特徴

【おすすめの“昔の映画”】外出自粛の今、見てほしい…編集部が独断と偏見でセレクト! : 映画ニュース – 映画.com

2020年3月28日 11:00

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ“外出自粛要請”により、お家で過ごす時間も増えてきたここ数日。「配信やDVDなどで映画を見たいけど、どの作品を見たらいいかよくわからない」という人も、多いのではないでしょうか。そこで今回、映画.com編集部のメンバーに声をかけ(リモートで)、「おすすめの昔の映画」を挙げてもらいました!

編集部の面々が独断と偏見でセレクトした、“シンプルに好きな昔の映画”(今回は便宜上、20年以上前の作品に限定)をご紹介します。

往年の名作もあれば、平成のアクション大作、昭和の快作などバラエティ豊かなラインナップ。次はどんな映画を、お家で見よう? そんな人は、ぜひ参考にしてみてください!

なお各作品紹介の下には、「動画配信検索」のリンクを置いておきます。NetflixやAmazon Prime Videoなど、どのストリーミングサービスで鑑賞(レンタル・購入含む)できるかをひと目で確認できますので、ぜひご活用くださいませ。

■「犬神家の一族」(1976)

――市川崑監督の映像センス爆裂、定期的に見たくなる“原点にして頂点”――

沼地から突き出る下半身。所在なさげに少し折れ曲がり、硬直した2本の足。あまりにも有名なシーンだ。名探偵・金田一耕肋が、大富豪・犬神佐兵衛の邸宅で起こる怪奇な連続殺人に挑む。

石坂浩二(当然だけど若い!)演じる金田一の奇人変人ぶり、奇妙な殺人トリック、コールタールのようにドロッドロの相続争いも魅力たっぷりだが、何よりもその映像美が忘れがたい。市川崑監督の映像センスは脳にダイレクトアタックをしかけてくるようだ。何度も実写化されているが、76年版が原点にして頂点。不朽の146分間を堪能してほしい。テーマ曲「愛のバラード」の怪しさも非常に好き。この時代特有の感傷がこもっているような気がして、時折り、無性に聞きたくなる。

「犬神家の一族(1976)」を鑑賞する

■「めぐり逢い」(1957)

写真:AFLO 写真:AFLO

――“すれ違いの恋”の元祖!永遠に語り継ぎたい不朽のラブストーリー――

かつては恋のエッセンスだった“すれ違い”も、スマホが普及したことで、現実では滅多に体験できない時代に。そんな今だからこそ、名作でその醍醐味を堪能してほしい。豪華客船で出会った男女が恋に落ち、半年後にエンパイア・ステートビルの展望台で再会を約束するも、運命のいたずらですれ違ってしまう。

ラスト、ヒロインが約束の場所に行けなかった理由を涙ながらに語るのだが、その台詞があまりにもドラマチックで、いつまでも心に残る。元となった39年製作の「邂逅」をはじめ、リメイク、オマージュ作品が数多くあるなか、個人的には本作がキャスト、セリフ、演出すべてにおいて洗練されていて、何度も繰り返し見たくなる。

「めぐり逢い(1957)」を鑑賞する

■「トゥルーライズ」(1994)

――黄金タッグによる“あの時代”の大味映画、迷ダンスシーンは一生ツボ――

昔の我が家には、テレビで「トゥルーライズ」が放送される際は全員で鑑賞するという謎のルールがあった。シュワちゃん大好きな父の口癖は「スリル・サスペンス・アクション。面白い映画にはこの3つが入っているんだよ」。妻と娘に正体を隠し、凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送る主人公の活躍を描く本作は、父の言う“面白い映画“の条件を全部満たしていた。

何度も見ているのに、ジェイミー・リー・カーティスのダサすぎるダンスシーンは絶対に笑ってしまうし、ジェームズ・キャメロン&シュワちゃんの黄金タッグによる大味アクションは爽快。字幕版もいいけれど、“あの時代”を思い出させてくれる吹き替え版がおすすめ。

「トゥルーライズ」を鑑賞する

■「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」(1993)

――異論は認めます!サイバーパンクな世界に来ちゃったマリオブラザーズ――

「それはド級のB級映画だろ!」という御意見も聞こえてきますが、極私的名作です。お馴染みのBGMから始まり、観客が誘われるのは、愛らしい“マリオの世界”――ではなく「ブレードランナー」のようなゴリゴリのサイバーパンクワールド。“リアル恐竜”なクッパ(=まさかのデニス・ホッパー!)&ヨッシー、人間を魔改造した敵キャラ、スーパージャンプを可能にするブーツ等々、「こんなのマリオじゃない!」と笑い&ツッコミが捗る要素が満載。

ですが、物語のテンポ感&ノリの良い音楽は◎ですし、尺はさっくりと見れる104分。塞ぎ込みがちな今だからこそ、大声で笑ってツッコミましょう。自宅鑑賞であれば、周囲の目を気にしなくてOKなんですから。一服の清涼剤となりますが、私のように“時折無性に見たくなる”という中毒性にはご注意を。

「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」を鑑賞する

■「カイロの紫のバラ」(1985)

写真:Photofest/アフロ 写真:Photofest/アフロ

――スクリーンの中の人物と恋に落ちる…映画愛にあふれたウッディ・アレン監督作――

映画を愛する女性が、スクリーンから出てきた人物と恋に落ちる……。男と女の物語を繰り返し紡いできたウッディ・アレン監督作品の中でも、映画愛にあふれ、ファンタジックでありながらもビターな後味を残す物語。甲斐性なしの夫と貧しい生活を送る主人公セシリア(ミア・ファロー)が映画館で映画を見ていると、驚くべきことに、主役のトム・バクスターがスクリーンを飛び出し目の前に現れる。

やがてトムを演じた俳優ギルも現れ、セシリアは奇妙な三角関係に巻き込まれていく。現実世界と映画内世界で起こるそれぞれの騒動やセシリア&トムの価値観の違いがコミカルに描かれている。今いる現実か、どんな夢も叶うスクリーンの世界か――。フレッド・アステアの「チーク・トゥ・チーク」が優しく包みこむセシリアの決断とラストの表情に、涙が止まらない。

「カイロの紫のバラ」を鑑賞する

■「いつかギラギラする日」(1992)

――深作欣二監督がもっとも“ギラギラ”した痛快アクションバイオレンス――

現在の日本映画界であれば、巨匠・深作欣二であっても製作にゴーサインは出ないだろう。北海道で大量の火薬を使った爆破&銃撃シーンを敢行、撮影用に借りた何十台ものパトカーを破壊したため全車輛を買い取る羽目になるなど、最終的に3億円以上の赤字を出している。だからこそと言うべきか、抜群に面白い。

現金5000万円を強奪後に仲間割れした男女たちの血みどろの死闘を描くにあたり、萩原健一さん、木村一八、荻野目慶子、千葉真一、石橋蓮司、原田芳雄さんらがキャスティングされた。鬼籍に入った名優や現在も活躍を続けるベテランたちの若き日の勇姿は必見。また、エキストラとして参加した19歳の少女の運命も変えた。劇中でミュージシャンとして出演していた恩田快人と知り合い、後に「JUDY AND MARY」を結成することになるYUKIである。

「いつかギラギラする日」を鑑賞する

■「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」(1995)

写真:Moviestore Collection/AFLO 写真:Moviestore Collection/AFLO

――“恋に落ちる”ってこういうこと!予想外の恋に翻弄される若きイーサン・ホークがたまらない――

リチャード・リンクレイター監督が18年間にわたって描いた名3部作の1作目。列車のなかで意気投合した男女がウィーンで途中下車し、夜が明けるまでの14時間を一緒に過ごす様子を描いた会話劇。登場人物はほぼこのカップルだけなので、徐々に距離が縮まっていくふたりの胸の高鳴りがダイレクトに伝わり、“恋に落ちる”瞬間を体感できる。

イーサン・ホーク演じるアメリカ人青年ジェシーが、ジュリー・デルピー扮するフランス人女性セリーヌに翻弄される姿がとにかく可愛い。立ち寄ったレコード店で聴いた曲の歌詞がセクシーで目が泳いでしまったり、甘いセリフで口説こうとしたのに「私にキスしたいの?」とド直球に返されてしまったり。大人になりきる前の、“自分より一枚上手な女の子にときめく男の子”なホークは一見の価値あり。

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」を鑑賞する

■「温泉スッポン芸者」(1972) ※Amazon Prime Video内のJUNK FILM by TOEIで配信中

――「トラック野郎」監督による戦後逞しく生きた女性たちへの賛歌――

コロナ関連のニュースで気が滅入るので、自宅でライトな昭和の旧作を。弱者の味方「トラック野郎」シリーズの鈴木則文監督による徹底的に明るくおバカなお色気もの(R18+)。主演の杉本美樹さんの美貌はもちろん、絶妙なライティングが相まったヌードは神々しい美しさ。スケベオヤジ達の下心を手玉に取り(そちら目当てで鑑賞しても眼福100パーセント保証)、戦後を逞しく生きた女性達への賛歌と反戦メッセージが込められた快作。

着物女性×バイクはルパン峰不二子の元ネタ、マリアンヌ・フェイスフルが超絶可愛い「あの胸にもういちど」(68)へのオマージュでしょうか、病院でのシーンは最近松尾スズキ監督作「108 海馬五郎の復讐と冒険」でブラッシュアップされていた。荒木一郎作曲、衝撃の主題歌のスチールギターがたまらない。時節柄、同じく鈴木監督の「徳川セックス禁止令 色情大名」も紹介したいが、こちらの見どころはまたいつかゆっくりお話します。

「温泉スッポン芸者」を鑑賞する(Amazon JUNK FILM by TOEIへの直リンク)

(映画.com速報)

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close