特徴

貫地谷しほり 急死の佐々部清監督へ「もっと一緒の時間を過ごしたかった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能



貫地谷しほり
Photo By スポニチ

 女優の貫地谷しほり(34)が3日、自身のインスタグラムを更新。3月31日に訃報が伝えられた映画監督の佐々部清さん(享年62)を追悼した。

 佐々部さんが監督を務めた映画「この道」(2019年1月公開)に出演した貫地谷。「佐々部監督、お疲れ様でした。カメラマンの早坂さんと伊嵜充則さんの呼びかけで佐々部組のみんながこうして集まりましたよ」と報告。「嬉しそうに、楽しそうに、作品への想いを教えてくれる 監督が大好きでした」と思い出を振り返り、「まだ信じられないけれど、信じられない事ばかり起こる毎日だけど、、監督ともっと一緒の時間を過ごしたかったです」と胸の内を明かし、「佐々部監督、本当にありがとうございました」と感謝を記した。

 貫地谷がアップした写真には、貫地谷のほか、石野真子(59)、梅沢富美男(69)、夏木マリ(67)、伊勢谷友介(43)、斎藤工(38)、比嘉愛未(33)、土屋太鳳(25)、長谷川京子(41)、百田夏菜子(25)、平山あや(36)、三浦貴大(34)、福士誠治(36)、吉沢悠(41)、中村蒼(29)ら多くの著名人の姿が収められている。

 佐々部監督は新作準備のため山口県下関市を訪れ、30日は市内のホテルに宿泊。31日朝、部屋で倒れているのが見つかった。死因は不明。日本監督協会によると、前日までは元気だったという。

 明大から横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に進み、2002年に「陽はまた昇る」で監督デビュー。04年、横山秀夫さんの小説を寺尾聰主演で映画化した「半落ち」がヒットした。他に「チルソクの夏」「ツレがうつになりまして。」など。舞台演出も手掛けた。

続きを表示

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close