特徴

第32回映画祭TAMA CINEMA FORUMのプログラムをチェック!磯村勇斗さんゲストトークも – 多摩ポン

©︎2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS

2021年11月13日(土)~11月20日(土)まで開催される「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」。今回は来月に開催が迫った映画祭のおすすめプログラムをお知らせします。

SPONSORED LINK
chuokikaku-bannner

TAMA NEW WAVE

あいつをよろしく「あいつをよろしく」

まずは2000年よりスタートした”日本映画界に新風を送り込む新しい才能の発見”を目的とする中・長編コンペティション「TAMA NEW WAVE」。

コンペティションは11月19日(土)に多摩市の聖蹟桜ヶ丘にありますヴィータホールにて開催。本年度は過去最多205の応募作品から選ばれた6作品上映され、一般審査員の方と実行委員の審査をあわせたグランプリが決定します。

また11月12日(土)〜13日(日)には、実行委員から強い推薦のあった作品「ある視点部門」(計16作品)も一挙上映されます。

第23回TAMA NEW WAVE コンペティションノミネート作品(50音順)

  • あいつをよろしく [66分/監督:立薗駿]
  • 瀉血 [86分/監督:金子優太]
  • ジンジャーミルク [60分/監督:今井ミカ]
  • にびさびの巣 [41分/監督:岡田深]
  • はこぶね [99分/監督:大西諒]
  • MY HOMETOWN [42分/監督:古川葵]

第23回TAMA NEW WAVEの詳細

第32回映画祭 TAMA CINEMA FORUM プログラム

第32回映画祭TAMA CINEMA FORUMのプログラムとしては「TAMA映画賞関連プログラム」「TAMA映画賞先行上映プログラム」「映画を通して社会を考えるプログラム」「その他ゲスト付きプログラム」が開催。トークイベントも多数あります。

第14回TAMA映画賞関連プログラム

©山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会©山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会

  • 『流浪の月』(最優秀男優賞、最優秀女優賞、最優秀新進男優賞を受賞した松坂桃李、広瀬すず、横浜流星出演作品『流浪の月』の上映と白鳥玉季さん、李相日監督(予定)によるトーク)
  • ささやかな光で深みを照らす 磯村勇斗特集 ※15歳未満の方は鑑賞できません(最優秀新進男優賞を受賞した磯村勇斗の主演作品『ビリーバーズ』の上映と磯村勇斗さん×伊藤さとりさん(映画パーソナリティ)によるトーク)
  • 「TAMA映画賞特別賞受賞記念特集上映」(特別賞受賞作品『メタモルフォーゼの縁側』の上映と狩山俊輔監督、鶴谷香央理さん(原作者)によるトーク、同じく特別賞受賞作品『恋は光』の上映と小林啓一監督によるトーク(両作品のトーク司会:中井圭さん(映画解説者))
  • <プラン75>―とまどいと希望とー(最優秀女優賞、最優秀新進女優賞を受賞した倍賞千恵子、河合優実の出演作品『PLAN 75』の上映と早川千絵監督×金原由佳さん(映画ジャーナリスト)によるトーク)
  • 『こちらあみ子』―「あたらしい娘:あみ子」の世界を楽しむ(最優秀新進監督賞を受賞した森井勇佑監督作品『こちらあみ子』の上映と森井勇佑監督、大沢一菜さん、青葉市子さん(音楽家)によるトークおよび青葉市子さんによるミニライブ
  • 第14回TAMA映画賞三冠受賞『さがす』 ※12歳未満の方は保護者の同伴が適当です
    最優秀男優賞、最優秀新進女優賞を受賞した佐藤二朗、伊東蒼が出演、最優秀新進監督賞を受賞した片山慎三監督作品の『さがす』の上映と山野晃プロデューサー、片山慎三監督(予定)によるトーク(司会:松崎健夫さん(映画評論家))

TAMA映画祭先行上映プログラム

銀平町のシネマブルース©2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

  • ワールドプレミア『銀平町シネマブルース』(『銀平町シネマブルース』のワールドプレミア上映といまおかしんじさん(本作脚本)、小出恵介さん、日高七海さんによるトーク(司会:森直人さん(映画評論家))
  • ワールドプレミア『まなみ100%』(『まなみ100%』のワールドプレミア上映と川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんによるトーク)

映画を通して社会を考えるプログラム

戦争と女の顔「戦争と女の顔」© Non-Stop Production, LLC, 2019

  • 『教育と愛国』(『教育と愛国』の上映と斉加尚代監督、志田陽子さん(武蔵野美術大学教授)によるトーク)
  • “戦争と女性”が描かれはじめるとき ※12歳未満の方は保護者の同伴が適当です(『戦争と女の顔』の上映と伊藤春奈さん(花束書房)、水上文さん(文筆家)によるトーク)
  • ワン・セカンド 永遠の24フレーム(『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』の上映と宇田川幸洋さん(映画評論家)によるトーク)
  • 沖縄本土復帰50年と『ミラクルシティコザ』〜沖縄の歴史と映画と音楽と〜(『ミラクルシティコザ』の上映と平一紘監督のトーク)

その他ゲスト付きプログラム

©︎PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo

  • 永遠の憧れ オードリー・ヘプバーンに愛をこめて
    『オードリー・ヘプバーン』、『いつも2人で』の上映と山口路子氏(作家)によるトーク
  • 春原さんのリコーダー
    多摩市在住の監督・原作者によって作られた『春原さんのうた』の上映と杉田協士監督、東直子氏(歌人)、荒木知佳氏によるトーク
  • トキワ荘の青春―トキワ荘の住人、四半世紀後の同窓会―
    『トキワ荘の青春』の上映と出演者の鈴木卓爾氏、翁華栄氏、さとうこうじ氏、共同脚本の鈴木秀幸氏によるトーク
  • 『森の学校』―映画公開20周年記念―(『森の学校』の上映と西垣吉春監督のトーク)
  • 団地団、気合を入れ直す(『みなさん、さようなら』の上映と原作者・久保寺建彦氏と団地好きユニット「団地団」(大山顕さん、佐藤大さん、稲田豊史さん、速水健朗さん、妹尾朝子さん、山内マリコさん)によるトーク

©︎臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022©︎臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

その他にも『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』と『ミニオンズ フィーバー』を上映する「ファミリー・デー クレしん×ミニオンズ最新作上映」、『エルヴィス』と『コーダ あいのうた』(※12歳未満のかたは保護者の同伴が適当)を上映する「特選洋画」などのプログラムが用意されています。

前売チケットはPassMarket(パスマーケット)で販売

2022年11月26日(土)には、多摩市の「パルテノン多摩 大ホール」にて「第14回TAMA映画賞」授賞式が開催される「第32回映画祭TAMA CINEMA FORUM」。

前売チケットはYahoo!JAPANのデジタルチケット、PassMarket(パスマーケット)で10月30日(日)から販売されます!

上映プログラム | 第32回映画祭TAMA CINEMA FORUM 公式サイト

昨年の授賞式のレポートはこちら!

SPONSORED LINK
ココリア多摩センター

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

多摩ポンへの情報提供・取材依頼はこちら

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close