特徴

【今週の☆☆☆】日本劇場初公開のカルト的傑作『アングスト/不安』、ドニー・イェン主演作『イップ・マン 完結』…週末観るならこの映画! – MOVIE WALKER PRESS

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。今回は、7月3日の公開作品をピックアップ。実在した殺人鬼の異様な行動と心理を描く衝撃作、ブルース・リーの師匠イップ・マンが主人公のシリーズ完結作が揃った!

週末に観てほしい映像作品3本を、MovieWalkerに携わる映画ライター陣が(独断と偏見で)紹介します!

殺人鬼の凶行を描く実録スリラー『アングスト/不安』(公開中)

殺人を犯したことに興奮がおさえられないK.(『アングスト/不安』)殺人を犯したことに興奮がおさえられないK.(『アングスト/不安』)[c]1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

1983年にオーストリアで初公開された本作は、殺人鬼の凶行を描いた異色のスリラー映画だ。幼い頃から女性への暴力事件を繰り返してきたK.は、刑務所を仮出所した直後に通りがかった屋敷に潜入。そこで暮らす親子3人を惨殺する。80年に起きたクニーセク事件を再現した本作は、その衝撃的な内容から欧州各国で上映禁止になった問題作だ。映画は彼の“心の声”をナレーションに、事件をほぼ忠実に再現。ホラー映画のような恐怖演出を封印し、凶行を淡々と追うことでK.の狂気をストレートに見せつける。本作は後にカルト映画となるが、それを後押ししたのが撮影監督ズビグニェフ・リプチンスキの映像。アカデミー賞を受賞したアートアニメ作家でもあるリプチンスキは、長回しやトリッキーな移動撮影など、多彩なカメラワークで執拗にK.の行動を追いかける。狂気を増幅するその尖ったビジュアルにも注目したい。(映画ライター・神武団四郎)

アクションスター、ドニー・イェンの代表作がついに完結!『イップ・マン 完結』(公開中)

イップ・マンは病を隠しながら、最後の戦いに挑む(『イップ・マン 完結』)イップ・マンは病を隠しながら、最後の戦いに挑む(『イップ・マン 完結』)[c]2019 Mandarin Motion Pictures Limited All Rights Reserved

ブルース・リーの師匠であり、詠春拳の達人である実在の人物、イップ・マンを、世界が注目するアクションスター、ドニー・イェンが演じるシリーズ4作目にして完結編がついに公開。
時は1964年。妻を亡くして以後、父子で暮らしているイップは、息子を海外留学させるために、弟子であるブルース・リーが住むアメリカ、サンフランシスコへ向かう。しかし、そこはアジア人に対する人種差別が根強く、チャイナタウンでは中国人と白人の衝突も起こっていた。そんな中、中国武術を敵視する海兵隊の軍曹との激闘で、チャイナタウンの顔役であるバートンが倒されてしまう。イップは、異国で生きる同胞たちの未来のために、海兵隊軍曹と決着を付けるべく最後の戦いへと向かう。
10年にわたり、イップ・マンという人物を通して、第二次世界大戦や戦後、その後の変化期など、中国人の近代の姿を写してきたシリーズだが、完結編では現代社会の状況を反映するかのように、アメリカを舞台に人種差別に直面する中国人の姿を描く。カンフーという中国人の魂的な武術のみで、民族の誇りを持って正面から立ち向かう姿に同じアジア人として共感を抱かずにいられない。
ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーに続く、アジアを代表するアクションスターとなったドニー・イェン。彼の代表作の誇り高き完結編を見れば、きっと拳を熱く握りたくなるはずだ。(映画ライター・石井 誠)

週末に映画を観たいけれど、どの作品を選べばいいかわからない…という人は、ぜひこのレビューを参考にお気に入りの1本を見つけてみて!

構成/トライワークス

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close