特徴

蓼科高原映画祭 9日間に20作品上映 – Nagano Nippo Web

文化

2022年8月20日 6時00分

LINEで送る

第25回小津安二郎記念・蓼科高原映画のポスター

日本映画界の巨匠、小津安二郎監督が晩年に仕事場にした茅野市で開く「第25回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」の上映スケジュールとゲストが決まった。コロナ禍で中止したメインの上映会を3年ぶりに茅野市民館と新星劇場で実施。9月17~25日の9日間に20作品を上映する。チケットの販売は20日から。

小津監督作品は喜劇映画「お早よう」を上映。鑑賞後、同作品の厚田雄春撮影監督に師事した兼松熈太郎監督が舞台で話をする。「日本独立」の伊藤俊也監督、「アクトレス・モンタージュ」主演女優の花岡咲さんなど9人のゲストが上映に合わせて登場する。県内で撮影された作品として「サヨナラまでの30分」「流浪の月」を流す。

上映会のほか、女優中井貴惠さんがピアニストの松本峰明さんの演奏とともに小津監督作品の「麥秋」を朗読する「音語り」を25日午後1時から市民館で開く。伊藤監督が審査委員長を務め、167作品が集まった「第21回短編映画コンクール」は、24日にグランプリ作品発表と表彰式、上映を行い、25日に入選作品10本を無料で上映する。

チケットは1回券800円(当日1000円)、全作品が鑑賞できるフリーパス券4500円などがある。上映会場の市民館と新星劇場のほか、市観光課などで取り扱っている。問い合わせは実行委事務局の同課(電話0266・72・2101、内線423)へ。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close