稲垣吾郎演じる大人気演歌歌手・レッツ大納言のすれ違いだらけで、噛み合わない出会いのシーン映像が公開された。 ありえない失敗ばかりなのに、なぜか憎めず、勝手に日常を配信されてしまったことで世界中の人々を“笑い”で元気にしてしまう舎人真一(香取慎吾)と、予想もできない舎人のハプニングに巻き込まれていく人々をユーモラスに描いた本作。 公開された映像には、テレビの配線に手こずっていた舎人と、変装をして密かに舎人に会いに来た大人気演歌歌手のレッツ大納言の姿が映し出されている。 「いやー良かった~!こっちです!」と部屋の中にレッツ大納言を案内する舎人。実は舎人の大ファンであるレッツは、初めて訪れる舎人の部屋に感激する。「私が来るのが分かっていたのですか?」というレッツに、「来てくれなかったら僕の方から伺おうかと思っていました!」と返す舎人。どうやら会話が微妙に成立していない。 熱いファン心から「お会いしたかったです」と手を差し出すレッツに、少し訝しそうにしながらも「僕もです!」と強くその手を握り返す舎人。会場からは大きな笑いが起こっているが…。 微妙に交わらない会話のやり取りが絶妙な香取さんと稲垣さん。2人の役者としての共演は「『古畑任三郎 VS SMAP』その後…」以来7年ぶり。香取さんとの共演を楽しみにしていたという稲垣さんは、「面白かったし、嬉しかったです。皆さんが見ている俳優としての香取慎吾はこういう感じなのか!と不思議でした」と、新たな一面を発見したことを語りながら、「普通の舞台やドラマとも違う、これまでにない撮影でしたが、楽しませて頂きました。お客様も喜んで頂いて、手応えがありました」と共演シーンをふり返っている。 今回公開されたユーモア溢れる会話劇は、本エピソードのほんの一部。舎人とレッツの物語は、隣人の粕谷家や、舎人の友人のそと子を巻き込みながら、さらに加速してゆく。 Amazon Originalドラマシリーズ「誰かが、見ている」はAmazon Prime Videoにて独占配信中(全8話)。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close