特徴

日本映画界の新星・伊東蒼に注目!神尾楓珠主演『恋は光』 | .

神尾楓珠主演で、“恋する女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生の初恋を描いた『恋は光』。本作で神尾さん演じる主人公・西条と同じ特異体質を持った女子高生、大洲央(おおずなかば)を演じたのは、『空白』『さがす』に出演する伊東蒼。西条と同じく、恋をしている女子から発せられる光を感知することができるキャラクターを演じた伊東さんの場面写真が解禁となった。

>>『恋は光』あらすじ&キャストはこちらから

どこかミステリアスな雰囲気を残しながら、素朴で等身大の女子高生の姿を演じた伊東蒼は、彼女にしか出せない独特なオーラと確かな演技力でいま最も注目を集めている新星。6歳の時、ドラマ「アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋」(11・TBS)でデビュー。その後、10歳の時に出演した『湯を沸かすほどの熱い愛』(16・中野量太監督)では、宮沢りえやオダギリジョー、杉咲花と並びその存在感を観客にはっきりと印象付けた。

昨年からの活躍は目まぐるしく、『空白』(21・吉田恵輔監督)に続き『さがす』(22・片山慎三監督)と鮮烈な印象を与える役どころで「実力派」と呼ばれるにふさわしい役者へと急成長を遂げている。交通事故の被害者となる内気な中学生、そして突然姿を消した父親捜しに奔走する中学生と、時代を切り取り、社会問題を抉り出すような難しい作品への出演が続いた伊東さんだが、本作『恋は光』では「恋」について語るフレッシュな姿を披露する。

今回解禁された場面写真では、眼鏡をかけたセーラー服に。夏の日差しの中で、神尾さん演じる西条と、西野七瀬演じる北代と対面する央はどこか嬉しそう。彼らの邂逅で、物語にはどんな化学反応が起きるのか? 本作で伊東さんが見せる新しい一面にも注目だ。

『恋は光』は6月17日(金)より全国にて公開。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close