特徴

ジョン・ボイエガ&レティーシャ・ライト×『それでも夜は明ける』監督の映画アンソロジー日本上陸 | .

『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が手掛けた『スモール・アックス』が、3月29日(火)より「スターチャンネルEX」にて独占配信、「BS10スターチャンネル」にて4月19日(火)より日本独占放送決定、予告編が到着した。

本作は、マックイーン監督自身のルーツであるイギリスのカリブ系移民コミュニティにスポットライトを当て、1960~80年代のロンドンを舞台に、カリブ系黒人住民たちの人生の喜びと哀しみ、自らの運命を変えようと苦悩し格闘した人々の姿を、5本の“映画”で綴ったアンソロジー・シリーズ。

昨年、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス映画批評家協会賞では『ノマドランド』を抑え、TVシリーズとして初めて最優秀作品賞を受賞したことは歴史的な快挙に。オバマ元大統領は「2020年のベスト“映画”」に第2話『ラヴァーズ・ロック』を選出。一方、一つ一つのエピソードを“Film=映画”と位置付け、いわば5本のTV映画として構想・製作された本シリーズは、劇場用に製作された作品ではないという理由でアカデミー賞の選考基準から外れ、映画業界に「映画とは何なのか?」という議論を巻き起こした。

出演は、『スター・ウォーズ』シリーズのジョン・ボイエガ、『ブラックパンサー』のレティーシャ・ライトら、注目の実力派俳優。ゴールデン・グローブ賞で助演男優賞(ジョン・ボイエガ)、英国アカデミー賞(BAFTA)で助演男優賞(マラカイ・カービー)など世界中の映画賞で高い評価を獲得した。

“BLM(ブラック・ライブズ・マター)”の叫びが世界を揺るがすいま、本作では、「イギリス」「カリブ系黒人」という視点が興味深い。マックイーン監督は自身にとって初のTVシリーズとなった本作について、「私の母親でも家で気軽に観られるように、TVで放送する作品として作りたいと思った」と語っている。様々な切り口で描かれる5つの物語を通して見えてくる1つの大きなメッセージはいまこそ多くの人々に見てほしい、知ってほしいテーマだ。

今回初解禁となった予告映像では、カリブ系黒人らの楽し気な歌声と対照的に、政府や警察に向けて拳を突き上げ意見を主張する姿が印象的。その中でも「彼らは新しいタイプの人たちだ」「犠牲者ではなく主人公にならなきゃ」「集団になればチャンスがある」など、胸に迫るセリフが際立つ、痛烈な予告映像となっている。

ボブ・マーリーのレゲエ曲「Small Axe」に歌われた不屈のメッセージ

シリーズ・タイトル『スモール・アックス(Small Axe)』は、1973年にボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのアルバム「Burnin’」に収録されたレゲエ曲「Small Axe」から取られている。その歌詞の中に引用されたことで世界的に有名になったフレーズ「If you are the big tree, we are the small axe(おまえが大きな木なら、俺たちは小さな斧だ)」は、19世紀後半まで続いた黒人奴隷貿易に起源をもつ、ジャマイカなどカリブ地域のアフリカ系黒人コミュニティに伝わる諺で、権力を持つ者を大きな木に喩え、自分たちは小さな斧だけど刃を研ぎ澄ましいつでも切り倒してやる、という反骨のメッセージが込められている。

全話を通してレゲエやスティールパンの鳴り響く中南米音楽が作品の重要な要素で、特に第2話『ラヴァーズ・ロック』は、レゲエのジャンルの1つである“ラヴァーズ・ロック”の楽曲がふんだんに散りばめられた青春ラブストーリー。理不尽な社会の中でも彼らのルーツの音楽が常に身近にあり、歌い踊り生きる彼らの姿が描かれている。

映画アンソロジー・シリーズ『スモール・アックス』(全5話)
<配信>「スターチャンネルEX」
【字幕版】3月29日(火)より配信開始
<放送>BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】4月19日(火)より毎週火曜23時~ほか
※4月16日(土)16時~字幕版第1話 先行無料放送

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close