特徴

カンバーバッチがエジソンに!映画『エジソンズ・ゲーム』6月19日(金)公開決定 | 映画ログプラス

天才発明家 VS カリスマ実業家
映画『エジソンズ・ゲーム』6月19日(金)公開決定

新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、公開を延期しておりました映画『エジソンズ・ゲーム』の日本公開が2020年 6月19日(金)に決定した。公開延期に伴い、発売を中止していた本作の前売り券は、6 月 5 日(金)以降、順次発売が再開される。また、既にお買い上げの前売券も引き続き使用可能となる。

※なお、本作の上映劇場・上映スケジュール・感染予防対策に関しては、各劇場のホームぺージをご確認下さい。今後、政府・各地方自治体から劇場へ休業要請や、不測の状況になった場合は、再度延期もしくは中止となる可能性もございますので、何卒ご了承下さい。

巨匠マーティン・スコセッシ製作総指揮

世紀の発明王トーマス・エジソンが、カリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスや新進気鋭の科学者二コラ・テスラと、壮絶なビジネスバトルを繰り広げた〈電流戦争〉を描く『エジソンズ・ゲーム』。

当初、ワインスタイン・カンパニーにより制作された本作は、 2017 年トロント国際映画祭でお披露目されるも、同社の破産により公開延期を余儀なくされていた。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督は、自分の師匠で本作の製作総指揮である巨匠マーティン・スコセッシ監督らと共に、再撮影・再編集を敢行し“ディレクターズ・カット”を完成させ、2019 年に全米公開を果たした。日本公開で上映されるのは、製作陣により正式に監修、許諾された“ディレクターズ・カット(インターナショナル版)”となる。

男たちのプライドと情熱を懸けた熾烈なビジネスバトル!!

天才発明家エジソンを演じるのは、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で、アカデミー賞????にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。世界的偉人のイメージを 180 度覆し、勝つためなら手段を選ばない、奇才のダークヒーローを怪演。

対するライバルのウェスティングハウスには『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。さらに、二人の対決の鍵を握る若き天才科学者テスラに『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手に『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドと、英国とハリウッドの美しき男たちが集結。

『エジソンズ・ゲーム』予告編映像

あらすじ

19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソンは、“天才”と崇められ、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウスは、エジソンの“直流”より、遠くまで電気を送れて安価な“交流”の方が優れていると考えていた。若手発明家のテスラも、効率的な“交流”を提案するが、エジソンに一蹴されてしまう。ウェスティングハウスは“交流”式送電の実演会を成功させ、話題をさらう。そのニュースにエジソンは激怒、「交流は危険で人を殺す」と、マスコミに発表しネガティブキャンペーンに乗り出す。こうして世紀の“電流戦争”が幕を開けた!さまざまな裏工作が横行する中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく──果たしてこのビジネスバトルを制するのはどちらか──?

キャスト

ベネディクト・カンバーバッチ、マイケル・シャノン、トム・ホランド、ニコラス・ホルト

監督

アルフォンソ・ゴメス=レホン『ぼくとアールと彼女のさよなら』「glee/グリー」シリーズ

『エジソンズ・ゲーム』作品情報

原題:The Current War: Director’s Cut/
2019 年/アメリカ/108 分/スコープ/5.1ch/字幕翻訳:松浦美奈/字幕監修:岩尾徹
後援:一般社団法人 電気学会
配給:KADOKAWA edisons-game.jp
©2019 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

6 月 19 日(金)よりTOHO シネマズ日比谷他全国公開

友だち追加

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close