特徴

地球規模での「サステナビリティ革命」の実現を目指し、初のコーポレートムービー「TBM MOVIE」を公開:時事ドットコム

[TBM]

~組織の第二創業期、スタートアップで働く創業メンバーの未来意志を表現~

株式会社 TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:山崎敦義、以下 TBM)は、地球規模での「サステナビリティ革命」の実現を目指し、初のコーポレートムービー「TBM MOVIE」をホームページ及びYouTube公式チャンネル、Facebook公式アカウント等にて公開しました。

TBMは、企業理念体系「TBM Compass」のミッションである「進みたい未来へ、橋を架ける」の実現に向けて、「2030 年までにカーボンネガティブを実現する」、「2030 年までに 100 万トンの LIMEX とプラスチックを 50カ国で循環させる」、野心的な目標「TBM Pledge 2030」を策定し、今の常識にとらわれない非常識な挑戦を誓いとして具体化し、逆算での経営と事業推進を強化しています。
脱炭素社会やサーキュラー・エコノミーの実現に向けて、石灰石を主原料とする新素材「LIMEX(ライメックス)」や再生材料「CirculeX(サーキュレクス)」の国内外への普及、資源マネジメント及び資源循環プラットフォー ムの構築・運用等を行っています。また、温室効果ガス削減目標に対する SBTイニシアチブによる「1.5°C目標」認定を取得、また Amazon と Global Optimism が共同で立ち上げた「The Climate Pledge」(気候変動対策に関する誓約)に署名しました。
TBMがサステナビリティ革命を実現するには、世界中のステークホルダーの方々と「共感」の輪を広げ、日々の行動や、習慣、経済や文化を支配している「未来ではなく、今の選択を大切にする」という価値観を、「未来のために、今の選択を大切にする」という新しい価値観に変えなくてはなりません。環境変化に強いられて起こすものではなく、自らがサステナビリティ革命を起こす、スタートアップで働く創業メンバーの未来意志を表現しました。

・TBM コーポレートムービー「TBM MOVIE」
https://tb-m.com/company/tbm_movie/
・TBM 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCIvfa-J0VGeLl71Aeg6sWRg

「TBM MOVIE」制作スタッフ
・クリエイティブディレクター&コピーライター:澁江俊一(株式会社2100)
・プロデューサー:近藤哲史、的場悠甫(株式会社アマナ)
・ディレクター:粉川翔之助(株式会社アマナ)
・モデル:Malaika F.
・カメラマン:芦埜翔太
・モーショングラフィック:大屋博

クリエイティブディレクター&コピーライター 澁江俊一(株式会社2100)

[プロフィール]
東映株式会社で「鉄道員」「バトル・ロワイアル」など数多くの日本映画のポスターや予告篇を制作後電通に入社。 概念を言語化する力で広告のみならず多くの企業の経営をサポート。
2020年に独立した7名の仲間と株式会社2100を設立。数々の企業の経営陣と、戦略やアウトプットを企画している。
Snow Peak「人生に、野遊びを。」、H.I.S.「この星が呼んでいる。」、日本テレビ「見たい、が世界を変えていく。」、JAXA「Explore to Realize.」、クレハスローガン「ナケレバ、ツクレバ。」、日本ラグビー協会「BIG TRY すべての人を、夢中にできるか。」など企業が掲げるヴィジョンの言語化を数多く手がけ、Snow Peak「キャンピングオフィス」、FLEX「Renoca」、ASKUL「LOHACO」、JAXA「未来共創会議」など新事業立ち上げにも寄り添っている他、熊本城「組み建て募金」2017グッドデザイン賞BEST100、岩手野田村「荒海ホタテ」農水省GI(地理的表示)登録済、北日本新聞「富山もよう」、アイヌ舞踊「PARARU TVCM」 など地域のための仕事も多く手がけている。

[受賞歴]
カンヌ広告賞、ACC賞、新聞広告賞、グッドデザイン賞、朝日広告賞、読売広告賞、広告電通賞、TCC新人賞 他

[コメント]
サステナビリティ革命という言葉が今回のムービーの出発点です。
革命は人類の歴史で度々起こってきました。フランス革命、産業革命、明治維新…
革命は歴史を変え社会の仕組みを変えてきたと教科書には書いてありますが僕は人の心の中も変えたと思います。愛とか自由とか平等とか、人権とか幸せとか、目に見えないものも生み出してきたと思います。革命というのはそれだけ強く、重要な言葉だというところから今回のムービーのシナリオを考えました。
革命には共感者が必要で、今回のムービーは共感を生み出すことも目的にしています。
僕自身もまたTBMのつくりたい未来に心から共感する一人の人間として参加させてもらいました。素晴らしいスタッフの皆さまのご尽力によりたくさんの人に見てほしいムービーになったと思います。

■ 株式会社TBM
代表取締役CEO:山崎敦義
本社:東京都千代田区有楽町1-2-2 15F
設立:2011 年
資本金 :234億2,993万円(資本準備金含む)/ 2021年7月時点
事業内容 :環境配慮型の素材開発及び製品の製造、販売、資源循環を促進する事業等
URL :https://tb-m.com/

2013年 経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」に採択
2014年 国内特許を取得し、現在、日中米欧を含む30か国以上で登録。その他100件以上の特許出願を実施
2015年 宮城県白石市に第一プラントを建設(LIMEX生産容量:6,000トン/年)
2015年 経済産業省の「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(製造業等立地支援事業)」に採択
2016年 米国シリコンバレーの「Plug and Play」で初の 『世の中に最も社会的影響を与える企業ソーシャルインパクトアワード』を受賞
2018年 COP24(第24回国連気候変動枠組条約締約国会議)に日本政府代表団として参加
2019年 軽井沢で開催された「G20イノベーション展」に出展。G20大阪サミット2019の会場での運営品としてLIMEX製品が採用
2019年 中国・河南省、モンゴルでのLIMEX事業化に向けた基本合意を締結
2019年 代表取締役 CEOの山崎敦義が、「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2019 ジャパン」
Exceptional Growth 部門「大賞」を受賞
2020年 使用済みプラスチック等の再生材料を50%以上含む素材「CirculeX(サーキュレックス)」を発表
2020年 100%再生可能エネルギーの電力を LIMEX の生産拠点に導入
2020年 BtoC 向けの EC 事業「ZAIMA」を開始
2020年 宮城県多賀城市に第二プラントを建設(LIMEX生産容量:23,000トン/年)
2021年  韓国財閥のSKグループと135億円の資本業務提携を合意
2021年  神奈川県横須賀市で国内最大級のリサイクルプラントのプロジェクトを始動
2021年 自*本リリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

*本リリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
*本リリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
(2022/07/19-21:17)

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close