特徴

“極限のその先”を目指す男たちの生き様とらえる『神々の山嶺』本予告&場面写真 | .

フランスで大ヒットを記録した日本原作のアニメーション映画『神々の山嶺』より、本予告と場面写真が解禁された。また、著名人らの応援コメントも到着した。

>>『神々の山嶺』あらすじ&キャストはこちら

夢枕獏(作)、谷口ジロー(画)の「神々の山嶺」をアニメ映画化した本作。2017年にこの世を去った、谷口ジロー自身も製作に参加し、大ヒットアニメーション映画『ウルフウォーカー』の製作チームと共に7年の歳月をかけ、熱い人間ドラマと実写では再現不可能な命がけの登攀シーンを圧巻の映像で表現。堀内賢雄、大塚明夫、逢坂良太、今井麻美といった日本を代表する豪華声優陣が吹き替えを務め、アニメファンや映画ファンのみならずSNSなどでも、すでに大きな注目を集めている。

解禁された本予告は、「高く、さらに高く、登り続ける。だが、なんのために?」という深町誠(堀内賢雄)の問いかけから始まり、孤高のクライマー羽生とカメラマン深町が繰り広げる冒険ドラマの幕開けを予感させる。羽生丈二(大塚明夫)の「一度、山を覚えたら取り憑かれる」というセリフを証明するかのように、羽生は暴風、雪崩、雷の過酷な状況の中、地上8848mにそびえ立つエベレストに果敢に挑んでいく。

壮大なスケールで描かれるエベレスト登山の様子は、氷点下50度の極限の環境を臨場感溢れる描写で見せる。羽生や深町と一緒にエベレスト登頂に挑んでいるかのような圧倒的な没入感だ。

併せて解禁された場面写真では、羽生の挑戦を記録しようとカメラで追う深町の様子や、岩間を飛び越え、雪崩から必死に逃げる姿など、雪山の過酷さが伝わってくる様子がとらえられている。

さらに、原作者の夢枕獏に続き、各界著名人から熱いコメントが到着した。

<コメント一覧(五十音順、敬称略)>

石塚真一(漫画家)
谷口ジロー、夢枕獏両氏の「神々の山嶺」は、フランスでこんなにも愛されているのだなあ、と感じる圧倒の映像でした。何度も歯を食いしばった。そして、孤高の美しさにグッときた。ありがとうフランス!!

久住昌之(漫画家・音楽家)
驚いた。谷口さんの絵の「神々の山嶺」は、絶対に映像化できないと思っていました。しかし、漫画からも独立した、素晴らしいアニメ作品に仕上がっていた。静かで、険しく、美しい。音楽の豊かさにも、嫉妬心さえ覚えました。

小島秀夫(ゲームクリエイター)
人は何故、山に登り続けるのか?何故、物創りを続けるのか?本作はその答えを暗示するだけでなく、映画界における挑戦でもある。雪山登攀の過酷さ、危うさ、美しさの再現は、小説や漫画とは違い、実写映画では難しいからだ。そんな中、フランス映画界のクリエーター達が“アニメーション”という新たな登攀ルートで、「神々の山嶺」という北壁の登頂に成功した!これは快挙だ!原作ファンとしても感無量!

坂本眞一(漫画家)
小説によって言語化され、漫画によって可視化された8000メートル峰の凍りつくような死の恐怖を、アニメーションならではの手法で否が応にも「体感」させられてしまう映画。生命の存在すら許さない神々の領域への挑戦はあまりに絶望的だ。この世の全てを擲ち、雪煙舞う山頂を目指す挑戦者達の鋭い眼光が僕を睨みつける。「お前は何の為に生きているのか」と。

夏目房之介(フリーライター、マンガ批評家)
夢枕獏、谷口ジローの傑作『神々の山嶺』のアニメーション化である。が、それを意識しないでいいと思う。圧倒的な雪山描写と淡々と刻まれる手や足の演出。私は飽きずに惹きこまれた。高所恐怖にも少しなったぞ。

東野幸治(芸人)
名作「神々の山嶺」がなんとアニメ映画化!
そこには山に取り憑かれた漢たちがしっかりと描かれていました!映画の終盤からは漢たちの息遣いに耳を傾け無事を祈りましょう!皆さんも私と同じ選ばれし目撃者になりましょう!

松本大洋(漫画家)
獏さんと谷口さんという大きな二つの頂きに挑んだスタッフの心意気を、ひしひしと感じました。
エベレストと東京を描く色彩がとても美しく、クライマーたちは物悲しく格好良かった。

『神々の山嶺』は7月8日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close