特徴

「TOKYO VICE」日本人キャスト選びは「面白かった」マイケル・マン監督が語る(シネマトゥデイ) – Yahoo!ニュース

【動画】「TOKYO VICE」特別映像“マイケル・マン監督編”

 1990年代の東京を舞台にした本作は、日本の大手新聞社に就職したアメリカ人青年ジェイクが、新聞記者として危険な闇社会へと入り込んでいく姿を描いたドラマ。『ヒート』『インサイダー』などのマイケル・マンがエグゼクティブ・プロデューサーと第1話の監督を務め、『ウエスト・サイド・ストーリー』のアンセル・エルゴートが日本語を猛特訓して主人公ジェイク役に挑んだ。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close