特徴

「葬送のフリーレン」特集 有野晋哉(よゐこ)、浦井健治、江口雄也(BLUE ENCOUNT)、小出祐介(Base Ball Bear)、近藤くみこ(ニッチェ)、須賀健太、鈴木達央、豊崎愛生が読後の思い綴る

週刊少年サンデー(小学館)にて、2020年4月より連載されている「葬送のフリーレン」。魔王を倒した勇者一行の“その後”を描く同作は、山田鐘人、アベツカサという新鋭2人が原作と作画を務め、目利きの間では連載当初より注目を集めてきた。

コミックナタリーでは単行本2巻の発売に併せ、「葬送のフリーレン」の特集を展開。アーティスト、俳優、声優、芸人として各界で活躍するマンガ好きの著名人8人に「葬送のフリーレン」を読んで感じた思いを綴ってもらった。また第1・2話の試し読みも掲載しているので、少しでも作品が気になった人は、まずは“終わりから始まる”この物語の序盤に触れてほしい。なおコミックナタリーでは週刊少年サンデーの編集長・市原武法のインタビューも掲載。こちらでは編集長にも「葬送のフリーレン」について語ってもらっている(参照:週刊少年サンデー特集 編集長・市原武法インタビュー)。

「葬送のフリーレン」第1話扉イラスト

勇者のヒンメル、戦士のアイゼン、僧侶のハイター、魔法使いのフリーレンはともに世界を救ったパーティ。物語は魔王を倒した勇者一行が、王都へ帰還するところから始まる。勇者のヒンメルは「魔王を倒したからといって終わりじゃない。この先の人生のほうが長いんだ」と語る。そして「フリーレン。君のこの先の人生は僕達には想像もできないほど、長いものになるんだろうね」とも。

月日は流れ、ヒンメルは人生の幕を下ろす。エルフのため長寿のフリーレンは、ヒンメルの死になぜ自分が涙するのか、自身でもその意味がわからなかった。彼女は決意する。「人間をもっと知るための旅に出よう」。冒険の終わりから始まる、英雄たちの生き様を描いた後日譚ファンタジーだ。

第1・2話の試し読みはこちらから

「葬送のフリーレン」プレゼント企画

週刊少年サンデーの公式Twitter(@shonen_sunday)では、本特集と連動した単行本のプレゼント企画を展開中。単行本1・2巻に加え、今回の企画に参加した有野晋哉(よゐこ)、浦井健治、江口雄也(BLUE ENCOUNT)、小出祐介(Base Ball Bear)、近藤くみこ(ニッチェ)、須賀健太、鈴木達央、豊崎愛生のサイン色紙が抽選で各1人にプレゼントされる。さらにサイン色紙とともに、1巻には著名人本人がそれぞれお気に入りのシーンに貼った付箋も……? 応募方法などの詳細はサンデーの公式Twitterアカウントで確認を。

次のページ »
「葬送のフリーレン」
第1・2話試し読み

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close