特徴

『ホラーちゃんねる 樹海』 ある意味、日本映画の最底辺がここにあると言ってもいいのかもしれぬ。これを映画と言ってよければだが・・・ | 柳下毅一郎の皆殺し映画通信

→公式サイトより

『ホラーちゃんねる 樹海』

監督・脚本・企画・撮影・プロデュース 大橋孝史
脚本 郡弥生
主題歌 0.1gの誤算
出演 田中美久(HKT48)、HARUKA(CYBERJAPAN DANCERS)、わちみなみ、瑛、江益凛

 

「誹謗中傷してくれたみなさま、こんばんわ。今わたしは樹海に来ています。わたしはこれから自殺します。匿名でわからないので、無作為に呪っていきます」とスマホの自撮りで語っている白いワンピースの女。手には睡眠薬を握りしめ、「樹海荘」というものすごく縁起の悪そうな旅館に滞在中だ。ここからはじまるのがご存知元ジョリー・ロジャーの大橋孝史企画プロデュースのホラー映画である。HKT48の女の子をはじめとするアイドルを使って樹海ホラー。いやいまさら不謹慎とかいうつもりもないが、アイドルを樹海まで連れてくだけでホラー映画一本できあがりとか大橋プロデュースにしたって安易すぎるだろ! しかも金がなかったのか監督はおろか撮影まで自分でやっている! おかげでやたらとピンボケの映像が登場し、さすがに金を取っていいレベルのものではないのではと思われた。物語は世にも安易なオムニバス形式(脚本ももちろん大橋!)の短編で、しかも特にオチはない投げっぱなし。そんな短編が六本数珠つなぎになっているだけ。ある意味、日本映画の最底辺がここにあると言ってもいいのかもしれぬ(これを映画と言ってよければだが)。

 

 

さて、そこからはじまる第一話が「樹海に行ってみた」。カエデ(田中美久)とナギは二人組のYouTuberだが、登録者数が伸び悩んでいる。そこで「樹海に行ってみよう!」と不謹慎なネタをくりだすカエデ。さっそく二人ででかけて生中継をはじめるが……まず言いたいのはそれ樹海に行く格好なのかっていう。ミニスカ&ホットパンツで足出して、普通の靴はいてビニール傘さしてってありえなすぎだろ! わかるよ。金がないから撮影予定日に雨が降ってたからってスケジュールは動かせない。ビニ傘持たせて撮影するしかなかったんだろう。でもこれYouTuberの中継って体なんだからね。で、そのまま樹海に入っていき、「こわーい!」とか騒ぎながら中継していると、目の前に白い服を着た女性が転がっているではないか。そう、もちろん冒頭で「呪っていきます」と挨拶していたワンピースの女。

 

(残り 1168文字/全文: 2200文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

外部サービスアカウントでログイン

ログインページへ進みます

既にタグマ!アカウントをお持ちの場合、「タグマ!アカウントでログイン」からログインをお願いします。
(Facebook、Twitterアカウントで会員登録された方は「Facebookでログインする」「Twitterでログインする」をご利用ください)

tags: 0.1gの誤算 CYBERJAPAN DANCERS HARUKA HKT48 YouTuber わちみなみ ジョリー・ロジャー 大橋孝史 江益凛 田中美久 郡弥生

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close