Mari

  • ニュース
    「ARIA」完全新作アニメが2021年春劇場公開

    アニメ化15周年イヤーに劇場へ!「ARIA」最新作が来春公開決定 – MOVIE WALKER PRESS

    天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック「ARIA」。その新作映画『ARIA The CREPUSCOLO』が2021年春に公開されることが決定し、あわせて特報映像とティザービジュアルが公開された。 「ARIA」完全新作アニメが2021年春劇場公開[c]2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー 「ARIA」は単行本累計460万部、関連書籍累計80万部が発行され、2005年に「ARIA The ANIMATION」としてアニメ化。その後、OVAや小説、ゲームなど様々なメディアで展開され、多くのアニメファンを魅了してきた。そのアニメ放送から15年目のメモリアルイヤーである2021年に、再び映画として帰ってくる。 水の惑星にあるネオ・ヴェネツィアの水先案内店“オレンジぷらねっと”で、ウンディーネになるべく修業の日々を送るアーニャ(声:茅野愛衣)は、アリスとアテネが全然会えていないことが気がかりだった。友人であるアイやあずさに協力してもらい解決方法を探そうとするなかで、アーニャはいまの自分だからこそ見える“景色”があることに気づいていく。 今回届いたティザービジュアルは、夕暮れの“希望の丘”を背景にメインキャラクターたちが全員描かれた特別なイラストで、黄昏時のせつなさのなかに彼女たちの前向きさを感じさせる一枚となっている。また、灯里役の葉月絵理乃がナレーションを務め、物語の舞台となるネオ・ヴェネツィアで生活をするメインキャラクターたちの優しくて穏やかな日常を、一つ一つ丁寧に切り取った特報映像も同時に公開されている。 原作者による完全描き下ろしの新作をもとに、キャストもおなじみのメンバーが集結し、アテナ役として佐藤利奈が新たに参加する本作。新しくも変わらない「ARIA」の魅力を存分に感じられる作品になっているはずだ。 ソースリンク

    続きを読む
  • 人気
    映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』予告編

    映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』予告編

    『ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡』などのダニエル・ラドクリフらが出演した、実話をベースのスリラー。南アフリカのアパルトヘイトに…

    続きを読む
  • 特徴
    豪華キャストがずらり結集!

    劉慈欣のベストセラーSF小説「三体」ドラマ化決定! 映画&アニメ企画も進行中 : 映画ニュース – 映画.com

    2020年8月6日 11:30 ドラマ版「三体」ポスター [映画.com ニュース] 中国のSF作家・劉慈欣のベストセラー小説「三体」のドラマ化が決定した。この情報は、中国最大級の動画プラットフォーム「テンセントビデオ」のラインナップ発表会で判明したものだ。 3部作として構想された「三体」は、中国国内で最も人気のあるSF小説のひとつ。2006年から中国のSF雑誌「科幻世界」で連載され、08年に単行本が出版。中国全土のみならず世界的にも評価され、Facebook共同創業者マーク・ザッカーバーグ、バラク・オバマ元米大統領、ジェームズ・キャメロン監督が賛辞をおくり、15年には翻訳書&アジア圏の作品として初のヒューゴー賞長編部門(第73回)に輝いている。日本では19年7月4日に第1作「三体」の翻訳版(早川書房)が刊行され、ゲームクリエイターの小島秀夫ら多くの著名人が絶賛。20年6月18日には、第2作「三体II 黒暗森林」が上下巻で発売された。 「三体」の映像化に関しては、以前からさまざまな動きがあった。09年、6部作を予定していた映画化プロジェクトが始動。主演を務めたのは、「神なるオオカミ」「西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人」のウィリアム・フォンと、「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」のチャン・チンチュー。15年に第1作が撮影され、16年夏に公開を迎えるはずだったが、制作会社のトラブルが原因となり、封切りはならず。実質未完成のまま、プロジェクトは終了している。 16年夏に公開を迎えるはずだった映画版ポスター しかし、20年に入ると、新たなプロジェクトがスタート。大ヒットを記録した3DCGアニメーション「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」のティエン・シャオポン監督による実写映画版の製作が公式に発表された。また、中国の大手プラットフォーム「ビリビリ動画」(bilibili)は、19年の10周年記念イベントでテレビアニメ化を告知。21年に「ビリビリ動画」で配信される予定となっている。 アニメ版の一場面 ドラマ版「三体」は、全24話が制作される予定。「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」のチャン・ルーイー、ドラマ「三国志 Three Kingdoms」のユー・ホーウェイのほか、チェン・ジン、ワン・ジウエンらの出演も明かされている。「テンセントビデオ」で22年に独占配信(日本での配信、放送は現在未定)。 (映画.com速報) Source…

    続きを読む
  • ニュース
    大森南朋“ナギサさん”の「名言」に感動の声、宮尾俊太郎“肥後”にも注目…「私の家政夫ナギサさん」3話 | cinemacafe.net

    大森南朋“ナギサさん”の「名言」に感動の声、宮尾俊太郎“肥後”にも注目…「私の家政夫ナギサさん」3話 | .

    多部未華子主演、大森南朋、瀬戸康史らが共演する「私の家政夫ナギサさん」の7月21日放送。今週もナギサさんのセリフに心を揺さぶられる視聴者が続出。さらに宮尾俊太郎演じる肥後のまさかの行動にも、驚きの声が広がっている。 本作はTBS初となるWEBコミック原作ドラマ。キャリアウーマンだが家事が全くできないアラサー独身、「天保山製薬」でMRとして働く相原メイ役で多部さんが主演。 そんなメイのもとにやってくる「NTSクリーンハウス」の50歳のおじさん家政夫・鴫野ナギサ役で大森さん。メイが働くライバル「アーノルド製薬」の超優秀なMR・田所優太役で瀬戸さん。 家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」で働くメイの妹・唯役で趣里。「天保山製薬」の新入社員・瀬川遙人役で眞栄田郷敦。メイを「やればできる子」と信じ疑わない母・美登里役で草刈民代。そのほか若月佑美、高橋メアリージュン、富田靖子らが出演。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。部屋のなかで滑ったメイをナギサさんが抱きかかえたところに美登里が現れる。母と同じく家事全般が苦手だと告白するメイだが、母の言葉に決意を新たにし、「今日から生まれ変わる」と仕事と家事の両立を目指そうと奮闘するが、まったくうまくいかず自らの掃除・料理への適応力のなさに絶望する…というのが今回のおはなし。 ナギサさんに謝罪するため「NTSクリーンハウス」を訪れた美登里。メイが自分に似て家事ができないことを「ショック」だと語る美登里にナギサさんはメイの「できるところだけじゃなくて、できないところも見てください」と答える…そんなナギサさんの言葉に「ナギサさんのほうがよっっっっぽどメイちゃんのお母さんになってほしい」「ナギサさんの台詞、結構刺さるなぁ」「めっちゃいい言葉 泣きそうになったわ」などの声が視聴者から上がる。 一方、メイがマッチングアプリで営業先のクリニックの医師・肥後(宮尾さん)に“いいね”したことから、肥後がメイのことを意識し始め、さらに田所もメイを食事に誘い…「てっきりナギサさんと田所さんの三角関係だと思ってたのに肥後先生も入ってくるの?」「肥後先生が介入してくるのは全く想定してなかった」「何角関係かの一角に肥後先生が入ってくるとは思わんかった」など、まさかの展開に驚く視聴者も続出中だ。 ソースリンク

    続きを読む
  • 俳優
    韓国コンテンツのプロが語る、いま見るべき3本 ~TSUTAYAの韓流ドラマMDが語る、韓流の今とこれから~|株式会社蔦屋書店のストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY

    韓国コンテンツのプロが語る、いま見るべき3本 ~TSUTAYAの韓流ドラマMDが語る、韓流の今とこれから~|株式会社蔦屋書店のストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY

     約10年以上も韓国コンテンツに携わってきた、TSUTAYAの韓流ドラマのマーチャンダイザー(以下、MD)を務める落合麻葉。仕事としてはもちろんのこと、韓国エンタメを愛して止まずプライベートでもたびたび韓国を訪れるほどです。そんな落合から、韓国ドラマの潮流から、いま見るべき韓国作品を紹介させていただきます。 ■株式会社蔦屋書店 商品企画本部 TSUTAYAアジアTVドラマMD 落合麻葉 TSUTAYAのMDとして、韓流、華流ドラマのマーケティングを担当。パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』や、ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ主演『太陽の末裔 Love Under The Sun』、『トキメキ☆成均館スキャンダル』をはじめ、長年韓流ブームの盛り上げに寄与してきた。現在も、新聞・雑誌、ラジオなどメディアへの出演や、講演会や韓流イベントでのMCなど、最新情報をレコメンドしている。 韓国コンテンツの黎明期は2000年頃  入社時から韓国コンテンツを担当していたわけではなく、入社当時は人事で新卒採用を担当していました。その後、2000年頃に映像作品の調達担当に異動し、初めて韓国のコンテンツに触れるきっかけとなったのが映画『シュリ』という作品でした。その頃はまだ、韓国コンテンツは一般的にほとんど浸透していない時期だったのですが、本当に大ヒットしました。振り返ると、ちょうど韓流ブームの“夜明け前”の時期だったかなと。ちょうど、日韓共催のワールドカップが開催される前です。  同じ頃、韓国映画『ラブストーリー』『JSA』『猟奇的な彼女』『チング』など数々の韓国映画がヒットしました。このヒットがあって、韓国コンテンツブームが起こり、日本において韓国コンテンツブーム “芽吹き”の時期であり、日本人が初めて触れた大きな作品は映画だろうと思われます。韓国映画におけるエンタテインメントのクオリティの高さが一気に認知された時期です。その中でも、日本人が度肝を抜かれた韓国映画に最初に触れた作品というのであれば間違いなく『シュリ』になると思います。  2000年に第一次ブームを迎え、その後、ブームが2004年頃に一気に再燃します。皆さんご存知のドラマ『冬のソナタ』がBSで放送され、翌年NHKで放送されたことで、一気にこのブームを牽引しました。『冬のソナタ』以外にも、『ブラザーフッド』『王の男』『私の頭の中の消しゴム』『グエムル -漢江の怪物-』『殺人の追憶』などの今も語り継がれる韓国の映画の名作がこの時期にはヒットしました。その後、『秋の童話』『夏の香り』等のドラマ作品もヒットして、TSUTAYAには2004年頃に「アジアテレビドラマ」という大ジャンルができ、いよいよ韓国コンテンツが“メジャー”になってきました。これは上記数々の作品のヒットが起因しています。  その後、一度私は調達を離れました。「TSUTAYA DISCAS」の立ち上げや、「ツタヤオンライン」という子会社で社長秘書などを経験しましたが、2009年に調達に戻り韓国ドラマを再度担当することになりました。その後は、調達からMDに2011年に着任し今に至ります。  その時期ヒットしたドラマの代表作としては、『美男<イケメン>ですね』、『花より男子~Boys Over Flowers~』、『イタズラなKiss~Playful…

    続きを読む
  • ニュース
    イケメン弁護士コンビの活躍も見どころの「SUITS/スーツ」

    織田裕二&中島裕翔の日本版も話題!本家「SUITS/スーツ」の魅力を再確認する – MOVIE WALKER PRESS

    織田裕二&中島裕翔(Hey! Say! JUMP)の共演でリメイクもされた(※新型コロナウイルスの影響でシーズン2は放送一時休止、7月27日より再開)、アメリカの大ヒットドラマ「SUITS/スーツ」。オリジナル、リメイク版がともに盛り上がっているということで、長年にわたって愛され続けてきた本家「SUITS/スーツ」の見どころを、魅力的なキャラクターを中心に再確認したい。 イケメン弁護士コンビの活躍も見どころの「SUITS/スーツ」[c]2011 Universal Studios. All Rights Reserved. 「SUITS/スーツ」は、2011年から約9年にわたってアメリカで放送されてきた、法律事務所を舞台にしたリーガルドラマ。クールな弁護士たちの活躍、信頼と裏切り、嫉妬や恋愛も絡めた人間模様が描かれ人気を博している。 本作の主人公は、大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士ハーヴィー・スペクターと、そのアソシエイト(部下)のマイク・ロス。傲慢で一匹狼気質のハーヴィーが、弁護士資格を持っていないにもかかわらず、法律書を丸暗記するほどの記憶力を持つマイクの能力を気に入り、彼を雇うところから物語は始まる。マイクの学歴詐称という秘密を共有する2人が、運命共同体となって様々な訴訟に挑んでいく。 最終シーズンが日本でも放送中のドラマ「SUITS/スーツ」の魅力を再確認[c]2011 Universal Studios. All Rights Reserved. 勝利史上主義の敏腕弁護士、ハーヴィー・スペクター ハーヴィーは事務所の所長ピアソンの片腕的存在だ。非常に優秀だが、訴訟に勝つために強引かつ違法ギリギリの手段におよぶことも少なくない。その性格ゆえに部下を持たずにいたが、ピアソンに昇進と引き換えに部下を持つことを命じられ、マイクと出会う。自分勝手な言動が目立つが、マイクや秘書のドナなど、認めた相手には気遣うといった情に厚い一面も持っている。プレイボーイであるが、母親が家族を捨てて駆け落ちしたことがトラウマのため、浮気や不倫を嫌悪している。 ガブリエル・マクト演じる敏腕弁護士のハーヴィー・スペクター[c]2018…

    続きを読む
  • ニュース
    computer-saftey

    日本でオンラインギャンブルを安全に楽しむポイント

    最近日本で人気を集めているオンラインカジノ。 日本語で利用できるオンラインカジノはたくさんあるためどれを選んだらいいかわからないという人が多いのではないでしょうか。 オンラインカジノ選ぶ際に一番大事なことはその安全性です。安全なオンラインカジノを使用しないと、 せっかく獲得した賞金を出金することができなかったり、個人情報が漏れてしまったりということがあります。そのためオンラインカジノに登録する際には新しいものを選ぶ必要があります。 この記事では安全なオンラインカジノの選び方を紹介します。ぜひこの記事を参考にして正しいオンラインカジノ選びましょう。 ライセンスを取得しているかどうか オンラインカジノに登録する際に最初に確認するべきことが、ライセンスを取得しているかどうかです。オンラインカジノを運営するにはライセンスの取得が必須となっており、このライセンスを取得するには厳しい審査に通過する必要があります。また高いライセンス料を支払う必要もあります。つまり、このライセンスを取得しているオンラインカジノであれば安全だということができます。 一方でライセンスを取得してないオンラインカジノは違法サイトだと判断できるのでこのようなサイトには絶対に登録してはいけません。有名なライセンスにはマルタ共和国やキュラソー島が発行するものがあるので、これらのライセンスを取得しているオンラインカジノであればより安心です。 ライセンスを取得しているかどうかは、各オンラインカジノの一番下に表記されています。ロゴが記載されている場合そのライセンスを取得しているということを意味するので、ここを確認するようにしましょう。 優良なソフトウェアプロバイダーと提携しているか オンラインカジノは自分たちでカジノゲームを制作しているのではなく、ソフトウェアプロバイダーにゲームを提供してもらっています。そのため、それらのソフトウェアプロバイダーが優良な企業かどうかもしっかりと確認する必要があります。 まずは ソフトウェアプロバイダーが第三者機関の審査を受けているかを確認しましょう。第三者機関の有名なものにはeCOGRAなどがあります。第三者機関は定期的に不正行為が行われていないかを確認するので、安全なゲームが提供されているかを保証してくれます。 また、カジノゲームが乱数ジェネレーターを使用しているか確認することも重要です。乱数ジェネレーターとはランダムでゲームの結果を出現させるシステムのことで、これがゲームに採用されていると裏で操作されることなくランダムで勝敗が決まります。そのため、乱数ジェネレーターを採用していれば全く当たりが出ないということはありません。 データを暗号化しているか オンラインカジノではクレジットカード情報や銀行情報などを入力します。そのためこれらの情報が漏れることがないよう、SSLまたはTSLプロトコルを使用しているオンラインカジノ選ぶ必要があります。これらを採用していればプレイヤーの財務データが暗号化されるので、情報漏えいのリスクを回避することができます。 ユーザーからの評判はいいか 安全なオンラインカジノ選ぶためにはユーザーからの評価も確認することが欠かせません。オンラインカジノに関するレビューサイトはたくさんあるので、実際に利用している人の口コミを確認するようにしましょう。 カスタマーサポートから返事がない、出金が遅れている、などのネガティブな口コミがあるオンラインカジノは信頼できると言えません。 その他のユーザーからの評価が低いオンラインカジノには登録しないようにしましょう。…

    続きを読む
  • 映画
    『新解釈・三國志』 (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

    岩田剛典、福田組初参加!渡辺直美は絶世の舞姫に『新解釈・三國志』“チーム舞”解禁 | .

    大泉洋が福田雄一監督と初タッグを組んだ『新解釈・三國志』に、忠義の若武者役で岩田剛典、絶世の舞姫役で渡辺直美の参加が決定。ダンスパフォーマンスに優れた2人による“チーム舞”のメイキング映像も解禁された。 >>『新解釈・三國志』あらすじ&キャストはこちらから 「蜀」の武将・劉備を演じる大泉さんに続き、4月には“チーム蜀”の孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努、5月には“チーム暴”の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、さらに6月には“チーム呉”の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、黄蓋を矢本悠馬、魯粛を半海一晃、7月には“チーム妻”の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月と続々キャストが発表されてきた本作。 そして今回発表になった、劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲(ちょううん)を演じるのは、「EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS」メンバーでパフォーマーとしての活動のみならず、映画・ドラマなどの様々な作品で幅広い役柄をこなす岩田剛典が福田作品に初出演。 まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲だが、本作での新解釈・趙雲は岩田さん曰く「鼻につく自称イケメン将軍」だそう。 「自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました」と手応え(?)十分。「とにかく笑いの絶えない、楽しく刺激的な現場でした!特に渡辺直美さんとのシーンでは笑いを堪えるのが大変すぎてみなさん、もはや堪えるのを諦めていました」とふり返っている。 さらに、「三國志」では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉(ちょうせん)を演じるは、芸人の枠に留まらず、ダンス・演技・SNSなど様々なジャンルで活躍、レディー・ガガ公認の「Rain On Me」パロディMVも話題の渡辺直美。 妖艶でミステリアスな貂蝉だが、「二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)」と渡辺さん。「貂蝉のあるシーンで福田監督が、『ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!』と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)」と爆笑の現場をふり返る。 パフォーマーとして活躍する岩田さんと、ワールドツアーを成功させた渡辺さんの実力派2人による“チーム舞”もまた必見。今回解禁される新しいメイキング映像では2人の舞いに、笑いを我慢できない大泉さんらの姿も映し出されている。 『新解釈・三國志』は12月11日(金)より全国東宝系にて公開。 ソースリンク

    続きを読む
  • 特徴
    俳優別 吹き替え声優 184 アン・ハサウェイ編

    俳優別 吹き替え声優 184 アン・ハサウェイ編

    俳優別の吹き替え声優 第184弾は アン・ハサウェイ 編です ソフト版 (BD・DVD・VHS) の吹き替えは誰だったかな?? 洋画吹き替えのファンの方は必見で…

    続きを読む
  • 俳優
    【ALONE】1ミリも魅力を伝える気のない映画レビュー

    【ALONE】1ミリも魅力を伝える気のない映画レビュー

    どうも、ひときです。 映画、いいですよね。 Twitter 【@chammush】https://twitter.com/chammush.

    続きを読む
Close
Close