Mari

  • 俳優
    【映画レビュー】ホラー映画マニアが語る『ハロウィンKILLS』の気になったポイント【ハロウィン】

    【映画レビュー】ホラー映画マニアが語る『ハロウィンKILLS』の気になったポイント【ハロウィン】

    最新ホラー映画『ハロウィンKILLS』を公開初日に観に行きました。 これぞB級ホラー映画!と唸る一方でツッコミポイントも結構あり… チャンネ …

    続きを読む
  • ニュース
    永山絢斗、柴咲コウ“キリコ”の弟役でキーマンに「インビジブル」物語は急加速 | cinemacafe.net

    永山絢斗、柴咲コウ“キリコ”の弟役でキーマンに「インビジブル」物語は急加速 | .

    高橋一生と柴咲コウがバディを組む犯罪エンターテインメント「インビジブル」。この度、永山絢斗が物語のカギを握るキャラクターで出演していることが分かった。 “クリミナルズ”と呼ばれる凶悪犯を捕まえるために、刑事・志村貴文(高橋さん)と犯罪コーディネーター“インビジブル”のキリコ(柴咲さん)という絶対に相容れないはずの2人が、異色のバディを組む本作。 キリコとバディを組み、クリミナルズを捕らえてきた志村。その一方で、同僚・安野(平埜生成)が殺害された“3年前の事件”の犯人を追い続け、キリコにもその情報を求めていた。しかし物語は、キリコが実はその事件の首謀者かもしれないという展開へ。安野殺害の容疑がかかる武入が逃走し、同時にキリコも姿を消す。志村はキリコを見つけ出すが、そこに武入が何者かに監禁されている映像が届く。再びバディとなって武入の救出に向かった2人の前に、「僕が本当のインビジブルである」と話す男・キリヒトが現れる――というストーリーに。 そんなキリヒトを演じるのが永山さん。キリヒトはキリコの弟で、同じく犯罪コーディネーター“インビジブル”。幼い頃から共にインビジブルとして育てられ、犯罪のコーディネートに関わってきた姉弟だが、とある出来事から互いに距離をとるように。物語は、キリヒトの登場で大きく動き出すことになる。 「インビジブル」は毎週金曜日22時~TBSにて放送中。 ソースリンク

    続きを読む
  • 俳優
    日本でも大々的に報じられたパク・ヨンハさんの訃報

    日本で追悼番組も・・12年前に星となった韓国俳優 故パク・ヨンハさん – DANMEE ダンミ

    ドラマを通じて日本に名を広めたパク・ヨンハさんはその後、韓流スターとして多くのファンを獲得。日本で歌手としてもデビューしている。 日韓で爆発的な人気を得たパク・ヨンハさんだったが、2010年6月30日に帰らぬ人となってしまう――。 パク・ヨンハさんの訃報は日本でも大々的に報じられた(画像出展:パク・ヨンハ Instagram) 当時、彼の悲しいニュースは日本でも大々的に報じられていた。 ちょうどこの頃、『2010 FIFAワールドカップ』が開催されており、この日は日本がパラグアイにPK戦で負けてしまった一戦(決勝トーナメント1回戦)があった。 国民から期待が寄せられていた試合だっただけに、惜敗を悔やむ声が多く上がっていたが、この日、日本中に衝撃を与えたのが、パク・ヨンハさんの悲しい知らせだった。 一部のメディアは、サッカーのニュースよりも彼の訃報を速報で流したほど、当時は大きな注目を集めていた。 また、中居正広がMCを務める、TBSテレビ系列『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(通称、金スマ)』では、1時間にわたりパク・ヨンハさんの追悼特別番組を放送している。 日本メディアも速報で流すほど、彼は日本でも大スターだった。悲しみに暮れる日本のファンらは献花式にも足を運び、彼の早すぎる逝去を嘆いていた。 韓国でも衝撃を与えたニュースとして記憶される訃報であったが、上述したように日本においても大きく取りあげられ、韓国国民と同じように日本のファンも喪に伏していた。 パク・ヨンハさんを韓流スターへと導いた、ドラマ『冬のソナタ』(画像出展:KBS2) 当時、韓国ではパク・ヨンハさんの訃報を聞き、真っ先に駆けつけたのが彼の親友である俳優のソ・ジソブだという。友人を失った悲しみに号泣する彼の姿は、多くの人の胸を痛めた。葬儀を終えるまで、一時も喪屋を離れなかったソ・ジソブは、すべての葬儀や手続きが終わるまで、明るく笑っている故人の遺影写真を胸に抱いていた。 また、彼の葬儀には200人余りの日本ファンも、見送るために参列していたそうだ。こみ上げる悲しみにその場に座り込んで号泣するファンもいたという。 韓国だけでなく日本でもトップスターとして活躍し、日韓で多く愛されていたパク・ヨンハさん。彼が旅立ってから、12年という時が過ぎようとしている。 (投稿:星野沙)

    続きを読む
  • 特徴
    final cut pro

    Apple、テレビ・映画業界従事者の要望に応えFinal Cut Proの改善を約束 – iPhone Mania

      今年4月、テレビと映画業界で働くFinal Cut ProユーザーからAppleに対してオープンレターが送られましたが、Appleはこれらの人々の要望に応える形で、ソフトウェアの利用拡大を促すと約束しました。 Final Cut Proを使っている人は業界ではごく少数 4月にAppleの動画編集ソフトウェアFinal Cut Proを使用するプロの業界従事者たちが、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)宛てに送ったオープンレターでは、Final Cut Proが業界標準の他社製品やサービスのサプライヤーを公式にサポートすべきこと、Final Cut Proを業界サプライヤーを通して購入できるようにすることなどが求められていました。 レターには、Final Cut Proを使っている業界人はごくわずかであるとも記されており、その内容からFinal Cut Proを愛する人たちがシェアの拡大を切実に望んでいるのが伺えます。レターの賛同人のリストには、濱口竜介監督による2021年8月20日公開の日本映画『ドライブ・マイ・カー』の編集を担当した山崎梓氏の名前も確認できます。 この要望に応える形で、Appleは以下の施策を行うと、オープンレターに返事しました。  パートナーであるFuture Media…

    続きを読む
  • ニュース
    キスシーン稽古中で接近「ドラ恋」新シーズン場面写真先行初公開 | cinemacafe.net

    キスシーン稽古中で接近「ドラ恋」新シーズン場面写真先行初公開 | .

    5月15日(日)配信スタートとなる、“現代版おとぎ話”がテーマのABEMAオリジナルシリーズ「恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~」より、第1話の場面写真が先行初公開された。 本作は、“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか”を描くオリジナル恋愛番組「恋愛ドラマな恋がしたい」(ドラ恋)の最新作。若手俳優が毎話、キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかけていく。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは男女1組だけ。新シーズンは、“おとぎ話”をテーマに原案募集を募り、ドラマ化。現代の恋愛と“おとぎ話”を掛け合わせた王道ラブストーリーに注目だ。 場面写真では、ドレスアップしたメンバーの初対面シーンや、キスシーン稽古中での接近ショット、頭を抱え、驚く女性メンバーたちの姿も公開された。 今シーズンで9作目となる「ドラ恋」シリーズ。「Netflix」にて日本以外のアジア全域やアメリカで配信されているが、今回「ABEMA」初の試みとして、中国最大級の動画配信プラットフォーム「bilibili」にて今シーズンの日中同時配信が決定した。 ABEMAオリジナルシリーズ「恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~」は5月15日(日)22時~ABEMAにて配信。 ソースリンク

    続きを読む
  • 俳優
    【ゆっくり新作映画レビュー】マクベス

    【ゆっくり新作映画レビュー】マクベス

    ジョエル・コーエン監督の「マクベス」をレビューします。 #映画 #レビュー #ゆっくり #マクベス #シェイクスピア #コーエン兄弟 #ジョエル・ …

    続きを読む
  • 俳優
    日本ファンも急増中!ファン・イニョプからキム・ヨンデまで、成長が止まらない若手イケメン俳優たちに注目 - Kstyle

    日本ファンも急増中!ファン・イニョプからキム・ヨンデまで、成長が止まらない若手イケメン俳優たちに注目 – Kstyle

    写真=ファン・イニョプ Instagram、YNKエンターテインメント Instagram、tvN Instagram 最近、若手俳優たちの活躍が際立っている。新たに頭角を現してきた新人たちが、主人公に抜擢され、世代交代をリードている。ラブコメから青春ドラマまで。サブを抜け出して主演として堂々とドラマを引っ張っていく主役たちが輝いている。日本でも人気上昇中の、女心をときめかせる次世代スターたちをまとめてみた。 ◆ファン・イニョプ 写真=キーイースト Instagram“サブ病(主役よりサブキャラクターを好きになってしまうこと)を誘発した俳優”1位は、断然ファン・イニョプだ。彼はtvN「女神降臨」で荒っぽい野生馬のような魅力を持つハン・ソジュン役を務め、一気に女心を掴んだ。クールで華やかなビジュアルに身長185cmの長身から醸し出すモデルのような雰囲気、セクシーな眼差しまで、ファン・イニョプの魅力に一度ハマれば出口はない。彼は韓国を代表する“顔天才”ことASTROのチャウヌが主人公を務めたドラマで、彼と共に視聴者を夢中にさせた。ドラマの放送中には、視聴者の間でイ・スホ(チャウヌ)派とハン・ソジュン(ファン・イニョプ)派に分かれたほどだ。優れたビジュアルと繊細な演技力で強い印象を残した彼は、「女神降臨」の最大の恩恵を受けた人物とも言われており、次世代の“信頼できる俳優”として急浮上した。相次ぐ次回作のオファーはもちろん、さまざまな広告業界からのラブコールを受け、人気俳優となったファン・イニョプ。もう“サブ男”ではなく“メイン男”としてお茶の間を魅了する時だ。彼は人気ウェブ漫画が原作のドラマNetflix「アンナラスマナラ」の主演として出演。また、6月にはSBS「なぜオ・スジェなのか」の男性主人公であるロースクールの学生ゴンチャン役で視聴者たちに会う。彼は“ラブコメ職人”ソ・ヒョンジンと共演してロマンスを披露する予定で、“年下男”として戻ってくるファン・イニョプに期待が高まる。 ◆チェ・ジョンヒョプ 写真=チェ・ジョンヒョプ Instagramデンデン美(犬のように可愛らしい魅力があること)を擬人化したら、このような雰囲気なのだろうか。チェ・ジョンヒョプが、無限の魅力で女心をくすぐっている。ウェブドラマ「揺れたサイダー」「今日も無事に」などを通じて、早くも“ウェブドラマ界のパク・ボゴム”というニックネームを得たチェ・ジョンヒョプ。ウェブドラマを中心に活動を続けてきた彼は、テレビデビュー作となったSBS「ストーブリーグ」で、新人野球選手ユ・ミンホ役を見事に演じこなし、一気に人気俳優となった。当時彼は登場シーンが多い役ではなかったが、少年のようなビジュアル、抜群のスタイル、安定した演技力で視聴者の心をつかんだ。その後もtvN「魔女食堂にいらっしゃい」でキュートな年下男のイ・ギルヨン役、JTBC「わかっていても」では純粋な男友達ヤン・ドヒョク役を演じて存在感をアピールし、主演級俳優に成長した。テレビドラマデビューから約3年とは思えないほど、恐ろしい成長スピードだ。KBS 2TVの新ドラマ「時速493キロの恋」で男性主人公のバドミントン選手パク・テヤン役に抜擢され、注目の新人パク・ジュヒョンと共に青春スポーツロマンスで、お茶の間に春風を吹き込んでいる。2022年の彼の活躍に期待したい。 ◆キム・ヨンデ 作品で新しい原石を発見した時の喜びは、なんとも大きいものだろうか。多くの人々がキム・ヨンデを見た時にそのように思っただろう。彫刻のような目鼻立ちに185cmと長身のキム・ヨンデは、カン・ドンウォンにそっくりな外見で登場と同時に女心を掴んだ。また、素晴らしいキャラクターの表現力で、新人とは思えない繊細な演技力まで兼ね備え、人々の心をつかむのはすでに予想済みだった。「浮気したら死ぬ」では15歳年上のチョ・ヨジョンとの共演にも怯むことなく、視聴者を胸キュンさせる演技でお茶の間を揺さぶり、「偶然見つけたハル」では「僕の女はイチゴが好きです」というセリフが流行した。視聴者たちの心に火をつけて恐ろしいスピードで成長を遂げ、今や誰かに似た人ではなく、自身の名前を視聴者に印象付けている。デビュー5年にしてドラマ、広告業界から注目を浴びている彼が、新ドラマでさらに人気を高めると予想される。ラブコメディの男性主人公を務めるのだ。最近韓国で放送開始したtvNの新ドラマ「流れ星」でトップスターのコン・テソン役を務め、イ・ソンギョンと共演している。ビジュアルに長身、スタイル、演技力まで兼ね備えている彼は、言うまでもない魅力に溢れている。 ◆ユン・チャニョン 世界的に期待されるス俳優の誕生だ。子役時代からMBC「私はチャン・ボリ!」、SBS「六龍が飛ぶ」など高い視聴率を記録した作品に出演して演技力を証明してきたユン・チャニョンが、Netflix「今、私たちの学校は…」でついに翼をつけた。彼はゾンビウイルスが広まった学校で思いを寄せているオンジョ(パク・ジフ)と友達を救うために奮闘する主役イ・チョンサン役を務めた。落ち着いていながらも義理と犠牲の精神を持つイ・チョンサン役を完璧に演じこなし、緊張感溢れる作品に温もりを吹き込んだユン・チャニョン。彼は安定した演技と健康的なイメージで、全世界のファンの心をつかんだ。作品公開前に7万人台だったInstagramのフォロワー数は、現在500万人を目前に控えており、さまざまな人気バラエティ番組からのラブコールはもちろん、キム・ヘス、パク・ソジュンなど、韓国の有名スターたちが撮ったというマスクの広告モデルにも抜擢された。次回作はseeznオリジナルドラマの「少年非行」で、同作を通じてもう一度主人公を演じている。代替不可能な俳優になったユン・チャニョンの将来を応援したい。 ◆ナ・イヌ 代打から売れっ子になったナ・イヌが、どんでん返しのドラマを描いた。昨年3月、いじめ疑惑でKBS 2TV「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」から降板したジスに代わって登場したナ・イヌ。機会は準備できた人に与えられるもの。代打として投入されたナ・イヌが、本塁打を放った。彼は1日に40シーン、1ヶ月で20部をこなさなければならない状況の中でも、自身の存在感を200%発揮して作品を成功に導いた。一気に次世代主演俳優に急浮上したナ・イヌに花道が広がった。広告、バラエティ、ドラマを問わずラブコールが続き、「2021…

    続きを読む
  • 特徴
    前回対比118%での動員好調なスタート「午前十時の映画祭12」夏も『マトリックス』『アルマゲドン』など大作が目白押し! - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    前回対比118%での動員好調なスタート「午前十時の映画祭12」夏も『マトリックス』『アルマゲドン』など大作が目白押し! – SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

    「午前十時の映画祭12 」( 主催:川喜多記念映画文化財団、映画演劇文化協会) が 2022 年 4 月 1日 より新たな上映作品 22 本、再上映作品 7 本の全 29 本を全国 66 劇場 でスタート 、『ゴッドファーザー』3部作連続上映…

    続きを読む
  • ニュース
    小泉孝太郎×泉里香×上地雄輔×薮宏太「松本清張 眼の壁」場面写真と新映像解禁 | cinemacafe.net

    小泉孝太郎×泉里香×上地雄輔×薮宏太「松本清張 眼の壁」場面写真と新映像解禁 | .

    小泉孝太郎を主演に迎え、松本清張の「点と線」「砂の器」にならぶ傑作ミステリーを初めて連続ドラマ化した連続ドラマW「松本清張 眼の壁」。場面写真と相関図、長尺PR映像が解禁となった。 白昼の銀行を舞台に、巧妙に仕組まれた手形詐欺。その隠された真実にせまった本作。小泉さんほか、泉里香、上地雄輔、薮宏太(Hey! Say! JUMP)、甲本雅裕、加藤雅也、陣内孝則ら豪華共演陣も見逃せない。 この度解禁された場面写真には、小泉さん演じる萩崎竜雄と泉さん演じる上崎絵津子のダンスシーンのほか、萩崎と村木満吉(上地雄輔)の2ショットも。強い正義感を持ち、手形詐欺の真相を追いかける萩崎は、事件の鍵を握る上崎と出会ったがために、人生の歯車が狂い始める。また、萩崎は新聞社に勤める親友の村木の力も借り、手形詐欺の真相を明らかにしていく。 薮さん、甲本さん、加藤さん、陣内さんが登場。そして、それぞれの関係がひと目で分かる相関図、さらに萩崎が詐欺の裏に隠された真実に挑む姿が詰まった新着映像含む新PR映像が公開された。 連続ドラマW「松本清張 眼の壁」は6月19日(日)22時~放送・配信スタート(全5話)。 連続ドラマW「松本清張 眼の壁」6月19日(日)22時~放送・配信スタート(全5話)【放送】毎週日曜22時~[第一話無料放送]【WOWOWプライム】【WOWOW 4K】【配信】各月の初回放送終了後、同月放送分を一挙配信[無料トライアル実施中]【WOWOWオンデマンド】 ソースリンク

    続きを読む
  • 俳優
    コウメ太夫の演技力に絶賛の声で注目される「じつは演技派の芸人たち」上島竜兵さんの名も

    コウメ太夫の演技力に絶賛の声で注目される「じつは演技派の芸人たち」上島竜兵さんの名も | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]

    演技派の側面を短編ドラマで見せたコウメ太夫   《え、コウメ太夫ってこんな演技うまいの…? うそ…》   《たまたま付けたテレビドラマにコウメ太夫に似たいい演技する役者が居ると思ったらコウメ太夫だった。表情に味があって本当に良い。》    5月17日、NHK BSプレミアムで放送された『星新一の不思議な不思議な短編ドラマ』に出演した、コウメ太夫の演技が話題となっている。   【関連記事:「有村昆のパーティーには行くな」有吉弘行が後輩に忠告していた理由】   「15分の短編ですが、俳優の村杉蝉之介との二人芝居。気弱な強盗という役をみごとに演じました。お笑いよりもこっち(俳優)のほうが向いているのでは、と思わせるほど、味のある演技でした」(芸能ライター)    白塗りメイクでブレイクしたコウメ太夫だが、芸人になる前は「梅沢劇団」に所属する役者だった。コウメ太夫本人が、本誌のインタビューにこう語っている。   《座長は梅沢富美男さんのお兄さんの武生(たけお)さんだったんですが、すごく認めてくれて、CDを出すという話にまでなりました。ただ、まわりが『CDを出しても売れるもんじゃない』と言ったのを耳にし、一気に気が重くなってやる気がなくなってしまい、劇団をやめました。    今思えば、なんでやめたんだとは思うんですけど、当時はまだ違うことでスターになれるとどこかで思っていたんです》『FLASH』2022年5月24日号)    今後、「俳優・コウメ太夫」のオファーが増えることは確実だが、俳優として高い評価を得ている芸人はほかにも多い。先日、急逝した上島竜兵さんもそのひとりだ。…

    続きを読む
Close
Close