特徴

『映画 太陽の子』10年プロジェクト始動 8・5に特別上映実施へ|秋田魁新報電子版

※写真クリックで拡大表示します

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬共演『映画 太陽の子』10年プロジェクト始動(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬共演『映画 太陽の子』10年プロジェクト始動(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

 昨年劇場公開された、柳楽優弥、有村架純、三浦春馬共演の『映画 太陽の子』が、8月5日に東京・渋谷のシダックス カルチャーホールにて特別上映(有料上映)されることが明らかになった。

【画像】『映画 太陽の子』場面写真

 同映画は、太平洋戦争末期に存在した「F研究」と呼ばれる、日本の原爆研究を背景に、時代に翻ろうされながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春グラフィティ。大河ドラマ『青天を衝け』などを手がけた黒崎博が脚本・監督を務めた。

 今回の特別上映は、午前11時開場、午後3時開場の2回実施。1回目の上映後、2回目の上映前に舞台あいさつも予定されており、黒崎監督、プロデューサーの森・コウ氏、浜野高宏氏が登壇予定。チケットは1500円。

 また、広島・長崎に原爆が投下された8月に同映画を上映し続ける、『映画 太陽の子』10年プロジェクトも始動。個人と国家、理想と現実、家族愛、友情、役割、科学者としての倫理など、さまざまなテーマを含んでいる同映画を通して、核兵器の恐ろしさ、戦争の悲劇を知ってもらい、平和について考えるきっかけを創出していく。

 同日、同じ開場で午後7時から「FOR THE FUTURE 〜未来をつなぐ〜ウクライナ若者支援特別トークセッション」を開催予定。今現在、困難な状況にあるウクライナの現状を知り、未来ある若者たちに向けて何ができるのか、今、できることはなにか意見を交わす。

 今年3月初旬からウクライナで40日間の現地取材を行ったジャーナリストの新田義貴(ユーラシアビジョン代表)、日本語を学ぶためビザを申請中に紛争が起き、今年3月にビザがおりたため戦火を逃れて来日、大阪で日本語学校に通いながら声優を目指して勉強中の在日ウクライナ人・工藤ディマさん(クドリャフツェフ・ドミトロー)、ヤフーのウクライナ避難民支援担当・安田健志さんが登壇予定。MCは、『映画 太陽の子』浜野プロデューサーが務める。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close