特徴

「光州事件・韓国民主化運動特集」『光州5・18』&日本未公開のドキュメンタリー配信 | .

『タクシー運転手 約束は海を越えて』で日本でも大きく関心を集めた光州事件・韓国民主化運動に関連した映画『光州5・18』と日本未公開のドキュメンタリー『キム君』2作品が、映画配信サービス「JAIHO」にて配信が決定。

第90回アカデミー賞外国語映画賞(当時)韓国代表作品に選出され、本国で動員1200万人を突破したソン・ガンホ主演『タクシー運転手 約束は海を越えて』でも描かれた“光州事件”。今回の特集では、商業作品として初めてこの事件をテーマにした『光州5・18』と、1980年5月に光州の至るところで目撃されていた謎の青年に迫った日本未公開の追跡ドキュメンタリー映画『キム君』がラインアップ。『キム君』の本国版ビジュアルと予告編も併せて解禁された。

<光州事件・韓国民主化運動特集>

韓国現代史上に残る悲劇“光州事件”(1980年5月18日~27日)から42年。韓国ではしばらく、この事件について語ること自体がタブー視されていたが、近年では書籍や映像などによって情報が少しずつ明らかになり始めた。今回配信が決定した日本未公開作『キム君』もその1つ。本作は北朝鮮軍介入説という新たな視点で事件を取り扱い、「第7回ワイルド・フラワー映画賞」や「第44回ソウル独立映画祭」では大賞を受賞した。

対して『光州5・18』は事件を商業作品として初めて映画化した作品で、韓国でも観客動員数730万人を超える大ヒットを記録。ドラマ「悪の華」や映画『王の男』などに出演し日本でも人気の高いイ・ジュンギ、ポン・ジュノ監督『殺人の追憶』のキム・サンギョン、韓国の国民的俳優と呼び声の高いアン・ソンギらの強力なキャスティングで挑んだ本作は、民主化を求める学生と戒厳軍との10日間に渡る衝突が描かれた。当時をリアルに再現し、闇の近代史を初めて真っ向から取り上げた問題作ともいわれている。

『光州5・18』(2007年/韓国)

1980年、韓国・光州市。タクシー運転手の青年・ミヌ(キム・サンギョン)は、両親を早くに亡くし、高校生の弟・ジヌ(イ・ジュンギ)の親代わりとなって懸命に面倒を見てきた。そんなミヌはジヌと同じ教会に通う看護師のシネ(イ・ヨウォン)に秘かな想いを寄せていた。ミヌは、ジヌを交えた3人で映画を観に行くことになるが、シネと楽しい時間を過ごしていたミヌたちのいる映画館の外で、学生の民主化デモ隊と戒厳軍の衝突が勃発…。そして、ミヌたち3人もこの悲劇に巻き込まれてしまう――。

『キム君』(2018年/韓国)※プレミア作品

2015年軍事評論家のチ・マンウォンによって北朝鮮特殊軍“第1光殊”(※北朝鮮特殊部部隊の軍人)と呼ばれた、ある青年市民軍の写真1枚が発端となった。彼は“キム君”と呼ばれ、市民軍たちの証言を通じて光州事件の北朝鮮軍介入説に対し、真実が否かを議論する興味深い公開手配を追跡するドキュメンタリー。

本特集では、“アメリカの公民権運動”を題材にした、エヴァ・デュヴァネイ監督『グローリー/明日への行進』とラウル・ペック監督『私はあなたのニグロではない』の2作のように、ある歴史に対して描き方も視点も異なる2作品を併せて観ることで知られざる歴史を紐解くことができるだろう。

『光州5・18』は5月18日(水)~、『キム君』は5月27日(金)~JAIHOにて配信開始(いずれも※60日間配信)。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close