特徴

秒で“拡散”!貞子が日本中に溢れ出る 映画『貞子DX』 – otocoto | こだわりの映画エンタメサイト

「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いがビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作、映画『貞子DX』。現代社会に適応しSNSで〈拡散〉される貞子の呪いと、〈呪いの方程式〉を解明しようとする主人公たちの対決を描いた超体感型謎解きホラーサスペンス。

この度、SNS上に秒で〈拡散〉されていく呪いによって、貞子の大量発生(?!)の危機に陥る本作にちなみ、様々な切り口で大量増殖したWEBスポット映像全7種が解禁された。



どんな呪いや心霊現象に対しても“科学で解明出来ないことはない”と考え、貞子の呪いに頭脳で立ち向かおうとするIQ200の天才大学院生で主人公の一条文華(あやか)を演じる小芝風花と、とある出来事から文華と共に貞子の呪いに挑むことになる、キザな雰囲気漂うぽんこつな自称占い師・前田王司(おうじ)役の川村壱馬(THE RAMPAGE)が繰り広げるテンポの良い掛け合いが確認できるキャラクター映像。

そのほか、SNSによって秒で〈拡散〉され、日本中で大量に増殖していく貞子の姿が捉えられた衝撃映像、そして死に至るまでの24時間というタイムリミットを秒で刻んでいく、まるで同じ条件のなか事件解決に急ぐ某海外ドラマをオマージュしたような緊迫した映像など、今回初解禁となる劇中シーンが多数収められた見どころ満載。

世界的ホラーアイコンとして圧倒的な知名度を持ち、先日行われた完成披露試写会では、サプライズゲストとして観客の前に突如登場し会場に歓声と悲鳴を巻き起こした貞子だが、本作の見どころについては“沢山の貞子”とコメント。果たして、7日間から24時間へと短縮されたタイムリミットの中、文華たちは貞子の最恐の呪いに打ち勝つことが出来るのか‥‥。

さらに、本作の公開日より劇場で販売されるグッズの情報も解禁。映画『貞子DX』グッズとして、定番のクリアファイルセットや、SNSで拡散できる写真を撮影できるアクリルキーホルダーなどの個性的なアイテムのほか、なんと、ハローキティ・マイメロディ・ポチャッコ・シナモロールが揃って貞子化したアイテムも新登場。貞子グッズと、怖かわいいサンリオキャラクターズコラボグッズは、どちらも10月28日(金)より全国の上映劇場などで発売予定。

秒で“拡散”!貞子が日本中に溢れ出る 映画『貞子DX』©2022『貞子DX』製作委員会 ©KADOKAWA ©2022 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L634602



映画『貞子DX』は、10月28日(金)より全国公開。

作品情報

秒で“拡散”!貞子が日本中に溢れ出る 映画『貞子DX』

映画『貞子DX』

“呪いのビデオ”を見た人が24時間後に突然死するという事件が全国各地で発生。IQ200の大学院生・一条文華は、TV番組で共演した人気霊媒師のKenshinから謎の解明を挑まれる。呪いがSNSで拡散すれば人類滅亡と主張するKenshinに対し、「呪いなんてあり得ない」と断言する文華だったが、興味本位でビデオを見てしまった妹の双葉から一本の電話がかかってくる。「お姉ちゃん助けて。あれからずっと白い服の人につけられてて‥‥」文華は「すべては科学的に説明可能」と、自称占い師の前田王司、謎の協力者・感電ロイドとともに、〈呪いの方程式〉を解き明かすべく奔走する。しかし24時間のタイムリミットが迫る中、仮説は次々と打ち砕かれ‥‥。

監督:木村ひさし

出演:小芝風花、川村壱馬(THE RAMPAGE)、黒羽麻璃央、八木優希、渡辺裕之、西田尚美、池内博之

配給:KADOKAWA

©2022『貞子DX』製作委員会

2022年10月28日(金) 全国公開

公式サイト movies.kadokawa.co.jp/sadako-movie/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close