特徴

裏の顔に驚愕! イギリス発ダーク・サスペンス『アイ・ケイム・バイ』Netflix TOP10第3位! | ムビコレ

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、視聴時間で人気作品をランキングする「Netflix TOP10」。今回「ムビコレ」がピックアップするのは、Netflixプレゼンツ『アイ・ケイム・バイ』。8月31日(水)から配信が開始され、グローバル&日本ともに第3位にランクインしている。

・Travis Japan松田元太の“頭ポンポン”も必見! 『君が落とした青空』Netflix TOP10入り

“アートで社会と闘う”若者が元判事の邸宅に侵入すると…

“アートで社会と闘う”ことを使命とするトビー(ジョージ・マッケイ)とジェイ(パーセル・アスコット)は、ロンドンの富裕層の邸宅に侵入して壁に「I CAME BY(参上!)」とペイントして回るグラフィティ・アーティスト。しかしガーフレンドのナズが妊娠したことを知ったジェイは、生まれてくる子どものためにもう法に触れることはしないとトビーに告げる。次のターゲットとして退任したばかりの元判事ブレイク(ヒュー・ボネヴィル)を狙っていたトビーはジェイを引き留めるが、逆にジェイはこれを機に2人でやめることを提案。納得ができないトビーは一人で決行し、ブレイクの驚愕の裏の顔を知ってしまう。

本作は、隠された秘密を暴く重厚感漂うダーク・サスペンス。人種差別や移民、社会的格差そして親子の確執と様々な問いかけを含みつつ、メインテーマとしては警察組織へのコネを持つセレブリティの鉄壁の牙城に挑んでいく若者&家族の戦いが描かれる。世間から見たブレイクは人道派で知られる高尚な知識人であり、それなりにワケありでもあるのだが、それらの背景を消し飛ばすほどの暴力性、一切の躊躇のない残虐性に戦慄させられることだろう。

『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ、ケリー・マクドナルドが出演

監督・脚本を務めたのは、初長編映画『アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物』がアカデミー賞外国語映画賞の英国部門にも選出されたババク・アンヴァリ。20年以上も昔、大学の英語学科の1年生の時に“若者×富裕層の老人の追跡劇”という本作のベースとなるアイデアを思い付き、その後キャリアを重ねるうちに“ロンドンを舞台としたヒッチコック風のネオ・ノワール”へと物語が大きく変化したのだという。

出演は第92回アカデミー賞で10部門にノミネートされたサム・メンデス監督作『1917 命をかけた伝令』で、若きイギリス兵に扮したマッケイとNetflixドラマ『THE INNOCENTS/イノセンツ』のアスコット、そして『ダウントン・アビー』、『パディントン』シリーズのボネヴィル。さらにトビーの行方を捜す母親リジー役を『トレインスポッティング』シリーズのダイアン役や近年では『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』で魅力的なヒロインに扮したケリー・マクドナルドが演じている。

グローバル&日本で上位ランクイン、世界89ヵ国でもTOP10入り!

『アイ・ケイム・バイ』は今週の集計(8月29日~9月4日)で視聴3,079万時間を記録し、グローバル(映画/英語)&日本(映画)ともに第3位にランクイン。世界89ヵ国でもTOP10入りを果たしてスタートは好調、今後の動向に注目したい。(文:足立美由紀/ライター)

Netflix映画『アイ・ケイム・バイ』独占配信中。

・その他の場面写真はこちら!

【Netflix日本TOP10(映画)/8月29日~9月4日】
1位『予告犯』
2位『ソウル・バイブス』
3位『アイ・ケイム・バイ』
4位『ミー・タイム』
5位『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』
6位『プラチナデータ』
7位『残り火』
8位『Fukushima 50』
9位『デイシフト』
10位『なくもんか』

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close