特徴

NVIDIA、ゲーム世界で映画を撮るOmniverse Machinima発表。レイトレ・モーキャプ完備の映像制作を身近に – Engadget 日本版

NVIDIA

「GeForce史上最大の飛躍」をうたう自信作 Ampere / RTX 30シリーズの発表イベントで、NVIDIAは GPUやAI技術を応用したソフトウェアもいくつか発表しています。

Omniverse Machinima もそのひとつ。Machinima (マシニマ)、つまり3Dゲームを使った動画の制作を支援する、ゲーマーやアマチュア含むクリエイター向けのアプリです。

ゲームのキャラクターや舞台と、外部からインポートした3Dモデルや素材を組み合わせ、AIポーズ認識を使った簡易モーションキャプチャや、マイクに喋るだけのリップシンク(口パク)アニメーションで芝居を付け、仕上げに RTXを使った高精度な物理シミュレーションやレイトレーシングで出力することで、高度なCG映像制作をもっと身近にすることを狙います。

Machinima はマシンとシネマをあわせた造語。1990年代に Quake など3D FPSゲームが流行し、試合後にカメラを操作できるリプレイ機能が広まったことから、ゲーム内でキャラクターを操作して「演技」をし、リプレイを撮影・編集して声を当てることで、簡易的に作られた動画作品やジャンルを指す言葉です。

ゲーム自体の制約から多くは簡単な人形劇のようなものでしたが、マイクロソフトの Halo シリーズを使った Red vs. Blue など人気作品も生まれジャンルとして定着しました。(日本で言えば、市販ゲームやMMDを使った動画投稿から人気シリーズや映像作家が生まれたような空気感です。)

NVIDIA Omniverse Machinima

NVIDIA

NVIDIAが発表した Omniverse Machinima は、ゲームの素材と RTX の映像処理技術・AI技術を使うことで、ゲーマーやアマチュアクリエイターでも高度な映像作品が作れるとうたうアプリ。

NVIDIA はゲームや映画などプロの3D制作のためのコラボレーションプラットフォーム Omniverse を以前から開発しており、Omniverse Machinima はそちらをベースにしたアプリケーションです。

NVIDIA Omniverse Machinima

NVIDIA

デモ動画はゲーム Mount & Blade 2: Bannerlord のアセットを使って作られたもの。

NVIDIA Omniverse Machinima

NVIDIA

Omniverse は Pixar が映画製作のために開発した3Dシーン用フォーマット USD をベースに、Maya や Photoshop、Unreal Engine など一般的なデジタルコンテンツクリエーションツールと相互接続するプラグインを用意して、リアルタイムレンダリングやシミュレーションを通じて、アーティスト同士の効率的なコラボレーションとコンテンツ制作を可能にする(ことを目指す)プラットフォーム。

Omniverse Machinima はこれを基盤に、対応ゲームからのインポートや、シーンの設定、アニメーションやライティングといったツール一式を提供します。

ウェブカメラを使った簡易モーションキャプチャや、音声だけでリップシンクしたフェイシャルアニメーションを適用するなど、プロ向けの精度よりはアマチュアでも簡易的にそれらしい結果を得られることを目指した設計です。

Omniverse Machinima はこの10月からアーリーアクセスとして提供予定。

どのような提供形態なのか、無料か有料か、買い切りかサブスクリプションか、動画配信プラットフォームに提供するのか等はまだ分かりません。対応ゲームもデモに使われた Bannerlord 以外は不明。

NVIDIA Omniverse Machinima

NVIDIA

マシニマといえば、基本はゲーム自体のエンジンでキャラクターを操作して演じる手軽さが特徴ですが、発表された Omniverse Machinima はいかにも3Dコンテンツ制作ツールそのものの画面。

ゲームエンジンを使ったキャラクターアニメーションやシーン全体のインポートがあるのか、それとも単にゲームの3Dモデルが使えるだけのコンテンツ制作ツールなのか、対応ゲームの見通しなど分からない部分も多数あります。

とはいえ、物理シミュレーションやモーションキャプチャ、レイトレーシングまで使ったCGアニメ制作がアマチュアにももっと身近になるのは歓迎すべき話。動画投稿サイトや配信プラットフォームが普及してアマチュアクリエーターも増えたいま、たとえば自前のアバターで人気ゲームの世界に入り込むようなコンテンツは受けそうです。

NVIDIA Omniverse Machinima

NVIDIA

NVIDIA、Ampereアーキテクチャ採用の「GeForce RTX 30シリーズ」発表

PC版フォートナイトが「リアルタイムレイトレーシング」に対応

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close