ニュース

  • 浅野忠信主演「24時間テレビ」SPドラマ放送 監督・脚本は劇団ひとり | cinemacafe.net

    浅野忠信主演「24時間テレビ」SPドラマ放送 監督・脚本は劇団ひとり | .

    今年の「24時間テレビ」(8月27日・28日放送)では、監督・脚本:劇団ひとり×主演:浅野忠信がタッグを組み、スペシャルドラマ「無言館」を放送。戦争で亡くなった画学生の作品を集めた、実在する美術館「無言館」設立のために全国を駆け巡った、ある男の物語を描く。 太平洋戦争の最中、「あと10分、あと5分でいいから描かせてくれ…」と、出征する直前まで絵を描き続けた画学生(※当時、美術学校で絵を学んでいた学生のこと)がいた。「生きて帰ってこられないかもしれない」と、彼らに残された時間の中で描かれたのは、故郷の畦道、夢に描いた家族団らんのひと時、愛する女性など、驚くほど穏やかな絵ばかり。 主人公・窪島は、戦没画学生の絵を展示する美術館「無言館」の設立を目指し、絵を集めるために、全国各地の遺族のもとを駆け巡る。建設費の問題や遺族からの非難など、多くの壁にぶつかる窪島。「金儲けばかりで、戦争の事なんて何も考えなかった俺がこんなことしていていいのか…?」と自問自答する窪島だが、様々な困難と葛藤を乗り越えた先には、感動の奇跡が待っていた――。 本作は、彼らの遺した絵を集めることで、自分を見つけ、そして自分の思いを届けようとした、ある男の物語。題材となる「無言館」は、長野県上田市に実在する美術館で、実際に窪島誠一郎が集めた戦没画学生らの絵が展示されており、後世に向けて戦争を語り継ぐ場所となっている。 窪島役の浅野さんは「いつの時代も芸術が人々の心を動かすだけでなく、人生そのものに強い影響をもたらしていたことがわかる内容にも強く感動しています」と本作についてコメント。監督兼脚本を担当するのは、本作が3作目となった劇団ひとり監督は「ただ頷くだけで、ただ見つめるだけで、なんとまぁ絵になることか。この感動を皆さんと共有できる日を楽しみにしております」と撮影の様子を話している。 24時間テレビ45 スペシャルドラマ「無言館」は8月27日(土)21時頃日本テレビにて放送予定。 「24時間テレビ45」は8月27日(土)、28日(日)日本テレビにて放送。 ソースリンク

    続きを読む
  • “観る”から“参加する”へ WEB3.0時代の映画はどう変わる?「SSFF & ASIA 2022」 | cinemacafe.net

    “観る”から“参加する”へ WEB3.0時代の映画はどう変わる?「SSFF & ASIA 2022」 | .

    米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)のオンラインクロージングセミナーが行われ、Web3.0時代の新しい映画製作方法、NFTで変わる映画製作の姿、クリエイターがどのようにNFTを活用していけるのかについて、ディスカッションが行われた。 “Meta Cinema”をテーマに開始した今年の映画祭アワードセレモニーで、NFT×映画を体現しようとするプロジェクトとして、暗号資産を題材にクリプト業界の欲と闇、そして希望を描く100分の実写映画『The Rhetoric Star』について紹介。6月には映画祭と連動する株式会社ビジュアルボイスとNFTグローバルシネママーケットの構想を発表した。 今回のセミナーには、映画祭代表の別所哲也をはじめ、『The Rhetoric Star』製作チームより、映画監督・太一、仮想通貨に関する国内外のニュースを投資家向けに配信するオンラインメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostの代表取締役・各務貴仁が登壇。 映画製作の現況について、太一監督は「映画誕生から(たった)127年ですが、それにしては老けすぎている。業界のサイズだけ大きくなっているイメージ。視聴方法は進化しているが、では製作方法は? 事業としての映画制作のプロセスの進化は止まってしまっているのではないか。そこを再稼働させようとしている」と述べる。 別所さんは「アメリカでは、こういうレンズがない、となればでは作ってしまおうというフットワークの軽さ、ダイナミズムが映画界にある」とした上で、「日本は製作委員会方式という、20世紀型映画ビジネスを組み立ててきた。では21世紀初頭の今、どう変革できるのか」とNFTをどう変革に活用できるのかという次なるトピックに話を繋げた。 各務さんが挙げたNFTの特徴は、「固有性:他のデジタルデータと判別可能になること」、「取引可能性:所有者が明確になり暗号資産でグローバルな取引が可能になること」、「相互運用性:様々なサービスを跨ぐdコンテンツ利用を可能にすること」、「プログラマビリティ:スマコン活用で自動ルール設定可能にすること」の4つ。 太一監督は「これまでは映画のプロセスを言語化する慣習がなく、日本は明確に言葉で語らない文化、察する文化の中で、皆が察し合いながら映画を作っていく市場であった」と述べ、「(各務さんのような)こういう世代が出てきて、NFTを活用するようになっていくと、架空の話をせずに検証を重ねて最適化するという一つの答えに達することができる」と説明。 また、現在の世界でのNFT活用状況について各務さんは「映画の世界でいうと、資金調達がやはり大きい。株主と株式の仕組みのように、将来儲かったら利益を還元する、となると証券に該当して難しい。NFTの場合は、継続接点を作れることから、初期から参画してくれている人たちがわかるので、結果的に興行で大きく儲かった際に、その初期投資家に対して大きくメリットを還元していくという設定が可能になる」と話す。 太一監督は「カンヌ国際映画祭はじめ、皆NFTに関心を持っており、何ができるかを探している。そしてみなつまずいているようでもある。今はまさに、最初にPCを買った時に近い感覚。なんでもできるからこそ何もできない、という状態」と言い、「映画は人間が作るもの。NFT技術とテクニックを駆使すると、アーティスト一人一人を価値化できる。たとえば、映画監督がスポンサーをつけて映画を撮ったって良い。お金を集める、制作する、売る、というプロセスを崩すことができる」と説明した。 また、各務さんは「NFTはグローバルなリーチが取れるというのが一番大きなポイント」とし、日本で作る映画に、国境を越えて世界の人が参加できる点、また、ファンがいる前提で進めていく映画製作プロセス、そして、作品制作者と支援者がダイレクトにつながることができる(中間手数料をとられることなく)ポイントについても話した。…

    続きを読む
  • 吉川愛&伊藤あさひ&望月歩らが出演「早朝始発の殺風景」第2・3話の主人公解禁 | cinemacafe.net

    吉川愛&伊藤あさひ&望月歩らが出演「早朝始発の殺風景」第2・3話の主人公解禁 | .

    “平成のエラリー・クイーン”の異名を持つ青崎有吾原作の“密室型”青春ミステリー「早朝始発の殺風景」(集英社文庫)を連続ドラマ化し、高校生たちの“5つ”の密室会話劇を描いた「WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景」より、ポスタービジュアルと第2話・第3話の主人公たちが解禁された。 早朝の始発電車で、放課後のファミレスで、観覧車の中で…日常の風景が一瞬にして変化し、展開される高校生たちの“5つ”の密室会話劇をドラマ化。第1話は山田杏奈と奥平大兼W主演の「早朝始発の殺風景」。 この度解禁されたポスタービジュアルは電車を貸し切り、本作のタイトルにもある「早朝始発の殺風景」の撮影時に収めた縦・横それぞれ別カットを使用したもの。本作のポスタービジュアルをはじめとしたスチールは「愛がなんだ」や「佐々木、イン、マイマイン」の写真家・木村和平が担当しており、青春の“気まずさ”が伝わってくる本ドラマの世界観を象徴したデザインに仕上がっている。 そして、第2話「メロンソーダ・ファクトリー」の主人公・真田、詩子、ノギ役には吉川愛、中田青渚、尾碕真花、第3話「夢の国には観覧車がない」の主人公・寺脇、伊鳥役には伊藤あさひ、望月歩が決定した。 吉川さんは現在放送中の「純愛ディソナンス」でヒロイン役、中田さんは現在放送中の「善人長屋」で主演、尾碕さんは「鎌倉殿の13人」で義時の異母妹・あき役で大河出演。さらに、朝ドラ「エール」等多くの話題作に出演する伊藤さん、先月公開の「妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―」など数多くの映画・ドラマに出演する望月さんなど新進気鋭の若手俳優が集結している。 なお、第4話以降のキャストは今後発表される。 <真田役・吉川愛、コメント>WOWOWさんの作品は、好きな作品が多いので、出演することができて嬉しかったです。内容は、最初は淡々と進んでいきますが、途中からとても考えさせられる内容になっていて、実際に自分の友達だったらどうなるかなと置き換えて考えながら演じました。キャストの方々とは、本当のいつメンみたいな感じで、楽しく撮影させて頂きました。 <詩子役・中田青渚、コメント>出演が決まった際、台詞の多い会話劇ということで少し緊張していました。真田役の吉川さんとノギちゃん役の尾碕さんとは初めましてだったのですが、リハーサルから元々この3人組で高校生活を過ごしていたかのような日常感がありすぐに詩子というキャラクターに入ることができました。撮影もとても楽しかったです。第二話の大部分はファミレスでの会話劇で女子高生3人が繰り広げるボケとツッコミのテンポあるリアルな会話が魅力です。毎話、どのような会話劇が繰り広げられているのか私も視聴者の皆さまと同じくらいとても楽しみにしています。個性的なキャラクターたちの会話の中から生まれる、青春感のある人間模様を是非お楽しみください! <ノギ役・尾碕真花、コメント>「早朝始発の殺風景」メロンソーダ・ファクトリーでノギちゃん役を演じさせて頂きました尾碕真花です。台本を読ませていただいた最初の感想は「セリフ量!会話劇!」でした。笑自分が高校生だった頃によく行ったファミレスやそこでの会話を懐かしく思い出し、凄く胸が高鳴りました。女子高生のファミレスでの日常会話。言葉一つ一つに秘密が隠されていて、最後には明らかになる。とっても素敵な会話劇です。三者三様の女の子達の日常会話の中に隠された秘密を、推理しながら是非お楽しみ下さい。 <寺脇役・伊藤あさひ、コメント>お話をいただいた時、まず、ゴンドラの中での会話劇ということに驚きました。そして、ワンシチュエーションで物語がほぼ完結するという斬新さにワクワクしたことを覚えています。ゴンドラ内での長回し撮影だったので、臨場感を楽しみながら挑みました。寺脇と伊鳥の心の揺れ動きに注目しながら、ちょっと奇妙で愛おしい青春物語をお楽しみいただけると嬉しいです。 <伊鳥役・望月歩、コメント>各話密室でストーリーが展開されるので、その空間だけで起こる会話劇がとても面白い作品だと思いました。ほぼ時間経過のないシーンをやるのはドラマとして珍しいことで、その切り取った部分だけではないのがこのドラマの魅力だと思います。僕の話は観覧車の中なので、その絶対に降りられない22分の中での僕らの関係性や心の機微を味わって頂けたら嬉しいです。 「WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景」は11月よりWOWOWにて放送・配信(全6話)。 ソースリンク

    続きを読む
  • 山崎紘菜&矢本悠馬&金子大地らが人気キャラに「DORONJO」バトルシーンも公開 | cinemacafe.net

    山崎紘菜&矢本悠馬&金子大地らが人気キャラに「DORONJO」バトルシーンも公開 | .

    池田エライザ主演「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ」に山崎紘菜、矢本悠馬、金子大地、一ノ瀬ワタル、田中俊介が出演することが分かった。 本作は、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」を原作に、池田さん演じる主人公・泥川七音が、ドロンジョとして悪に手を染めることになるまでの知られざる過去や壮絶な生きざまを描いたダークエンターテインメント。 のちにドロンジョの敵役となる、正義の味方「ヤッターマン」の面々として、山崎さんがのちに“ヤッターマン2号”となる聖川愛花、金子さんがのちに“ヤッターマン1号”となる高岩田ガンを演じる。 愛花は、原作では電気屋の娘・上成愛として描かれるが、本作では貧しく過酷な環境で生きる七音とは対照的に裕福な家庭で育ち、インフルエンサーとしても活動。七音とは一時期、アマチュアボクシングの世界で日本代表をめぐってしのぎを削りあうライバルだった。一方、愛花の幼なじみのガンは、原作の高田ガン同様に愛花の強力なパートナーとして登場。愛花とガンの正義が、皮肉にも七音の運命を大きく狂わせていくことに。 また、のちに“ドロンボー一味”としてドロンジョの泥棒稼業を支えることになる面々には、のちに“ボヤッキー”と名乗ることになる裏社会で生きる青年・飛悟を矢本さん、飛悟と共に行動し、のちに“トンズラー”を名乗ることになる青年・匠苑を一ノ瀬さんが演じる。 原作のボヤッキー同様に、メカ造りの天才で一味の頭脳担当でもある飛悟は、ある悲劇によって左足を失い、絶望の淵にいた七音へ“義足”という希望を与える重要人物。大柄で強面な見た目とは対照的に、天然でかわいらしいキャラクターの匠苑は、一味の怪力担当であり、七音の盾となる頼れる存在だ。 そして田中さんが、原作には登場しないドラマオリジナルキャラクター・瑛磨を演じる。タツノコプロが初めて手掛けたTVアニメ「宇宙エース」からインスパイアされ名付けられたキャラクターとなっており、飛悟、匠苑らと共に裏社会で生きる謎多き人物。絶望の淵にいる七音を拾い上げるキーパーソンとして登場する。 山崎さんは「日本を代表するアニメーションとして世代を超えて親しまれている ヤッターマン、そして多くの人々に愛されているアイちゃんという キャラクター。出演が決まり、光栄に思うと同時に身が引き締まる思いでした」とふり返り、矢本さんは「今回の作品は僕たち一味にフォーカスを当てることで今まで想像の外側にあった物語が展開していきます。ヤッターマンのファンの方は勿論、初見の方も楽しめるものになっているはずです」とアピール。 金子さんは「ドロンジョにフォーカスを当てたときに、ライバルのヤッターマンはどのように見えているのかもこのドラマの見どころだと思うので楽しみにしていただきたいです」と話し、一ノ瀬さんは「ラストシーンは、皆さんの胸にも刺さると思いますので、ぜひご覧下さい!」と見どころを明かす。田中さんは「”無戸籍”というキーワードを頼りに、監督、プロデューサーと話し合いを重ね、共にこの世界観を生きるキャストの皆さんと言葉を交わし触れ合いながらキャラクターを作っていきました」と演じるキャラクターについて語っている。 さらに、キャスト総出演の第2弾予告編も到着。過去に一時期、ボクシングの世界でライバル関係にあったことが明らかとなった、七音と愛花の鮮烈なバトルシーンは必見だ。 タツノコプロ創立60周年記念「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ」は10月7日(金)よりWOWOWにて放送・配信(全11話)。 ソースリンク

    続きを読む
  • 永野芽郁“佐奈”の危機を救う西島秀俊“小鳥”に「ナイス!」の声、杉野遥亮“須崎”の成長にも感動の声…「ユニコーンに乗って」4話 | cinemacafe.net

    永野芽郁“佐奈”の危機を救う西島秀俊“小鳥”に「ナイス!」の声、杉野遥亮“須崎”の成長にも感動の声…「ユニコーンに乗って」4話 | .

    永野芽郁が主演する「ユニコーンに乗って」の4話が7月26日放送。佐奈の危機に駆けつける小鳥に「小鳥さんナイス!」「素敵でした」などの声が。また小鳥の協力を仰いで父親の元に出向く須崎にも「素敵に成長してる」などの声が上がっている。 スタートアップ企業の若き女性CEOのもとに、会社の雰囲気とは全く異なるサラリーマンが部下として転職してくることから始める大人の青春ドラマとなる本作。 キャストは高卒から独学で勉強して教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」を立ち上げた若手CEOの成川佐奈に永野さん。佐奈の理念に深く共感し、26年間勤めていた地方銀行を突然辞め「ドリームポニー」に入社した小鳥智志に西島秀俊。 佐奈に想いを寄せているがあくまでビジネスパートナーとして共に「ドリームポニー」を起業した須崎功には杉野遥亮。「ドリームポニー」社員の栗木次郎に前原滉、夏井恵実には青山テルマ、森本海斗には坂東龍汰。佐奈の妹・依里に武山瑠香。アパレルの店舗スタッフからECサイトを立ち上げた有名女性起業家で、バードウオッチングをしていた小鳥と知り合う羽田早智に広末涼子といった顔ぶれ。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。 4話は起業家と投資家をつなぐマッチングサイトで、佐奈と投資家の高山(飯田基祐)が知り合う。1億円の投資を前向きに検討したいという高山に佐奈と須崎は大喜び。小鳥のアシストもありとんとん拍子で話が進んでいく。だが高山から食事に誘われた佐奈は強引な誘いを受けてしまう。その頃、早智の家に招かれていた小鳥は、彼女から下心で近づいてくる投資家がいると言われる。 「夜に2人で食事に誘ってくるのは要注意」だと話す早智の言葉に、佐奈が心配になった小鳥は、彼女と高山が食事しているレストランに急行。小鳥からの電話を受けた須崎もまたレストランに急ぐ…というストーリーが展開。 佐奈の腕を引っ張り強引にタクシーに乗せようとする高山に、ついに怒りが限界に達した佐奈は、思わず高山にグーパンチを繰り出そうとするが、そのとき小鳥が佐奈を止める…。「グーパンチの寸前で阻止してくれた 小鳥さんナイス!」「小鳥さんと功が佐奈のために必死で走って駆けつけるシーン、素敵でした」「グーパンチは危険だったwww小鳥さん さすがです」と小鳥に絶賛の声が相次ぐ。 その後、課金制を導入するかどうかで佐奈と須崎が対立。自分も幼い頃貧しかったから佐奈の気持ちがわかると話す小鳥の言葉に、佐奈の苦労がわかったつもりになっていただけだったことに気付かされた須崎は、小鳥に協力を仰ぎ、酒好きの父親のもとに焼酎を持って出向く。そして父親の自分に対する想いに感謝を述べたうえで、今の自分に足りないのは苦労だと言い「俺はあきらめない」と宣言する。そんな須崎の姿を見た父親はドリームポニーが入居するビルの賃料を据え置く…。 成長する須崎の姿にも「功とお父様のやり取り感動した」「そうやって切り開いていけーがんばれ功君!!」「小鳥さんに出会ったことで良いところどんどん取り入れて素敵に成長してる」「今回は須崎さんが頑張った回だね!」などの声が寄せられている。 【第5話あらすじ】開発資金を集めるべくビジコンに挑戦することを決めた佐奈たち。無事書類審査を通過し社内は優勝を目指して活気に満ちていた。そんななか佐奈は、靴を壊してしまった小鳥のため新しい靴をプレゼントするが、なかなかそれを履いてくれない小鳥にもやもやする。さらに小鳥のデート相手が早智だったことが発覚し思わず動揺してしまう。須崎もそんな佐奈の様子を複雑な思いで見つめ…。 「ユニコーンに乗って」は毎週火曜22:00~TBS系にて放送中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 奈緒、漁師たちを束ねるシングルマザーに! 森下佳子脚本ドラマ「ファーストペンギン!」秋放送 | cinemacafe.net

    奈緒、漁師たちを束ねるシングルマザーに! 森下佳子脚本ドラマ「ファーストペンギン!」秋放送 | .

    日本テレビ系秋の新水曜ドラマは、奈緒主演の「ファーストペンギン!」を放送。本作は、ヒットメーカー・森下佳子脚本で贈る、海の世界に飛び込んだ元気なママのリアルサクセスストーリーとなっている。 家なし、金なし、仕事なし。人生崖っぷちの若きシングルマザー・岩崎和佳は途方に暮れていた。ひょんなことから1人の漁師に出会い、「1万円で俺たちの浜を立て直してくれ!」という思いがけないオファーを受け、荒くれ漁師たちのボスに。日本の隅っこで必死に生きる漁師たちの夢を一緒に背負うことになった和佳は、ガンコな海の男たちとぶつかり合いながらも、ド素人ゆえの大胆さで、古い常識や慣習を次々と打ち破り、しがらみだらけの業界で、まさかの大革命を巻き起こす――。 元来、ペンギンは臆病な動物で、多くの敵が潜む海に、なかなか飛び込むことができない。しかし、勇気ある一羽が飛び込むと、仲間たちも次々と荒海へ。その勇気ある一羽目のことを“ファーストペンギン”と呼ぶ。物語は、そんなファーストペンギンのように、縁もゆかりもない漁業の世界に飛び込んだシングルマザー・坪内知佳と、漁師たちの実話がモデルとなっている。 本作が民放GP帯連続ドラマ初主演となる奈緒さんが演じるのは、「漁船団の立て直しに力を貸してほしい」と懇願される若きシングルマザー・岩崎和佳。演じる人物について「猪突猛進で周りを巻き込んでいくような、ガッツのある、強くてカッコいい女性だなと思います。また、そんな和佳さんの過去には、すごく傷ついた出来事もあり、人の弱さを知っているからこそ、優しく強くなれるところがあって、そういった面が魅力的です。何よりも『皆が幸せになってほしい』という願いを持っている、人が喜ぶことを自分の力に変えていけるところが、とてもカッコいいなと思います」と印象を語った奈緒さん。 「今までは、どちらかというと、波に流されゆったりと生きてきたタイプの役をいただくことが多かったと思います。今回の和佳さんは、まさに“大きな波を起こす人”なので、そこは自分の中で、また一つ、新しいギアを手に入れて演じなきゃいけないところはあるかなと感じています。また、主人公のモデルとなった坪内知佳さんとお話をしたり、メールでやり取りをさせていただく中で、私自身が感じた、坪内さんの『素敵だなぁ』と思うところや、漁師の皆さんの気持ちを大切にできたらいいなと思います」とコメント。 また脚本は、「JIN-仁-」「義母と娘のブルース」など数々の人気ドラマを手掛けた森下さん。日本テレビの水曜ドラマ枠を担当するのは、20年ぶり。「私自身はどうにも頼りない有様ですが、実話のもつ力=坪内さんご自身の魅力と、それをきめ細やかに力強く表現してくださるに違いない奈緒さんのお芝居の力、この2つの確かな力を信じて、パワフルで見応えのあるドラマにしていきたいと思っています。ですので、どうか皆様。お寿司を愛する皆様、お寿司を愛する方を愛する皆様、次世代に気軽にお寿司を食べさせたいと願う皆様、お忙しいとは思いますが、どうかお時間を少しばかりいただければと存じます。皆様に現状を知っていただければ、未来はきっと良い方向に変わるはずだから」とメッセージを寄せている。 新水曜ドラマ「ファーストペンギン!」は10月、毎週水曜日22時~日本テレビ系にて放送予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 吉沢亮、月9初主演で小児科医役! メディカルヒューマンドラマ「PICU」秋放送 | cinemacafe.net

    吉沢亮、月9初主演で小児科医役! メディカルヒューマンドラマ「PICU」秋放送 | .

    10月期の月9ドラマは、吉沢亮主演のメディカル・ヒューマンドラマ「PICU 小児集中治療室」(仮)を放送。連ドラ初となる子どものICUを舞台にした、「監察医 朝顔」のスタッフが贈る医療ドラマとなっている。 PICU(=Pediatric Intensive Care Unit)は、小児専門の集中治療室。高度かつ集中した治療が必要とされる、およそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”。小児集中治療を専門とする医師や看護師が各専門分野の医療スタッフと連携し、搬送のタイムリミットと闘いながら、重篤な子どもの尊い命を救うために、命懸けで治療にあたっている。 ドラマは、北海道が舞台。人々を魅了してやまない美しい大地である一方、広大すぎるがゆえに搬送までに長い時間を要することも少なくない。物語は、「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早くPICUに搬送できる医療用ジェット機の運用を可能にするために奔走する姿を描く。 大河ドラマ以来の連ドラ主演作となる吉沢さんが演じるのは、北海道で生まれ育った27歳の小児科医・志子田武四郎。女手一つで育ててくれた母・南と二人暮らしをしており、実家から通える病院であれば何科でも良いと考え、小児科医になったという経緯が。ある日、勤務先の病院に新設されたPICUに異動することになり、そこでPICU医の植野元と出会い、武四郎の小児科医人生を大きく変えていくことになる。 吉沢さんは「命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になると思います。人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ」とコメント。 月9ドラマ初出演にして初主演、自身初の医師役と、初尽くしとなる今作について「個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいお馴染(なじ)み感があるものだと勝手に思ってましたので、その主演をやらせて頂けるっていうのはもう。ありがとうございます。よろしくお願いします」と思いを明かしている。 完全オリジナル脚本となる本作を手掛けるのは、「アライブ がん専門医のカルテ」で第9回市川森一脚本賞を受賞した倉光泰子。演出は「監察医 朝顔」シリーズの平野眞が務める。 「PICU 小児集中治療室」(仮)は10月、毎週月曜日21時~フジテレビにて放送予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 【ディズニー】ダッフィーの新しいお友だち“リーナ・ベル”のデザインを装飾したモノレールが期間限定で運行 フリーきっぷも販売 | cinemacafe.net

    【ディズニー】ダッフィーの新しいお友だち“リーナ・ベル”のデザインを装飾したモノレールが期間限定で運行 フリーきっぷも販売 | .

    26日(火)、東京ディズニーリゾート内の各施設をつなぐディズニーリゾートラインに期間限定デザインのモノレールが登場することが分かった。約2年ぶりに登場するラッピングモノレールにはダッフィーの新しいお友だち、リーナ・ベルのデザインが施されている。 東京ディズニーシーに新しく登場するお友だち、リーナ・ベルをデザインした内装の特別なモノレールが運行する。車内にはチョウを追いかけてミッキーとはぐれてしまったダッフィーとリーナ・ベルが初めて出会う森の様子が広がっており、まるでダッフィーと一緒に迷い込んだかのような世界観を楽しめる。好奇心旺盛なリーナ・ベルを探してみたい。 このリーナ・ベルのデザインを装飾したモノレールは、リゾートライナー(Type X)パープルの1編成のみ。運行期間は、2022年9月8日(木)~2023年3月下旬予定。(※運行スケジュール詳細は、東京ディズニーリゾート ・オフィシャルウェブサイトなどで確認のこと) また、リーナ・ベルデザインのフリーきっぷも、9月8日(木)~10月31日(月)の期間登場する。森のなかでのダッフィーとリーナ・ベルの出会いをフリーきっぷのデザインとしている。リゾートラインを乗り放題で楽しめるきっぷで、乗車の記念になりそう。売り切れ次第終了する。この秋、ディズニーリゾートラインでも“ダッフィー フレンズ”の世界を存分に楽しめそうだ。 ※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。 (C) Disney ソースリンク

    続きを読む
  • 少女たちが未来の自分と遭遇 最新SFジュブナイル「ペーパーガールズ」配信決定 | cinemacafe.net

    少女たちが未来の自分と遭遇 最新SFジュブナイル「ペーパーガールズ」配信決定 | .

    全米ベストセラーの青春SFグラフィックノベルを初実写化したドラマシリーズ「ペーパーガールズ」がPrime Videoで独占配信されることが決定。キーアートと場面写真が解禁された。 物語の舞台は1988年のオハイオ州クリーブランド。そこに住む4人の12歳の少女たちは、通う学校や家族構成などは違うものの、4人共通して新聞の配達をしていた。ハロウィーンの次の日の朝、いつものように早朝に新聞配達をしていると、突然タイムトラベラーたちの争いに巻き込まれ、少女たちの人生は永遠に変えられてしまう。 空にピンクに光る雷のようなものを目撃した次の瞬間、4人の少女たちは2019年に飛ばされ、未来の「大人になった自分」と遭遇する。12歳で想像していた理想の自分とはだいぶかけ離れてはいたものの、少女たちは徐々に現実の姿を受け入れていきながら、1988年に戻る方法を模索していく。 しかし、権力を独占し続けるためにタイムトラベルを禁止しているタイムトラベラーの過激派から少女たちは狙われることになり、少女たちはこの危機を打破するために、一致団結して戦わなければならない。ルーツも全く異なる4人の少女はお互いを信頼し、無事に1988年に戻ることができるのか…? 原作は「サーガ」や「Y:ザ・ラスト・マン」シリーズで知られるブライアン・K・ヴォーンが手掛けるアメリカで大ヒットしたグラフィックノベル。また、今シリーズではエグゼクティブプロデューサーも務める。 シーズン1のディレクターには「SUPERGIRL/スーパーガール」など数々のドラマシリーズを担当しているメアジー・アルマス、ミュージックビデオやドラマの監督で今後が期待されるゲオルギ・バンクス・デイビーズやイギリスでドラマ監督として活躍しているデスティニー・エカラガ、そして「LOST」や「シカゴ・ファイア」で数々のエピソードを担当したカレン・ガヴィオラなどドラマ業界で活躍するベテランから新進気鋭のクリエーターまでが集結した。 メインの4人の少女を演じるのは、ハリウッドで期待されている超若手スターたち。ゲームが大好きでトランシーバーが手放せない少女ティファニー役は、『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)に出演のカムリン・ジョーンズ。オークランドに引っ越してきたばかりの少女エリン役に、犯罪系ドラマシリーズ「オルタード・カーボン」のライリー・ライ・ネレット。地域で初めて少女で新聞配達を始めたマック役には、コメディドラマ「ファスト・レイン」でもお馴染みのソフィア・ロジンスキー。そして「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」などのドラマシリーズにも出演経験があるフィナ・ストラッツァは頭脳も運動神経も抜群のKJ役を演じる。 今回公開されたキーアートと場面写真では、少女4人がタイムトラベルに遭遇するまでの出来事や4人の出会い、実際に未来に行って戸惑う様子などが切り取られている。 新ヒロインの誕生を期待させる本作。夏の暑さを吹き飛ばせること間違いなしのミステリー/SFジュブナイル最新作に注目が集まる。 「ペーパーガールズ」(全8話)は7月29日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信開始予定。 ソースリンク

    続きを読む
  • 「観客を別世界に導く」細部にまでこだわった儀式シーンの裏側『女神の継承』メイキング映像 | cinemacafe.net

    「観客を別世界に導く」細部にまでこだわった儀式シーンの裏側『女神の継承』メイキング映像 | .

    『チェイサー』『哭声/コクソン』のナ・ホンジン原案・プロデュースの話題作『女神の継承』よりメイキング映像が解禁された。 >>『女神の継承』あらすじ&キャストはこちら 本作は、ナ・ホンジン監督の2016年の衝撃作『哭声/コクソン』のアナザー・バージョンとも言えるタイを舞台にしたオカルトホラー。古い言い伝えがいまも息づく地方の村で、祈祷師一族の娘に襲い掛かる怪異と恐怖を描く。 この度解禁となったのは、本作の大きな見どころともなっている恐るべき儀式シーンのメイキング映像。 バンジョン・ピサンタナクーン監督はタイの祈祷文化を深く知るために、1年をかけ30人以上の祈祷師たちと会い、祈祷師たちの独自の儀式や信念を考慮し、専門家の力を借りながら本作の世界観を創り上げた。 映像では様々な儀式のシーンが挟み込まれるが、そのどれもがエネルギッシュで、エキゾチック。また鬼気迫った雰囲気に満ちており、監督も「祈祷師の世界をリアルに表現できなければ映画は失敗作になります」と儀式のシーンの重要性を話す。 一方、「正確なやり方を聞いても、皆答えが違う」と撮影の苦労を吐露。それでも「小道具はすべて事前取材で目にしたものです」と細部にまでこだわり、「地元の民家を訪ねて家にある品々を借りました」と小道具のスタッフは明かしている。儀式の際の音楽も地元の伝統的な楽団に依頼し、本作のために曲を作ってもらったそう。 極限までリアリティーにこだわった儀式シーンとともに、様々な祈禱師たちが独自の儀式で若く美しい娘ミンに取りついた“何か”に立ち向かっていく様子がとらえられており、監督も「儀式のシーンは観客を別世界に導くでしょう」と自信を覗かせている。観客にまるで「本物」かのような儀式を体感させ、タイの秘境へと誘う本作の裏側が垣間見えるメイキング映像となっている。 『女神の継承』は7月29日(金)より全国にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
Close
Close