特徴

『第17回大阪アジアン映画祭』会場とオンラインのハイブリッド開催、過去最多の31の国と地域、計76作が上映 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

3月10日(木)から20日(日)までの期間、梅田ブルク7やABCホール、シネ・リーブル梅田3F・4F、国立国際美術館の4箇所にて『第17回大阪アジアン映画祭』が開催、過去最多の31の国と地域、計76作が上映される。

同イベントは「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにした、今年で17回目を迎える大阪アジアン映画祭。今年は昨年に引き続き、例年のスクリーン上映に加え、過去に大阪アジアン映画祭で上映された作品を中心に、今こそ世界に知られるべき作品をピックアップし、3月3日(木)から21日(祝・月)まで限定で「大阪アジアン・オンライン座」としてオンライン上映も行う。

プログラム概要(部門、特集企画など)

●コンペティション部門
本映画祭の中核となる部門。ジャパンプレミア以上となるアジア映画(日本映画を含む)の最新作を上映する。審査委員により、グランプリと来るべき才能賞等が授与される。

●インディ・フォーラム部門
気鋭の作家によるインディペンデント作品の上映を行う。日本映画は原則英語字幕付きで上映、米国ニューヨーク市の文化団体ジャパン・ソサエティーより贈られる『JAPAN CUTS Award』の対象とし、映画人の世界への飛躍を支援していく。

●その他特集企画・部門
アジアの新しい潮流に光を当てた特集、多様な顔を見せる香港映画、台湾映画の特集等、新作から旧作まで、より多彩で多様なアジア映画の発掘・紹介を行う。また今年度は、文化庁委託事業「令和3年度日本文化海外発信推進事業(国際映画祭実施推進事業)」の一環として、インディ・フォーラム部門における日本映画上映に加え、日本映画人に焦点を当てた特集等を実施し、日本映画の国際的な理解促進を図る。

●協賛企画
大阪を拠点に、大学院における映像研究への助成事業を続ける芳泉文化財団の協賛のもと、その成果を紹介する。無料上映。

なお、全部門にわたり、一定の条件を満たした作品を対象に、観客の投票による観客賞、スポンサーアワード(朝日放送テレビによる ABC テレビ賞、薬師真珠による薬師真珠賞、芳泉文化財団による芳泉短編賞)が授与される。

国別作品一覧

●日本

『柳川』(日本、中国、韓国合作、日本初上映)……池松壮亮、中野良子が出演するオープニング作品。
『MISS OSAKA(原題)』(デンマーク、ノルウェー合作、日本初上映)……森山未來、阿部純子、南果歩が重要な役で出演するクロージング作品。
『世界は僕らに気づかない』(世界初上映)……堀家一希主演、高崎を舞台にフィリピン人の母親や同性の恋人との関係に悩む青年の葛藤を描く、飯塚花笑監督作。
暮らしの残像』(世界初上映)、『ほとぼりメルトサウンズ』……新進気鋭の東かほり監督に注目。
『おもちゃ映画で見た日中戦争』(世界初上映)……忘れられた昭和史の一面を浮き彫りにするサイレント映画をピアノ生演奏付きで特別上映する。
『女子高生に殺されたい』(世界初上映)……田中圭主演、城定秀夫監督最新作。
『少年、なにかが発芽する』(世界初上映)……AIによる脚本を映画化。入場料無料。
『登場』(日本、中国合作)……入場料無料。
『バグマティ リバー』(日本、ネパール合作、世界初上映)
『ランダム・コール』(日本、ハンガリー合作、世界初上映)

世界初上映作:『遠くへ,もっと遠くへ』、『遠吠え』、『ひかりのどけき』、『ボクらのホームパーティー』、『Out of TOKYO 202x』、『アウトソーシング』、『山歌(サンカ)』、『人知れず』、『恋がする』、『スイッチバック』、『幻の蛍』、『おもちゃ映画で見た日中戦争』
日本初上映作:『Natsuko』、『北新宿2055』
その他:『蜜月』、『遊撃 -「多十郎殉愛記」外伝-』、『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』、『ジャーマン+雨』、『ウルトラミラクルラブストーリー』、『おばあちゃん女の子』、『りんごのうかの少女』、『ひとりキャンプで食って寝る 第7話 西伊豆でコンビーフユッケ』、『有村架純の撮休 第5話 ふた』、『ホンスンドンスコスコ』

オンライン:『トルソ』、息ぎれの恋人たち』、『3泊4日、5時の鐘』(日本、タイ合作)、『行旅死亡人』、『浜辺のゲーム』(日本、タイ、マレーシア、韓国合作)、『メカニカル・テレパシー』、『適切な距離』、『れいこいるか』、『ひかりのおと』、『種をまく人』

●中国

『柳川』(日本、中国、韓国合作、日本初上映)……池松壮亮、中野良子が出演するオープニング作品。
『自分だけの部屋』(世界初上映)……ヴァージニア・ウルフに心酔する北京電影学院学生による短編。
『あなたがここにいてほしい』(日本初上映)……2021年中国で大ヒットのラブストーリー。
『登場』(日本、中国合作)……入場料無料。
『エンクローズド』(アメリカ、中国合作、アジア初上映)
『めちゃくちゃな日』(韓国、中国合作、世界初上映)
『宇宙探索編集部』(世界初上映)

●香港

『アニタ』(日本初上映)……2021年香港映画興行収入第1位、梅艶芳(アニタ・ムイ)の伝記映画。
『黄昏をぶっ殺せ』(日本初上映)……香港のベテランスターが共演、現代社会の孤独と温もりを描く。
『野蛮人入侵』(香港、マレーシア合作、日本初上映)

『はじめて好きになった人』(日本初上映)
『ママの出来事』(世界初上映)
僻地へと向かう』(海外初上映)
『私のインド男友』
(日本初上映)

●台湾

『女子学校(デジタル・リマスター版)』(海外発上映)……台湾クラシック作品として、ホウ・シャオシェンと同世代ながら、台湾ニューウェーブには属さないミミ・リー監督作。
『凪』(台湾、香港合作、海外初上映)
『縁起良き時(第1話)』(台湾、シンガポール合作、世界初上映)

海外初上映作:『一人にしないで』、『三月的南国之南』、『姉ちゃん』
日本初上映作:『徘徊年代』、『修行』

●韓国

『柳川』(日本、中国、韓国合作、日本初上映)……池松壮亮、中野良子が出演するオープニング作品。
『おひとりさま族』(日本初上映)……コン・スンヨン初主演、韓国内外の映画祭で受賞ラッシュ。
『バウンダリー:火花フェミ・アクション』(海外初上映)……韓国フェミニズムムーヴメントを追ったドキュメンタリー。
『オートバイとハンバーガー』(世界初上映)……『釜山国際映画祭』と『全州国際映画祭』で、それぞれ短編グランプリを受賞した作品。出来のいい弟のためヤンチャな姉が奮闘する。
『二度と一緒にさまよわない』(日本初上映)……『釜山国際映画祭』と『全州国際映画祭』で、それぞれ短編グランプリを受賞した作品。パートナーの日本赴任を聞いた女性の揺れる心を繊細に描く。
『あなたの顔の前で(仮題)』(日本初上映)……カンヌ出品のホン・サンス監督作。

『めちゃくちゃな日』(韓国、中国合作、世界初上映)
『ブルドーザー少女』(海外初上映)

オンライン:『浜辺のゲーム』(日本、タイ、マレーシア、韓国合作​)

●カザフスタン共和国

『赤ザクロ』(日本初上映)

●モンゴル

『セールス・ガール』(海外初上映)……女子学生とアダルトショップの女性オーナーとの交流を通し、生と性について問う異色のモンゴル映画。

●タイ

『理想の国』(世界初上映)
『四天王』(海外初上映)

オンライン:『3泊4日、5時の鐘』(日本、タイ合作)、『浜辺のゲーム』(日本、タイ、マレーシア、韓国合作​)

インドネシア

『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。
『トリス』(日本初上映)

●ベトナム

『椿三姉妹』(日本初上映)

●マレーシア

『野蛮人入侵』(香港、マレーシア合作、日本初上映)

オンライン:『浜辺のゲーム』(日本、タイ、マレーシア、韓国合作​)

●フィリピン

『ビッグ・ナイト』(日本初上映)……『メトロマニラ映画祭』で作品賞など主要賞独占、『ダイ・ビューティフル』『ゲームボーイズ』制作陣が手掛けるフィリピンのブラックコメディ。
『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。
『あなたと私とエンディング』(日本初上映)

●シンガポール

『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。
『スティグマ、スタイル』(シンガポール、アメリカ合作、日本初上映)

●オーストラリア

『ノー・ランズ・マン』(アメリカ、インド、バングラデシュ、オーストラリア合作、日本初上映)

ロシア

『二度と一緒にさまよわない』(トルコ、ロシア、ウクライナ合作、日本初上映)……旅先のトルコで偶然出会ったウクライナ人男女の1日をスタイリッシュに描く短編。

●ウクライナ

『二度と一緒にさまよわない』(トルコ、ロシア、ウクライナ合作、日本初上映)……旅先のトルコで偶然出会ったウクライナ人男女の1日をスタイリッシュに描く短編。

●デンマーク

『MISS OSAKA(原題)』(日本、デンマーク、ノルウェー合作、日本初上映)……森山未來、阿部純子、南果歩が重要な役で出演するクロージング作品。

●ノルウェー

『MISS OSAKA(原題)』(日本、デンマーク、ノルウェー合作、日本初上映)……森山未來、阿部純子、南果歩が重要な役で出演するクロージング作品。

●フランス

『アミラ』(フランス、エジプト、ヨルダン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア合作、日本初上映)
『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。

●イギリス

『母のガールフレンド』(インド、イギリス、ドイツ合作、日本初上映)

●ドイツ

『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。
『母のガールフレンド』(インド、イギリス、ドイツ合作、日本初上映)

●ハンガリー

『ランダム・コール』(日本、ハンガリー合作、世界初上映)

●トルコ

『二度と一緒にさまよわない』(トルコ、ロシア、ウクライナ合作、日本初上映)……旅先のトルコで偶然出会ったウクライナ人男女の1日をスタイリッシュに描く短編。

●ネパール

『バグマティ リバー』(日本、ネパール合作、世界初上映)

●インド

『ノー・ランズ・マン』(アメリカ、インド、バングラデシュ、オーストラリア合作、日本初上映)
『シャンカルのお話』(日本初上映)
『母のガールフレンド』(インド、イギリス、ドイツ合作、日本初上映)

●バングラデシュ

『ノー・ランズ・マン』(アメリカ、インド、バングラデシュ、オーストラリア合作、日本初上映)
『地のない足元』(日本初上映)

●エジプト、ヨルダン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア​

『アミラ』(フランス、エジプト、ヨルダン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア合作、日本初上映)

●カタール

『Whether the Weather is Fine(英題)』(フィリピン、フランス、シンガポール、インドネシア、ドイツ、カタール合作、日本初上映)……ロカルノ、トロントでも入選、未曽有の自然災害に襲われたフィリピンを舞台にしたドラマ。

●アメリカ

『ノー・ランズ・マン』(アメリカ、インド、バングラデシュ、オーストラリア合作、日本初上映)
『エンクローズド』(アメリカ、中国合作、アジア初上映)
『442 二世兵士』(世界初上映)
『スティグマ、スタイル』(シンガポール、アメリカ合作、日本初上映)

イベント情報

『第17回大阪アジアン映画祭』
期間:3月10日(木)〜20日(日)
料金:一般:1300 円(前売り、当日ともに同料金)、青春22切符:500 円(22歳までの方対象・上映当日窓口販売のみ)
発売:3月7日(月)以降、順次発売
大阪アジアン・オンライン座:3月3日(木)〜3月21日(祝・月)
公式ホームページ:http://www.oaff.jp

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close