特徴

日本映画5作品を上映〜アジアン・ポップアップ・シネマ | U.S. FrontLine | フロントライン

2022年9月10日から11月6日の間に開催されるアジアン・ポップアップ・シネマ:シーズン15がシカゴのダウンタウンを中心にナイルズやウィルメットを含む郊外で上映されている。

この映画祭では、中国、香港、日本、韓国、台湾の映画製作者が製作した31本の映画を、9月10日から開幕し、11月6日まで開催される。日本の映画はつぎの5つ。松山ケンイチと藤原竜也、実力派俳優が出演するが廣木隆一監督の『NOISE』。下山天監督の「ALIVEHOON アライブフーン」。2018年に『カメラを止めるな!』で注目を浴びた上田慎一郎監督の「ポプラン」。魚類に関する豊富な知識でタレントや学者としても活躍するさかなクンの半生をのんを主演に迎えて映画化した沖田修一監督の「さかなのこ」。お笑い芸人・つぶやきシローの同名小説を実写映画化した李闘士男監督の「私はいったい、何と闘っているのか」の5作品が上映される。

上映作品は、週末の午後のマチネ(2本立て)で上映される。お一人でも、カップルでも、ご家族でも楽しめる作品が揃えられているので映画館で楽しみたい。

チケットは現在、https://buytickets.at/apuc で販売中されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close