特徴

宮沢りえ、安達祐実などの新人を抜てき 映画監督・角川春樹が語る“角川マジック”の秘密 (2020年10月27日) – エキサイトニュース

映画監督の角川春樹が、10月29日(月)の、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」内のコーナー「ゲストとハッピー!」に出演。10月16日(金)から公開中の映画「みをつくし料理帖」について制作の裏側を語った。

1976年公開の「犬神家の一族」の公開以来、日本映画の歴史を塗り替えて来た角川春樹監督。今回、10年ぶりにメガホンを取ったきっかけは妻の言葉だったという。

垣花正アナウンサー:この番組では「背中を押してくれた人・言葉」を紹介しているんですが、角川さんの背中を押してくれた言葉は?

角川:実はいま、公開中の「みをつくし料理帖」を作るように言ったのは妻なんです。2年前に、京都の伏見稲荷山という神社のあるところに家族3人で行ったんです。そこから降りてきて2、3日後に妻から「『みをつくし料理帖』の監督をあなたはやるべきだ」と言われて。それがきっかけですね。

垣花:奥様がきっかけだったんですね。この質問をしましたが、どちらかというと、角川さんは「背中を押される」というより「背中を押す人」ですもんね。

角川:そうなんですよ。今回の話は、松本穂香と奈緒という2人の女優が演じる友情物語なんですが、この二人の背中は完璧に押しましたね。去年の2月頃に二人と個々にあって色々話をしたんですが、その時、配給会社はキャストを全部決めていたんです。ところが2人に関しては全くの無名と、ほぼ無名。配給会社の担当は心配していたんですが、私は約束したんです。「必ずこの2人を公開前にブレイクさせる」と。そしたら約束通りにブレイクしたんですよ。7月7日にイベントがあって、その配給会社の担当に「どうだい、言った通りになったろ?」って言ったら曖昧に笑ってごまかされました。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close